大阪電気通信大学 教員情報データベース >伊與田 功

電気電子工学科 所属教員一覧

伊與田 功(いよだ いさお)IYODA Isao IYODA Isao

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 専門分野
    電力系統解析(リアルタイムシミュレータ、安定度解析、電力品質解析)
    パワーエレクトロニクス(直流送電、FACTS、STATCOM)
    電力系統計画(需給計画)
  • 研究テーマ
    電力系統用リアルタイムシミュレータの開発
    太陽光発電系統連系インバータの解析
    太陽光発電などの安定的効率的利用の研究
    分散電源を含めた電力需給および潮流予測
  • 経歴
    • 学歴
      京都大学工学部電気工学科卒業(1975年)
    • 職歴
      三菱電機株式会社中央研究所(1975年)
      同社重電技術部系統技術グループ・技師(1979年)
      カナダHydro Quebec社研究所(IREQ)にて電力系統解析(1981年)
      米国Westinghouse Electric Corp.社にて電力系統解析技術研修(1983年)
      三菱電機株式会社機電システム部電力系統第一課・主事(1987年)
      同社機電システム部電力系統第一課・課長(1991年)
      同社電力系統技術部電力制御技術課・課長(1994年)
      同社系統変電交通システム事業所系統変電技術部主席技師長(2001年)
      ティーエム・ティーアンドディー株式会社海外T&D技術部・技術主幹(2002年)
      大阪府立工業高等専門学校総合工学システム学科電子情報コース・教授(2005年) 
      大阪電気通信大学工学部電気電子工学科・教授(2009年)
  • 取得学位
    博士(工学)(京都大学)(1992年)
  • 受賞、顕彰など
    英国技術士(Chartered Engineer)(2004年)
    技術士(電気電子部門)(2005年)
    上級教育士(2007年)
    米国電気電子学会(IEEE)上級会員(Senior Member)(2009年)
    電気科学技術奨励賞「リチウムイオン電池の製作研究に関する研究指導」(2013)
  • 所属学会
    IEEE Senior Member、IET Fellow、CIGRE、日本技術士会、日本工学教育協会 上級教育士、電気学会 上級会員、パワーエレクトロニクス学会

伊與田 功(いよだ いさお)IYODA Isao

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    工学部電気電子工学科主任(2012,2013)
    大学院工学研究科電子通信工学専攻副主任(2014)
    大学院工学研究科電子通信工学専攻主任(2015)
    就職対策委員


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    教育開発推進センター 推進部委員(2010,2011)
    メカトロニクス研究所 電気電子情報部門長(2013~)
    学生部長(2016)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動
    電気学会連絡員(2010~2013)


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    オープンキャンパス説明員(AO入試、研究室公開など)毎年


  • その他

伊與田 功(いよだ いさお)IYODA Isao

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    電気機器(2年)
    パワーエレクトロニクス(3年)
    電気電子工学実験1
    電気電子工学実験4
    キャリア入門(1年)
    キャリア設計(3年)
    電気回路(高専時代)
    電気電子工学基礎(高専時代)
    工学システム概論(高専時代)
    電力工学(高専時代)


  • 大学院教育(講義)
    電力システム工学


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 51名
    • 修士論文等の指導: 4名
    • 博士論文等の指導: 0名

伊與田 功(いよだ いさお)IYODA Isao

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 著書
    エレクトリックエナジー全書 (一部担当)オーム社 1989
    電力発生・輸送工学 (編著者) オーム社 2013
    電力システム工学 (一部担当)オーム社 2013


  • 学術論文・作品など
  1. 木下裕道,伊与田 功,熊野昌義:直流系統の並列キャパシタンスによる同期機の自己励磁現象,電気学会論文誌B,Vol.100, No.1, pp.17-24(昭和55年).
  2. H. L. Nakra, L. X. Bui, I. Iyoda: System Considerations in Converting One circuit of a Double Circuit AC Line to DC, IEEE Trans. on Power Apparatus and Systems, Vol.PAS-103, No.10, pp.3096-3101 (1984).
  3. Y. Mizukami, H. Doi, K. Katsuki, T. Shimomura, I. Iyoda: Study of Fast Synchronous-Reclosing Method for Parallel AC Line Fault in AC/DC Power Transmission System, IEEE Trans. on Power Apparatus and Systems, Vol.PAS-103, No.6, pp.1135-1141 (1984).
  4. 匂坂 靖,斎川康二,浜場邦洋,下村哲朗,伊与田 功:原子力発電(PWR)・直流単独送電系の協調制御,電気学会論文誌B, Vol.107-B, No.9, pp.425-432 (昭和62年).
  5. H. Taoka, I. Iyoda, H. Noguchi, N. Sato, T. Nakazawa: Real-Time Digital Simulator for Power System Analysis on a Hypercube Computer, IEEE Trans. on Power Systems, Vol.7, No.1, pp.1-7 (1992).
  6. D. Hayward, K. Le, S. Hess, D. Parker, T. Jackson, G. Stansberry, H. Thompson, G. DeGeorge, K. Shiomi, I. Iyoda, E. Chefneux, B. Murray: Current Issues in Operational Planning, IEEE Trans. on Power Systems, Vol.7, No.3, pp.1197-1210 (1992).
  7. 佐藤信之,中澤太郎,山崎 彰,田岡久雄,伊与田 功,野口秀夫:ディジタル型リアルタイム系統解析シミュレータの開発,電気学会論文誌B, Vol.113-B, No.8, pp.855-864 (平成5年).
    8伊与田 功,河野良之,澤田潤治,的場誠一:系統要素の柔軟性を考慮できる過渡安定度シミュレーションアルゴリズム,電気学会論文誌B, Vol.113, No.12, pp.1407-1412 (平成5年).
  8. H. Taoka, I. Iyoda, H. Noguchi, N. Sato, T. Nakazawa, A. Yamazaki: Real-Time Digital Simulator with Digital/Analog Conversion Interface for Testing Power Instruments, IEEE Trans. on Power Systems, Vol.9, No.2, pp.862-868 (1994).
  9. J. Resek, K. Le, J. Golden, C. Stansberry, R. Vice, J. Wood, J. Ballance, G. Brown, J. Kamya, E. Nielsen, H. Nakajima, M. Ookubo, I. Iyoda, G. Cauley: Potential Impacts of Clean Air Regulations on System Operations, IEEE Trans. on Power Systems, Vol.10, No. 2, pp.647-654 (1995).
  10. Y. Kowada, I. Iyoda, N. Sato, A. Yamazaki, S. Matoba: A Study on Parallel Processing of Electro-Magnetic Transient Simulation, IEEE Trans. on Power Systems, Vol.10, No.3, pp.1505-1510 (1995).
  11. Y. Tsukamoto, I. Iyoda: Allocation of Fixed Transmission Cost to Wheeling Transactions by Cooperative Game Theory, IEEE Trans. on Power System, Vol.11, No.2, pp.1505-1510 (1996).
  12. 佐藤 正,松下義尚,天満 耕司,伊与田 功:多並列BTBシステムの提案および課題検討,電気学会論文誌B, Vol.121-B, No.1, pp.15-21(平成13年).
  13. 原 亮一,北 裕幸,田中英一,長谷川 淳,伊与田 功:FRIENDSにおける系統構成変更のためのサイリスタスイッチの強制消弧方式,電気学会論文誌B, Vol. 121-B, No. 12, pp.1642-1651(平成13年).
  14. 仲林見幸,高野富裕,天満耕司,伊与田功:BTBシステムのライフサイクルコストを指標とした評価,電気学会論文誌B, Vol.122-B, No.1, pp.18-25(平成14年).
  15. 鈴木利宏,原 亮一,北 裕幸, 田中英一,長谷川 淳,伊与田 功:FRIENDSにおける事故検出を考慮した系統切り替えに関する検討,電気学会論文誌B,Vol.123-B, No.3, pp.324-332(平成15年).
  16. 中島達人,鈴木宏和,天満耕司,伊与田 功:自励式変換器―交流ケーブル系の高次高調波共振現象の検討,電気学会論文誌B,Vol.124-B, No.1, pp.69-76(平成16年).
  17. 辻 隆男,大山 力,熊野照久,河野良之,伊与田 功:自律的な分散方式による需要地系統の電圧制御,電気学会論文誌B, Vol.124-B, No.3, pp.389-396(平成16年).
  18. K. Temma, F. Ishiguro, N. Toki, I. Iyoda, J. J. Paserba: Clarification and Measurement of High Frequency Harmonic resonance by a Voltage Sourced Converter, IEEE Trans. on Power Systems Vol.20, No.1, pp.450-457 (2005).
  19. 小島鉄也,高内俊彦,伊瀬敏史,伊与田 功,河野良之,天満耕司,笹尾博之,山崎清美,井上順介,武内保憲:高力率整流回路によりキャパシタ容量を低減した並列形瞬時電圧低下補償装置,電気学会論文誌B,Vol.125-B, No.1, pp.5-17(平成17年).
  20. I. Iyoda, Y. Ando, S. Pounyakhet, M. Hirata, T. Ise: Affect of Voltage Sags on Electro-magnetic Contactor― A New Parameter for Sag Characteristics ―, 電気学会論文誌B,Vol.130,No.5 (平成22年).
  21. 伊与田 功,阿部 良岐,重井 宣行,早川 潔,用丸 剛匡,河野 佑介,伊瀬 敏史:系統連系インバータ試験用瞬低電圧発生装置の開発,パワーエレクトロニクス学会誌,Vol.35(2010.3)(平成22年).
  22. 佐藤弘亮,滝川浩和,伊与田 功:リアルタイムシミュレータを活用したモジュラー・マルティレベル変換器(MMC)の検討ー実機変換器の製作およびシミュレーション解析ー,パワーエレクトロニクス学会誌,Vol.41(2016.3)(平成28年).
  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. K. Uemura, I. Iyoda: A Simplified Technique to Estimate HVDC Operating Possibility under AC Fault Conditions, Proc. of the Seventh Power Systems Computing Conference(PSCC), July, pp.855-862 (1981).
  2. I. Iyoda, T. Shimomura, T. Nagasawa, K. Saikawa: Coordination control for an AC generator system and a radial HVDC transmission system, Proc. of IEEE MONTECH'86 Conference on HVDC Power Transmission, September, pp.83-88 (1986).
  3. T. Hayashi, I. Iyoda, Y. Ichida, M. Yuki, Y. Sekine: The Study of a Control and Protection System for nuclear Power Plants The Radial HVDC Transmission System, Proc. of Conseil International des Grands Reseaux Electriques(CIGRE) Symposium AC/DC Transmission Interactions and Comparisons, September, 300-3, pp.1-6 (1987).
  4. I. Iyoda, H. Suzuki, A. Kozu: Frequency - Domain Analysis of Wave Shape Distortion caused by Power Electronics Equipment, Proc. of IEEE/Power Engineering Society 1990 International Conference on Harmonics in Power Systems, October (1990).
  5. I. Iyoda, Y. Kono, H. Suzuki, J. Sawada, S. Matoba: Control of Line Impedance and Phase-shifter and Its Analysis with a Machine Flux based Simulation Program, Proc. of APSCOM-91 IEE International Conference on Advances in Power System Control, Operation and Management, November, pp.668-673 (1991).
  6. T. Maekawa, A. Kurita, A. Takei, H. Suzuki, I. Iyoda, Y. Miyazawa: Converter Model with Series Expansion for Transient Analysis of DC link, Proc. of the Eleventh Power Systems Computation Conference(PSCC), August, pp.907-913 (1993).
  7. N. Nagai, H. Suzuki, I. Iyoda, Y. Kono: A Tool for Analysis of Transmission Component Dynamics and its Application, Proc. of IASTED94 International Association of Science and Technology for Development, September, pp.128-131 (1994).
  8. I. Iyoda, T. Sakaguchi, Y. Kojima: Digital Real-Time Simulation - From Electromechanical to Electromagnetic Transients, Proc. of Stockholm Power Tech IEEE International Symposium on Electric Power Engineering, June, pp.182-187 (1995).
  9. I. Iyoda, S. Arai, T. Tanaka, H. Sugihara: Surveillance on Power Quality of Factories and Office Building in Japan, Proc. of International Conference Quality of Power and Standardization, June, pp.98-105 (1996).
  10. H. Kinoshita, Y. Hosokawa, I. Iyoda: Development of Compact STATCOM (Active Type Static Reactive Power Compensator), Proc. of Beijing Electric Power International Conference on Transmission and Distribution, November (1997).
  11. G. Reed, M. Takeda, I. Iyoda: Improved Power Quality Solution using Advanced Solid-state Switching and Static Compensation Technologies, Proc. of IEEE Power Engineering Society(PES), 1999 Winter Meeting, January, pp.1132-1137 (1999).
  12. H. Yonezawa, H. Shimado, M. Tsukada, K. Matsuno, I. Iyoda, J. Paserba, G. Reed: Study of a STATCOM Application for Voltage Stability Evaluated by Dynamic PV Curve and Time Simulation, Proc. of IEEE Power Engineering Society(PES) 2000 Winter Meeting, January, pp.1471-1476 (2000).
  13. M. Nakabayashi, T. Takano, K. Temma, I. Iyoda: Optimal Design Method for BTB based on Reliability and Cost evaluation, Proc. of POWERCON 2000- International Conference on Power System Technology, December, pp.739-744 (2000).
  14. G. Reed, J. Paserba, T. Croasdaile, M. Takeda, Y. Hamasaki, T. Aritsuka, N. Morishima, S. Jochi, I. Iyoda, M. Nambu, N. Toki, L. G. Thomas, Smith, D. LaForest, W. Allard, D. Haas: The VELCO STATCOM-Based Transmission System Project, Proc. of the IEEE Power Engineering Society(PES) 2001 Winter Meeting, July, pp.1109-1114 (2001).
  15. M. Yagi, T. Takano, T. Sato, I. Iyoda, K. Temma: Role and New Technologies of STATCOM for Flexible and Low Cost Power System Planning, Proc. of Conseil International des Grands Reseaux Electriques(CIGRE),CIGRE 2002, Paper No.14-107 (2002).
  16. T. Sato, Y. Matsushita, K. Temma, M. Nakabayashi, T. Takano, I. Iyoda: Concept of New BTB System and Evaluation of its Configuration and Performance, Proc. of IEE 5th International Conference on Power System Management and Control, April, pp.244-249 (2002).
  17. T. Sato, Y. Matsushita, K. Temma, N. Morishima, I. Iyoda: Prototype Test of STATCOM and BTB Based on Voltage Source Converter using GCT Thyristor, Proc. of IEEE Transmission & Distribution(T&D) 2002, October, pp.2037-2042 (2002).
  18. T. Sato, Y. Mori, Y. Matsushita, S. Ogusa, N. Morishima, N. Toki, I. Iyoda: Study on the System Analysis Method of STATCOM based on Ten Years' Field Operation, Proc. of IEEE Transmission & Distribution(T&D) 2002, October, pp.336-341 (2002).
  19. K. Tomiyama, T. Takano, S. Ueoka, K. Matsuno, I. Iyoda, K. Temma, J. Paserba: Modeling of Load During and After System Faults Based on Actual Field Data, IEEE Power Engineering Society 2003 General Meeting(CD-ROM), July (2003).
  20. K. Temma, Y. Kono, I. Iyoda, M. Yagi, T. Sato, H. Nishigami: Enhanced Systems Dynamics Model and Post-Processing Tool for the Efficient Analysis of FACTS", Proc. of IEEE Electric Utility Deregulation, Restructuring and Power Technologies(DRPT)2004, April, pp.234-239 (2004).
  21. I. Iyoda, K. Bakic, G. Mauri: Survey on Application of Information Technology(IT) to Distribution System, CIRED 18th International Conference on Electricity Distribution (CD-ROM), June, S5 (2005).
  22. I. Iyoda, M. Hirata, N. Shigei, S. Pounyakhet, K. Ota, T. Ise: Affect of Voltage Sags on Electro-magnetic Contactor, Proc. of 9th International Conference Electric Power Quality and Utilization(CD-ROM), October, 5D-1 (2007).
  23. Isao Iyoda,Yoshiki Abe,Toshifumi Ise,Nobuyuki Shigei, Kiyoshi Hayakawa:A New Parameter of Voltage Sags and Its Effect on Inverters of PV Systems Surveyed by a Newly Developed Voltage Sag Generator, The 36th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON-2010), November (2010)
  24. 熊野昌義,伊与田 功:無効電力補償装置による連系系統の安定化,電気学会半導体電力変換研究会資料, PCC-79-29 (昭和54年).
  25. 細田純一郎,土井宏祐,甲木莞爾,伊与田 功:AC線事故時のDC制御方法の一考察(AC/DC並列系統の場合),昭和57年電気学会全国大会, 868 (昭和57年).
  26. 伊与田 功,神津 明:複数のコンバータを含む電力系統の高調波解析,昭和63年電気学会全国大会, 946 (昭和63年).
  27. 片山 徹,中島 宏,鈴木 浩,伊与田 功,熊野長次郎:時間単位の電源運用状態を把握できる年間需給計画システムの研究,電気学会電力技術研究会資料, PE-88-54 (昭和63年).
  28. 鈴木 浩,伊与田 功:技術革新プロセスの変遷,電気学会電気技術史研究会資料, HEE-91-12 (平成3年).
  29. 伊与田 功,河野良之,鈴木 浩,澤田潤治,的場誠一:系統要素を制御する機能を持った過渡安定度計算アルゴリズム,平成4年電気学会電力・エネルギー部門大会, 19 (平成4年).
  30. 上田啓司,諸住 哲,伊与田 功:DSMによるAFC制御補助の可能性検討,平成5年電気学会電力・エネルギー部門大会, 21 (平成5年).
  31. 伊与田 功,清水節子,大来雄二:IEEE SPECTRUM電気技術史論文のデータベース化,電気学会電気技術史研究会資料, HEE-94-13 (平成6年).
  32. 千田卓ニ,佐藤佳彦,白崎 隆,山岡浩一,伊与田 功:PAM方式SVGの系統安定化効果の検討,電気学会電力技術研究会資料, PE-96-71 (平成8年).
  33. 米沢比呂志,佐藤 正,天満耕司,徳原克久,伊与田 功:「GCTを用いた自励式BTBの系統制御に関する基礎検討」電気学会電力技術研究会資料, PE-97-102 (平成9年)
  34. 杉本重幸,小川重明,玉井伸三,天満耕司,伊与田功:自励式直流送電の直流線路故障時の現象と対策,平成13年電気学会電力・エネルギー部門大会, 103 (平成13年).
  35. 原 亮一,北 裕幸,田中英一,長谷川 淳,伊与田 功:FRIENDSにおける系統構成変更のためのサイリスタスイッチの強制消弧方式,平成13年電気学会電力・エネルギー部門大会, 26 (平成13年).
  36. 伊与田 功,太田研二,石田佳愛,平田昌也,森重 勝,伊瀬敏史:瞬低に対する電磁接触器の応答の実験的考察,平成19年電気学会全国大会, 6-013 (平成19年).
  37. 伊与田 功,重井宣行,プーンヤケット・ソムパッタナー,吉塚誠巳,伊瀬敏史:系統連系インバータ動作に対する瞬時電圧低下時の位相跳躍の影響,電気学会電力技術研究会資料, PE-08-168 (平成20年).
  38. 阿部 良岐,伊与田 功,重井 宣行,置田 瑞希,用丸 剛匡,河野 佑介,伊瀬 敏史 :瞬低電圧発生装置の開発,平成21年電気学会全国大会, 6-095 (平成21年).
  39. 阿部 良岐,重井 宣行,早川 潔,伊与田 功,用丸 剛匡,河野 佑介,伊瀬 敏史:系統連系インバータ試験用瞬低電圧発生装置の開発,パワーエレクトロニクス学会第180回定例研究会資料, JIPE-35-18 (平成21年).
  40. 阿部 良岐,伊与田 功,早川 潔,重井 宣行,河野 佑介,伊瀬 敏史:瞬低電圧発生装置の改善,平成21年電気関係学会関西支部連合大会, G5-8 (平成21年)
  41. Isao Iyoda, Yoshiki Abe, Toshifumi Ise, Nobuyuki Shigei, Kiyoshi Hayakawa, "A New Parameter of Voltage Sags and Its Effect on Inverters of PV Systems Surveyed by a Newly Developed Voltage Sag Generator", IECON -2010 (The 36th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society), Nov. 7, 2010, Phoenx Arizona, USA
  42. 濱田昌和,伊與田功,伊瀬 敏史,瀧川浩和: 太陽光発電システムの位相跳躍検出手法の研究,電気学会電力技術研究会資料,PE-11-184 (平成23年)
  43. Takayuki Ono, Junichi Arai, Isao Iyoda, "System Frequency Control of Battery Energy Storage System for Large Wind Power Generation Coordinating with Conventional Control", IEEJ P&S IEEE PES Thailand Joint Symposium on Advanced Technology in Power System 2012, Feb. 24, 2012 Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand
  44. Takashi MATSUI, Shouji USUDA, Isao IYODA,Kazuo TAGAWA,"Development of Charging System of Lithium Ion Battery Stack Using Bicycle Dynamo", The 2013 International Symosium on Electrical-Electronics Engineering(ISEE2013), Ho Chi Minh City, Vietnam, 1 November 2013
  45. Yuuki Mizobata, Shouji USUDA, Isao IYODA, Kazuo TAGAWA,“Development of Lithium Ion Battery Charging System by the Exercise Bike with the Brushless Generator Mounted”", The 2013 International Symosium on Electrical-Electronics Engineering(ISEE2013), Ho Chi Minh City, Vietnam, 1 November 2013
  46. Isao Iyoda, "Power system in Japan and its recent topics" (Invited Speech)
    2013 Joint Forum in Yangon Technical University 4 November 2013
  47. 佐藤弘亮,滝川浩和,伊藤 義道,伊与田功:実験用モジュラー・マルチレベル変換器の開発、電気学会電力技術研究会資料,PE-14-208 (平成26年)
  48. Taisuke KANNO, Jumpei NISHIMOTO, Yuya YAMAGUCHI, Shouji USUDA and Isao IYODA, "Research for the manufacturing electrode activity sheets of lithium-ion battery by way of trial", 2014 Joint Seminars on University of Indonesia, Jakarta, Indonesia, 24 November, 2014
  49. Jumpei NISHIMOTO, Yuya YAMAGUCHI, Taisuke KANNO, Shouji USUDA and Isao IYODA, "Research for the manufacturing lithium-ion battery cell and its applications by way of trial", 2014 Joint Seminars on University of Indonesia, Jakarta, Indonesia, 24 November, 2014
  50. Yuya YAMAGUCHI, Jumpei NISHIMOTO, Shouji USUDA and Isao IYODA, "Research for the manufacturing lithium-ion battery stack by way of trial",2014 Joint Seminars on University of Indonesia, Jakarta, Indonesia, 24 November, 2014
  51. 佐藤弘亮,滝川浩和,伊与田功:系統事故時におけるモジュラー・マルチレベルSTATCOM の運転性能、電気学会電力・エネルギー部門大会 P19, (平成27年)
  52. 武田雅之,伊与田功,伊藤義道:電力信号フィードバック直列補償機器を用いた発電機軸ねじれ共振現象の抑制、パワーエレクトロニクス学会第210回定例研究会,JIPE-41-19, (平成27年)


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 文科省科研費「系統連系された分散電源の瞬低耐性の解明と対策に関する研究」平成18年度~平成19年度、¥3,760,000-
  2. 文科省科研費「分散電源の瞬低耐性の精密評価および電源品質向上機能の研究」平成20年度~平成22年度、¥4,680,000-
  3. パワーアカデミー研究助成(萌芽研究)「分散電源大量導入時の電力系統との相互作用リアルタイム解析手法に関する研究」平成22年度、¥1,000,000-
  4. 熊野昌義,伊与田功, 誘導電動機の制御装置, 登録番号第1252546, 公告1984/6/25
  5. 熊野昌義,伊与田功,阿部茂,電力制御装置,登録番号第1274878, 公告1984/12/12
  6. 伊与田功,熊野昌義,誘導電動機の制御方式,登録番号第1277579, 公告1984/12/26
  7. 伊能英幸,伊与田功,熊野昌義,竹田正俊,無効電力供給装置,登録番号第1277618, 公告1984/12/12
  8. 熊野昌義,木下裕道,伊与田功,電力系統安定化装置,登録番号第1286307, 公告1985/3/9
  9. 伊与田功,熊野昌義,無効電力供給装置,登録番号第1296684, 公告1985/5/9
    熊野昌義,伊与田功,無効電力供給装置,登録番号第1305756, 公告1985/7/3
    熊野昌義,阿部茂,伊与田功,同期機の励磁装置,登録番号第1450567, 公告1987/12/11
  10. 細田純一郎,土井宏祐,伊与田功,甲木莞爾,電力系統制御装置,登録番号第1544928, 公告1988/11/25
  11. 熊野昌義,伊与田功,電力系統安定化装置,登録番号第1549691, 公告1986/4/3
    伊与田功,直流送電装置の制御状態切り替え装置,登録番号第1563276, 公告1989/10/12
  12. 伊与田功,熊野昌義,無効電力供給装置,登録番号第1611536, 公告1989/8/30
  13. 伊与田功,熊野昌義,無効電力供給装置,登録番号第1655777, 公告1991/1/8
  14. 伊与田功,下村哲朗,直流送電を含む電力系統の保護装置,登録番号第1842161, 公告1993/7/28
  15. 伊与田功,交直変換装置の周波数制御装置,登録番号第1867141, 公告1993/10/8
  16. 寺田眞,伊藤正伸,伊与田功,送配電線路模擬装置,登録番号第2115426, 公告1996/3/27
  17. 寺田眞,伊藤正伸,伊与田功,送配電線路模擬装置,登録番号第2115427, 公告1996/3/27


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

伊與田 功(いよだ いさお)IYODA Isao

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
  1. 伊与田功,電気学会北陸支部学術講演会「パワエレ機器の電力への応用」(平成11年11月15日)
  2. 伊与田功,九州工業大学 寄付講座(九州電力株式会社:電力系統制御工学講座)特別講演「電力事業の変化に対応した電力用パワエレ機器(FACTS)の最新動向」(平成13年7月3日)
  3. 伊与田功,電気材料技術懇談会「Renewable Energy 利用技術(4)地球又は宇宙規模の送電」(平成14年1月28日)
  4. 伊与田功,電気四学会関西支部准員および学生員のための講演会「最近の電力用パワーエレクトロニクス応用技術」(平成16年12月03日)
  5. 伊与田功,電気四学会関西支部准員および学生員のための講演会「電力用パワエレ機器の最新実例および将来の電力輸送について」(平成17年12月08日)
  6. 伊与田功,豊橋技術科学大学特別講義「エネルギー分野のパワーエレクトロニクス」(平成19年09月09日)
  7. 伊与田功,IET Japan Network Lecture Meeting「Green Field Network - Planning ideal transmission network ignoring constraints -」2011-03-11
  8. 伊与田功,分散電源を含む電力システムのリアルタイムシミュレーションセミナー「太陽光発電の瞬低による影響の研究とリアルタイムシミュレータ応用の可能性」(平成23年11月4日)
  9. 伊与田功,火力原子力発電技術協会 関西支部講演会「系統解析からみた分散電源の特性と新しい系統計画の試み」(平成25年11月8日)
  10. 伊与田功,三菱電機株式会社電機エネルキー技術部会講演資料,「パワエレ技術の電力系統への適用に関する最新動向(MMC等)」(平成26年9月16日)
  11. 伊与田功,電気設備学会北陸支部/電気学会北陸支部 講習会「 電力系統と交直変換器の相互作用」(平成26年11月5日)
  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 国立インド情報技術大学ジャバルプール校に対する外務省支援事業講師(2015)


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 電気学会「電気技術史研究活動の現状調査専門委員会」委員(1990~1993)
  2. 電気学会「国際的二酸化炭素排出抑制調査専門委員会」委員(1992~1995)
  3. 電気学会「工場・ビル電源品質確保調査専門委員会」幹事(1993~1995)
  4. 電気学会・論文委員会幹事(電力エネルギー部門B1グループ)(1995~1997)
  5. CIGRE Task Force TF38-01-08 "Modeling of Power Electronics Equipment(FACTS) in Load Flow and Stability Programs" 日本代表委員(1995~1998)
  6. CIGRE Working Group WG14-33 "HVDC and FACTS in Distribution Systems" 日本代表委員(1998~2000)
  7. 日本EMTP委員会会計幹事(1999~2002)
  8. 電気協同研究会「電力系統用パワーエレクトロニクス機器専門委員会」委員(2000~2001)
  9. CIGRE Study Committee SC37 "系統計画”国内委員会委員(2002年度より、組織変更で委員会名がSCC1と変更された)(2000~現在に至る)
  10. 電気学会「新電力機器を含む電力系統の過渡現象解析手法調査専門委員会」委員(2000~2003)
  11. CIGRE Working Group WG37-35"Information Technology Development and its Effect on the Economy and Market Operation of Power System" 日本代表委員(2001~2005)
  12. IEEE T&D YOKOHAMA Panel Session "FACTS Technologies Experiences of the Past Decade and Developments for the 21st Century in Asia and the World" セッション幹事(2001~2002)
  13. 日本技術者教育認定機構(JABEE)審査員として某学校(守秘義務のため校名は省略)の審査を担当(2002)
  14. 電気学会「技術者教育委員会・センター構想検討部会」委員(2003~2004)
  15. 日本技術者教育認定機構(JABEE)審査員として某学校(守秘義務のため校名は省略)の審査を担当(2004)
  16. 電気学会「電力品質調整用パワーエレクトロニクス応用機器適用技術調査専門委員会」委員(2004)
  17. 電気学会「パワーエレクトロニクス機器の制御技術調査専門委員会」委員(2004~2006)
  18. 日本CIGRE国内委員会SC-B4(直流パワエレ部門)委員(2004~現在に至る)
  19. 日本CIGRE国内委員会SC-C1(電力設備計画管理部門)エキスパート員(2004~現在に至る)
  20. 電気学会「継続教育実行委員会」(現在は「CPD委員会」に改称)委員(2005~現在に至る)
  21. 関西工学教育協会高専部会幹事(2007~2009)
  22. 電気学会「電力系統用自励式交直変換器のシステム設計技術調査専門委員会」委員(2007~2009)
  23. 電気学会 電力エネルギー部門 広報・国際化担当役員(2010~2012)
  24. ICEE金沢大会実行委員会委員(2010~2012)
  25. 電気学会 広報委員会委員(2010~2011)
  26. 電気学会 国際化委員会委員(2011~2012)
  27. IET Japan Network Chairman(2011~2013)
  28. 電気学会「電力系統と交直変換器の相互作用調査専門委員会」委員長(2010~2012)
  29. 電気学会 平成25年度電気関係学会関西連合大会 実行副委員長【2012~2013)
  30. 電気学会「電力系統用新方式自励交直変換器調査専門委員会」委員(2013~2015)
  31. NEDO「次世代洋上風力プラットフォーム研究会」技術委員 (2014~2015)
  32. 電気学会 論文委員会委員(電力エネルギー部門B1グループ) (1989~現在に至る)
  33. 電気学会 論文委員会委員(産業応用部門D1グループ) (2009~現在に至る)


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS