大阪電気通信大学 教員情報データベース >伊藤 祥司

基礎理工学科 所属教員一覧

伊藤 祥司 ITOH Shoji 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 特任准教授
  • 専門分野
    数値解析学,データ分析
  • 研究テーマ
    大規模線形方程式の求解アルゴリズムの開発,および,求解性能に対する体系的性能評価
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      筑波大学 第1学群 自然学類 卒業
      筑波大学 修士課程 理工学研究科 理工学専攻 修了
      筑波大学 博士課程 工学研究科 電子・情報工学専攻 修了 博士(工学)
    • 職歴(主な教育研究部局)
      筑波大学 電子・情報工学系 助手
      国立大学法人 筑波大学 大学院システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 助手
      国立大学法人 筑波大学 大学院システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 講師(任期付)
      大阪電気通信大学 工学部 基礎理工学科(数学教室) 特任准教授
      現職
  • 取得学位

  博士(工学) 筑波大学

  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本応用数理学会,SIAM,ACM

伊藤 祥司 ITOH Shoji

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 特任准教授
  • 学科・学部の運営
    卒業研究世話人
    プレゼミナール世話人

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    数学教室 体験・展示コーナー(2018年度)
  • その他

伊藤 祥司 ITOH Shoji

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 特任准教授
  • 学部教育
    確率・統計
    確率・統計1,2
    線形代数1
    基礎解析・演習
    プレゼミナール
    基礎理工学ゼミナール2
    基礎理工学特別講義2
    キャリア入門
    卒業研究


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導:7名
    • 修士論文等の指導: 名
    • 博士論文等の指導: 名

ティーチング・ポートフォリオ

  • 授業に臨む姿勢
  • 教育活動自己評価
  • 授業改善のための研修活動等
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
  • 具体的な達成目標に対する達成度
  • 学生からの要望への対応

伊藤 祥司 ITOH Shoji

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 特任准教授
  • 学術論文・作品など
  1. Shoji Itoh, Masaaki Sugihara, Formulation of a preconditioned algorithm for the conjugate gradient squared method in accordance with its logical structure, Applied Mathematics, Vol.6, No.8, pp.1389-1406, (2015).
  2. 伊藤祥司,杉原正顯,導出過程に着目したCGS 法の前処理付きアルゴリズム,日本応用数理学会論文誌,23 (2),pp.253-286,(2013).
  3. 伊藤祥司,片桐孝洋,櫻井隆雄,猪貝光祥,大島聡史,黒田久泰,直野 健,BiCGStab法の前処理付きアルゴリズムに対する改善,情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS),Vol.5,No.3,pp.11-21,(2012).
  4. Shoji Itoh, Masaaki Sugihara, Systematic performance evaluation of linear solvers using quality control techniques, Software Automatic Tuning From Concepts to State-of-the-Art Results (Eds. Ken Naono, Keita Teranishi, John Cavazos, Reiji Suda), Springer, pp.135-152 (2010).
  5. 伊藤祥司,杉原正顯,姫野龍太郎,クリロフ部分空間法に対する前処理方式と収束判定について,情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS),Vol.3, No.2, pp.9-19, (2010).
  6. Shoji Itoh, Hisashi Kotakemori, Hidehiko Hasegawa, Development of Evaluation System forNumerical Algorithms to Solve Linear Equations, Recent Progress in Scientific Computing (Eds. Wenbin Liu, Michael Ng, Zhong-Ci Shi), Science Press, Beijing, pp.231-241, (2007) .
  7. 呂 毅斌,伊東 拓,伊藤祥司,櫻井鉄也,Pad$\acute{e}$ 近似を用いた数値等角写像計算の Arnoldi法による精度改善,日本応用数理学会論文誌, 15(3), pp.495-508, (2005).
  8. Yibin Lu, Taku Itoh, Shoji Itoh, Tetsuya Sakurai, Improving the Accuracy of Numerical Conformal Mapping by Pad$\acute{e}$ Approximation Using the Arnoldi Method, Journal of Information & Computational Science, 2(2), pp.289-294, (2005).
  9. 田辺和俊,松本高利,伊藤祥司,上坂博亨,都築誠二,田村禎夫,佐伯慎之助,小野修一郎,コンピュータによる赤外スペクトルからの構造推定,Journal of Computer Chemistry, 4(1), pp.1-24 (2005).
  10. 小笠原匡,多田野寛人,櫻井鉄也,伊藤祥司,Shifted Linear Systemsに対するKrylov部分空間反復法と固有値問題への応用,日本応用数理学会論文誌, 14(3), pp.193-205, (2004).
  11. Shoji Itoh, Yusuke Namekawa, An improvement in DS-BiCGstab($l$) and its application for linear systems in lattice QCD, Journal of Computational and Applied Mathematics, 159, pp.65-75, (2003).
  12. Shoji Itoh, Yoshio Oyanagi, Shao-Liang Zhang, Makoto Natori, Effect on Spectral Properties by the Splitting Correction Preconditioning for Linear Systems that Arise from Periodic Boundary Problems, Enabling Society with Information Technology, (Eds. Qun Jin, Jie Li, Nan Zhang, Jingde Cheng, Clement Yu, and Shoichi Noguchi), Springer-Verlag Tokyo, pp.~234-243 (2002).
  13. Kazutoshi Tanabe, Takatoshi Matsumoto, Tadao Tamura, Jiro Hiraishi, Shinnosuke Saeki, Miwako Arima, Chisato Ono, Shoji Itoh, Hiroyuki Uesaka, Yasuhiro Tatsugi, Kazushige Yatsunami, Tetsuya Inaba, Michiko Mitsuhashi, Shoji Kohara, Hisashi Masago, Fumiko Kaneuchi, Chihiro Jin, and Shuichiro Ono, Identification of Chemical Structures from Infrared Spectra by Using Neural Networks, Applied Spectroscopy, 55(10), pp.1394-1403 (2001).
  14. 宮内 努,伊藤祥司,張 紹良,名取 亮,Bi-CGSTAB($L$)法における$L$の動的選択について,日本応用数理学会論文誌, 11(2), pp.49-62 (2001).
  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  • 招待・依頼講演
  1. 伊藤祥司,線形方程式の数値計算アルゴリズムに対する体系的性能評価,
    第59回 京都大学応用数学セミナー,
    京都大学,2019年1月.
  2. 伊藤祥司,杉原正顯,双ランチョス型の前処理付きアルゴリズムにおける安定な求解方法の提案,
    RIMS共同研究(公開型)研究集会,
    京都大学数理解析研究所,2018年11月.
  3. 伊藤祥司,大規模線形方程式に対する数値計算法,
    第439回 数理科学セミナー,
    東京電機大学,2017年6月.
  4. 伊藤祥司,大規模線形方程式に対する求解アルゴリズムの体系的性能評価手法について,
    電気通信大学 数値解析・HPCセミナー(第1回),
    電気通信大学,2015年7月.
  5. 伊藤祥司,反復解法ライブラリを使って連立1次方程式を解いてみよう,
    神戸大学計算科学セミナー,神戸大学,2011年7月.
  6. 伊藤祥司,連立一次方程式求解アルゴリズムの体系的性能評価と品質管理としての側面,
    情報処理工学セミナー,秋田県立大学,2009年12月.
  7. 伊藤祥司,杉原正顯,線形方程式求解プロセスに現れる品質管理,第3回横幹連合コンファレンス,
    東北大学,2009年12月.【学会推薦講演枠,推薦学会:日本応用数理学会】
    第3回横幹連合コンファレンス予稿,3C1-1,8 Pages.
  8. 伊藤祥司,数値計算アルゴリズムの体系的性能評価と品質管理としての側面,
    ITCフォーラム第3回講演会,東京大学情報基盤センター,
    2009年11月.
  9. Shoji Itoh,Systematic Performance Evaluation for Numerical Algorithms of Linear Equations
    and Its Knowledge Discovery,
    第4回先進スーパーコンピューティング環境(ASE)研究会,
    東京大学情報基盤センター,2009年3月.
  10. 伊藤祥司,行列計算アルゴリズムに対する体系的な性能評価への取り組み,
    大規模行列計算の研究最前線,
    日立製作所中央研究所,2007年7月.
  11. 伊藤祥司,数値計算アルゴリズムの体系的な性能評価に対する創成メディア技術の適用の検討,
    創成セミナー,筑波大学,2007年6月.
  12. 伊藤祥司,反復法に対する体系的な性能評価システムの開発について,
    第2回「計算科学研究ステーション」研究集会,電気通信大学,2007年3月.
  13. Shoji Itoh, Development of Performance Evaluation System and Knowledge Database on Matrix Computations,
    First International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2006),
    Tokyo, Japan, Sep. 12, 2006.
  14. 伊藤祥司,数値計算アルゴリズムの性能を評価する情報システムの構築,
    東京電機大学 大学院理工学研究科 情報科学専攻 情報科学セミナー,2006年6月.
  • 国際会議
  1. Ken Naono, Takahiro Katagiri, Takao Sakurai, Mitsuyoshi Igai, Satoshi Ohshima,
    Hisayasu Kuroda, Shoji Itoh, Kengo Nakajima,
    A Fully Run-time Auto-tuned Sparse Iterative Solver with OpenATLib,
    The 4th International Conference on Intelligent and Advanced Systems (ICIAS2012),
    Proceedings of ICIAS2012, pp.143-148,
    Kuala Lumpur, Malaysia, June 12-14 (2012).
  2. Takao Sakurai, Takahiro Katagiri, Ken Naono, Kengo Nakajima, Satoshi Ohshima,
    Shoji Itoh, Hisayasu Kuroda, Mitsuyoshi Igai,
    Evaluation of Numerical Policy Function on Generalized Auto-Tuning Interface Openatlib,
    15th SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing,
    Savannah, Georgia, USA, Feb.15-17, 2012.
  3. Takao Sakurai, Ken Naono, Takahiro Katagi, Hisayasu Kuroda, Kengo Nakajima,
    Satoshi Ohshima, Shoji Itoh, Mitsuyoshi Igai,
    Development of Xabclib: A Sparse Iterative Solver with Numerical Computation Policy Interface,
    2011 SIAM Conference on Computational Science and Engineering,
    Reno, Nevada, USA, Feb.28-Mar.4, 2011.
  4. Shoji Itoh, Masaaki Sugihara,
    Quality Control Approach for Systematic Performance Evaluations
    of Numerical Solving Process of Linear Equations,
    14th SIAM Conf. on Parallel Processing for Scientific Computing,
    Seattle, Washington, USA, Feb. 24-16, 2010.
  5. Takahiro Katagiri, Shoji Itoh,
    A Massively Parallel Dense Symmetric Eigensolver with Communication Splitting Multicasting Algorithm,
    9th International Meeting on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR'2010),
    Proceedings of VECPAR'2010, 13 pages., Berkeley, California, USA, June 22-25 (2010).
  6. Shoji Itoh,
    Systematic Performance Evaluation for Numerical Algorithms
    of Linear Equations and Its Knowledge Discovery,
    SIAM CSE09, Miami, USA, March 2-6, 2009.
  7. Hidehiko Hasegawa, Yoshinari Fukui, Shoji Itoh,
    Iterative Methods: Evaluation, Library, and Middleware,
    The 2nd International Conference on Scientific Computing
    and Partial Differential Equations & The First East Asia SIAM Symposium,
    HKBU, Hong Kong, Dec. 12-16, 2005.
  8. Shoji Itoh, Hidehiko Hasegawa,
    A Plan to Develop an Evaluating System for Numerical Algorithms,
    The 2nd International Conference on Scientific Computing
    and Partial Differential Equations & The First East Asia SIAM Symposium,
    HKBU, Hong Kong, Dec. 12-16, 2005.
  9. Yibin Lu, Taku Itoh, Shoji Itoh, Tetsuya Sakurai,
    Improving the Accuracy of Numerical Conformal Mapping by Pad$\acute{e}$ Approximation
    Using the Arnoldi Method,
    Proceedings of International Symposium on Computing
    and Its Applications in Information Science (ISCIAIS2005),
    pp.111-117, Hefei, China, Aug. 15-19, (2005).
  10. Shoji Itoh, Yusuke Namekawa,
    Application of DS-BiCGstab($l$) method to the linear systems of the quark matrix in lattice QCD,
    The sixth Japan-China joint seminar on numerical mathematics,
    Tsukuba, Japan, Aug. 5-9, 2002.
  11. Shoji Itoh, Yoshio Oyanagi, Shao-Liang Zhang, Makoto Natori,
    Parallel aspect of block preconditioning with the Splitting Correction,
    Proceedings of the Tenth SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing 2001,
    CP9-3, 10 Pages, Virginia, USA, March 12-14 (2001).
  12. Shoji Itoh, Yoshio Oyanagi, Shao-Liang Zhang, Makoto Natori,
    Spectral properties by using Splitting Correction preconditioner for linear systems
    that arise from periodic boundary problems,
    The proceedings of 2000 international conference on Information Society
    in the 21st century (IS2000),
    pp.425-431, The university of Aizu, Japan, Nov. 5-8 (2000).
  13. Shoji Itoh, Shao-Liang Zhang, Yoshio Oyanagi, Makoto Natori,
    A new preconditioner for linear systems that arise from periodic boundary problems,
    International conference on numerical mathematics, Lund, Sweden, Aug. 9-12, 2000.
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
    • 外部資金
  1. 大規模線形方程式に対する安定・高精度求解を実現する数値解法の研究,日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C)
    研究代表者,2018-2020年度
  2. 大規模線形方程式の数値解法のための合理的な前処理技法の研究,日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C)
    研究代表者,2013-2016年度
  3. マルチプラットフォームの大規模数値シミュレーションを支援するフレームワークの構築,日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B),
    研究分担者,代表:姫野龍太郎(理化学研究所),2009-2011年度
  4. メニーコア・超並列時代に向けた自動チューニング記述言語の方式開発,日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B),
    研究分担者,代表:片桐孝洋(東京大学),2009-2011年度
  5. 階層的なアルゴリズム選択機構を有する自動チューニング方式の研究,日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B),
    研究分担者,代表:佐藤周行(東京大学),2008-2010年度
  6. 偏微分方程式求解における大規模連立一次方程式に対する前処理の並列計算法の開発,日本原子力研究所計算科学技術推進センター協力研究,
    研究代表者,(分野)基盤技術研究分野 並列計算法,1997-1999年度
  • 特許
  1. 収束求解アルゴリズム性能表示装置および収束求解アルゴリズム性能表示方法,
    (特許第4576535号),出願人:筑波大学,発明者:伊藤祥司,2010年9月3日.
  2. 収束求解アルゴリズムに対する性能比較表示装置及び性能表示比較システム,
    (特許第4576536号),出願人:筑波大学,発明者:伊藤祥司,2010年9月3日.
  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

伊藤 祥司 ITOH Shoji

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 特任准教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS