大阪電気通信大学 教員情報データベース >ヒルド・ミヒャエル

情報工学科 所属教員一覧

ヒルド・ミヒャエル Michael Hild 画像の説明

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 教授
  • 専門分野
    情報工学
  • 研究テーマ
    コンピュータ・ビジョン
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1978年9月 Fachhochschule Karlsruhe工学部通信工学科入学(1984年2月 卒業)
      1980年9月 University of Bridgeport, USA, 大学院電気工学専攻修士課程入学(1981年8月 修了)
      1990年4月 大阪大学大学院工学研究科産業機械工学専攻博士後期課程入学(1993年12月 修了)
    • 職歴
      1994年4月 大阪電気通信大学工学部経営工学科講師
      1995年4月 大阪電気通信大学情報工学部情報工学科講師
      2003年4月 大阪電気通信大学総合情報学部情報工学科助教授
      2004年4月 大阪電気通信大学情報通信工学部情報工学科助教授
      2007年4月 大阪電気通信大学情報通信工学部情報工学科教授
  • 取得学位
    工学博士 (大阪大学)
  • 受賞、顕彰など
    IEVC2012 Best Paper Award, IIEEJ 3rd Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC2012), paper 1C-1, Kuching, Malaysia, 2012.
  • 所属学会
    IEEE,情報処理学会,電子情報通信学会, The Society of Imaging Science and Technology,人工知能学会,

ヒルド・ミヒャエル Michael Hild

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    学科主任(2008-2009年)
    厚生補導員(2011年から)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    学部予算委員会(2007年まで)
    図書館委員会(2004年まで)
    研究論集編集委員会(2011年まで)
    厚生補導委員会
    大学研究委員会(2011年から)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

ヒルド・ミヒャエル Michael Hild

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)

    画像工学
    制御工学
    Cプログラミング
    情報科学英語
    電子基礎実験
    Cプログラミング演習
    プレゼミナール

  • 大学院教育(講義)

    画像情報解析特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 計200名
    • 修士論文等の指導: 計 12名
    • 博士論文等の指導: 0名

ヒルド・ミヒャエル Michael Hild

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 教授
  • 著書


  • 学術論文
  1. Michael Hild,
    An Algorithmic Approach to Modelling the Retinal Receptor Topography, Biological Cybernetics 62, 511-518, 1990.
  2. Michael Hild and Yoshiaki Shirai,
    Extraction of Texture Elements from Images of Shaded Scenes, Pattern Recognition, Vol.26, No.8, 1177-1191, 1993.
  3. Michael Hild and Yoshiaki Shirai,
    Scene Interpretation with Default Parameter Models and Qualitative Constraints, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E76-D, No.12, 1993.
  4. Michael Hild, Kazuyuki Nishijima,
    Reconstruction of Space Structure with a Rotational Imaging System, International Journal of Image and Graphics, Vol. 2, No.2, 1-17, 2002.
  5. Michael Hild,
    Color Similarity Measures for Efficient Color Classification, Journal of Imaging Science and Technology, Vol. 48, No. 6, 529-547, 2004.
  6. 桂 浩章, 三浦 純, ヒルド・ミヒャエル, 白井 良明,
    季節や天候の変化にロバストな視覚認識に基づく移動ロボットの屋外ナビゲーション", 日本ロボット学会誌, pp. 75-83, 2005.
  7. 三浦, 森田,ヒルド,白井.
    ``SVMによる物体と位置の視覚学習に基づく屋外移動ロボットの位置推定'', 日本ロボット学会誌,Vol. 25, No. 5, pp. 792-798, 2007.
  8. M. Hild,
    Dynamic Face Image Capture from Color Video in Conjunction with Planar Laser Scanning, The Journal of the IIEEJ, Vol. 37, No. 3, 2008.
  9. Michael Hild and Hirohito Shima,
    3D Motion Object Tracking by a Monocular Pan/Tilt Camera, IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 1, No. 1, 38-50, 2013.

  • 国際会議
  1. Michael Hild and Masao Kohmura,
    A Trip in Julia Space: Morphological Change of Complex Boundaries, Proc. of the First International Symposium for Science on Form, S. Ishizaka (ed.), KTK Scientific Publishers, Tokyo, 1986.
  2. Michael Hild, Yoshiaki Shirai and Minoru Asada,
    Initial Segmentation for Knowledge Indexing, Proc. of the 11th International Conference of Pattern Recognition, The Hague, 587-590, 1992.
  3. Michael Hild and Yoshiaki Shirai,
    Interpretation of Natural Scenes Using Multi-Parameter Default Models and Qualitative Constraints, Proc. of the Fourth International Conference on Computer Vision 1993, Berlin, 497-501, 1993.
  4. Michael Hild and Yoshiaki Shirai,
    Scene Interpretation Based on Core Regions and Their Extension Guided by a Reliability Measure, Proc. of the Japan-Israel Workshop on Computer Vision and Visual Communication CVVC'94, Haifa, Israel, 83-92, 1994.
  5. Michael Hild and Yoshiaki Shirai,
    A Region Extension Method for Natural Outdoor Scene Interpretation, Proc. Second Asian Conference on Computer Vision ACCV'95, Vol. 3, 1-5, Singapore, 1995.
  6. Michael Hild and Takashi Okamoto,
    Balloon Operator for Extracting Regions Satisfying Shape and Orientation Constraints, Proc. Second Asian Conference on Computer Vision ACCV'95, Vol. 2, 370-374, Singapore, 1995.
  7. Michael Hild and Yoshiaki Shirai,
    A Region Extension Method for Natural Outdoor Scene Interpretation, In: Recent Developments in Computer Vision (ACCV'95 Invited Session Papers), Lecture Notes in Computer Science No. 1035, S. Z. Li et al (Ed.), Springer-Verlag, Berlin, 1996.
  8. Michael Hild,
    Elimination of Highlights Using RGB Color Distribution and Image Position, Proc. of the Fourth Color Imaging Conference (4th CIC'96), 205-208, Scottsdale, USA, 1996.
  9. Michael Hild and Noritoshi Nakamura,
    Estimation of Local Orientation in Images using Neural Network Filters, Proc. of the Fourth International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision (4th ICARCV'96), 1735-1740, Singapore, 1996.
  10. Michael Hild,
    Development of Distributed Ukiyo-e Database System with Image Content Query Function, Proc. 4th International Conference on Virtual Systems and MultiMedia (VSMM98), Vol.2, 572-579, Gifu, Japan, 1998.
  11. Michael Hild,
    Piecewise-linear, Bounded-SNR Imaging for Low-Noise Image Acquisition, Proc. of the IASTED International Conference Computer Graphics and Imaging, 93-100, Las Vegas, USA, 2000.
  12. Michael Hild,
    Which color similarity measure is most effective for background-frame differencing ?, Proc. of the IS&T/SID Ninth Color Imaging Conference, 168-173, Scottsdale, USA, 2001.
  13. Michael Hild, Kazuyuki Nishijima,
    Reconstruction of Space Structure with Rotational Imaging System, Proc. of the Fifth Asian Conference on Computer Vision, Vol.1, 332-337, 2002.
  14. Michael Hild,
    On the effectiveness of color similarity measures in background-frame differencing applications, Proc. of the First European Conference on Color in Graphics, Imaging and Vision, 304-309, Poitier, France, 2002.
  15. Michael Hild, Kazunobu Yoshida and Motonobu Hashimoto,
    Pose-Invariant Face-Head Identification Using a Bank of Neural Networks and the 3-D Neck Reference Point, Proceedings Vol. 5015, Applications of Artificial Neural Networks in Image Processing VIII, IS&T/SPIE's 15th Annual Symposium on Electronic Imaging, 47-54, Santa Clara, USA, 2003.
  16. Michael Hild, Motonobu Hashimoto and Kazunobu Yoshida,
    Object Recognition via Recognition of Finger Pointing Actions, Proceedings of the 12th International Conference on Image Analysis and Processing, 88-93, Mantova, Italy, 2003.
  17. Michael Hild,
    Reflection component based color similarity, Proc. of the IS\&T/SID 11th Color Imaging Conference, 88-93, Scottsdale, USA, 2003.
  18. H. Katsura, J. Miura, M. Hild, and Y. Shirai,
    "A View-Based Outdoor Navigation Using Object Recognition Robust to Changes of Weather and Seasons", Proc. 2003 IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp. 2974--2979, Las Vegas, USA, 2003.
  19. Michael Hild,
    Estimation of 3D Motion Trajectory and Velocity from Monocular Image Sequences in the Context of Human Gait Recognition, Proc. of the 17th International Conference on Pattern Recognition, Vol.4, 231-235, Cambridge, United Kingdom, 2004.
  20. Michael Hild and Ryo Kuzui,
    Face Recognition Based on Recursive Bayesian Fusion of Multiple Signals and Results from Expert Classifiers Sets, in T. Kanade, A. Jain, and N. K. Ratha (Eds.): Proc. of Audio- and Vision-based Biometric Person Authentication (AVBPA) 2005, New York, LNCS 3546, 239-249, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2005.
  21. H. Morita, M. Hild, J. Miura, and Y. Shirai,
    View-Based Localization in Outdoor Environments Using Support Vector Learning, Proc. 2005 IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp. 3083-3088, Edmonton, Canada, August 2005.
  22. Michael Hild and Gengo Umeda,
    Image Registration in Stereo-Based Multi-Modal Imaging Systems, Proc. of the International Symposium on Image and Signal Processing and Analysis, 70-75, Zagreb, Croatia, 2005.
  23. H. Morita, M. Hild, J. Miura, and Y. Shirai,
    Panoramic View-Based Navigation in Outdoor Environments Based on Support Vector Learning, Proc. IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp. 2303-2307, Beijing, China, October 2006.
  24. Michael Hild,
    Dynamic face image capture from color video in conjunction with planar laser scanning, Proc. of the IIEEJ Image Electronics and Visual Computing Workshop 2007 (IEVC2007), Cairns, Australia, CD-ROM 1A-5 (2007).
  25. Michael Hild,
    Person Identification Based on Barefoot 3D Sole Shape, in S. N. Srihari and K. Franke (Eds.): Proc. of the Second International Workshop on Computational Forensics (IWCF 2008), LNCS 5158, 84-95, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2008.
  26. Michael Hild and Hirohito Shima,
    True 3D Motion Object Tracking by a Single Monocular Pan/Tilt Camera, Proc. of the IIEEJ 3rd Image Electronics and Visual Computing Workshop (IEVC2012), 1C-1, Kuching, Malaysia, 2012.
  27. Michael Hild and Fei Cheng,
    Grasping Guidance for Visually Impaired Persons based on Computed Visual-auditory Feedback,
    Proceedings 9th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP 2014), Vol. 3, 75-82, Lisbon, Portugal, 2014.

  • 国内会議
  1. 幸村 真佐男、ヒルド・ミヒャエル
    カラーキュービック表現方式によるカラー テーブル エディターの作成, SEA, JISA ソフトウエア シンポジウム'88論文集, 1988.
  2. ヒルド・ミヒャエル、白井 良明、浅田 稔、
    シェーデイングのある場合のテクスチャー要素の抽出, 情報処理学会第43回全国大会論文集2-307, 308, 1991.
  3. ヒルド・ミヒャエル、白井 良明、
    コアー領域を用いるシーンの解釈、画像の認識 理解シンポジウム (MIRU'94), 講演論文集, Vol.1, 329-336, 1994.
  4. ヒルド・ミヒャエル、岡本 隆志
    バルーン・オベレータを用いた定性的形状拘束、方向拘束を満たす領域の抽出, 電子情報通信学会技術研究報告 PRU95-203, 41, 1996.
  5. ヒルド・ミヒャエル
    浮世絵研究分野に応用する画像データベースのためのインデクシングに関する研究, 重点領域研究「人文科学とコンピュータ」、文部省科学研究費補助金1995年研究報告書, 79-88, 1996.
  6. 岡本 隆志、ヒルド・ミヒャエル
    拘束条件を満たす一般領域の抽出をするバルーン・オベレータの位置初期化, 1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集、p.379, 1996.
  7. 大野 博章、ヒルド・ミヒャエル
    FOAと連続動画像を用いた安定した注意点の抽出, 1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集、p.396, 1996.
  8. ヒルド・ミヒャエル、柴野 聖、
    RGB空間における色分布および画像空間における位置に基づくハイライトの消去法, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU, 10月, 1996.
  9. 仲村 則俊、ヒルド・ミヒャエル,
    電子情報通信学会1998年総合大会講演論文集 情報・システム2、p.302, 1998.
  10. ヒルド・ミヒャエル,
    ハイライトに基づくRGB相違関数の最小化を用いた光源および拡散反射成分の色度推定, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU, 11月, 1998.
  11. 木村 晴次、ヒルド・ミヒャエル、白井 良明,
    人間の動作の解析に基づく物体認識, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU99-202, 71-78、1月、2000.
  12. 西嶋 寿行、Michael Hild、
    回転型カメラによる3次元空間の構造復元、電子情報通信学会技術研究報告 PRMU2000-228, 43-50, 3月、2001.
  13. 桂 浩章、Michael Hild、三浦 純、白井 良明、
    画像間のマッチングに基づく屋外環境下における大域的な位置推定、情報処理学会研究報告 2001-CVIM-131、87-93、5月、2001.
  14. 橋本 元本、吉田 一展、Michael Hild、
    指さし動作の解析による物体認識, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU2001-282, 81-88, 3月、2002.
  15. 吉田 一展、橋本 元本、Michael Hild、
    ニューラルネットワーク・バンクを用いた顔方向に依存しない顔認識、電子情報通信学会技術研究報告 PRMU2001-283, 89-95, 3月、2002.
  16. 桂 浩章,Michael Hild,三浦 純,白井良明,
    "季節や天候の変化にロバストな視覚認識に基づく移動ロボットの屋外ナビゲーション",第8回ロボティクスシンポジア,浜名湖,2003年3月.
  17. 桂 浩章,三浦 純,Michael Hild, 白井良明,
    "画像照合に基づく屋外ナビゲーションのための自動画像選択",第21回日本ロボット学会学術講演会,東京,2003年9月.
  18. 山下 顕,Michael Hild, 白井良明,
    人間の動作解析に基づく物体認識, 平成15年度の情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,111-112, 2003年10月.
  19. 中島 隆行, 白井良明,Michael Hild,
    人間の動作の解析に基づく物体の認識, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU2003-208, 59-64, 1月、2004.
  20. 葛井 亮, Michael Hild,
    複数信号・識別器集合からの結果のベイズ型反復統合を用いた顔認識, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU2004-104, 67-72, 11月, 2004.
  21. 山下 顕、白井 良明、ヒルド・ミヒャエル、三浦 純、
    人間の動作解析に基づくオフィス環境の認識、画像の認識 理解シンポジウム (MIRU2005), 講演論文集, 2005.
  22. 梅田 源吾、ヒルド・ミヒャエル
    ベイズ型確率推論法による複数の特徴を組み合わせた人間の検出、平成17年度情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,11-14, 2005年10月.
  23. 森田 英夫、三浦 純、Michael Hild、
    SVMとパナラマ画像を用いた野外移動ロボットの位置と方向の推定、第24回日本ロボット学会学術講演会、岡山、2006年9月.
  24. 吾妻 大士、ヒルド・ミヒャエル
    顔表面距離画像の形状特徴のみを用いた顔方向・位置の自動推定、平成18年度情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,81-84, 2006年10月.
  25. 速水 正樹、ヒルド・ミヒャエル
    視覚障害者の安全歩行を目的とするステレオ画像を用いた階段の検知、平成22年度情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, E-11, 2010年9月.
  26. 嶋 詳仁、ヒルド・ミヒャエル
    パン・チルト単眼CCDカメラによる3次元空間における物体追跡のためのアルゴリズム開発、平成22年度情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, E-12, 2010年9月.
  27. 成 飛, Michael Hild,
    計算されるビジュアル・聴覚的フィードバックに基づくグラスピング支援システム:視覚障害者の支援に向けて, 電子情報通信学会技術研究報告 PRMU2012, 2月, 2013.
  • 大学紀要
  1. Michael Hild,Visibility Simulations in Real-World Environments, 1989年12月, 京都芸術短期大学研究紀要第11号
  2. Michael Hild and Takashi Okamoto,
    コアー領域および信頼度に基づく領域拡大を用いるシーンの解釈、 Information Science Center, Osaka Electro-Communication University, Technical Report ISC94-05, 37-45, 1995
  3. 梅田 源吾, Michael Hild,複数の物理的異種のセンサーのイメージングシステムにおける画像重ね合わせ, Information Science Center, Osaka Electro-Communication University, Technical Report ISC2005-02, 17-24, February 2006.
  4. 吾妻 大士、Michael Hild、顔の3次元表面点集合に基づく顔方向・位置の推定、Information Science Center, Osaka Electro-Communication University, Technical Report ISC2008-04, 37-49, February 2009.
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 1995年-1998年 重点領域研究 公募研究 研究代表者
    題目: 浮世絵研究分野に応用する画像データベースのためのインデクシングに関する研究
  2. 1999年-2001年 基盤研究(C) 研究代表者
    題目: 学習による室内シーンの認識
  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

ヒルド・ミヒャエル Michael Hild

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS