大阪電気通信大学 教員情報データベース >上垣 公明

英語教育センター 所属教員一覧

上垣 公明(うえがき きみあき)UEGAKI Kimiaki 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 英語教育センター 教授
  • 専門分野
    アメリカ文学、比較文学
  • 研究テーマ
    ヘミングウェイ、三島由紀夫など
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1994年3月 龍谷大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程満期退学
      2002年3月 大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻博士課程満期退学 
      2005年3月 大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻学位取得
    • 職歴
      1998年4月~2006年3月 大阪電気通信大学短期大学部 専任講師
      2004年4月~現在     大阪大学 非常勤講師
      2006年4月~2007年3月 大阪電気通信大学 短期大学部 助教授
      2007年4月~2009年3月 大阪電気通信大学 工学部 英語教育センター 助教授
      2009年4月~2011年3月 大阪電気通信大学 金融経済学部 准教授
      2011年4月~2013年3月 大阪電気通信大学 金融経済学部 教授
      2013年4月~現在     大阪電気通信大学 工学部 英語教育センター 教授
  • 取得学位等
    博士(文学)(大阪大学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    関西英語英米文学会、日本フォークナー協会、日本英語教育学会

上垣 公明(うえがき きみあき)UEGAKI Kimiaki

  • 所属部署
    工学部 英語教育センター 教授
  • 学科・学部の運営
    教務委員(2009~2012)
    英語教育センター主任(2014)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    研究論集「人間科学研究」編集委員(2009~2011)
    教務委員(2016)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

上垣 公明(うえがき きみあき)UEGAKI Kimiaki

  • 所属部署
    工学部 英語教育センター 教授
  • 学部教育(講義)
    英語リーディング1~5
    英語セミナー1~4
    基礎英語1~2

  • 大学院教育(講義)


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 0名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

上垣 公明(うえがき きみあき)UEGAKI Kimiaki

  • 所属部署
    工学部 英語教育センター 教授
  • 著書
  1. 吉村耕治.上垣公明他.Ernest Hemingwayの感覚と表現.吉村耕治編『英語の感覚と表現』(三修社)(共著)第11章,2004,pp.242-251
  2. 荒井美香.上垣公明他.『海流のなかの島々』第一部「ビミニ」試論 ― ハドソンを取り巻く人間関係を中心に.安藤幸江教授還暦記念論文集『英語・英語文学に魅せられて』(北星堂)(共著)第1部第4章,2003,pp.85-102

  • 学術論文・作品など
  1. 上垣公明.小川国夫の「アポロンの島」試論一文体を中心に一大阪電気通信大学研究論集人間科学研究,第19号,2017,pp.95-108 
  2. 上垣公明.“Indian Camp”についての一考察-タブーの侵犯、再生、浄化の物語一大阪電気通信大学研究論集人間科学研究,第17号,2015,pp.29-39
  3. 上垣公明.『老人と海』についての一考察―少年らしくない少年の物語―大阪電気通信大学研究論集人間科学研究,第16号,2014,pp.47-62
  4. 上垣公明.志賀直哉『城の崎にて』とヘミングウェイ『武器よさらば』の比較研究―死生観を中心に.大阪電気通信大学研究論集人間科学研究,第14号,2012,pp.55-66
  5. 上垣公明.ヘミングウェイと日本―雑誌記事、ある日本人との関わりを中心に.大阪電気通信大学研究論集人間科学研究,第12号,2010,pp.85-92
  6. 上垣公明.北野武監督『座頭市』―ジェンダー、 視覚、 祭りを中心に.大阪電気通信大学研究論集人間科学家研究,第11号,2009,pp.37-42
  7. 上垣公明.‘A clean well-lighted place’の一考察―客の老人は何者なのか?.宮尾正夫編『大坪精治先生古希記念論文集』,2008,pp.37-45
  8. 上垣公明.教養課程の英語授業における多読用教材の活用―副教材としてのピクチャーブックの導入を通して.大阪電気通信大学研究論集人間科学研究,第9号,2007,pp.37-46
  9. 上垣公明.三島由紀夫とヘミングウェイの比較研究―性の問題を中心に.大阪大学大学院 文学研究科 文化表現論専攻(比較文学)博士論文,2005
  10. 上垣公明.三島由紀夫の『禁色』とヘミングウェイの『エデンの園』の比較研究―「性」の問題を中心に. 「人間科学研究」(大阪電気通信大学紀要)第4号,2002,pp.27-39  
  11. 上垣公明.三島由紀夫の『仮面の告白』とへミングウェイの『日はまた昇る』の比較研究―登場人物における「性」の問題を中心に.「KWANSAIREVIEW」(関西英語英米文学会)第19・20合併号,2001,pp.13-27
  12. 上垣公明.三島由紀夫の『金閣寺』とへミングウェイの『老人と海』の対比研究.「文学芸術研究」(大阪電気通信大学文学語学研究会)第16号,2000,pp.17-29
  13. 上垣公明.『誰がために鐘は鳴る』試論―その映画化作品との関連を中心に.「KWANSAI REVIEW」(関西英語英米文学)第17号,1998,pp.109-119
  14. 上垣公明.『日はまた昇る』試論―‘Fiesta’をめぐって.「KWANSAI REVIEW」(関西英語英米文学)第16号 ,1997,pp.73-85
  15. 上垣公明.暴力と言葉の問題―「拳闘家」試論.「英語英米文学研究」(龍谷大学大学院英語英米文学会)第22号,1994, pp.25-36
  16. 上垣公明.『エデンの園』試論―二人のキャサリンを中心に.「フェステ」(追手門学院大学大学院英文学研究科)第 6号,1994, pp.47-59
  17. 上垣公明.サンチャゴの夢について―『老人と海』試論.「龍谷大学大学院研究紀要-人文科学」第15集 ,1994,pp.1-13
  18. 上垣公明.揺れ動くニックの心をめぐって―‘Big Two-Hearted River’試論.「英語英米文学研究」(龍谷大学大学院英語英米文学会)第21号,1993, pp.71-85
  19. 上垣公明.The Great Gatsby 試論―自然と文明をめぐって.「フェステ」(追手門学院大学大学院英文学研究科)第 4号,1992, pp.27-38.
  20. 上垣公明.The Old Man and the Sea についての一考察 ― Moby-Dick との関連.「英語英米文学研究」(龍谷大学大学院英語英米文学会)第20号,1991, pp.84-96
  21. 上垣公明.『老人と海』と『シーシュスポスの神話』の類似性について.「フェステ」(追手門学院大学大学院英文学研究科)第 3号,1991, pp.39-48


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 上垣公明. 山崎純一. 多読教材(ピクチャーブック)を利用した英語授業の実践報告. 第57回人文学会研究会,平成19年3月
  2. 上垣公明.『誰がために鐘は鳴る』試論-その映画化作品との関連を中心に.第35回英語英米文学会発表会,平成9年12月
  3. 上垣公明.The Sun Also Risesにおける‘Fiesta’の意義について.第34回大阪電気通信大学文学語学研究会発表会,平成8年6月
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

上垣 公明(うえがき きみあき)UEGAKI Kimiaki

  • 所属部署
    工学部 英語教育センター 教授
  • 地域社会における貢献

    O.E.C.U.社会人アカデミー市民夜間講座2012
    第9講座「英語力アップの勘どころ」担当(12月6日)
  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS