大阪電気通信大学 教員情報データベース >前川 泰之

通信工学科 所属教員一覧

前川 泰之(まえかわ やすゆき)MAEKAWA Yasuyuki 画像の説明

  • 所属部署
    情報通信工学部 通信工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 専門分野
    電波伝搬、リモートセンシング
  • 研究テーマ
    衛星通信電波に対する降雨の影響
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1979年3月 京都大学工学部電子工学科卒業
      1984年6月 京都大学大学院工学研究科電子工学専攻博士課程了
    • 職歴
      1984年7月-1985年3月 日本学術振興会奨励研究員
      1985年4月 大阪電気通信大学工学部通信工学科講師
      1988年10月 同 助教授
      1995年10月 同 教授 
  • 取得学位
    工学博士
  • 受賞、顕彰など
    2003年 近畿情報通信協議会会長賞
    2004年 電子情報通信学会和文論文誌編集委員会論文誌賞
    2009年 電子情報通信学会アンテナ伝播研究会奨励賞
  • 所属学会
    電子情報通信学会、地球電磁気地球惑星圏学会、日本気象学会、IEEE

前川 泰之(まえかわ やすゆき)MAEKAWA Yauyuki

  • 所属部署
    情報通信工学部 通信工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    学科主任(2017年度)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    衛星通信研究施設施設長

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    オープンキャンパスやテクノフェアで衛星通信研究施設見学会を実施

  • その他

前川 泰之(まえかわ やすゆき)MAEKAWA Yauyuki

  • 所属部署
    情報通信工学部 通信工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    (1年次)
    基礎電磁気学1・演習
    基礎電磁気学2・演習
    基礎通信工学
    (2年次)
    電磁気学1
    電磁気学2
    (3年次)
    情報伝送工学1
    情報伝送工学2
    移動通信工学

  • 大学院教育(講義)
    衛星通信工学特論(隔年開講)


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 13名
    • 修士論文等の指導: 3名
    • 博士論文等の指導: 0名

前川 泰之(まえかわ やすゆき)MAEKAWA Yauyuki

  • 所属部署
    情報通信工学部 通信工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 著書
  1. アンテナ工学ハンドブック(分担執筆)、オーム社、2008年.
  2. 2段階方式で学ぶ分る電磁気学(分担執筆)、ムイスリ社、2015年.


  • 学術論文・作品など
    • 論文誌(2000年以降)
  1. Y. Shibagaki, M. D. Yamanaka, S. Shimizu, H. Uyeda, A. Watanabe, Y.Maekawa and S. Fukao, Meso-beta to gamma-scale wind circulations associated with precipitating clouds near the Baiu front observed by the MU and meteorological radars, J. Meteor. Soc. Japan, Vol.78, No.1, pp.69-91, 2000.
  2. Y. Shibagaki, M. D. Yamanaka, M. Fukase, H. Hashiguchi, Y. Maekawa and S. Fukao, Meso-alpha-scale wind field and precipitating clouds in Typhoon 9426 (Orchid) observed by the MU radar, J. Meteor. Soc. Japan, Vol.81, No.2, pp.211-228, 2003.
  3. K. Hatsuda, Y.Aoko, H. Echigo, F. Takahata, Y. Maekawa and K. Fujisaki, Ku-band long distance site-diversity (SD) characteristics by using new measuring system, IEEE Trans. Antennas and Propagat., Vol.52, No.6, pp.1481-1491, 2004.
  4. Y. Maekawa, T. Fujiwara, Y. Shibagaki, T. Sato, M. Yamamoto, H. Hashiguchi, and S. Fukao, Effects of tropical rainfall to the Ku-band satellite communications links at the Equatorial Atmosphere Radar, J. Meteor. Soc. Japan, Vol.84A, pp.211-225, 2006.
  5. Y. Maekawa, T. Nakatani, Y.Shibagaki, T. Hatsuda, A Study on Site Diversity Techniques related to Rain Area Motion using Ku-Band Satellite Signals, IEICE Tran. Commun. Vol.E91-B, No.6, pp.1812-1818, Jun. 2008.
  • 解説論文
  1. 前川泰之、浜口清、石井守、野崎憲朗、佐藤明雄、ITU-R SG3における固定系伝搬モデルとダイナミクスに関する標準化活動、電子情報通信学会誌、Vol.93、No.12、pp.1015-1019、2010.
  • 国際学会プロシーディング(査読あり、2007年以降)
  1. S. Tsujino, Y. Maekawa, Y. Shibagaki, T. Sato, M. Yamamoto, H. Hashiguchi, and Shoichiro Fukao, Rain Attenuation Characteristics of Ku-band Satellite Links due to Tropical Convective Clouds, Proc. of 25th AIAA International Communication Satellite Systems Conference, AIAA-2007-3174, Seoul, Korea, Apr. 2007.
  2. T. Nakatani, Y. Maekawa, Y. Shibagaki, and T. Hatsuda, Relationship between Rain Front Motion and Site Diversity in Ku-band Satellite Links, Proc. of 25th AIAA International Communication Satellite Systems Conference, AIAA-2007-3173, Seoul, Korea, Apr. 2007.
  3. Y. Maekawa, T. Nakatani, Y. Shibagaki, and K. Hatsuda, A Study on Site Diversity Techniques related to Rain Front Motion using Ku-Band Satellite Signals, Proc. of ISAP2007, 4D1-2, TOKI Messe, Niigata, Japan, Aug. 2007.
  4. Y. Maekawa, Y. Shibagaki, T. Sato, M. Yamamoto, H. Hashiguchi, and Shoichiro Fukao, Four-Year Rain Attenuation Statistics of Ku-Band Up and Down Links Simultaneously Observed in Japan and Indonesia, Proc. of ClimDiff 2008, Clim.22 Boulder, CO, USA, Jun. 2008.
  5. Y. Maekawa, and K. Hatsuda, Angular Dependence of Satellite Diversity Effects on the Attenuation Statistics Obtained from Ku and Ka Band Signals of the Geostationary Satellites in Japan, Proc. of ClimDiff 2008, Clim.24, Boulder, CO, USA, Jun. 2008.
  6. Y. Maekawa, K. Sawai, Y. Shibagaki, T. Takami, and K. Hatsuda, Site Diversity Effects on Ku-band Satellite Signal Attenuation related to Rain Area Motion, Proc. of ISAP2008, 3A07-3, Taipei, Taiwan, Oct. 2008.
  7. Y. Maekawa, S. Miyamoto, K. Sawai. Y. Shibagaki, T. Sato, M. Yamamoto, H. Hashiguchi, and Shoichiro Fukao,Y Estimation of Rain Attenuation Characteristics of Satellite Communication Links using X-band Meteorological Radars, Proc. of ICCAS-SICE09. 2A16-4, Fukuoka, Aug. 2009.
  8. Y. Maekawa, Relationship between lightning discharges and rapid changes in cross polarization discrimination of the Ka-band satellite radio signal, Proc. of PIERS (Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings) 2010, 3P1-4, p.1038-1041, Xi’an, China, March 22-26, 2010.
  9. Y. Maekawa, Rain attenuation statistics and yearly variability of Ka and Ku band satellite signals obtained for twenty years in Japan, Proc. of 2010 International symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2010), 3TD4-5, Macau, China, Nov. 23-26, 2010.
  10. Y.Maekawa, Y.Shibagaki, T.Sato, M.Yamamoto, H. Hashiguchi, and S.Fukao, Effects of convective clouds on the Ku-band satellite communications link in the Tropics, Proc. of 2011 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2011) ThE2-2, Jeju, Korea, Oct. 25-28, 2011.
  11. Y.Maekawa, A study on long-term rain attenuation characteristics in Ka and Ku band satellite communications, Proc. of The 29th AIAA International Communications Satellite Systems Conference (ICSSC-2011), ICSSC-17-1, Nara, Nov. 28-Dec. 1 2011.
  12. M.Noyama, Y.Shibagaki, and Y.Maekawa, Rain Attenuation Characteristics of Ku-Band Satellite Signals Related to Radar Observations of the Wind Velocities at Rain Height, Proc. of The 29th AIAA International Communications Satellite Systems Conference (ICSSC-2011), ICSSC-17-2, Nara, Nov. 28-Dec. 1, 2011.
  13. R.Nakajo and Y.Maekawa, A Study on time Variations of rain attenuation characteristics for the kind of rain fronts in Ka band satellite communications, Proc. of The 29th AIAA International Communications Satellite Systems Conference (ICSSC-2011), ICSSC-17-3, Nara, Nov. 28-Dec. 1, 2011.
  14. R.Nakajo and Y, Maekawa, Characteristics of Rain Attenuation Time Variation in Ka Band Satellite Communications for the kind of Rain Types in Each Season, Proc. of 2012 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2012) 4D2-4, P0231, Nagoya, Japan, Oct. 29-Nov.2, 2012.
  15. Y. Inamori, Y. Shibagaki and Y. Maekawa, Rain Attenuation Characteristics of Ku-band Satellite Signals in relation to the Wind Velocities Observed on the Ground, Proc. of 2012 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2012) 4D3-4, P0235, Nagoya, Japan, Oct. 29-Nov.2, 2012.
  16. Y. Maekawa, A Study on Long-term Rain Attenuation Statistics in Ka and Ku Band Satellite Communications, URSI Commission F Triennial Open Symposium 2013, RP#21, Ottawa, Canada, Apr.30-May 3, 2013.
  17. Y. Maekawa. Y. Inamori, T. Harada, and Y. Shibagaki, Effects of Rain Area Motions and Ground Wind Velocities on Rain Attenuation Characteristics of Ku-band Satellite Signals, XXXIth URSI-GASS, FP3.5, Beijing, China, Aug. 16-24, 2014.
  18. Y. Maekawa, Yearly Variations of Rapid Changes in Cross-Polarization Dis -crimination of the Ka-band Satellite Radio Wave Signals due to Thunderstorm, 2016 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference (URSI AP-RASC 2016), S-F1-5, Seoul, Korea, August 21-25, 2016.
  19. H. Miura and Y. Maekawa, Long-term Rain Attenuation Statistics and Variations in Ku Band Satellite Communications, 2016 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2016), 1D4-4, Okinawa, Japan, October 24-28, 2016.
  20. Y. Maekawa, N. Kubota, and Y. Shibagaki, Effects of Rain Area Motions on Site Diversity Techniques in Ku Band Satellite Signal Attenuation, 2016 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2016), 1D4-5, Okinawa, Japan, October 24-28, 2016.
  21. N. Kubota, Y. Maekawa, and Y. Shibagaki, Rain Front and Rain Area Motions Related to Ku Band Satellite Signal Attenuation, 2016 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2016), POS2-84, Okinawa, Japan, October 24-28, 2016.
  22. Y. Maekawa, Rapid Changes in Cross-Polarization Discrimination of Ka-band Satellite Communications Links caused by Lightning Discharges, URSI 2017 GASS, F24-4, Montreal, Canada, Aug. 19-26, 2017.
  23. Y. Maekawa (Invited), Measurements of Cross-Polarization Discrimination Degradation of Ka-band Satellite Communication Signals in Thunderstorm Events, 2017 IEEE CAMA (Conference on Antenna Measurements & Application), MC1.1, Tsukuba, Japan, Dec.4-6, 2017.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    • 国際会議(2007以降)
  1. S. Tsujino, Y. Maekawa, Y. Shibagaki, T. Sato, M. Yamamoto, H. Hashiguchi, and Shoichiro Fukao, Rain Attenuation Characteristics of Ku-band Satellite Links due to Tropical Convective Clouds observed by the X-band Radar, Coupling Processes in the Equatorial Atmosphere (CPEA Symposium), 1-P20, Kyoto, Japan, Mar. 2007.
  2. K. Sawai and Y. Maekawa, A study on rain attenuation fade slope and fade duration characteristics in Ku and Ka-band satellite links, IEEE AP-S Kansai Chapter, Young Engineer Technical Meeting, Advanced Program, AP-A1, Kyoto, Japan, Dec. 2008.
  3. S. Miyamoto and Y. Maekawa, Rain Attenuation Characteristics of Satellite Communication Links compared with Meteorological Radar Observations in the Tropics, IEEE AP-S Kansai Chapter, Young Engineer Technical Meeting, AP-5, Osaka, Japan, Oct. 2009.
  4. K. Sawai and Y. Maekawa, A Study on Chacteristics of Rain Attenuation Variation for Each Rain Type in Ka-band Satellite Communication, JCSAT 2009, IEICE Tech. Rep. SAT2009-42, Nara, Nov. 2009.
  5. Y. Maekawa and T. Hatsuda, A Study on the Satellite Diversity and Time Delayed Diversity Techniques in Ku-band Satellite Communications Links, JCSAT 2009, IEICE Tech. Rep. SAT2009-45, Nara, Nov. 2009.
  6. Y.Maekawa and Y.Shibagaki, Simultaneous observation of Ku-band broadcasting satellite signal levels and MU radar echo intensities, International Symposium on 25th Anniversary of the MU radar, P-23, Uji, Kyoto, Sept. 2-3, 2010.
  7. M.Noyama, Y.Shibagaki, and Y.Maekawa, Observations of Ku-band satellite signal attenuiation at three locations in Osaka, Kyoto, and Shiga compared with MU radar wind velocities at the rain height, International Symposium on 25th Anniversary of the MU radar, P-24 Uji, Kyoto, Sept. 2-3, 2010.
  8. M.Noyama, Y.Maekawa, Y.Shibagaki, and T.Hatsuda, Rain attenuation characteristics of Ku-band satellite signals according to the rain front types and relationship with wind velocities at the rain height, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC 2010), FP-23, Toyama, Sept.22-26, 2010.
  9. S.Miyamato, Y.Maekawa, Y.Shibagaki, T.Sato, M.Yamamoto, H.Hashiguchi, and S.Fukao, Rain attenuation statistics of satellite communication links estimated from meteorological radar observations in the tropics, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC 2010), F4a-3, Toyama, Sept.22-26, 2010.
  10. M.Noyama, Y.Shibagaki, and Y.Maekawa, Rain attenuation characteristics of Ku-band satellite signals in relation to the wind velocities at rain height, IEEE AP-S Kaisai Chapter, Young Scientist Meeting, AP-6, Osaka, June 24, 2011.
  11. R.Nakajo and Y.Maekawa, A study on rain attenuation characteristics according to rain front types in Ka band satellite communication links, IEEE AP-S Kaisai Chapter, Young Scientist Meeting, AP-7, Osaka, June 24, 2011.
  12. Y. Maekawa, Y. Inamori, T. Harada, and Y. Shibagaki, A Study on the Effects of Ground and Upper Atmospheric Wind Speed on Rain Attenuation Characteristics in Ku-Band Satellite Communications Links, 2013 Joint Conference on Satellite Communication (JC-SAT 2013), SAT2013-49, Fukuoka, Japan, Oct.24-25, 2013.
  13. K. Takemoto, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Effects of Rain Clouds in the Dry Season on the Ku-Band Satellite Communications Links in the Tropical Region, 2014 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP2014), Poster Session 1, No.19, Kanazawa, Japan, May 14-16, 2014.
  14. A. Tama, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Effects of Rain Clouds in the Wet Season on the Ku-Band Satellite Communications Links in the Tropical Region, 2014 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP2014), Poster Session 1, No.20, Kanazawa, Japan, May 14-16, 2014.
  15. Y. Maekawa and Y. Shibagaki, A Study on Rain Area Motion along the Propagation Path and Ground Wind Velocity, 2015 URSI-Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM 2015), F2, Tokyo, Japan, Sept. 3-4, 2015.
  16. A. Tama, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Effects of Rain Area Motion on the Ku-Band Satellite Communications Links in Tropical Wet Season, 2015 URSI-Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM 2015), F3, Tokyo, Japan, Sept. 3-4, 2015.
  17. N. Kubota, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Effects of Rain Area and Rain Front Velocities on Rain Attenuation Characteristics in Ku-Band Satellite Communications Links, 2015 URSI-Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM 2015), F4, Tokyo, Japan, Sept. 3-4, 2015.
  18. K. Takemoto, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Effects of Rain Area Motion on the Ku-Band Satellite Communications Links in Tropical Dry Season, 2015 URSI-Japan Radio Science Meeting (URSI-JRSM 2015), F5, Tokyo, Japan, Sept. 3-4, 2015.
  19. K. Takemoto, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Relationship between Rain Attenuation Characteristics of Ku-Band Satellite Communications Links and Convective Rain Cloud Distribution in Tropical Region, Joint Conference on Satellite Communication 2015 (JC-SAT 2015), SAT2015-45, pp.167-170, Osaka, Japan, Oct. 7-8, 2015.
  20. A. Tama, Y. Shibagaki, and Y. Maekawa, Characteristics of Rain Attenuation Time Durations of Ku-Band Satellite Communications Links in Tropical Region, Joint Conference on Satellite Communication 2015 (JC-SAT 2015), SAT2015-46, pp.171-174, Osaka, Japan, Oct. 7-8, 2015
  21. Y. Maekawa, Y. Nishimura, and Y. Shibagaki, Yearly Variation of Rain Attenuation Characteristics of Ku-Band Satellite Communications Links in the Tropical Region, JCSAT 2017, Naha, Okinawa, Japan, Oct.26-27, 2017.
  22. H. Miura and Y. Maekawa, Recent Tendencies of Increase in Yearly Cumulative Time Percentages of Rain Attenuation in Ku-Band Satellite Communications Links, JCSAT 2017, SAT2017-46, Naha, Okinawa, Japan, Oct.26-27, 2017.
  • 国内会議(2007以降)
  1. 三浦秀明、前川泰之、BS受信レベル変動の統計データとMUレーダーエコーとの比較検討、第12回電子情報通信学会関西支部学生会学生発表講演会、B1-4、京都工芸繊維大学、2007年3月.
  2. 初田健、岩森靖卓、佐々木学、対馬義行、吉村憲民、座光寺孝明、河崎憲一郎、黒田昌利、今井克之、前川泰之、地上デジタル放送信号衛星再送信時のLuneQアンテナの低降雨減衰特性、2007年電子情報通信学会総合大会、B-3-8、名城大学天白キャンパス、2007年3月.
  3. 中谷隆之、柴垣佳明、前川泰之、初田健、衛星回線降雨減衰の多点観測による雨域の移動とサイトダイバーシティの関係、2007年電子情報通信学会総合大会、B-1-36、名城大学天白キャンパス、2007年3月.
  4. 前川泰之、初田健、Ku帯およびKa帯衛星回線降雨減衰のサテライトダイバーシティ特性の方位角依存性、信学技報、A・P2007-62、登別市、2007年7月. 
  5. 前川泰之, 辻野慎一, 柴垣佳明(大阪電通大), 佐藤亨,山本衛,橋口浩之(京都大),深尾昌一郎(東海大/京大RISH),温帯と赤道域を結ぶKu帯衛星回線の双方向における電波伝搬特性, 平成19年電子情報通信学会ソサエティ大会, B-1-24, 鳥取大学鳥取キャンパス、2007年9月.
  6. 中谷隆之、柴垣佳明、前川泰之、初田健、 Ku帯衛星通信回線におけるサイトダイバーシティ効果と雨域通過方向の関係, 第517回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合, 同志社大学今出川キャンパス、2007年9月.
  7. 辻野慎一,前川泰之,柴垣佳明(大阪電通大), 佐藤亨,山本衛,橋口浩之(京都大),深尾昌一郎(東海大/京大RISH), 赤道域衛星通信回線における降水雲分布測定と降雨減衰推定について, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会, S5-2, 神戸大学工学部、2007年11月.
  8. 中谷隆之、柴垣佳明、前川泰之、初田健、Ku帯帯衛星回線における前線種類別降雨減衰統計とサイトダイバーシティ特性、平成19年電気関係学会開催支部連合大会、G7-21、神戸大学工学部、2007年11月.
  9. 辻野慎一,前川泰之,柴垣佳明(大阪電通大), 佐藤亨,山本衛,橋口浩之(京都大),深尾昌一郎(東海大/京大RISH), 赤道域衛星通信回線の降雨減衰統計の仰角依存性, 第1回赤道大気レーダーシンポジウム/第85回生存圏シンポジウム,京都大学宇治キャンパス、2007年12 月.
  10. 澤井紘一, 前川泰之、前線通過時におけるKu帯衛星電波のサイトダイバーシティ効果の検証, 第13回電子情報通信学会関西支部学生会学生発表講演会, B3-5, 関西大学千里山キャンパス、2008年3月.
  11. 前川泰之、初田健、Ku帯およびKa帯衛星回線降雨減衰のサテライトダイバーシティ特性の年変動、平成20年電子情報通信学会総合大会、B-1-30、北九州学術研究都市、2008年3月.
  12. 初田健、岩森靖卓、佐々木学、対馬義行、吉村憲民、河崎憲一郎、座光寺孝明、黒田昌利、今井克之、前川泰之、 Ku-band Unavailability Improvement Effect by Using Time-delayed diversity /Satellite Diversity (TDD/Sat. D) System using Lune Q antenna、平成20年電子情報通信学会総合大会、B-3-10、2008年3月.
  13. 前川泰之、初田健、Ku帯およびKa帯衛星回線降雨減衰のサテライトダイバーシティ特性の方位角仰角依存性、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2008-1、大阪電気通信大学、大阪、2008年4月.
  14. 前川泰之, 澤井紘一, 柴垣佳明, 高見友幸(大阪電通大), 初田健(北海道工大), Ku帯衛星回線のサイトダイバーシティ改善度と雨域通過方向との関係, 信学技報, A・P2008-42, 北海道大学 札幌キャンパス、2008年7月.
  15. 前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線の降雨減衰特性の長期統計結果について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2008-75、防衛大学大学、横須賀、2008年9月.
  16. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、山本衛、橋口浩之、深尾昌一郎、温帯および赤道域におけるKu帯衛星通信上下回線の周波数スケーリング特性、平成20年電子情報通信学会ソサエティ大会、B-1-31、明治大学生田キャンパス、2008年9月.
  17. 澤井紘一、 前川泰之(大阪電通大)、 Ku帯およびKa帯衛星回線における降雨減衰変化速度特性の解析、 平成20年電子情報通信学会ソサエティ大会、B-1-32、明治大学生田キャンパス、2008年9月.
  18. 前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線の最悪月降雨減衰累積分布の長期統計結果について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2008-114、金沢工業大学、金沢、2008年11月.
  19. 澤井紘一, 前川泰之(大阪電通大), Ku帯およびKa帯衛星回線における降雨減衰変化と継続時間特性の解析, 平成20年電気関係学会関西支部連合大会, G7-1, 京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス、2008年11月.
  20. 前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線の周波数スケーリング特性の年変動について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2008-150、福岡大学、福岡、2009年1月.
  21. 前川泰之、Ka帯衛星回線の交差偏波識別度特性の季節変動について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2008-189、東京農工大学、東京、2009年2月
  22. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、山本衛、橋口浩之、深尾昌一郎、赤道域および温帯対流圏におけるKu帯衛星通信電波の降雨減衰特性、第23回大気圏シンポジウム、1-3、JAXA宇宙科学研究本部、相模原、2009年2月.
  23. 宮本将佑、柴垣佳明、前川泰之、X帯気象レーダを用いた赤道域衛星回線伝搬路の降水雲分布測定、第14回電子情報通信学会関西支部学生会学生発表講演会、B2-6、大阪市立大学、2009年3月.
  24. 澤井紘一, 前川泰之(大阪電通大), Ka帯衛星回線における降雨減衰変化速度の降雨タイプ別特性, 平成21年電子情報通信学会総合大会, B-1-36, 愛媛大学城北地区、2009年3月.
  25. 前川泰之、初田健、Ku帯衛星回線におけるサテライトダイバーシティと時間遅延ダイバーシティ効果の数値的検討、平成21年電子情報通信学会総合大会、B-1-37、愛媛大学城北地区、2009年3月.
  26. 初田健、岩森靖卓、佐々木学、対馬義行、吉村憲民、河崎憲一郎、座光寺孝明、山下隆久、今井克之、前川泰之、Ku帯固定衛星業務のサテライトダイバーシティ(Sat. D)方式の装置実測特性と理論値との比較、平成21年電子情報通信学会総合大会、B-3-21、愛媛大学城北地区、2009年3月.
  27. 澤井紘一,前川泰之(大阪電通大), Ka帯衛星回線における降雨減衰変動特性の降雨タイプ別解析, 第533回URSI-F会合, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス、2009年4月.
  28. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、山本衛、橋口浩之、深尾昌一郎、温帯および赤道域でのKu帯衛星上下回線における伝搬特性の測定、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2009-04、大阪府立大学、大阪、2009年4月.
  29. 前川泰之、初田健、Ku帯およびKa帯衛星回線におけるサテライトダイバーシティと時間遅延ダイバーシティ効果の検討、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2009-69、小樽、2009年7月.
  30. 宮本将佑, 前川泰之, 柴垣佳明(大阪電通大), 佐藤亨(京大情報学), 山本衛, 橋口浩之(京大RISH), 深尾昌一郎(福井工大), X帯気象レーダーを用いた赤道域衛星回線伝搬路の降雨減衰推定, 第3回赤道大気レーダーシンポジウム, 京都大学宇治キャンパス、2009年9月.
  31. 前川泰之、初田健、Ku帯衛星回線における時間遅延ダイバーシティとサイトダイバーシティ効果の関係について、平成21年電子情報通信学会ソサエティ大会、B-1-35、新潟大学五十嵐キャンパス、2009年9月.
  32. 澤井紘一,前川泰之(大阪電通大), Ka帯衛星回線における降雨減衰の降雨タイプ別変動特性, 平成21年電子情報通信学会ソサエティ大会、B-1-36、新潟大学五十嵐キャンパス、2009年9月.
  33. 宮本将佑, 前川泰之, 柴垣佳明(大阪電通大), 佐藤亨(京大情報学), 山本衛, 橋口浩之(京大RISH), 深尾昌一郎(福井工大), X帯気象レーダを用いた赤道域Ku帯衛星回線伝搬路の降雨減衰特性、 平成21年電子情報通信学会ソサエティ大会、B-3-31、新潟大学五十嵐キャンパス、2009年9月.
  34. 宮本将佑, 前川泰之, 柴垣佳明(大阪電通大), 佐藤亨(京大情報学), 山本衛, 橋口浩之(京大RISH), 深尾昌一郎(福井工大), X帯気象レーダを用いた赤道域衛星回線伝搬路の降水雲分布測定, 平成21年電気関係学会関西支部連合大会, G7-5, 大阪大学吹田キャンパス、2009年11月.
  35. 前川泰之、Ka帯衛星回線の東京大阪間における双方向伝送特性について、2010年電子情報通信学会総合大会、B-1-39、日、東北大学、2010年3月.
  36. 宮本将佑、柴垣佳明、前川泰之、佐藤亨、山本衛、橋口浩之、深尾昌一郎、X帯気象レーダーを用いた赤道域Ku帯衛星回線の降雨減衰統計の推定、赤道レーダーシンポジウム、京都大学宇治おうばくプラザ、2010年9月.
  37. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、橋口浩之、山本衛、深尾昌一郎、温帯および赤道域での衛星回線降雨減衰統計の年変動特性、赤道レーダーシンポジウム、京都大学宇治おうばくプラザ、2010年3月.
  38. 野山学、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における前線種類別降雨減衰特性と上空の風速との関係、2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-1-41、大阪府立大学、2010年9月.
  39. 前川泰之、Ka帯衛星回線における時間遅延ダイバーシティ効果と前線に伴う雨域通過速度との関係、2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-1-42、大阪府立大学、2010年3月.
  40. 宮本将佑、柴垣佳明、前川泰之、佐藤亨、山本衛、橋口浩之、深尾昌一郎、赤道域衛星回線伝搬路における降雨減衰推定、平成22年度電気関係学会関西支部連合大会、3A303-9、立命館大学、2010年11月.
  41. 野山学、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における前線種類別降雨減衰特性と上空の風速との関係について、平成22年度電気関係学会関西支部連合大会、3A303-10、立命館大学、2010年3月.
  42. 前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線における時間遅延ダイバーシティと雨域通過速度の関係、URSI-F会合、大阪電気通信大学、2010年11月.
  43. 前川泰之、Ku帯およびKa帯衛星回線における時間遅延ダイバーシティと前線に伴う雨域通過速度の関係、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2010-163、NHK技研、東京、2011年2月.
  44. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、橋口浩之、山本衛、深尾昌一郎, 赤道域および温帯対流圏でのKu帯衛星回線の降雨減衰の年変動特性, 第25回大気圏シンポジウム、3-6、JAXA宇宙科学研究所、2011年2月.
  45. 前川泰之、 Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰統計の長期変動特性、第555回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、電気通信大学、東京、2011年6月
  46. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、橋口浩之、山本衛、深尾昌一郎、赤道域Ku帯衛星回線伝搬路における降水雲分布の影響、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2011-39、信州大学、長野市、2011年7月.
  47. 前川泰之、Ka帯衛星通信回線における東京大阪間での降雨減衰による双方向伝搬特性について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2011-64、大阪大学、吹田市、2011年9月.
  48. 前川泰之、柴垣佳明、佐藤亨、橋口浩之、山本衛、深尾昌一郎、衛星通信回線の降雨減衰統計の長期変動特性と赤道域気候変動について、第5回赤道大気レーダーシンポジウム、宇治、2011年9月.
  49. 前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰変動時間スケールと前線に伴う雨域通過速度の関係について、2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-1-42、北海道大学、札幌市、2011年9月.
  50. 野山学、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星電波の降雨減衰多点観測結果と上空の風速との関係、第557回URSI-F会合、広島市立大学、2011年9月.
  51. 中条竜二、前川泰之、衛星通信回線における降雨減衰特性の降雨タイプおよび季節別の解析、平成23年度電気関係学会関西支部連合大会、30P1-7、兵庫県立大学、2011年10月.
  52. 野山学、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における前線種類別降雨減衰特性と上空の風速との関係、平成23年度電気関係学会関西支部連合大会、30P1-8、兵庫県立大学、2011年10月.
  53. 前川泰之、大阪府寝屋川市での過去25年間にわたる衛星電波測定結果について、560回URSI-F会合、情報通信研究機構、小金井市、2011年12月。
  54. 前川泰之、 Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰変動時間スケールと雨域移動速度の関係について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2011-171、九州工業大学、北九州市、2012年1月.
  55. 前川泰之、Ka帯衛星回線における降雨事象毎の平均減衰継続時間と雨域通過速度の関係、2012年電子情報通信学会総合大会、B-1-42、岡山大学、岡山市、2012年3月.
  56. 中条竜二、前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰の変化速度と継続時間分布の降雨タイプ別解析、2012年電子情報通信学会総合大。B-1-44、岡山大学、岡山市、2012年、3月.
  57. 前川泰之、Ka帯衛星回線における降雨減衰平均継続時間分布と雨域水平スケールの関係について 電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2012-59、北海道大学、札幌市、2012年7月.
  58. 前川泰之、柴垣佳明、Ku帯衛星電波の降雨減衰特性と上空の風速との関係について、第6 回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、京都大学生存圏研究所、宇治市、2012年8月.
  59. 中条竜二、前川泰之、衛星回線における降雨減衰の変化速度と継続時間分布の長期統計解析、第568回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、九州工業大学、北九州市、2012年9月.
  60. 前川泰之、Ku帯衛星回線における降雨減衰特性の長期統計結果について、2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-1-1、富山大学、富山市、2012年9月.
  61. 稲森佑崇、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星電波の降雨減衰3地点観測と地上風速の関係について、B-1-2、富山大学、富山市、2012年9月.
  62. 中条竜二、前川泰之、Ka帯およびKu帯衛星回線における降雨減衰の変化速度と継続時間分布の長期統計解析、B-1-3、富山大学、富山市、2012年9月.
  63. 中条竜二、前川泰之、衛星通信回線の降雨減衰動特性の降雨タイプ別長期統計の解析、平成24年度電気関係学会関西支部連合大会、G7、D-17、関西大学、吹田市、2012年12月.
  64. 稲森佑崇、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における3地点観測から推測した雨域移動および地上風との関係、平成24年度電気関係学会関西支部連合大会、G7、D-19、関西大学、吹田市、2012年12月.
  65. 前川泰之、Ku帯衛星回線における雨域の通過方向とサイトダイバーシティによる降雨減衰改善効果について、第570回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、情報通信研究機構(NICT)、小金井市、2012年12月.
  66. 中条竜二、前川泰之、衛星通信におけるタイプ別降雨減衰動特性の長期間の解析、IEEE AP-S Kansai Chapter、若手技術交流会、大阪大学、豊中市、2012年12月.
  67. 前川泰之、稲森佑崇、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と上空の風速の影響について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2012-156、宮崎市、2013年1月.
  68. 稲森佑崇、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における降雨減衰特性から推測した雨域移動と地上風との関係、2013年電子情報通信学会総合大、B-1-29、岐阜大学、岐阜、3月19-22日、2013年.
  69. 前川泰之、柴垣佳明、高見友幸、Ku帯衛星回線における雨域の通過方向を考慮したサイトダイバーシティによる降雨減衰対策について、2013年電子情報通信学会総合大会、B-1-30、岐阜大学、岐阜、3月19-22日、2013年.
  70. 前川泰之、柴垣佳明、高見友幸、Ku帯衛星回線における前線の種類別に応じたサイトダイバーシティによる降雨減衰対策について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2013-53、サン・リフレ函館、函館市、7月23-25日、2013年.
  71. 前川泰之、柴垣佳明、Ku衛星電波の降雨減衰特性と上空および地上風速との関係、第7回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、京都大学生存圏研究所、宇治市、9月12-13日、2013年.
  72. 原田貴史、稲森佑崇、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における雨域の通過速度・方向と地上の風速・風向との関係について、B-1-14、福岡工業大学、福岡市、2012年9月17-20日、2013年.
  73. 稲森佑崇、原田貴史、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰3地点観測より推定された雨域移動速度と地上および上空の風速の関係について、第577回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、同志社大学、田辺市、11月1日、2013年.
  74. 稲森佑崇、原田貴史、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における3地点観測から推測した雨域移動および地上風との前線別の関係、平成25年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-13、大阪電気通信大学、寝屋川市、11月16-17日、2013年.
  75. 原田貴史、稲森佑崇、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における雨域の通過速度・方向と地上の風向・風速との関係について、平成25年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-14、大阪電気通信大学、寝屋川市、11月16-17日、2013年.
  76. 稲森佑崇、原田貴史、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における3地点観測から推測した雨域移動および地上風との関係、IEEE AP-S Kansai Chapter、若手技術交流会、同志社大学、京都市、12月21日、2013年.
  77. 原田貴史、稲森佑崇、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における雨域の通過速度・方向と地上の風向・風速との関係、IEEE AP-S Kansai Chapter、若手技術交流会、同志社大学、京都市、12月21日、2013年.
  78. 前川泰之、稲森佑崇、原田貴史、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と地上の風速の影響について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2013-159、宝山ホール、鹿児島市、1月22-24日、2014年.
  79. 前川泰之、稲森佑崇、原田貴史、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と受信点周辺の地上風速の影響について、2014年電子情報通信学会総合大会、B-1-2、新潟大学、新潟市、3月18-21日、2014年.
  80. 前川泰之、竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間と雨域通過速度の関係について、電子情報通信学会総合大会、アンテナ伝播研究会、A・P2014-29、沖縄山産業支援ホール、那覇市、5月29-30日、2014年
  81. 前川泰之、竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰
    継続時間と降水雲分布の関係について、第8回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム, 京都大学生存圏研究所、宇治市、9月16-17日、2014年. 
  82. 田間章宏、竹本圭吾、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間と上空の風速の関係について、2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-1-18、徳島大学、徳島市、9月23-26日、2014年.
  83. 原田貴史、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性と受信点周辺の地上風速分布の関係について、2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-1-19、徳島大学、徳島市、9月23-26日、2014年.
  84. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰特性と伝搬路上の降水雲分布の関係について、2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-3-22、徳島大学、徳島市、9月23-26日、2014年.
  85. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰特性と上空の風速および降水雲分布の関係、第588回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、関西学院大学梅田キャンパス、大阪市、10月16日、2014年.
  86. 原田貴史、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星通信回線に対する降雨の影響と地上の風速風向の関係(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、AP-4、関西学院大学、西宮市、11月1日、2014年.
  87. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、Ku赤道域のKu帯衛星通信回線に対する伝搬路上の降水分布の影響(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、AP-5、関西学院大学、西宮市、11月1日、2014年.
  88. 田間章宏、竹本圭吾、柴垣佳明、前川泰之、赤道域のKu帯衛星通信回線の雨季における降雨減衰継続時間特性(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、AP-6、関西学院大学、西宮市、11月1日、2014年.
  89. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰特性と伝搬路上の降水雲分布の関係、平成26年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-14、奈良先端科学技術大学院大学、生駒市、11月23-24日、2014年.
  90. 田間章宏、竹本圭吾、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の雨季における降雨減衰継続時間と上空の風速の関係、平成26年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-15、奈良先端科学技術大学院大学、生駒市、11月23-24日、2014年.
  91. 原田貴史、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における雨域の通過速度・方向と地上観測の風向・風速との関係、平成26年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-16、奈良先端科学技術大学院大学、生駒市、11月23-24日、2014年.
  92. 前川泰之、衛星通信伝搬路の降雨減衰特性の長期変動と今後の伝搬モデルについて、2015年電子情報通信学会総合大会、依頼シンポジウム、BI-1-1、立命館大学、草津市、3月10-13日、2015年.
  93. 田間章宏、竹本圭吾、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の乾季と雨季における降雨減衰継続時間特性について、2015年電子情報通信学会総合大会、B-1-2、立命館大学、草津市、3月10-13日、2015年.
  94. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間と伝搬路上の対流性降水雲分布の関係について、2015年電子情報通信学会総合大会、B-3-5、立命館大学、草津市、3月10-13日、2015年.
  95. 前川泰之、柴垣佳明、Ku帯衛星回線伝搬路における降水雲の移動と地球局周辺の地上風速の関係について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2015-41、稚内総合文化センター、稚内市、7月30-31日、2015年
  96. 前川泰之、柴垣佳明、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間と上空の風速および降水量との関係について、第9回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、京都大学生存圏研究所、宇治市、9月9-10日、2014年.
  97. 前川泰之、窪田直樹、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と前線通過速度の関係について、2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-3-6、東北大学、仙台市、9月8-11日、2015年.
  98. 窪田直樹、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における降雨減衰特性と前線移動速度の解析、第597回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、大阪電気通信大学駅前キャンパス、寝屋川市、9月24日、2015年
  99. 前川泰之、窪田直樹、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰の3地点観測と雨域通過速度の関係について、電子情報通信学会衛星信研究会、SAT2015-61、沖縄県立博物館・美術館、那覇、11月4-6日、2015年.
  100. 田間章宏,竹本圭吾,柴垣佳明,前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間特性について、平成27年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-6、摂南大学、寝屋川市、11月14-15日、2015年.
  101. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰特性と伝搬路上の対流性降水雲分布の関係、平成27年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-7、摂南大学、寝屋川市、11月14-15日、2015年.  
  102. 窪田直樹、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における降雨減衰特性と前線移動速度の推定、平成27年度電気関係学会関西支部連合大会、G7-8、摂南大学、寝屋川市、11月14-15日、2015年.
  103. 田間章宏,竹本圭吾,柴垣佳明,前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間特性について(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、AP-12、関西大学高槻キャンパス、高槻市、12月19日、2015年.
  104. 竹本圭吾、田間章宏、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰特性と伝搬路上の対流性降水雲分布の関係(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、AP-13、関西大学高槻キャンパス、高槻市、12月19日、2015年.
  105. 窪田直樹、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線における降雨減衰特性と前線移動速度の推定(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、関西大学高槻キャンパス、AP-14、高槻市、12月19日、2015年.
  106. 前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性の年変動について、2016年電子情報通信学会総合大会、B-1-18、九州大学伊都キャンパス、福岡市、3月15-18日、2016年.
  107. 窪田直樹、前川泰之、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と通過方向の影響について、2016年電子情報通信学会総合大会、B-3-17、九州大学伊都キャンパス、福岡市、3月15-18日、2016年.
  108. 前川泰之、三浦秀美、Ku帯衛星回線の降雨減衰統計の長期間年変動特性について、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2016-20、神戸大学六甲台第2キャンパス、神戸市、5月19-20日、2016年.
  109. 窪田直樹、前川泰之、柴垣佳明、Ku帯衛星回線の降雨減衰の3地点観測と前線通過速度と雨域通過速度の関係について、電子情報通信学会衛星通信研究会、SAT2016-10、名古屋工業大学、名古屋市市、5月19-20日、2016年.
  110. 前川泰之、Ka帯衛星回線の発雷時における交差偏波識別度変動の長期統計、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2016-57、小樽マリーナ、小樽市、7月20-22日、2016年.
  111. 三浦秀美、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰の長期統計と最近の傾向について、電子情報通信学会衛星通信伝播研究会、SAT2016-24、小樽マリーナ、小樽市、7月20-22日、2016年.
  112. 窪田直樹、柴垣佳明、前川泰之、雨域画像を用いたKu帯衛星回線におけるサイトダイバーシティ効果の検討、第607回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、九州工業大学戸畑キャンパス、北九州市、9月8日、2016年
  113. 柴垣佳明、橋口浩之、下舞豊志、山中大学、EAR・気象レーダー観測に基づいた西スマトラ山岳地域での季節内変動に伴う対流活動に関する研究(スライド発表のみ)、第10回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、京都大学生存圏研究所、宇治市、9月8-9日、2016年.
  114. 前川泰之、柴垣佳明、Ku帯高仰角衛星回線における対流圏シンチレーションと大気乱流の関係、第10回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、京都大学生存圏研究所、宇治市、9月8-9日、2016年.
  115. 前川泰之、Ka帯衛星回線の発雷時の交差偏波識別度変動特性について、2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-3-5、北海道大学、札幌市、9月20-23日、2016年.
  116. 窪田直樹、柴垣佳明、前川泰之、雨域画像を用いたKu帯衛星回線のサイトダイバーシティに関する研究(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会、大阪電気通信大学駅前キャンパス、寝屋川市、12月10日、2016年.
  117. 三浦秀美、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰の長期統計と経年変化について(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Chapter若手技術交流会大阪電気通信大学駅前キャンパス、寝屋川市、12月10日、2016年.
  118. 前川泰之、Ka帯衛星回線の発雷による交差偏波識別度変動の推定、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2016-131、広島工業大学広島校舎、広島市、1月19-20日、2017年
  119. 前川泰之、高仰角衛星回線における対流圏シンチレーションと大気乱流の関係、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2017-9、大阪大学豊中キャンパス、豊中市、4月20-21日、2017年
  120. 前川泰之、Ka帯衛星回線における発雷時の交差偏波識別度変動特性の推定、第613回URSI-F(国際電波科学連合F分科会)会合、東北大学東北アジア研究センター、仙台市、4月26日、2017年.
  121. 前川泰之、Ka帯衛星回線における発雷時の交差偏波識別度劣化の推定、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2017-53、名古屋工業大学、名古屋市、7月26-28日、2017 年.
  122. 西村優、柴垣佳明、前川泰之、赤道域でのKu帯衛星通信上下回線における降雨減衰特性、電子情報通信学会衛星通信伝播研究会、SAT2017-10 、名古屋工業大学、名古屋市、7月26-28日、2017 年.
  123. 生南飛鳥、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰の3地点観測と地球局周辺の地上風速の関係について、電子情報通信学会衛星通信伝播研究会、SAT2017-11 、名古屋工業大学、名古屋市、7月26-28日、2017 年.
  124. 前川泰之、西村優、柴垣佳明、赤道域Ku帯衛星回線の降雨減衰特性の年変動について、第11回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム、京都大学生存圏研究所、宇治市、9月7-8日、2017年.
  125. 前川泰之、Ka帯衛星回線における発雷時の交差偏波識別度劣化の統計解析、電子情報通信学会アンテナ伝播研究会、A・P2017-96、八戸商工会館、八戸市、10月19-20日、2017 年
  126. 三浦秀美、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰の長期統計と最近の傾向について(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Joint Chapter若手技術交流会、龍谷大学セミナハウスともいき荘、京都市、12月9日、2017年.
  127. 生南飛鳥、柴垣佳明、前川泰之、Ku帯衛星回線の降雨減衰の3地点観測と地球局周辺の地上風速の関係(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Joint Chapter若手技術交流会、龍谷大学セミナハウスともいき荘、京都市、12月9日、2017年.
  128. 西村優、柴垣佳明、前川泰之、赤道域におけるKu帯衛星通信の降雨減衰特性の年変動(ポスター発表)、IEEE AP-S Kansai Joint Chapter若手技術交流会、龍谷大学セミナハウスともいき荘、京都市、12月9日、2017年.


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. AP-RASC'10 (2010 Asia-Pacific Radio Science Ceonference) セッションオーガナイザ、2010年9月.
  2. ISAP2012 (2012 International Syposium on Antenna and Propagation) セッションオーガナイザ、2012年10-11月.
  3. EMTS2013 (2012 International Symposium on Electromagnetic Theory) セッションオーガナイザ、2013年5月.
  4. 電子情報通信学会アンテナ伝播研究会のオーガナイズドセッションを企画、2014年7月.
  5. APMC2014 (2014 Asia-Pacific Microwave Conference) セッションオーガナイザ,2014年11月.
  6. Joint Conference on Satellite Communication 2015 (JC-SAT 2015) 現地委員、2015年10月.
  7. URSI-F会合(日本学術会議 電気電子工学委員会 URSI分科会非電離媒質伝搬・リモートセンシング小委員会)第600回記念大会を開催、2015年12月.
  8. Joint Conference on Satellite Communication 2015 (JC-SAT 2015) 特集号編集委員、2016年4月.
  9. IEEE AP-S Kansai Joint Chapter「次世代の超高速ワイヤレス通信システムを支えるアンテナ・伝搬技術ワークショップ」を開催、2017年9月.
  10. APMC2018 (2018 Asia-Pacific Microwave Conference) 組織委員、2017年11月.
  11. 2017 IEEE CAMA (Conference on Antenna Measurements & Application) セッションオーガナイザ、2017年12月.
  12. IEEE AP-S Kansai Joint Chapter and IEEE MTT-S Kansai Chapter「若手技術交流会」を開催、2017年12月.

前川 泰之(まえかわ やすゆき)MAEKAWA Yauyuki

  • 所属部署
    情報通信工学部 通信工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 総務省 情報通信審議会電波伝搬委員会 専門委員
  2. 枚方市 環境紛争調整委員


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 日本学術会議 電気電子工学委員会 URSI-F分科会委員
  2. IEEE AP-S Kansai Joint Chapter, Chair
  3. 電子情報通信学会 衛星通信研究会専門委員
  4. 電子情報通信学会 ISAP国際会議委員会委員
  5. 電子情報通信学会 査読委員


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS