大阪電気通信大学 教員情報データベース >大西 克彦

情報学科 所属教員一覧

大西 克彦(おおにし かつひこ)ONISHI Katsuhiko Katsuhiko ONISHI

  • 所属部署
    総合情報学部 情報学科 教授
    大学院総合情報学研究科 コンピュータサイエンスコース 教授
  • 専門分野
    バーチャルリアリティ、ヒューマンコンピュータインタラクション、情報工学
  • 研究テーマ
    ヒューマンコンピュータインタラクション
    バーチャルリアリティ
    医用工学
  • 経歴
    • 学歴
      2000年3月 大阪大学大学院工学研究科博士前期課程 修了
      2001年12月 大阪大学大学院工学研究科博士後期課程 退学
    • 職歴
      2002年1月 大阪大学大学院工学研究科 助手
      2002年4月 大阪大学大学院情報科学研究科 助手
      2006年4月 大阪電気通信大学総合情報学部 准教授
      2020年4月 大阪電気通信大学総合情報学部 教授
  • 取得学位等
    博士(情報科学)(大阪大学 2006年)
  • 受賞、顕彰など
    • 教育活動優秀賞(大阪電気通信大学教育活動顕彰制度に基づく)(2019年3月14日)
    • ASCSPub Best Paper Award (Daiki Yano, Masanao Koeda, Mayuko Doi, Kodai Okumoto, Shogo Yoshida, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio and Kaoru Watanabe: Journal of Bioinformatics and Neurosciences,3(3))(2018年2月13日)
  • 所属学会
    電子情報通信学会、日本バーチャルリアリティ学会、ヒューマンインタフェース学会、情報処理学会、芸術科学会
    ACM,IEEE,

大西 克彦(おおにし かつひこ)ONISHI Katsuhiko

  • 所属部署
    総合情報学部 情報学科 教授
    大学院総合情報学研究科 コンピュータサイエンスコース 教授
  • 学科・学部の運営
    2009-2010年度 学部予算委員
    2012年度 学部広報委員
  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    2011年度- メカトロニクス基礎研究所研究員
    2011-2012年度 研究小委員会委員
    2013-2014年度 図書委員会委員
    2015-2016年度 研究小委員会委員
    2017年度- 四條畷キャンパス教務委員
  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    オープンキャンパスでのデモンストレーション
    高校での出張授業
  • その他

大西 克彦(おおにし かつひこ)ONISHI Katsuhiko

  • 所属部署
    総合情報学部 情報学科 教授
    大学院総合情報学研究科 コンピュータサイエンスコース 教授
  • 学部教育(講義)
    コンピュータと社会
    ヒューマンコンピュータインタラクション
    CGプログラミング演習
    Javaプログラミング演習
    GUIデザイン演習
    画像情報処理
    情報学入門(共同)
    総合教養(共同)
    C++プログラミング実習1(共同)
    テクニカルプレゼンテーション(共同)
    グループディスカッション(共同)
    キャリアプランニング(共同)
    スタディスキル(共同)
    プレゼミ(共同)
    卒業研究
    特別研究
  • 大学院教育(講義)
    コンピュータグラフィックス応用工学
    コンピュータサイエンス演習(共同)
  • 論文等指導
    卒業研究等の指導: 15名
    特別研究等の指導: 1名
    修士論文等の指導: 4名
    博士論文等の指導: 0名

ティーチング・ポートフォリオ

  • 授業に臨む姿勢
    • できる限り演習を取り込み実践的な内容を取り入れる.
    • 理論的な内容でも可能な限り具体例を出し,その仕組みや概念を理解できるような構成にする.
    • 具体的な事例などを取り入れ,興味を誘発し自発的な学習を促すことを目指している.
  • 教育活動自己評価
    • 履修者合格率70%以上(特に低学年配当)
    • 演習を多く取り入れることで,合格した学生は一定の実力を備えていると考えている.
  • 授業改善のための研修活動等
    • 学会に参加することによって最新の動向を得てそれらを組み入れるとともに,学内のFDに参加している.
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
    • 卒業研究,特別研究がある.
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
    • コンピュータと社会
      • コンピュータの歴史や情報論理など,情報分野の初学者を対象とした基礎的な内容.
      • 授業合格率80%を目標としている.
  • 具体的な達成目標に対する達成度
    • コンピュータと社会
      • 授業合格率はほぼ達成している.
      • 合格した学生は今後,学習する情報系の専門分野の背景知識を獲得していると思われる.
  • 学生からの要望への対応
    • 授業後やオフィスアワーでの質問対応や,アンケートにおける回答がある.

大西 克彦(おおにし かつひこ)ONISHI Katsuhiko

  • 所属部署
    総合情報学部 情報学科 教授
    大学院総合情報学研究科 コンピュータサイエンスコース 教授
  • 著書(分担)
  1. Katsuhiko Onishi, Seiyu Fumiyama, Yohei Miki, Masahiro Nonaka, Masanao Koeda, Hiroshi Noborio: “Study on the Development of Augmented-Reality Navigation System for Transsphenoidal Surgery”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 12183, pp. 623-638 (Jul. 2020).
  2. Morihiro Tsujishita, Hiroshi Noborio, Yashuhiro Masutani, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi: “The Efficacy of Virtual Reality Exposure Therapy for Fear of Falling (FOF) in the Elderly”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 12183, pp. 178-187 (Jul. 2020).
  3. Akihiro Hamada, Atsuro Sawada, Jin Kono, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Takashi Kobayashi, Toshinari Yamasaki, Takahiro Inoue, Hiroshi Noborio, Osamu Ogawa: “The Current Status and Challenges in Augmented-Reality Navigation System for Robot-Assisted Laparoscopic Partial Nephrectomy”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 12182, pp. 620-629 (Jul. 2020).
  4. Satoshi Numata, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Kaoru Watanabe, Hiroshi Noborio: “A Hashing Algorithm of Depth Image Matching for Liver Surgery”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 12181, pp. 625-634 (Jul. 2020).
  5. Katsuhiko Onishi, Seiyu Fumiyama, Yohei Miki, Masahiro Nonaka, Masanao Koeda, Hiroshi Noborio: “A Study of Camera Tip Position Estimating Methods in Transnasal Endoscopic Surgery”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 11567, pp. 534-543 (Jun. 2019).
  6. Satoshi Numata, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Kaoru Watanabe, Hiroshi Noborio: “Performance and Accuracy Analysis of 3D Model Tracking for Liver Surgery”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 11567, pp. 524-533 (Jun. 2019).
  7. Masahiro Nonaka, Hiroshi Noborio, Katsuhiko Onishi, Katsunori Tachibana, Kaoru Watanabe, Kiminori Mizushino: “Multi-camera coordinate calibration and accuracy evaluation for robot control”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 11567, pp. 506-523 (Jun. 2019).
  8. Akihiro Hamada, Atsuro Sawada, Jin Kono, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Takashi Kobayashi, Toshinari Yamasaki, Takahiro Inoue, Hiroshi Noborio, Osamu Ogawa: “Evaluation of the Degree of Heat Conduction with the da Vinci Surgical System”, Masaaki Kurosu (Ed.), Human-Computer Interaction. Recognition and Interaction Technologies, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 11567, pp. 438-446 (Jun. 2019).
  9. Masanao Koeda, Daiki Yano, Naoki Shintaku, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio: “Development of Wireless Surgical Knife Attachment with Proximity Indicators Using ArUco Marker”, Masaaki Kurosu (Ed), Human-Computer Interaction. Interaction in Context. Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10902, Springer, pp.14-26 (Jun. 2018).
  10. Hiroshi Noborio, Saiki Kiri, Masatoshi Kayaki, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi: “Accurate Evaluation of Rotational Angle and Translation Movement of Our Organ-following Algorithm based on Depth-Depth Matching”, Masaaki Kurosu (Ed), Human-Computer Interaction. Interaction in Context. Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10902, Springer, pp. 27-42 (Jun, 2018).
  11. Satoshi Numata, Daiki Yano, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Kaoru Watanabe, Hiroshi Noborio, Hirotaka Uoi: “A Novel Liver Surgical Navigation System Using Polyhedrons with STL-format”, Masaaki Kurosu (Ed), Human-Computer Interaction. Interaction in Context. Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10902, Springer, pp.53-63, 2018 (Jun, 2018).
  12. Katsuhiko Onishi, Yuichiro Tanaka, Kiminori Mizushino, Katsunori Tachibana, Kaoru Watanabe, Hiroshi Noborio: “Calibration Experiences of Multiple RGB/Depth Visions for Capturing a Surgical Area”, Masaaki Kurosu (Ed), Human-Computer Interaction. Interaction in Context. Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10902, Springer, pp.64-71 (Jun, 2018).
  13. Katsuhiko Onishi, Yohei Miki, Keishi Okuda, Masanao Koeda, Hiroshi Noborio: “A Study of Guidance Method for AR Laparoscopic Surgery Navigation System”, Aaron Marcus and Wentao Wang(Eds), Design, User Experience, and Usability: Designing Pleasurable Experiences, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10289, Springer, pp.556-564 (Jul. 2017).
  14. Atsushi Sengiku, Masanao Koeda, Atsuro Sawada, Jin Kono, Naoki Terada, Toshinari Yamasaki, Kiminori Mizushino, Takahiro Kunii, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio, Osamu Ogawa: “Augmented Reality Navigation System for Robot-Assisted Laparoscopic Partial Nephrectomy”, Aaron Marcus and Wentao Wang(Eds), Design, User Experience, and Usability: Designing Pleasurable Experiences, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10289, Springer, pp.575-584 (Jul. 2017).
  15. Daiki Yano, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio: “Development of a Surgical Knife Attachment with Proximity Indicators”, Aaron Marcus and Wentao Wang(Eds), Design, User Experience, and Usability: Designing Pleasurable Experiences, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 10289, Springer pp.608-618 (Jul. 2017).
  16. Hiroshi Noborio, Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Yasuhiro Ida, Shigeki Nankaku, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Masanori Kon, Kosuke Matsui, Masaki Kaibori: “Tracking a Real Liver using a Virtual Liver and an Experimental Evaluation with Kinect v2”, F.Ortuno and I.Rojas (Eds.), IWBBIO 2016, Lecture Notes in Bioinformatics (LNBI), Vol. 9656, Springer, pp.149-162 (Mar. 2016).
  17. Hiroshi Noborio, Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Kentaro Takamoto, Shigeki Nankaku, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Masanori Kon, Kosuke Matsui, Masaki Kaibori: “Depth Image Matching Algorithm for Deforming and Cutting a Virtual Liver via Its Real Liver Image Captured Using Kinect v2”, F.Ortuno and I.Rojas (Eds.), IWBBIO 2016, Lecture Notes in Bioinformatics (LNBI), Vol. 9656, Springer, pp.196-205 (Mar. 2016).
  18. Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio, Masanao Koeda, Kaoru Watanabe, Kiminori Mizushino, Takahiro Kunii, Masaki Kaibori, Kosuke Matsui, Masanori Kon: “Virtual liver surgical simulator by using Z-buffer for object deformation”, Margherita Antona and Constantine Stephanidis (Eds.), Universal Access in Human-Computer Interaction. Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 9177, Springer, pp 345-351, (Jul. 2015).
  19. Katsuhiko Onishi, Kiminori Mizushino, Hiroshi Noborio, Masanao Koeda: “Haptic AR dental simulator using Z-buffer for object deformation,”, Constantine Stephanidis and Margherita Antona (Eds.), Universal Access in Human-Computer Interaction. Aging and Assistive Environments, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 8515, Springer, pp.342-348 (Jun, 2014).
  20. Katsuhiko Onishi, Norishige Murakami, Yoshifumi Kitamura, Fumio Kishino: “Modeling of Trees with Interactive L-System and 3D Gestures”, Auke Jan Ijspeert(Eds.), Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 3853, Springer, pp 222-235 (Feb. 2006).
  • 学術論文・作品など
  1. Masanao Koeda, Daiki Yano, Mayuko Doi, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio: “Calibration of Surgical Knife-Tip Position with Marker-Based Optical Tracking Camera and Precise Evaluation of Its Measurement Accuracy”, Journal of Bioinformatics and Neurosciences (JBINS), Vol.4, Issue 1, pp. 155-159 (Dec. 2018).
  2. Daiki Yano, Masanao Koeda, Mayuko Doi, Kodai Okumoto, Shogo Yoshida, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio, Kaoru Watanabe: “Accuracy verification of knife tip positioning with position and orientation estimation of the actual liver for liver surgery support system”, Journal of Bioinformatics and Neurosciences (JBINS), Vol.3, Issue 3, pp.79-84 (Dec. 2017).(Best Paper Award)
  3. Hiroshi Noborio, Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Yasuhiro Ida, Shigeki Nankaku, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Masanori Kon, Kosuke Matsui, Masaki Kaibori: “Experimental Results of 2D Depth-Depth Matching Algorithm Based on Depth Camera Kinect v1”, Journal of Bioinformatics and Neuroscience (JBINS), Vol.1, Issue 1, pp.38-44 (Dec. 2015).
  4. Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Kento Ota, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Shigeki Nankaku, Hiroshi Noborio, Masanori Kon, Kousuke Matsui, Masaki Kaibori: “Parameter Identification of Depth-Depth-Matching Algorithm for Liver Following”, Jurnal Teknologi, Medical Engineering, Vol.77, No.6, pp.35-39 (Nov. 2015).
  5. Hiroshi Noborio, Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Yasuhiro Ida, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Shigeki Nankaku, Kousuke Matsui, Masanori Kon, Masaki Kaibori: “Image-based Initial Position/Orientation Adjustment System between Real and Virtual Livers”, Jurnal Teknologi, Medical Engineering, Vol.77, No.6, pp.41-45 (Nov. 2015).
  6. 村上 礼繁, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “3次元ジェスチャと生長シミュレーションを利用した3次元樹木モデルの生成”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.12, No.2, pp.199-208 (Jun. 2007).
  7. 大西 克彦, 深津 真二, 三田 純平, 北村 喜文, 岸野 文郎: “複数視点の直感的制御のための座標系対連動法の一般化”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J89-D, No.11, pp.2458-2469 (Nov. 2006).
  8. 大西 克彦, 蓮池 祥一, 北村 喜文, 岸野 文郎: “インタラクティブな生長シミュレーションによる仮想樹木モデルの生成”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.11, No.1, pp.143-151 (Mar. 2006).
  9. 大西 克彦: “大阪大学における基礎データ収集のためのデータベース構築事例”, 大学評価(大学評価・学位授与機構 研究紀要), No.3, pp.22-30 (Sep. 2003).
  10. 大西 克彦, 北村 喜文, 正城 敏博, 岸野 文郎: “両手操作による樹木モデルの部分形状選択の効率化”, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.4, No.1, pp.9-15 (Feb. 2002).
  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    • 国際会議
  1. Masanao Koeda, Daiki Yano, Takumi Mori, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio: "DICOM Depth Image Generation using GPGPU for Fast Position and Orientation Estimation on Liver Surgery Support System", in Proc. of IEEE TENCON 2019 Technologies for Smart Nation (TENCON2019), pp.354-358 (Oct. 2019).
  2. Akito Maeda, Katsuhiko Onishi, Atsushi Yamaji: “Interactive Rhythm Making System by using Tablet and Large Scale Display”, in Proc. of the 7th International Conference on Serious Games and Applications for Health (IEEE SeGAH 2019), P9 (Aug. 2019).
  3. Atsuro Sawada, Akihiro Hamada, Atsushi Sengiku, Masanao Koeda, Katsuhiko Onishi, Osamu Ogawa: “The development of a 3D navigation system for robot-assisted partial nephrectomy using augmented reality technology”, in Proc. of the 2019 Annual EAU Congress (EAU19), 18(1);e2273 (Mar. 2019).
  4. Masanao Koeda, Mayuko Doi, Daiki Yano, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio: “Accuracy Verification of Knife Tip Position Estimation for Liver Surgery Support System", in Proc. of International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS2018), pp.249-250 (Nov. 2018).
  5. Daiki Yano, Mayuko Doi, Masanao Koeda, Kodai Okumoto, Shogo Yoshida, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio and Kaoru Watanabe: “Verification of accuracy of knife tip position estimation in liver surgery support system”, in Proc. of International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS2017), pp.284-285 (Nov.2017).
  6. Katsuhiko Onishi, Kazuaki Teramoto, Atsushi Yamaji: “Interactive Rhythm Making System for Musical Instruments in Museums”, in Proc. of 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017), pp.280-281 (Oct.2017).
  7. Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Hiroshi Noborio, Masaki Kaibori: “Evaluation of Depth-Depth Matching Algorithm for Following Human Liver whose Motion is Practical and also is Occluded by Human Body”, in Proc. of the 10th MedViz Conference and the 6th Eurographics Workshop on Visual Computing for Biology and Medicine (EG VCBM), pp.135-138 (Sep. 2016).
  8. Katsuhiko Onishi, Yamato Gomi: “User-Centered Tile Menu Selection Technique in Large Scale Display”, Constantine Stephanidis(Ed.), HCI International 2016 - Posters' Extended Abstracts, CCIS, Vol. 617, Springer, pp.371-375 (Jul. 2016).
  9. Masanao Koeda, Kiminori Mizushino, Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio, Takahiro Kunii, Masatoshi Kayaki, Atsushi Sengiku, Atsuro Sawada, Takeshi Yoshikawa, Yoshiyuki Matsui, Osamu Ogawa: “Image Overlay Support with 3DCG Organ Model for Robot-Assisted Laparoscopic Partial Nephrectomy”, Constantine Stephanidis(Ed.), HCI International 2016 - Posters' Extended Abstracts, CCIS, Vol. 617, Springer, pp.508-513 (Jul. 2016).
  10. Hiroshi Noborio, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Kiminori Mizushino, Takahiro Kunii, Masaki Kaibori, Masanori Kon, Yen-Wei Chen: “Fast Surgical Algorithm for Cutting with Liver Standard Triangulation Language Format Using Z-Buffers in Graphics Processing Unit”, Masakatsu Fujie (Eds): Computer Aided Surgery, Springer, pp.127-140 (Feb. 2016).
  11. Mayuko Doi, Daiki Yano, Masanao Koeda, Hiroshi Noborio, Katsuhiko Onishi, Masatoshi Kayaki, Kiminori Mizushino, Kosuke Matsui, Masaki Kaibori: "Knife Tip Position Estimation Using Multiple Markers for Liver Surgery Support”, in Proc. of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), 1A2-08, pp.74-75 (Dec. 2015).
  12. Kaoru Watanabe, Masahiro Yagi, Atsuhiro Shintani, Shigeki Nankaku, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Hiroshi Noborio, Masanori Kon, Kosuke Matsui, Masaki Kaibori: "A New 2D Depth-Depth Matching Algorithm whose Translation and Rotation Freedoms are Separated", in Proc. of the International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS2015), Track 3: Bioinformatics, pp.271-278 (Nov. 2015).
  13. Yamato Gomi, Katsuhiko Onishi: "Study of Tile Menu Selection Technique Using the Relative Position of Joints for Gesture Operation”, Constantine Stephanidis (Ed.), HCI International 2015 - Posters’ Extended Abstracts, CCIS, Vol. 528, Springer, pp.481-484 (Jul. 2015).
  14. Masanao Koeda, Akio Tsukushi, Hiroshi Noborio, Katsuhiko Onishi, Kiminori Mizushino, Takahiro Kunii, Kaoru Watanabe, Masaki Kaibori, Kosuke Matsui, Masanori Kon: "Depth Camera Calibration and Knife Tip Position Estimation for Liver Surgery Support System”, Constantine Stephanidis (Ed.), HCI International 2015 - Posters’ Extended Abstracts, CCIS, Vol. 528, Springer, pp.496-502 (Jul. 2015).
  15. Hiroshi Noborio, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Kiminomi Mizushino, Masahiro Yagi, Masaki Kaibori, Masanori Kwon: “Motion Transcription Algorithm By Matching Corresponding Depth Image and Z-buffer”, in Proc. of the 10th Anniversary Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2014), pp.60-61 (Jun. 2014).
  16. Hiroshi Noborio, Katsuhiko Onishi, Masanao Koeda, Kiminori Mizushino, Takahiro Kunii, Masaki Kaibori, Masanori Kon, Yen-Wei Chen: “A Fast Surgical Algorithm Operating Polyhedrons Using Z-Buffer in GPU”, in Proc. of the 9th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2013), pp.110-111 (Sep. 2013).
  17. Katsuhiko Onishi, Kiminori Mizushino, Hiroki Ikemoto, Hiroshi Noborio: “AR dental surgical simulator using haptic feedback”, Constantine Stephanidis (Ed.), HCI International 2013 - Posters’ Extended Abstracts, CCIS, Vol. 374, Springer, pp 202-205 (Jun. 2013).
  18. Katsuhiko Onishi, Hiroshi Noborio: “Display system for AR dental surgical simulator”, in Proc. of ASIAGRAPH 2013 Forum, Vol. 7, No. 1, pp. 115-116 (Apr. 2013).
  19. Katsuhiko Onishi, Shota Ito, Yusuke Kawamura, Hiroshi Noborio: “Development of AR Display System for Dental Surgical Simulator", Constantine Stephanidis (Ed.), HCI International 2011 - Posters’ Extended Abstracts, Part II, CCIS, Vol. 174, Springer, pp 130-133 (Jun. 2011).
  20. Norishige Murakami, Katsuhiko Onishi, Yoshifumi Kitamura, Fumio Kishino: “Modeling of Trees with 3D Gestures and Growth Simulation”, Virtual Environments 2005, pp.97-104 (Oct. 2005).
  21. 大西 克彦, 村上 礼繁, 北村 喜文, 岸野 文郎: “対話的仮想樹木造型”, 2005亞洲藝術科學學會論文集作品集, Vol.1, No.1, pp.15-16 (Jul. 2005).
  22. 北村 喜文, 大西 克彦, 岸野 文郎: “電脳空間生態系”, 2005亞洲藝術科學學會論文集作品集, Vol.1, No.1, pp.13-14 (Jul. 2005).
  23. Katsuhiko Onishi, Shoichi Hasuike, Yoshifumi Kitamura, Fumio Kishino: “Interactive Modeling of Trees by using Growth Simulation”, in Proc. of ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology 2003 (VRST2003), pp.66-72 (Oct. 2003).
  24. Katsuhiko Onishi, Yoshifumi Kitamura, Toshihiro Masaki, Fumio Kishino: “Two-Handed Manipulation of Tree Models”, in Proc. of 11th International Conference on Artificial Reality and Tele-existence 2001 (ICAT2001), pp.73-78(Oct. 2001).
  • 国内会議
  1. 小枝 正直, 瀧口 亜沙美, 濵田 彬弘, 澤田 篤郎, 河野 仁, 小川 修, 大西 克彦, 登尾 啓史: “電気メスによる生体組織内部の熱損傷シミュレーション”, 2020年電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-16-6, p.162 (Mar. 2020).
  2. 文山 誠友, 三木 陽平, 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史, 埜中 正博: “経蝶形骨洞手術の映像支援システムの開発”, 2020年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-072, p.151 (Mar. 2020).
  3. 奥田 啓嗣, 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史, 渡辺 郁, 埜中 正博: “安全な手術計画策定のためのブレインシフトデータベースの開発”, 2020年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-073, p.152 (Mar. 2020).
  4. 北村 慎治, 東雲 貴之, 前田 瑛仁, 大西 克彦, 山路 敦司: “ミュリックにおけるUIと通信システムの検討”, 2020年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-074, p.153 (Mar. 2020).
  5. 小枝 正直, 澤田 篤郎, 濵田 彬弘, 河野 仁, 小川 修, 大西 克彦, 登尾 啓史: “ SLAMによるカメラ位置姿勢推定に基づくロボット支援下腎部分切除術のARサポートシステム”, 情報処理学会第81回全国大会 (IPSJ81) 講演論文集, 7C-04, pp.2-31 - 2-32 (Mar. 2019).
  6. 矢野 大貴, 森 拓海, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史: “肝臓手術サポートシステムにおけるDICOM深度画像と実肝臓モデルによる位置姿勢推定精度の評価”, 情報処理学会第81回全国大会 (IPSJ81) 講演論文集, 7C-05, pp.2-33 - 2-34 (Mar. 2019).
  7. 文山 誠友, 三木 陽平, 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史, 埜中 正博: “内視鏡下経鼻的手術におけるカメラ先端位置推定手法の検討”, 情報処理学会第81回全国大会 (IPSJ81) 講演論文集, 7ZC-01, pp.4-181 - 4-182 (Mar. 2019).
  8. 曾 旻陽, 中瀬 優佳, 木子 香, 大西 克彦: “タブレット端末を利用した中国語単語学習支援システムの開発”, 情報処理学会第81回全国大会 (IPSJ81) 講演論文集, 6ZF-05, pp.4-595 - 4-596 (Mar. 2019).
  9. 前田 瑛仁, 大西 克彦, 山路 敦司: “タブレットと画像マーカを利用したリズム演奏体験システムの検討”, NICOGRAPH 2018, E-2 (Nov. 2018).
  10. 木子 香, 曾 旻陽, 中瀬 優佳, 大西 克彦: “桌游学量词— 汉语学习辅助教材的开发”, 中国語教育学会第16回全国大会予稿集, pp105-106 (Jun. 2018).
  11. 曾 旻陽, 中瀬 優佳, 木子 香, 大西 克彦: “中国語単語学習におけるタブレット支援システムの検討”, 2018年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-030, p.87 (Mar. 2018).
  12. 文山 誠友, 三木 陽平, 奥田 啓嗣, 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史: “腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムにおけるカメラの位置姿勢制御手法の検討”, 2018年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-034, p.91 (Mar. 2018).
  13. 矢野 大貴, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史: “肝臓手術サポートシステムにおけるGPGPUによるDICOMからの深度画像生成と評価”, 情報処理学会第80回全国大会 (IPSJ80), 3ZA-04, Vol.4, pp.241-242 (Mar. 2018).
  14. 矢野 大貴, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史: “肝臓手術サポートシステムにおけるDICOMからの深度画像の取得と臓器位置姿勢推定の実装”, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2017), 3C5-11, pp.2850-2853 (Dec. 2017).
  15. 寺本 和晃, 大西 克彦, 山路 敦司: “Interactive Music Balancer with Body Motion:身体動作に基づく演奏表現コンテンツ”, NICOGRAPH 2017, E-7 (Nov. 2017).
  16. 矢野 大貴, 土井 万由子, 小枝 正直, 奥本 昂大, 吉田 将悟, 大西 克彦, 登尾 啓史, 渡邊 郁: “肝臓手術サポートシステムにおけるメス先端位置精度の検証”, 2017年度情報処理学会関西支部大会講演論文集, G-102(Sep. 2017).
  17. 玉井 遼, 大西 克彦: “DISC Keyboard:円形ソフトウェアキーボードの検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2017論文集, 5Td3-3, pp.307-310 (Sep. 2017).
  18. 奥田 啓嗣, 三木 陽平, 矢野 大貴, 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史: “腹腔鏡下手術ナビゲーションステムにおけるカメラ位置姿勢推定手法の精度評価”, 第17回日本VR医学会学術大会 (JSMVR2017), PP1-5, pp.1-2 (Aug. 2017).
  19. 三木 陽平, 奥田 啓嗣, 矢野 大貴, 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史: “腹腔鏡手術ナビゲーションシステムにおけるカメラ位置姿勢推定手法の一検討”, 2017年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-133, p.133 (Mar. 2017).
  20. 玉井 遼, 大西 克彦: “DISC Keyboard:円形ソフトウェアキーボードの開発”, 2017年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-139, p.139 (Mar. 2017).
  21. 矢野 大貴, 吉田 将悟, 土井 万由子, 小枝 正直, 登尾 啓史, 大西 克彦, 水篠 公範, 海堀 昌樹: “肝臓位置姿勢推定, メス先端位置推定, 肝臓手術シミュレータを統合した手術サポートシステム”, 第25回日本コンピュータ外科学会大会 (JSCAS25), pp.331-332 (Nov. 2016).
  22. 寺本 和晃, 大西 克彦, 山路 敦司: “Plant Audio:音楽制作をしながら植物の成長を感じられるインタラクティブコンテンツ”, NICOGRAPH 2016, E-7 (Nov. 2016).
  23. 小佐々 宏海, 大西 克彦: “3Dダイヤル型ウィジェットを用いた指先による文字入力手法の検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集, D-06, pp.745-748 (Sep. 2016).
  24. 土井 万由子, 矢野 大貴, 小枝 正直, 登尾 啓史, 大西 克彦, 水篠 公範, 榧木 方俊, 松井 康輔, 海堀 昌樹: “肝臓手術サポートシステムのためのメス先端位置推定”, 第16回日本VR医学会学術大会 (JSMVR2016), pp.36-37 (Sep. 2016).
  25. 千菊 敦士, 澤田 篤郎, 寺田 直樹, 小枝 正直, 水篠 公範, 大西 克彦, 登尾 啓史, 小川 修: “ロボット支援下腎部分切除術(RALPN)における3Dナビゲーションシステムの開発”, 第16回日本VR医学会学術大会 (JSMVR2016), pp.46-47 (Sep. 2016).
  26. 矢野 大貴, 土井 万由子, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史: “メス先端と対象物体との距離をLEDレベルメータで表示するインテリジェントメスの開発と術者ナビゲーションの検証”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 (ROBOMEC2016), 1A2-03a5 (Jun. 2016).
  27. 山本 成一, 木子 香, 大西 克彦: “タブレット端末を利用した中国語学習支援システムの検討”, 2016年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画 学生ポスターセッション予稿集, ISS-P-128, p.128 (Mar. 2016).
  28. 小枝 正直, 水篠 公範, 大西 克彦, 登尾 啓史, 國居 貴浩, 榧木 方俊, 千菊 敦士, 澤田 篤郎, 吉川 武志, 松井 喜之, 小川 修: “ロボット支援腎部分切除術をCG重畳表示により支援するシステム”, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015), pp.1174-1177 (Dec. 2015).
  29. 土井 万由子, 矢野 大貴, 小枝 正直, 登尾 啓史, 大西 克彦, 榧木 方俊, 水篠 公範, 海堀 昌樹, 松井 康輔, 權 雅憲: “肝臓手術サポートシステムのための複数マーカを有するメス先端位置推定”, 第24回日本コンピュータ外科学会大会 (JSCAS24), pp.230-231 (Nov. 2015).
  30. 五味 倭人, 大西 克彦: “腕関節の相対位置による身振り動作判定を利用したタイルメニュー選択手法の検討”, NICOGRAPH 2015, P-13 (Nov. 2015).
  31. 足立 尚寛, 大西 克彦: “globARhythm!:AR技術を利用した民族楽器のリズム演奏システム”, NICOGRAPH 2015, D-03 (Nov. 2015).
  32. 新谷 敦洋, 八木 昌宏, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史, 南角 茂樹, 渡辺 郁, 松井 康輔, 權 雅憲, 海堀 昌樹: “平行と回転の自由度を分離探索することにより仮想肝臓が実肝臓を高速追従できるアルゴリズムとその評価”, 第15回日本VR医学会学術大会, pp.29-30 (Sep. 2015).
  33. 木田 陸斗, 大西 克彦: “ダイヤル型ウィジェットを用いたジェスチャ操作による文字入力手法の検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集, 1503P, pp.253-256 (Sep. 2015).
  34. 岡松 孝明, 大西 克彦: “エッジキーボードにおけるボタンの動的配置手法の検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集, 1531D, pp.385-388 (Sep. 2015).
  35. 小枝 正直, 水篠 公範, 千菊 敦士, 澤田 篤郎, 吉川 武志, 松井 喜之, 小川 修, 國居 貴浩, 岸本 直樹, 大西 克彦, 登尾 啓史: “仮想腫瘍を埋め込んだ柔軟な臓器モデルの製作”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMEC2015), 1A1-F07 (May. 2015).
  36. 土井 万由子, 小枝 正直, 筑紫 啓雄, 登尾 啓史, 大西 克彦, 榧木 方俊, 水篠 公範, 海堀 昌樹, 松井 康輔, 權 雅憲: “肝臓手術サポートのためのメス先端位置推定”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMEC2015), 1A1-E01 (May. 2015).
  37. 五味 倭人, 大西 克彦: “関節の相対位置を利用した身振り動作によるタイルメニュー選択手法の検討”, 2015年電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-16-10, p.226 (Mar. 2015).
  38. 筑紫 啓雄, 小枝 正直, 登尾 啓史, 大西 克彦, 榧木 方俊, 水篠 公範, 海堀 昌樹, 松井 康輔, 權 雅憲: “肝臓切除手術におけるIT技術による補助システムの構築”, 第41回日本臨床バイオメカニクス学会, O12-4 (Nov. 2014).
  39. 五味 倭人, 大西 克彦: “身振り動作の制約に基づいたタイルメニュー選択手法の検討”, 平成26年電気関係学会関西連合大会講演論文集, G11-9, pp.334-335 (Nov. 2014).
  40. 岡松 孝明, 竹中 絋規, 大西 克彦: “スマートフォンにおけるディスプレイ端を利用した文字入力インタフェース”, 平成26年電気関係学会関西連合大会講演論文集, P-21, pp.450-451 (Nov. 2014).
  41. 大西 克彦, 田中 悠策, 足立 尚寛, 山路 敦司: “マーカとタブレットを利用した民族楽器のリズム演奏システムの検討”, 電子情報通信学会技術研究報告, vol.114, no.73, MVE2014-3, pp.51-52 (Jun. 2014).
  42. 五味 倭人, 福島 圭佑, 大西 克彦: “奥行き方向を利用した多層メニュー選択操作手法の検討”, 情報処理学会第76回全国大会講演論文集, 1F-2, Vol.4, pp.17-18 (Mar. 2014).
  43. 五味 倭人, 福島 圭佑, 大西 克彦: “両手による身振り動作を利用した3Dタイルメニュー選択手法の検討”, 平成25年電気関係学会関西連合大会講演論文集, G11-12, pp.363-364 (Nov. 2013).
  44. 福島 圭佑, 五味 倭人, 大西 克彦: “3Dタイルメニューにおける選択手法の検討と評価”, 平成25年電気関係学会関西連合大会講演論文集, G11-13, pp.365-366 (Nov. 2013).
  45. 竹中 紘規, 永田 純一, 大西 克彦: “スマートフォンにおける表示領域を考慮した文字入力手法の開発と評価”, 平成25年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, G11-14, pp.367-368 (Nov. 2013).(電子情報通信学会関西支部優秀論文発表賞受賞)
  46. 小枝 正直, 昆布 悠希, 登尾 啓史, 大西 克彦: “複数台ハプティックデバイスの相対位置推定”, 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集, 31C-4, pp.442-443 (Sep. 2013).
  47. 松葉 直樹, 水篠 公範, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史: “教育用歯科シミュレータの構築 -表情・声かけ・施術の連動-”, 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集, 32A-5, pp.488-490 (Sep. 2013).
  48. 登尾 啓史, 大西 克彦, 小枝 正直, 水篠 公範, 國居 貴浩, 海堀 昌樹, 權 雅憲, 陳 延偉: “GPUのZバッファ機能を用いた多面体の高速手術アルゴリズムの提案”, 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集, 32A-4, pp.484-487 (Sep. 2013).
  49. 登尾 啓史, 大西 克彦, 小枝 正直, 八木 昌宏, 水篠 公範, 海堀 昌樹: “深度画像とZバッファのマッチングに基づく実物体と仮想物体の連動”, 第13回日本VR医学会学術大会抄録集, p.18 (Aug. 2013).
  50. 池本 博紀, 大西 克彦, 水篠 公範, 登尾 啓史, 小枝 正直: “膝前提示型ディスプレイを利用した歯科シミュレータの開発”, 第13回日本VR医学会学術大会抄録集, p.12 (Aug. 2013).
  51. 海堀 昌樹, 松井 康輔, 石崎 守彦, 津田 匠, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史, 陳 延偉, 權 雅憲: “肝臓切除手術における医工学部連携先進的ナビゲーションシステムの開発”, 2012年度日本消化器関連学会週間(JDDW 2012), SY1-2 (Oct. 2012).
  52. 大西 克彦, 中野 裕史: “携帯端末における表示領域を考慮した文字入力手法の検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集”, pp.507-508 (Sep. 2012).
  53. 津田 匠, 海堀 昌樹, 松井 康輔, 石崎 守彦, 權 雅憲, 宮脇 康介, 健山 智子, 陳 延偉, 小枝 正直, 大西 克彦, 登尾 啓史: “医工学部連携による肝臓手術ナビゲーションシステムの開発と応用”, 第112回日本外科学会定期学術集会, SF-085-2 (Apr. 2012).
  54. 津守 優, 大西 克彦, 南角 茂樹: “編集距離を利用した短文情報推薦システム”, インタラクション2012論文集, pp.569-574 (Mar. 2012).
  55. 川村 祐輔, 伊藤 翔太, 大西 克彦: “3次元重畳表示を用いた歯科手術シミュレータの検討”, 情報処理学会第74回全国大会講演論文集, Vol.4, pp.299-300 (Mar. 2012).
  56. 小野 祐輝, 大西 克彦: “表示領域を考慮した類似画像表示手法の検討”, 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, Vol.4 pp.221-222 (Mar. 2011).
  57. 伊藤 翔太, 大西 克彦: “歯科シミュレータにおける3 次元モデルの重畳表示手法に関する検討”, 2011年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画, ISS-P-210 (Mar. 2011).
  58. 陳 磊志, 鈴木 遼平, 大西 克彦: “視点追従によるデスクトップ領域の動的移動操作に関する検討”, 2011年電子情報通信学会総合大会ISS特別企画, ISS-P-315 (Mar. 2011).
  59. 村上 礼繁, 大西 克彦, 櫻井 智史, 北村 喜文, 岸野 文郎: “3次元ジェスチャを用いた樹木モデルの形状生成システム”, インタラクション2006論文集, pp.241-242 (Mar. 2006).
  60. 櫻井 智史, 大西 克彦, 村上 礼繁, 北村 喜文, 岸野 文郎: “PDAによる2次元GUI を用いた3次元仮想樹木群生成に関する一検討”, 日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文集, pp.85-88 (Sep. 2005).
  61. 村上 礼繁, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “3次元ジェスチャと2次元GUI を用いた樹木モデルの形状生成システム”, 日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文集, pp.81-84 (Sep. 2005).
  62. 池田 剛, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “インタラクティブな気候制御による樹木生長シミュレーションの検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2005論文集, pp.95-100 (Sep. 2005).
  63. 池田 剛, 櫻井 智史, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “インタラクティブな気候制御による樹木モデルの生成手法”, 電子情報通信学会2005年総合大会 情報・システムソサイエティ総合大会特別号, pp.45 (Mar. 2005).
  64. 櫻井 智史, 大西 克彦, 村上 礼繁, 北村 喜文, 岸野 文郎: “相互干渉を考慮した樹木モデル群のインタラクティブな生成手法に関する一検討”, 日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文集, pp.245-248 (Sep. 2004)
  65. 村上 礼繁, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “生長シミュレーションを利用したジェスチャ入力による樹木モデルの生成手法の検討”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.6, No.3, pp.93-98 (Jun. 2004).
  66. 海老谷 拓也, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “ジェスチャ入力による超2次曲面を利用したインタラクティブな樹木モデル形状生成シミュレーション”, 電子情報通信学会総合大会論文集, pp.327 (Mar. 2004).
  67. 大西 克彦, 蓮池 祥一, 北村 喜文, 岸野 文郎: “インタラクティブな生長シミュレーションによる仮想樹木モデルの生成”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.5, No.3, pp.27-32(Sep. 2003).
  68. 大西 克彦, 林 靖武, 北村 喜文, 岸野 文郎: “樹木モデル生成の高速化に関する一検討”, 2003年電子情報通信学会総合大会講演論文集, pp.251 (Mar. 2003).
  69. 三田 純平, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “複数の座標系対連動法を用いた視点制御手法の検討”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.103, No.425, pp.89-94(Nov. 2003).
  70. 村上 礼繁, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “幹形状のジェスチャ入力によるインタラクティブな樹木形状生成シミュレーション”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.589-592 (Sep. 2003).
  71. 蓮池 祥一, 大西 克彦, 北村 喜文, 岸野 文郎: “生長シミュレーションによる仮想樹木モデルのインタラクティブな生成”, 日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集, pp.377-380(Sep. 2002).
  72. 大西 克彦, 北村 喜文, 正城 敏博, 岸野 文郎: “両手操作による樹木モデルの効率的な部分形状選択法”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2001論文集, pp.1-4 (Sep. 2001).
  73. 大西 克彦, 北村 喜文, 正城 敏博, 岸野 文郎: “操作対象グループの動的生成を用いた両手による仮想樹木モデルの操作に関する一検討”, 2001年電子情報通信学会総合大会講演論文集, pp.356 (Mar. 2001).
  74. 大西 克彦, 北村 喜文, 正城 敏博, 岸野 文郎: “植物モデルデータのデータ構造変更手法に関する一検討”, 2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集, pp.312 (Mar. 2000).
  75. 大西 克彦, 北村 喜文, 正城 敏博, 岸野 文郎: “サイバースペースガーデニングのための植物モデルデータ構造に関する一検討”, 日本バーチャルリアリティ学会第4回大会論文集, pp.113-116 (Sep. 1999).
  • 学内紀要論文
  1. 大西 克彦, 岡松 孝明: タッチパネルにおける表示領域を考慮した文字入力手法に関する研究, 大阪電気通信大学研究論集(自然科学編), No, 51, pp.59-64 (Jul. 2016).
  2. 大西 克彦, 小枝 正直, 登尾 啓史, 海堀 正樹: "Zバッファを用いたバーチャル肝臓手術シミュレータの開発", 計測制御・ロボティックス部門(MERI) Activity Report 2015, Vol.4, pp.37-41 (Mar. 2016).
  3. 小枝 正直, 矢野 大貴, 土井 万由子, 大西 克彦, 登尾 啓史, 海堀 正樹: "高度な肝臓手術を実現する手術支援システムに関する研究", 計測制御・ロボティックス部門(MERI) Activity Report 2015, Vol.4, pp.42-45 (Mar. 2016).
  4. 登尾 啓史, 大西 克彦, 小枝 正直, 海堀 正樹: "肝臓の外科手術を円滑に遂行するための教育用シミュレータ及び臨床用ナビゲータの開発", 計測制御・ロボティックス部門(MERI) Activity Report 2014, Vol.3, pp.33-38 (Mar. 2016).
  5. 小枝 正直, 星野 雄貴, 登尾 啓史, 大西 克彦: "力覚提示装置の相対位置推定", 計測制御・ロボティックス部門(MERI) Activity Report 2012, Vol.1, pp.46-50 (Mar. 2013).
  6. 大西 克彦, 登尾 啓史, 小枝 正直: "膝前提示型歯科シミュレータに関する研究", 計測制御・ロボティックス部門(MERI) Activity Report 2012, Vol.1, pp.42-45 (Mar. 2013).
  • 学会誌解説記事
  1. 大西 克彦: ラク楽実践VR 第33回 Myo(マイオー), 日本バーチャルリアリティ学会学会誌 Vol.20,No.2 pp.133 (Jun. 2015).
  2. 大西 克彦: ラク楽実践VR 第31回 Leap Motion Controller (リープ・モーション・コントローラー), 日本バーチャルリアリティ学会学会誌 Vol.18,No.2 pp.128 (Jun. 2013).
  3. 大西 克彦: ラク楽実践VR 第12回 DS Lite振動カートリッジの解析と活用, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌 Vol.12,No.1 pp.42-43 (Mar. 2007).
  • 学外展示・ワークショップなど
  1. 「グローバリズム!でリズムをキャッチ!」展示, ナレッジキャピタルThe Lab.(アクティブスタジオ),(2018.8.27 - 2018.8.31).
  2. 「globARhythm! リニューアル」展示, ナレッジキャピタルThe Lab.( Vislabブース),(2017.6.2 - 2017.9.1).
  3. 「globARhythm!」展示, ナレッジキャピタルThe Lab.( Vislabブース),(2016.12.9 - 2017.5.22).
  4. 「globARhythm!」展示, ナレッジキャピタルThe Lab.( Vislabブース),(2014.11.1 - 2015.3.25).
  5. 「AR!リズム☆セッション」ワークショップ開催, キッズプラザ大阪,(2014.3.28).
  6. 大阪電気通信大学 研究連携推進センター: スマートフォンにおける表示領域を考慮した文字入力手法; Innovation Exchange Vol.03, poster session, (2013.2.28).
  1. 展示楽器に対する興味誘発および持続性を考慮した演奏システムの開発,中山隼雄科学技術文化財団: 助成研究B,2020年度(研究代表者).
  2. 医師の認識能力の促進を目指したAR内視鏡下手術支援ナビゲーションシステムの開発,立石科学技術振興財団: 研究助成(A),2018年度(研究代表者).
  3. 腎部分摘出術のSLAMを応用した実用的AR支援と電気メスによる熱影響のモデル化文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)),2018年度-2020年度(研究分担者).
  4. 正規化・データベース化した病理DICOMの探索による術中患部移動変形計算について,文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)),2017年度-2019年度(研究分担者).
  5. 医師とセンサの協調によるGPU高速化腎臓腹腔鏡手術ナビゲータの構築,文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)),2015年度-2017年度(研究代表者).
  6. GPUの深度画像並列処理機能による肝臓手術ナビゲーションシステムの製作とその評価,文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2014年度-2017年度(研究分担者).
  7. 汎用のGPGPUやハプティクスを利用した先端歯科オペレーションシステムの構築,文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2010年度-2012年度(研究分担者).
  8. 複合現実感による手術シミュレーションに関する基礎研究,文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2006年度-2008年度(研究分担者).
  9. オブジェクト指向マルチモーダルインタフェースによる仮想環境の構築と操作,文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2000年度-2003年度(研究分担者).
  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
    • 学会組織運営
  1. 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌編集委員(2010.4 ~ 2019.3)
  2. ヒューマンインタフェース学会 会誌委員(2013.4 ~ )
  • 学術会議運営
  1. 第25回 日本バーチャルリアリティ学会大会実行委員(2020年)
  2. The 21th International Conference on Human Computer Interaction (HCI International 2019) Program Board Member of the Human-Computer Interaction Thematic Area.
  3. The 26th IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR 2019) Local Arrangements Chair.
  4. The 20th International Conference on Human Computer Interaction (HCI International 2018) Program Board Member of the Human-Computer Interaction Thematic Area.
  5. NICOGRAPH 2015 実行委員
  6. 第18回 日本バーチャルリアリティ学会大会 企画委員(2013)
  7. The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2012) Local Arrangement Chair.
  8. ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces(ITS 2011) Local Arrangement co-Chair.
  9. The 16th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology(VRST 2009) Local Arrangement Chair.
  10. エンタテインメントコンピューティング2007 実行委員
  11. The 10th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology(VRST 2003) Local Arrangement co-Chair.

大西 克彦(おおにし かつひこ)ONISHI Katsuhiko

  • 所属部署
    総合情報学部 情報学科 教授
    大学院総合情報学研究科 コンピュータサイエンスコース 教授
  • 地域社会における貢献
  1. グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル The Lab.内のアクティブスタジオにて「グローバリズム!でリズムをキャッチ!」展示(2018.8.27 - 2018.8.31)
  2. グランフロント大阪北館3F ナレッジキャピタル The Lab.内のVislabブースにて「globARhythm! リニューアル」展示(2017.6.2 - 2017.9.1)
  3. グランフロント大阪北館3F ナレッジキャピタル The Lab.内のVislabブースにて「globARhythm!」展示(2016.12.9 - 2017.5.22)
  4. グランフロント大阪北館3F ナレッジキャピタル The Lab.内のVislabブースにて「globARhythm!」展示(2014.11.1 - 2015.3.25)
  5. ワークショップ(「AR!リズム☆セッション」)開催, キッズプラザ大阪(2014.3.28)

  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他
  1. ET×ロボット 実行委員(2007.4~2010.3)

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS