大阪電気通信大学 教員情報データベース >原 久子

デジタルゲーム学科 所属教員一覧

原 久子(はら ひさこ)HARA Hisako 画像の説明

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 専門分野
  • 研究テーマ
    現代アート
    メディアアート研究
    文化政策
    アートマネジメント
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      大谷大学文学部社会学科社会学専攻卒業(1985年)
    • 職歴
      京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)芸術文化研究所職員(1985年〜1991年)
      京都造形芸術大学職員(1991年〜1997年)
      京都嵯峨芸術大学短期大学部非常勤講師(1998年〜2005年)
      東京芸術大学美術学部非常勤講師・集中講義(2002年〜2006年)
      関西学院大学文学部非常勤講師(2003年〜現在)
      大阪電気通信大学総合情報学部非常勤講師(2003年〜2005年)
      京都造形芸術大学通信教育部非常勤講師(2004年〜2006年)
      金沢美術工芸大学非常勤講師・集中講義(2008年、2009年)
      神戸大学発達科学部非常勤講師・集中講義(2008年〜2016年)
  • 取得学位等
    学士(文学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本文化政策学会、芸術科学会

原 久子(はら ひさこ)HARA Hisako

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    大学院 総合情報学研究科長(2012年〜2013年度)


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    大学図書館委員(2010年~2011年、2014年〜2015年)
    生体倫理委員会 委員(2014年〜)
    教育開発推進センター委員(2015年〜)


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

原 久子(はら ひさこ)HARA Hisako

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    メディア芸術文化論(2015年度〜)
    アートマネジメント概論1(〜2014年度)
    アートマネジメント概論2(〜2014年度)
    プランニング演習2
    メディア芸術論(〜2014年度)
    アートイベントプロデュース
    アートプランニング演習
    ゼミナール入門

  • 大学院教育(講義)
    アートマネジメント特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 7名(2016年度)
    • 卒業論文等の指導: 2名(2015年度)
    • 卒業論文等の指導: 16名(2012年度)
    • 修士論文等の指導: 1名(2012年度)
    • 博士論文等の指導: 0名

原 久子(はら ひさこ)HARA Hisako

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 著書
  1. 「日産アートアワード2015 カタログ」(共著、「日産アートアワード」企画・運営事務局(AIT)、2016年)
  2. 「CiMAM〔国際美術館会議〕 2015年次総会東京大会 リポート」(共著、森美術館、2016年)
  3. 「ミュージアムが社会を変える 文化による新しいコミュニティ創り」(共著、現代企画室、2015年)ISBN-10: 4773815019
  4. 「大阪力事典」(共著、創元社、2004年)ISBN4-422-25039
  5. 「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004 」(共著、美術出版社、2004年)
  6. 「変貌する美術館ー現代美術館学2」(共編著、昭和堂、2001年)
  7. 「絵画のメディア学」(共著、昭和堂、1998年) 等


  • 学術論文・作品など
    • 論文
  1. 高見友幸,中根康之,原久子,「摩訶大将棋の復刻」,大阪電気通信大学人間科学研究,Vol.19,2017.(印刷中)
  2. 原久子「『映像を展示する』ということ」、国立国際美術館ニュース第194号、2013年2月1日発行
  • 研究ノート
  1. 原久子「芸術文化情報に関する発信、受容とその変遷について」情報科学芸術大学院大学紀要 第8巻2016年,2017
  • 批評
  1. 原久子「O JUN ハ描く」、国際芸術センター青森 AC2 18号(通巻19号)No.18「レポート2016」
  • 国内学会
  1. 高見友幸,中根康之,原久子,「象戯圖に基づく大将棋の復刻」,ゲーム学会第15回全国大会論文集,13-16,2016.
  2. 木子香,原久子,高見友幸,「『譜雙』の解読:盤双六の伝来と歴史」,ゲーム学会第14回合同研究会研究報告集,1-2,2016.
  3. 木子香,原久子,高見友幸,「『譜雙』の解読:日本と中国の盤双六史」,ゲーム学会第15回全国大会論文集,9-12,2016.
  • 展覧会企画
  1. 「ART GARDEN 〜集めようアートのカケラ〜」プロデューサーとして参画(企画・制作:NHKエディケーショナル)(阪急西宮ガーデンズ、2015年10月31日〜11月15日)
  2. 「あさごの森で光と影のピクニック展」キュレーター(企画・制作)(あさご芸術の森美術館、2014年7月19日〜9月15日)
  3. 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013(六甲山一帯、2014年9月12日~11月23日)アドバイザー
  4. 「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト 神戸展(デザイン・クリエイティブセンター神戸、2013年1月17日~27日)プロデューサー
  5. 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013(六甲山一帯、2013年9月14日~11月24日)アドバイザー
  6. 「パリに笑壺を運ぶー現代日本映像作品展」キュレーター(パリ日本文化会館、2012年)
  7. 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011」共同キュレーター(六甲山上一帯、2011年)
  8. 「あいちトリエンナーレ2010」アソシエイト・キュレーター(愛知県美術館ほか、2010年)
  9. 「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004 」キュレーター(森美術館、2004年)
  10. 「オフ-サイド」(大阪gm/graf・横浜美術館アートギャラリー、2002年)
  11. 「カン・アイラン ~ユメノアトサキ~ digital book project」キュレーター(立体ギャラリー射手座、ヴァイスラウム、メディアショップ、2001年)
  12. 神戸21世紀復興事業「居留地映画館 ~光と影の街散歩~ Slit Show」共同キュレーター(神戸市中央区旧居留地一帯、2001年)
  13. 「南芦屋コミュニティ&アート計画ドキュメント展」共同キュレーター(芦屋市立美術博物館、1999年)
  14. 鈴木宣也「the happy medium」展キュレーター(パナソニック・デジタル・アート・スクエア・大阪、1998年)
  15. 「テクノテラピーin OAP」キュレーター(OAPタワー全館・大阪、1998年)
  16. 「KEHAI 存在の気配」キュレーター(パナソニック・デジタル・アート・スクエア・大阪、1998年)
  17. 「見えざるものの眺め もとみやかをる展」キュレーター(パナソニック・デジタル・アート・スクエア・大阪ほか、1997年)
  18. 「思い出のあした」展 共同キュレーター(京都市美術館、1997年)
  19. 「イメージの新様態」展 キュレーター(ギャラリーすずき・京都、1993年) 等 


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 国際会議:Zhixin Shen, Masanori Fukui, Hisako Hara, Yasuyuki Nakane, and Tomoyuki Takami,
    Ancient Japanese Big Chess Reproduction:
    Development of Network Play System for Maka Dai Shogi,
    NICOGRAPH International 2016, Hangzhou, China (6-8 July 2016).
  2. 国際会議:H Hara,K Kishi,M Fukui,and T Takami,Ancient Japanese Board Sugoroku Reproduction
    :Development of Network Play System for Board Sugoroku,
    NICOGRAPH International 2017,accepted,2017.
  3. 国際会議:Y. Nakane, H. Hara, and T. Takami, Computer Maka Dai Shogi, Osaka, Proceedings of IEEE Gloval Conference on Consumer Electronics 2015, 2015.
  4. 国際会議:H. Hara, Y. Nakane, and T. Takami, Reproduction of Maka Dai Shogi, Tokyo June 13-14 2015, NICOGRAPH International 2015(USB), 2015.
  5. (シンポジウム)Creaters@Kamogawa「PARASOPHIA クロストークレビュー」(ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川・京都、2015月3月28日)
  6. (基調講演、シンポジウム)「関西における80年代の現代美術」(水戸芸術館会議場、2015年3月14日)
  7. (学会発表) 日本文化政策学会第8回研究大会  「都市型アートプロジェクトに関する事例報告」(京都橘大学、 2014年12月6日〜12月7日)
  8. インスタレーションをめぐるシンポジウム 講師(パネリスト)(京都芸術センター、2013年9月16日)
  9. 第7回21世紀ミュージアム・サミット 分科会、分科会総括会議(2014年1月8日)
  10. 2012 The 6th MOVE ON ASIA FORUM, Group Discussion(韓国弘益大学, 2012年)
  11. 「パリに笑壺を運ぶ」現代日本映像作品展、講演会(パリ日本文化会館、2012年)
  12. 文化庁 メディア芸術部門会議(東京ミッドタウン、2011年)
  13. 日メコン交流2009年事業「Flickers: new media art from Japan」展、基調講演(ベトナム国立美術博物館、2009年)
  14. Hello Tokyo! Public Art Forum、基調講演(ニューサウスウエールズ州立美術館講堂、2008年)
  15. 国立国際美術館開館30周年記念シンポジウム「未完の過去ーこの30年の美術」(国立国際美術館講堂、2007年)
  16. 国立国際美術館 新築移転1周年記念シンポジウム『野生の近代 再考─戦後日本美術史』(国立国際美術館講堂、2005年) 等

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
    • 研究会企画
  1. Meta Museum Theatre vol.3「フランス国立クリュニー中世美術館所蔵『貴婦人と一角獣』の魅力を科学技術で探る」 企画(ナレッジキャピタル・アクティブスタジオ、2013年9月24日~29日)

原 久子(はら ひさこ)HARA Hisako

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
    • 地域連携企画講師:
  1. 神戸アートビレッジセンター地域交流プロジェクト ひと×間(ま) hanaso vol.4「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」のススメ 講師(神戸アートビレッジセンター、2013年9月20日)


  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 堺市文化芸術審議会(委員、2015年〜 )
  2. 豊中市文化芸術振興審議会(委員、2012年〜 )
  3. 公益財団法人福武財団 文化と芸術による地域振興の助成(旧:文化・芸術による福武地域振興財団)(選考委員、2011年〜 )
  4. 絹谷幸二賞(毎日新聞社主催、選考委員、2011年〜2014年度)
  5. 大阪市近代美術館あり方検討委員会(2010年)
  6. 四條畷市個人情報保護審査委員(2007〜2009年)
  7. トーキョーワンダーウォール公募(東京都、審査委員、2007〜2009年)
  8. 第7回&第8回&第9回 ヒロシマ賞(朝日新聞社主催、選考委員)
  9. トーキョーワンダーサイト青山(東京都歴史文化財団、滞在アーティスト選考委員、2006年〜2011年)
  10. 京都市芸術文化特別奨励制度専門委員会(京都市、2006〜2016年度)等


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など
  1. 特定非営利活動法人 芸術と計画会議 会員(2002年〜)
  2. 「心靈重建、芸術重建」台湾中部地震被災地でのワークショップ(台湾 台中縣和平郷、2000年)
  3. 「阪神・淡路大震災による芸術文化被害状況調査報告書」調査及び報告書作成(阪神・淡路大震災 芸術文化被害状況調査研究プロジェクト委員会、1995年)

  • その他
  1. 「豪日メディアアート・ミーティング」シンポジウム(名古屋市美術館、国立国際美術館、2010年)運営
  2. 新聞記事寄稿:「街が創造のメディアへ」(産經新聞近畿版夕刊文化欄 、2013年4月)

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS