大阪電気通信大学 教員情報データベース >坂田 定久

数理科学研究センター 所属教員一覧

坂田 定久(さかた さだひさ)SAKATA Sadahisa 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 専門分野
    数学
  • 研究テーマ
    常微分方程式の安定性
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      甲南大学理学部応用数学科卒業(1972年)
      大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了(1975年)
      大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程退学(1980年)
    • 職歴
      大阪電気通信大学工学部講師(1985年)
      大阪電気通信大学工学部助教授(1988年)
      大阪電気通信大学大学院工学研究科助教授(1990年)
      大阪電気通信大学大学工学部教授(2003年)
      大阪電気通信大学大学院工学研究科教授(2003年)
  • 取得学位
    工学博士(1982年 大阪大学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本数学会、日本応用数理学会

坂田 定久(さかた さだひさ)SAKATA Sadahisa

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    教職課程委員会委員長(2006-2007年)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    高校模擬授業「指数関数で人口の推移が予測できるか」枚方なぎさ高校,2011年10月

  • その他

坂田 定久(さかた さだひさ)SAKATA Sadahisa

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    微分方程式
    線形代数1
    線形代数学
    基礎理工学ゼミナール1
    数理モデリングゼミナール
    解析学1
    基礎解析・演習
    線形代数2
    基礎理工学入門
    応用数学演習
    基礎理工学特別講義2

  • 大学院教育(講義)
    微分方程式特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 8名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

坂田 定久(さかた さだひさ)SAKATA Sadahisa

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 著書
  1. 山本稔,坂田定久:解析学要論(Ⅰ), 裳華房 1989年
  2. 山本稔,坂田定久:複素解析へのアプローチ, 裳華房 1992年
  3. 溝畑茂,高橋敏雄,坂田定久:微分積分学, 学術図書 1993年
  4. 坂田定久,萬代武史,山原英男:基礎コース微分積分, 学術図書 2003年
  5. 坂田定久,中村拓司,萬代武史,山原英男:新基礎コース微分積分, 学術図書 2012年


  • 学術論文・作品など
  1. S.Sakata, T.Hara: Stability regions for linear differential equations with two kinds of time
    lags, Funkcialai Ekvacioj, 47, 129-144, 2004
  2. M.Funakubo,T.Hara and S.Sakata: On the uniform asymptotic stability for a linear integro-differential equation of Volterra type,J. Math. Appl., 324,1036-1049,2006
  3. 原 惟行,坂田定久.Hurwitzの定理の特性根解析への応用. 数理解析研究所講究録, Vol.1582, 2008, pp.161-166.
  4. T. Hara, S. Sakata: An application of the Hurwitz theorem to the root analysis of the
    characteristic equation. Applied Mathematics Letters, Vol.24, 2011, pp.12-15.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 原 惟行,坂田定久: Hurwitzの定理の特性根解析への応用. 研究集会「関数方程式論におけるモデリングと複素解析」, 京都大学数理解析研究所, 2007年.


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 科学研究費 基盤研究(C),2種類の時間遅れが微分方程式の解の挙動に及ぼす影響,研究代表者,2002-2003年

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

坂田 定久(さかた さだひさ)SAKATA Sadahisa

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS