大阪電気通信大学 教員情報データベース >中里見 博

人間科学研究センター 所属教員一覧

中里見 博 Hiroshi NAKASATOMI Hiroshi NAKASATOMI

  • 所属部署
    工学部 人間科学研究センター 教授
  • 専門分野
    憲法学、ジェンダー法学
  • 研究テーマ
    平等論、非暴力平和主義論、原発と憲法、性暴力表現規制論
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1990.3 名古屋大学法学部卒業
      1992.3 名古屋大学大学院法学研究科博士前期課程修了
      1995.5 ミネソタ大学ロースクールLL.M.課程修了
      1996.3 名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学
    • 職歴
      1996.4 名古屋大学法学部助手
      1999.4 福島大学行政社会学部助教授
      2012.4 徳島大学ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部准教授
      2016.4 大阪電気通信大学工学部人間科学研究センター教授
  • 取得学位
    法学修士
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本公法学会、全国憲法研究会、憲法理論研究会、ジェンダー法学会、民主主義科学者協会法律部会

中里見 博 Hiroshi NAKASATOMI

  • 所属部署
    工学部 人間科学研究センター 教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

中里見 博 Hiroshi NAKASATOMI

  • 所属部署
    工学部 人間科学研究センター 教授
  • 学部教育
    「くらしと日本国憲法」(1年・後期)
    「社会生活と法」(2年・前期)
    「日本語上達法1・2」(2年・前期)
    「日本国憲法の理念と現実」(2年・後期)
    「総合ゼミナール」(2年・後期)
    「現代社会を考える2」(2年・後期)※リレー講義


  • 大学院教育(講義)


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 名
    • 修士論文等の指導: 名
    • 博士論文等の指導: 名

中里見 博 Hiroshi NAKASATOMI

  • 所属部署
    工学部 人間科学研究センター 教授
  • 著書
  1. 本秀紀編『グローバル化時代における民主主義の変容と憲法学』(日本評論社、2016年2月)第1部第4章「ジェンダーと民主主義──社会的不平等の解消と主体再構築の観点から」を分担執筆
  2. 大島和夫ほか編『民主主義法学と研究者の使命(広渡清吾先生古稀記念論文集)』(日本評論社、2015年12月)「性売買規制法の国際的動向──北欧モデルの可能性」を分担執筆
  3. 三成美保編『同性愛をめぐる法と歴史──尊厳としてのセクシュアリティ』(明石書店、2015年8月)第1章「『同性愛』と憲法」を分担執筆
  4. 国際基督教大学平和研究所編『脱原発のための平和学』(法律文化社、2013年9月)第8章「脱原発の憲法学」を分担執筆
  5. 森田成也・中里見博・武田万里子訳、キャサリン・マッキノン著『女の生、男の法(上・下)』(岩波書店、2011年8月、10月)
  6. ポルノ被害と性暴力を考える会編『証言・現代の性暴力とポルノ被害──研究と福祉の現場から』(東京都社会福祉協議会、2010年11月)第1章第1節「性暴力としてのポルノグラフィ」、第3章第1節「『わいせつ』アプローチから『人権』アプローチへ」を分担執筆
  7. 国際女性の地位協会編『コンメンタール 女性差別撤廃条約』(尚学社、2010年3月)第1部第6条「女性の売買・売春からの搾取の禁止」を分担執筆
  8. 憲法理論研究会編『憲法学の最先端』(敬文堂、2009年10月)「『セックスワーク』・性的自己決定権・人格権」を分担執筆
  9. 東大社研・玄田有史・宇野重規編『希望学4 希望のはじまり──流動化する世界で』(東京大学出版会、2009年7月)第10章「性をめぐる権利と希望──労働から人格権へ」を分担執筆
  10. 森英樹編『現代憲法における安全──比較憲法学的研究をふまえて』(日本評論社、2009年3月)第1部第9章「『市民の安全』とジェンダー──DVへの警察の介入をめぐって」を分担執筆
  11. 戒能通厚・楜澤能生編『企業・市場・市民社会の基礎法学的考察』(日本評論社、2008年10月)第9章「法的人格のジェンダー・クリティーク」を分担執筆
  12. 姫岡とし子ほか著『近代ヨーロッパの探求11 ジェンダー』(ミネルヴァ書房、2008年7月)第4章「健康な母親と強壮な子孫──初期合衆国最高裁判決とジェンダー」を分担執筆
  13. 小沢隆一編『クローズアップ憲法』(法律文化社、2008年4月)第1章「日本国憲法の成立」、第3章「人権総論(1)──公と私」、第5章「人権総論(2)──平等」を分担執筆
  14. 浅倉むつ子・角田由紀子編『比較判例ジェンダー法』(不磨書房、2007年11月)第3章「ポルノグラフィ」を分担執筆
  15. 杉田敦編『岩波講座憲法3 ネーションと市民』(岩波書店、2007年6月)「フェミニズムと憲法」を分担執筆
  16. 中里見博『ポルノグラフィと性暴力──新たな法規制を求めて』(明石書店、2007年3月)
  17. 齊藤豊治・青井秀夫編『セクシュアリティと法』(東北大学出版会、2006年3月)第1章4「米国における反ポルノグラフィ公民権条例」を分担執筆
  18. 中里見博『憲法24条+9条──なぜ男女平等がねらわれるのか』(かもがわ出版, 2005年3月)
  19. 上田純子ほか著『フロンティア法学』(法律文化社、2004年4月)第1章「何とラディカルな日本国憲法」、第2章「非暴力平和主義でいこう」、第3章「女性に対する暴力は許されない!」、第4章「主権は君に」を分担執筆
  20. 辻村みよ子編『世界のポジティヴ・アクションと男女共同参画』(東北大学出版社、2003年4月)第7章I「アメリカにおけるアファーマティヴ・アクションの展開」を分担執筆
  21. 森英樹編『市民的公共圏形成の可能性──比較憲法的検討をふまえて』(日本評論社、2003年2月)第1部第5章「公共圏・親密圏・ジェンダー」を分担執筆
  22. 中里見博・森田成也訳, キャサリン・マッキノン/アンドレア・ドウォーキン著『ポルノグラフィと性差別』(青木書店、2002年1月)


  • 学術論文・作品など
  1. 「憲法24条の視座が拓く『個人の尊厳を擁護する政治』の実現」法と民主主義、517号、28-33頁、2017年4月
  2. 「判例クローズアップ 夫婦同氏訴訟最高裁大法廷判決」法学教室、431号、30-38頁、2016年8月
  3. 「アダルトビデオと法規制の検討──AV違約金訴訟判決を契機として」賃金と社会保障、1662号、4-18頁、2016年7月
  4. 「特別区と憲法上の地方公共団体」別冊ジュリスト・憲法判例百選Ⅱ(第6版)、2013年
  5. 「性別──性別化と非性別化のポリティクス」公法研究、75号、216-227頁、2013年
  6. 「判例紹介 性風俗営業の人権侵害性──『性交類似行為』をさせる営業等の違法性に関する諸判決」福島大学行政社会論集、23巻3号、87-103頁、2011年(CiNii: 40018945820)
  7. 「フェミニズムと憲法学」ジュリスト増刊・憲法の争点、36-37頁、2008年
  8. 「ポストジェンダー期の女性の性売買──性に関する人権の再定義」東京大学社会科学研究、58巻2号、39-69頁、2007年(CiNii: 110006405490)
  9. 「家族が担う『公』と『私』──親密圏への法的介入」法の科学、37号、117-128頁、2006年(CiNii: 40015327595)
  10. 「ジェンダー法学のジェンダー分析──支配アプローチに向けた序論的考察」名古屋大学法政論集、213号、571-602頁、2006年(CiNii: 110006140828)
  11. 「現代改憲論における家族条項改変問題」法律時報、77巻9号、84-89頁、2005年
  12. 「ポルノ被害と法規制──ポルノグラフィと法をめぐる視座転換をめざして」ジェンダーと法、2号、58-72頁、2005年
  13. 「危機の中の日本国憲法──国会憲法調査会の活動と新たな改憲論の台頭」歴史教育・社会科教育年報、2001、2-15頁、2001年
  14. 「ジェンダーが揺さぶる憲法構造の変容」法律時報、73巻1号56-61頁、2001年(CiNii: 40003514201)
  15. 「性支配と人権」法の科学、29号、20-35頁, 2000年(CiNii: 40004143495)
  16. 「合衆国最高裁判所における女性労働『保護』法理の展開──女性最低賃金法違憲判決のジェンダー分析」名古屋大学法政論集、171号、169-214頁、1997年(CiNii: 110000296252)
  17. 「合衆国最高裁判所における女性労働『保護』法理の成立(2)完──最高裁判所のジェンダー分析に向けて」名古屋大学法政論集、167号、323-362頁、1997年(CiNii: 110000296212)
  18. 「合衆国最高裁判所における女性労働「保護」法理の成立(1)--最高裁判所のジェンダー分析に向けて」名古屋大学法政論集、166号、97-121頁、1996年(CiNii: 110000296192)


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

中里見 博 Hiroshi NAKASATOMI

  • 所属部署
    工学部 人間科学研究センター 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS