大阪電気通信大学 教員情報データベース >小田 邦彦

理学療法学科 所属教員一覧

小田 邦彦(おだ くにひこ)ODA Kunihiko ODA kunihiko

  • 所属部署
    医療福祉工学部 理学療法学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 専門分野
    理学療法
  • 研究テーマ
    動作分析
    ロボット工学の理学療法治療領域への応用
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      国立療養所近畿中央病院リハビリテーション学院理学療法士科卒業
      神戸市外国語大学外国学部英米科(2部)卒業
      大阪教育大学大学院教育学研究科健康科学専攻修士課程修了 修士(学術)
    • 職歴
      兵庫県リハビリテーションセンター付属中央病院 セラピスト室
      大阪医専 教務部
      大阪電気通信大学 医療福祉工学部 理学療法学科教授
  • 取得学位等
    理学療法士
    修士
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本理学療法士協会、バイオメカニズム学会、臨床バイオメカにクス学会

小田 邦彦(おだ くにひこ)ODA Kunihiko

  • 所属部署
    医療福祉工学部 理学療法学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    医療福祉工学部理学療法学科

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

小田 邦彦(おだ くにひこ)ODA Kunihiko

  • 所属部署
    医療福祉工学部 理学療法学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    理学療法概論
    障害学概論
    神経系理学療法学演習1
    義肢装具学演習1
    義肢装具学演習2
    総合技術特論3
    チームリハビリテーション特論


  • 大学院教育(講義)
    臨床運動学特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 4名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

ティーチング・ポートフォリオ

  • 授業に臨む姿勢
     臨床での理学療法の実践は,定型作業ではないため,クライアント各々の状態に最適の解を導きだして問題解決指向のアプローチを行うことが要求される。そのため,基礎知識の応用を他の領域の知識との関連を意識して行えるよう講義・実習を行っています。
  • 教育活動自己評価
     学生の各期のアンケートをもとに,教育活動の見直しを行っています。
  • 授業改善のための研修活動等
     本学のFD+SD研修会に参加し,自身の視点にとらわれることのないよう,授業に反映させています。
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
     理学療法の基本的な概念の講義などで,答えの出ない障がいの受容などの問題を扱うことが多く,積極的に学生がグループワークなどで自分の意見を述べ,他者の意見を受け止めるなかで,自身の価値観を確認することを通じて,能動的に講義に参加できるようにしています。
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
     理学療法学概論:理学療法の概要を理解し,具体的に解剖学,生理学,運動学などの基礎専門科目の必要性とその位置づけを理解し,職業的な動機付けを維持・向上させることを目的としています。
     障害学概論:理学療法の対象である障害(障がい)を理解することで,患者を包括的に理解することを目標としています。
     日常生活活動学演習;対象患者の問題の本体ともいうべき活動制限を理解し,具体的な患者への援助を考え抜くことを目標としています。
  • 具体的な達成目標に対する達成度
     臨床実習などで要求される知識技術レベルの到達はなかなか困難を伴いますが,繰り返しの演習により,全員が合格レベルの到達しています。
  • 学生からの要望への対応
     実技などの修得で,授業後などに実技の練習などに立会い,修得できるまで指導を続けています。

小田 邦彦(おだ くにひこ)ODA Kunihiko

  • 所属部署
    医療福祉工学部 理学療法学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 著書
  1. 石川 齊,武富由雄編 理学療法技術ガイド 小田邦彦 文光堂 1997 
  2. 植松光俊編著 中枢神経系障害理学療法学テキスト(改訂第2版) 小田邦彦 南江堂 2014
  3. 植松光俊編著 神経筋障害理学療法学テキスト 小田邦彦 南江堂 2017出版予定

  • 学術論文・作品など
  1. Kunihiko ODA, Takehito Kikuchi, Yuki OYAMA and Junji Furusho,A Proposal of Iso-contractile Training with Mascle Strengthening and Evaluation System Using MR Fluid Brake, International Journal of Automation Technology, in press.
  2. Kunihiko Oda, Shiro Isozumi, Yuuki Ohyama, Kazuya Tamida, Takehito Kikuchi, Junji Furusho, Development of Isokinetic and Iso-contractile Exercise Machine "MEM-MRB" Using MR Brake, Proceedings of The 2009 IEEE 11th International Conference on Rehabilitation Robotics, 6-11, 2009
  3. Takehito Kikuchi, Kunihiko Oda and Junji Furusho, Leg-Robot for demonstration of spastic movements of brain-injured patients with compact MR fluid clutch, Advanced Robotics, in press.
  4. Takehito Kikuchi, Kunihiko Oda, Yuuki Ohyama, Shiro Isozumi and Junji Furusho, Development of Isokinetic Exercise System Using High Performance MR Fluid Brake, Proceedings of the 5th IEEE International Conference on Mechatronics (CD-ROM), We3A.1, 2009.
  5. Takehito Kikuchi, Kunihiko Oda and Junji Furusho, Development of Leg-Robot for Simulation of Spastic Movement with Compact MR Fluid Clutch, Proceedings of 2009 IEEE International Conference on Robotics and Automation , 1903-1908,2009.
  6. Takehito Kikuchi, Kunihiko Oda, Junji Furusho:Simulation of Clonic Movement with Leg-Robot Driven by Compact MR Fluid Clutch, Proceedings of The 2009 IEEE 11th International Conference on Rehabilitation Robotics, 80-85,2009.
  7. Takehito KIKUCHI, Kunihiko ODA, Sayo YAMAGUCHI and Junji FURUSHO, Leg-robot with MR Clutch to realize virtual spastic movements, Proceedings of 11th International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions(Journal of Physics: Conference Series 149 (2009) 012060, Online), 2008.
  8. Takehito KIKUCHI, Kunihiko ODA and Junji FURUSHO, Leg-robot with MR Fluid Clutch and its haptic control for virtual spastic movements, Poster Session Abstract of The 3rd Japan-China-Korea Joint Workshop on Robotics, pp.1-2, 2008.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    取得時期の異なるモーションデータを用いたバレエ動作の比較 中平 将 曽我 麻佐子小田 邦彦 第116回 人文科学とコンピュータ研究会発表会 (2018)
    A System to the support Kinematic Analysis by Visualizing Human Motion with CG Sho Nakadaira, Asako Soga,Kunihiko Oda,International Workshop Advanced Image Technology 2019 Singapore

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
    受託研究 パナソニック アプライアンス社 ヘルスケア社

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

小田 邦彦(おだ くにひこ)ODA Kunihiko

  • 所属部署
    医療福祉工学部 理学療法学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
    堺市難病患者支援センター学習会 ~健やかな生活のための身体の動かし方のコツ~ 2013.05.15
    大阪市NPO法人ぽこ・あ・ぽこ定例学習会 ~障がいとは~ 2016.12.10


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. バイオメカニズム学会 理事(2009-2012)
  2. バイオメカニズム学会 評議員(2013-  )
  3. バイオメカニズム学会プログラム委員


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他
  1. 小田邦彦.コンディショニング時の目のつけどころ-歩行分析で何がわかるか-.Jリーグアスレティックトレーナー研修会,2012-01-06.
  2. 小田邦彦.ロボット技術のリハビリテーション医学への応用.経済産業省広域的産業集積活性化支援事業/関西地域健康長寿産業集積活性化活動事業「予防・介護・リハビリ科学・技術の高度事業化」発表交流会シンポジウム~希望ある健康高齢化社会の実現に向けて~,京都リサーチパーク 西地区4号館 バズホール,2011-02ー04

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS