大阪電気通信大学 教員情報データベース >小笹 俊博

機械工学科 所属教員一覧

小笹 俊博(おざさ としひろ)OZASA Toshihiro OZASA toshihiro

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 専門分野 内燃機関 トライボロジー 軸受の潤滑
  • 研究テーマ
    火花点火エンジンの熱効率向上に関する研究
    エンジン軸受の弾性流体潤滑
  • URL
  • 経歴
    • 学歴 
      1974 早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業
      1976 早稲田大学 大学院 理工学研究科 機械工学専攻 修士課程修了
      1982 早稲田大学 大学院 理工学研究科 機械工学専攻 博士後期課程修了
    • 職歴 
      1980-1982 早稲田大学 助手
      1982-2002 株式会社豊田中央研究所 研究員 主任研究員
      2002ー現在 大阪電気通信大学 教授
  • 取得学位
    工学博士
  • 受賞など
    1985年 第35回自動車技術会賞 論文賞 
    三元触媒装置の性能に関する研究 第1報 静的空燃比での触媒装置のシミュレーションモデル
    三元触媒装置の性能に関する研究 第2報 動的空燃比での触媒装置のシミュレーション
    2010年度日本機械学会東海支部賞 研究賞 
    エンジン用すべり軸受の最適設計技術に関する研究 (鈴木繁雄 (株)豊田中央研究所 野田卓 大同大学 小笹俊博 大阪電気通信大学)
    2016年 Awards the ASME Journal of Tribology Best Paper Review Award
  • 所属学会
    日本機械学会、自動車技術会、日本トライボロジー学会、日本設計工学会、ターボ機械協会

小笹 俊博(おざさ としひろ)OZASA Toshihiro

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    メカトロニクス基礎研究所 所長
    エレクトロニクス基礎研究所 運営委員


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

小笹 俊博(おざさ としひろ)OZASA Toshihiro

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    機械要素設計1
    機械要素設計2
    機械要素設計演習
    交通機械工学
    エンジン工学
    機械工学実験
    コンピュータリテラシー1
    キャリア設計
    インターンシップ

過去の担当科目
工業力学及び演習1
工業力学及び演習2
機械力学1
機械力学2


  • 大学院教育(講義)
    内燃機関特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 8名
    • 修士論文等の指導: 1名
    • 博士論文等の指導: 0名

小笹 俊博(おざさ としひろ)OZASA Toshihiro

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 学位論文
     触媒装置付ガソリン機関の排気特性に関する研究   早稲田大学 1982年3月
  • 著書
  1. 川北和明,矢部寛 編著 小笹俊博,佐木邦夫,島田尚一,水谷勝己 著: 学生のための機械工学シリーズ7 機械設計,朝倉書店 (2004年4月)ISBN978-4-254-23737-5.


  • 学術論文
  1. 小笹俊博,斎藤孟,三井純一:酸化触媒装置の性能に関する研究 第1報 炭化水素組成と反応性,自動車技術会論文集 No. 15, pp. 59-66.(1978年)
  2. 小笹俊博,斎藤孟:酸化触媒装置の性能に関する研究 第2報 触媒反応の定式化と触媒装置のシミュレーションモデル,自動車技術会論文集 No. 18, pp. 3-10.(1979年)
  3. 小笹俊博,斎藤孟:酸化触媒装置の性能に関する研究 第3報 シミュレーションモデルによる計算例,自動車技術会論文集 No. 21, pp. 117-124.  (1980年)
  4. 小笹俊博,斎藤孟,土田徹,高田直人:三元触媒装置の性能に関する研究 第1報 静的空燃比での触媒装置のシミュレーションモデル,自動車技術会論文集 No. 24, pp. 43-50.(1982年)
  5. 斎藤孟,小笹俊博,岩野浩,大石省吾:三元触媒システムシミュレーションモデルの一手法,自動車技術会論文集 No. 25 , pp. 35-43.  (1982年)
  6. 小笹俊博,斎藤孟:三元触媒装置の性能に関する研究 第2報 動的空燃比での触媒装置のシミュレーション,自動車技術会論文集 No. 27, pp. 34-41.  (1983年)
  7. T. Fujikawa, T. Ozasa and K. Kozuka : Development of Transparent Cylinder Engines for Schlieren Observation, SAE 1988 Transactions Journal of Engines, section 6 Vol. 97, No. 881632, pp. 6.1714-6.1723.  (1989年)
  8. T. Ozasa, S. Suzuki, H. Kondo, H. Takahashi, M. Kataoka and Y. Oshima: Effect of Combustion Chamber Shape on a Lean-Burn S. I. Engine-Measurement of In-Cylinder Mixture Strength Using a Gas Sampling Technique-, JSAE Review Vol. 12, No. 2, April 1991, pp. 4-10. (1991年4月)
  9. 小笹俊博,鈴木繁雄,近藤春義,高橋英明,片岡匡男,大島雄次郎: エンジンの燃焼室が希薄燃焼に及ぼす影響 ー ガスサンプリング法による筒内混合気濃度の測定,自動車技術会論文集Vol. 22, No. 4, 研究論文(9), pp.47-52.(1991年10月)
  10. T. Ozasa, M. Yamamoto, S. Suzuki, Y. Nozawa and T. Konomi: Elastohydrodynamic Lubrication Model of Connecting Rod Big End Bearings; Comparison with Experiments by Diesel Engine, SAE 1995 Transactions Journal of Fuels & Lubricants Section 4-Vol. 104, No. 952549, pp. 2011-2024. (1996年)
  11. S. Suzuki, T. Ozasa, M. Yamamoto, Y. Nozawa, T. Noda and M. O-hori : Temperature Distribution and Lubrication Characteristics of Connecting Rod Big End Bearings, SAE 1995 Transactions Journal of Fuels & Lubricants Section 4-Vol.104, No. 952550, pp. 2025-2034. (1996年)
  12. T. Ozasa, T. Noda and T. Konomi : Elastohydrodynamic Lubrication Model of Connecting Rod Big-End Bearings: Application to Real Engines, Transactions of the ASME Journal of Tribology, Vol. 119, July 1997, pp. 568-578.(1997年7月)
  13. 鈴木繁雄,小笹俊博,野田卓, 許斐敏明: コンロッド軸受供給油量の軸受温度と接触への影響,自動車技術会論文集 Vol. 29, No. 4, 研究論文(12) 9840126, pp.71-76. (1998年10月)
  14. K. Watanabe,J. Natume,K. Hashizume,T. Ozasa,T. Noda and Y. Masuda: Theoretical analysis of bearing performance of microgrooved bearing, JSAE Review 21, pp. 29-33. (2000年)
  15. 小塚一宏,小笹俊博,河村清美:シュリーレン像の画像処理によるエンジン筒内混合気分布の解析,可視化情報 平成12年7月号,可視化情報学会, pp. 25-31.(2000年7月)
  16. K. Watanabe,J. Natume,K. Hashizume,T. Ozasa,T. Noda and Y. Masuda: A Study of Microgrooved Bearing Performance by Using Numerical Analysis, SAE 2000 Transactions Journal of Materials and Manufacturing, Section 5-Vol. 109, No. 2000-01-1338, pp.756-762 (2001年).
  17. 小笹俊博:油路を含むコンロッド軸受の質量保存弾性流体潤滑 (第1報 計 算 法) 日本機械学会論文集, 第68巻666号 C編,pp. 613-620,(2002年).
  18. 小笹俊博:油路を含むコンロッド軸受の質量保存弾性流体潤滑 (第2報 従来の計算法との比較) 日本機械学会論文集, 第68巻666号 C編,pp. 621-627,(2002年).
  19. 青山隆之,小笹俊博,川本敦史,野田卓,加藤丈幸,村井義之,伊藤天:エンジン軸受で発生するキャビテーション異音の解析,自動車技術会論文集Vol. 33, No. 3, 研究論文(14) 20024435, pp.85-89. (2002年).
  20. K.Kozuka, T.Ozasa, T. Fujikawa and A. Saito: Schlieren Observation of Spark-Ignited Premixed Charge Combustion Phenomena Using a Transparent Collimating Cylinder Engine, Transactions of the ASME Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, Vol. 125, January 2003, pp. 336-343.(2003年1月).
  21. 小笹俊博,鈴木繁雄,野田卓,許斐敏明:油路を含むコンロッド軸受の質量保存弾性流体潤滑 (第3報 供給油量測定との比較) 日本機械学会論文集, 第69巻681号 C編,pp. 1410-1416,(2003年).
  22. T. Aoyama, A. Kawamoto, T. Noda, T. Ozasa, T. Kato, Y Murai and T. Ito : Analysis of Noise Occurrence by Cavitaion in the Main Bearing of Diesel Engine, JSAE Review 24, pp. 59-64, (2003年).
  23. 鈴木繁雄,小笹俊博,野田卓,菊池隆司:主軸受内油路流れの可視化と油量測定,自動車技術会論文集Vol. 35, No. 4, 研究論文20044746, pp.113-118,(2004年).
  24. 小笹俊博: エンジン用条溝軸受の質量保存弾性流体潤滑,日本機械学会論文集, 第72巻721号 C編,pp. 3030-3037,(2006年).
  25. 元場俊雄,安 弘,小笹俊博,升谷保博,森幸治,安富雅典,吉田晴行:創造性の育成を目指したもの作り教育,工学教育 第54巻 第3号,pp.35-40, (2006),
  26. 小笹俊博: 表面粗さと粘度の圧力依存性を含むエンジン軸受の弾性流体潤滑(摩擦損失の計算) ,日本機械学会論文集, 第74巻740号 C編,pp.1034-1041, (2008年).
  27. 鈴木繁雄,野田卓,小笹俊博,菊池隆司,加納知広:エンジン主軸受の油量低減に関する研究,日本機械学会論文集, 第74巻743号 B編,pp. 1472-1477 (2008年).
  28. 小笹 俊博,新関 雅俊:ガソリンエンジンのサイクルシミュレーションモデルを用いたコンロッド軸受の潤滑解析,日本機械学会論文集, 第77巻781号 B編,pp. 1834-1843 (2011年).
  29. T. Ozasa, M. Niizeki, S. Sakurai and S. Suzuki, Lubrication Analysis of a Con-Rod Bearing Using a Cycle Simulation of Gasoline Engines with A/F Variation, SAE International Journal of Fuels and Lubricants. V120-4, pp. 5:434-446, (2012-1).
  30. 小笹俊博,木ノ下暁,新関雅俊:CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析(第1報,計算手法),設計工学, Vol. 50, No. 1, pp44-51 (2015).
  31. 新関雅俊,廣瀨悠二,木ノ下暁,小笹俊博, CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析(第2報,エンジン用コンロッドへの応用と応力解析),設計工学, Vol. 50, No. 1, pp.52- 58 (2015).
  32. 小笹俊博,山田聡,廣瀨悠二,新関 雅俊:弾性流体潤滑計算による軸受油膜圧力を利用したコンロッドの応力解析,自動車技術会論文集Vol. 46, No. 6, 研究論文20154680, pp. 1005-1011 (2015年).
  33. T. Ozasa, K. Maitani, Y. Fujimoto and K. Yorizane: Simplified Estimation Method of Bearing Friction for Engines, International Journal of Engine Research, Vol. 17 (8), pp. 886-896, (2016-10)
  • 国際会議プロシーディングス
  1. T. Fujikawa, T. Ozasa and K. Kozuka : Development of Transparent Cylinder Engines for Schlieren observation, SAE International Fuels and Lubricants Meeting and Exposition Portland, Oregon, October 10-13,1988, SAE Paper 881632.(1988年10月)
  2. T. Ozasa, S. Suzuki, T. Noda and T. Konomi : Elastohydrodynamic Lubrication of Con-Rod Big-End Bearings: Comparison between Theory and Engine Test, Proceedings of the International Tribology Conference Yokohama 1995, pp. 1067-1072. (1996年)
  3. T. Ozasa, M. Yamamoto, S. Suzuki, Y. Nozawa and T. Konomi: Elastohydrodynamic Lubrication Model of Connecting Rod Big End Bearings; Comparison with Experiments by Diesel Engine, SAE International Fuels and lubricants Meeting & Exposition Toronto, Ontario, October 16-19, 1995, SAE Paper 952549. (1995年10月)
  4. S. Suzuki, T. Ozasa, M. Yamamoto, Y. Nozawa, T. Noda and M. O-hori : Temperature Distribution and Lubrication Characteristics of Connecting Rod Big End Bearings, SAE International Fuels and lubricants Meeting & Exposition Toronto, Ontario, October 16-19,1995, SAE Paper 952550.(1995年10月)
  5. T. Ozasa, K. Kozuka and T. Fujikawa : Schlieren Observations of In-Cylinder Phenomena Concerning a Direct-Injection Gasoline Engine, SAE International Fall Fuels and Lubricants Meeting and Exposition San Francisco, California, October 19-22, 1998, SAE Paper 982696.(1998年10月)
  6. S. Suzuki, T. Ozasa, T. Noda and T. Konomi : Analysis of Con-Rod Big-End Bearing Lubrication on the Basis of Oil Supply Rate, SAE International Fall Fuels and lubricants Meeting and Exposition San Francisco, California, October 19-22, 1998, SAE Paper 982439.(1998年10月)
  7. K. Watanabe,J. Natume,K. Hashizume,T. Ozasa,T. Noda and Y. Masuda: A Study of Microgrooved Bearing Performance by Using Numerical Analysis, SAE 2000 World Congress Detroit, Michigan March 6-9, 2000, SAE Paper 2000-01-1338, pp. 1-7. (2000年3月)
  8. T. Ozasa, S. Suzuki, T. Noda and T. Konomi : Oil Flow Rate to Dynamically Loaded Bearings : Comparison Between Mass Conserving EHL Theory and Experiment Using Hot Film Anemometry, Proceedings of the International Tribology Conference Nagasaki 2000, pp. 1603-1608. (2001年9月)
  9. T. Aoyama, S. Suzuki, A. Kawamoto, T. Noda, T. Ozasa, T. Kato and T. Ito : Preventive Design of Cavitaion Noise from the Main Bearing of Diesel Engine, FISITA 2004 World Automotive Congress Barcelona, Spain,F2004V235,(2004年).
  10. T. Ozasa : Friction Power Loss of Engine Bearings Having Regular Striations Analyzed with Mass Conserving Elastohydrodynamic Lubrication Model, Proceedings of Asiatrib 2006 Kanazawa, Japan, pp.753-754. (2006年10月)
  11. T. Ozasa, M. Niizeki, S. Sakurai and S. Suzuki: Lubrication Analysis of a Con-Rod Bearing Using a Cycle Simulation of Gasoline Engines with A/F Variation, JSAE/SAE International 2011 Powertrains, Fuels and Lubricants Meeting, Kyoto Japan, pp. 2231-2343, JSAE 20119250, SAE 2011-01-2118.(2011年9月)
  12. T. Ozasa, Friction of Con-rod Bearings: Valuation Using Elastohydrodynamic Lubrication Model, The Eighth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2012), July 23-26, 2012, Fukuoka, Japan, pp. 452-457,Organized by The Engine Systems Division The Japan Society of Mechanical Engineers.(2012年7月)
  13. T. Ozasa, A. Kinoshita, Y. Hirose and M. Niizeki, Elastohydrodynamic Lubrication Analysis of Journal Bearings Using CAD, The 3rd International Conference on Design Engineering and Science, ICDES 2014, Pilsen, Czech Republic, September 1-3, 2014, pp. 165-170 (2014).
  14. N. Uoi, T. Ozasa, Y. Hirose, and M. Niizeki, Elastohydrodynamic Lubrication Analysis of Journal Bearings Using 3D-CAD: Effect of Oil Viscosity, International Tribology Conference, TOKYO 2015 September 16th – 20th, 2015, Tokyo, Japan, 17P13, pp. 1018-1019 (2015).
  • 解説・総説、紀要、論文再録出版物
  1. 小笹俊博,芳住邦雄,斎藤孟:自動車排出ガス処理三元触媒システム,産業公害 ,Vol. 14, No. 10, pp. 17-27,社団法人産業公害防止協会. (1978年10月)
  2. 斎藤孟,小笹俊博:自動車用酸化触媒装置のメタンと総炭化水素の排出比について,早稲田大学理工学研究所報告第85号(1979-7),pp.1-7.
  3. T. Ozasa, M. Yamamoto, S. Suzuki, Y. Nozawa and T. Konomi: Elastohydrodynamic Lubrication Model of Connecting Rod Big End Bearings; Comparison with Experiments by Diesel Engine, SAE International Fuels and lubricants Meeting & Exposition Toronto, Ontario, October 16-19, 1995, SAE Paper 952549. SAE Special publication SP-1121 , ”Engine Lubricants,”pp. 135-148. (1995年)
  4. S. Suzuki, T. Ozasa, M. Yamamoto, Y. Nozawa, T. Noda and M. O-hori : Temperature Distribution and Lubrication Characteristics of Connecting Rod Big End Bearings, SAE International Fuels and lubricants Meeting & Exposition Toronto, Ontario, October 16-19,1995, SAE Paper 952550,SAE Special publication SP-1121, “Engine Lubricants,”pp. 149-158. (1995年)
  5. 小笹俊博,野田卓,鈴木繁雄:コンロッド大端部軸受の弾性流体潤滑解析,豊田中央研究所 R&Dレビュー DEC. 1996, Vol. 31, No. 4, pp. 1-12.(1996年12月).
  6. T. Ozasa, K. Kozuka and T. Fujikawa : Schlieren Observations of In-Cylinder Phenomena Concerning a Direct-Injection Gasoline Engine, SAE International Fall Fuels and Lubricants Meeting and Exposition San Francisco, California, October 19-22, 1998, SAE Paper 982696. SAE Special publication SP-1399, “Direct Injection Engines, Emissions, and Aftertreatment,” pp. 97-105. (1998年)
  7. S. Suzuki, T. Ozasa, T. Noda and T. Konomi : Analysis of Con-Rod Big-End Bearing Lubrication on the Basis of Oil Supply Rate, SAE International Fall Fuels and lubricants Meeting and Exposition San Francisco, California, October 19-22, 1998, SAE Paper 982439. SAE Special publication SP-1389 , ”Passenger Car and Diesel Engine Lubricants,” pp. 1-11. (1998年)
  8. 小笹俊博,野田卓:コンロッド軸受の潤滑,エンジンテクノロジー, Vol. 4, No. 4, pp. 1-12.( 2002年12月).
  9. T. Aoyama, S. Suzuki, A. Kawamoto, T. Noda, T. Ozasa, T. Kato and T. Ito : Preventive Design and Analysis of Cavitaion Noise on Diesel Engine, 豊田中央研究所 R&Dレビュー DEC. 2005, Vol. 40, No. 1, pp. 36-42.(2005年).
  10. 小笹俊博,石井 徳章,矢部 寛,佐野 潔,阿南 景子,奥 達也:すべり軸受試験機の開発,大阪電気通信大学研究論集 自然科学編 第42号,pp.61-68, 2007年7月.
  11. 小笹俊博,片桐武司,芦原克宏:エンジン軸受の潤滑解析,トライボロジスト,第35巻 第6号,pp3-10,2010年6月.
  12. T, Ozasa, M. Niizeki, S. Sakurai and S. Suzuki: Lubrication Analysis of a Con-Rod Bearing Using a Cycle Simulation of Gasoline Engines with A/F Variation, Powertrains, Fuels & Lubricants - Lubricants 2011, SAE Technical Paper 2011-01-2118, (2011-11).

  • 国際会議、国内会議
  1. 小笹俊博,斎藤孟,三井純一:酸化触媒装置の性能に関する研究 第1報 炭化水素組成と反応性,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 762 ,762A63 (1976),pp. 491-500.
  2. 小笹俊博,斎藤孟:酸化触媒装置の性能に関する研究 第2報 触媒反応の定式化と触媒装置のシミュレーションモデル,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 772, 772A71 (1977),pp. 493-502.
  3. 小笹俊博,斎藤孟:酸化触媒装置のメタンと総炭化水素の排出比について,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 782, 782B77(1978), pp. 611-614.
  4. 小笹俊博,斎藤孟:酸化触媒装置の性能に関する研究 第3報 シミュレーションモデルによる計算例,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 792, 792A33 (1979),pp. 259-268.
  5. 小笹俊博,斎藤孟,土田徹,高田直人:三元触媒装置の性能に関する研究 第1報 静的空燃比での触媒装置のシミュレーションモデル,自動車技術会学術講演会前刷集No. 812, 812A59 (1981), pp. 369-376.
  6. 岩野浩,斎藤孟,小笹俊博,大石省吾:三元触媒システムシミュレーションモデルの一手法,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 812, 812A60 (1981), pp. 377-384. 
  7. 小笹俊博,斎藤孟:三元触媒装置の性能に関する研究 第2報 動的空燃比での触媒装置のシミュレーションモデル,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 831, 831A4 (1983), pp. 17-24.
  8. 藤川武敏,小笹俊博,小塚一宏:サイドビューによる筒内現象のシュリーレン観察(角型ピストンエンジン及び特殊円筒レンズによる検討),第7回 内燃機関合同シンポジュウム講演論文集(日本機械学会,自動車技術会共催)(1988),pp. 311-316.
  9. 小笹俊博,鈴木繁雄,近藤春義, 高橋英明,片岡匡男,大島雄次郎:エンジンの燃焼室が希薄燃焼に及ぼす影響 - ガスサンプリング法による筒内混合気濃度の測定,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 901, 901074 (1990-5), pp. 309-312.
  10. 大島雄次郎,安藤哲生,小笹俊博,野沢右,森信之: エンジン効率から見たダブルクランク機構の評価,日本機械学会講演論文集(関西支部第250回講演会)No. 914-3, 313 (1991), pp. 152-154.
  11. 小笹俊博,山本匡吾,野田卓,水谷嘉之,山田正俊,鳥居久直:コンロッド大端部軸受の弾性流体潤滑解析(エンジン実験による検証),日本機械学会講演論文集 No. 930-63 Vol. E, 2006 (1993), pp. 25-27.
  12. 小笹俊博:コンロッド大端部軸受のEHL解析,日本機械学会講演論文集 No. 940-10 IV, WS19(3), ワークショップ19トライボロジーとダイナミックスの共生 pp. 859-861.(1994年3月)
  13. 小笹俊博,三田修三,野田卓,加藤善一郎:エンジン用条溝軸受の流体潤滑解析,日本機械学会講演論文集 No. 940-10 IV, 1804 (1994), pp. 217-219.
  14. T. Ozasa, S. Suzuki, T. Noda and T. Konomi : Elastohydrodynamic Lubrication of Con-Rod Big-End Bearings: Comparison between Theory and Engine Test, Synopsis of the International Tribology Conference Yokohama 1995, ZH4-2(1995) , October 29-November 2 Yokohama, p. 201.
  15. 鈴木繁雄,小笹俊博,野田卓, 許斐敏明;コンロッド軸受供給油量の軸受温度と接触への影響,自動車技術会学術講演会前刷集 No. 966 (201), 9638789 (1996-10), pp. 133-136.
  16. 小笹俊博,野田卓,中村己喜男,増田義彦:エンジン用条溝軸受の弾性流体潤滑解析,日本機械学会講演論文集 No. 98-3 V, 2305 (1998), pp. 159-160.
  17. 渡部賢治,夏目順一,橋爪克己,小笹俊博,野田卓,増田義彦:自動車技術会学術講演会前刷集  No. 90-98 (131), 9839092 (1998), pp. 9-12, :マイクログルーブ軸受の軸受性能の理論解析.
  18. 小笹俊博,鈴木繁雄,野田卓,許斐敏明:コンロッド軸受供給油量の計算と測定,日本機械学会 2000年度年次大会講演会講演論文集II,3012(2000-8),pp.353-354.
  19. T. Ozasa, S. Suzuki, T. Noda and T. Konomi : Oil Flow Rate to Dynamically Loaded Bearings : Comparison Between Mass Conserving EHL Theory and Experiment Using Hot Film Anemometry, Synopsis of the International Tribology Conference Nagasaki 2000 (2000-11), 4E1-3, p. 508.
  20. 青山隆之,小笹俊博,川本敦史,野田卓,加藤丈幸,村井義之,伊藤天:エンジン軸受で発生するキャビテーション異音の解析,自動車技術会学術講演会前刷集No. 86-01, 20015513(2001-10), pp.1-4 .
  21. 鈴木繁雄,小笹俊博,片岡匡男,瀧昌弘:コンパクトな8字形燃焼室を用いた2点点火式希薄燃焼の性能,山梨講演会講演論文集 (日本機械学会関東支部・精密工学会), 627(2001-10) ,pp.223-224.
  22. 鈴木繁雄,小笹俊博,野田卓,菊池隆司:主軸受内油路流れの可視化と油量測定,自動車技術会学術講演会前刷集No. 51-02, 20025124(2002), pp.5-8.
  23. T. Ozasa : Mass Conserving Elastohydrodynamic Lubrication Analysis of Journal Bearings Having Regular Striations, Synopsis of the International Tribology Conference Kobe 2005 (2005-6), P-51, p. 234.
  24. 梶木悠一朗,宇川淳一,小笹俊博,阪本敬治,石井徳章,矢部寛:すべり軸受試験機の設計製作,(社)日本設計工学会 関西支部研究発表講演会 講演論文集(2005-11),pp38, 39.
  25. 阪本 香梨, 横井 大輔, 小笹 俊博:発電機用小型ガソリンエンジンの性能改善,第1報,性能検討のためのサイクルシミュレーションモデル,(社)日本設計工学会 関西支部研究発表講演会 講演論文集(2006-11),pp1,4.
  26. 宮崎 真吾,山地 良紀,横井 大輔,原田 英将,小笹 俊博:発電機用小型ガソリンエンジンの性能改善,第2報,シリンダ圧力の解析と性能の推定,(社)日本設計工学会 関西支部研究発表講演会 講演論文集(2006-11),pp5, 8.
  27. 櫻井 真一,石田 泰輔,河原 良成,小笹 俊博:電機用小型ガソリンエンジンの性能改善,第3報,コンロッド軸受の潤滑解析,(社)日本設計工学会 関西支部研究発表講演会 講演論文集(2006-11),pp8, 10.
  28. 小笹 俊博,梶木 悠一朗,山田 晃弘,石井 徳章,矢部 寛:減速に基づくジャーナル軸受の摩擦測定装置,日本機械学会 2007年度年次大会講演会講演論文集(4),3032(2007-9),pp.137-138.
  29. 西出 隆史,福井 幹人,小笹 俊博,山地 良紀,宮田 泰典,臼井 宏:小型発電機用気化器式ガソリンエンジンの熱効率向上,日本機械学会 2007年度年次大会講演会講演論文集(3), 0702(2007-9),pp.165-166.
  30. 広畑 佑輔 ,阪本 香梨 ,小笹 俊博:燃焼速度に基づくガソリンエンジンのサイクルシミュレーション,(社)日本設計工学会 関西支部研究発表講演会 講演論文集(2007-11),pp1, 4.
  31. 櫻井 真一,頼實 浩一,河原 良成,阪本 香梨,小笹 俊博:エンジンのサイクルシミュレーションを利用したコンロッド軸受の弾性流体潤滑解析,(社)日本設計工学会 関西支部研究発表講演会 講演論文集(2007-11),pp5, 8.
  32. 小笹 俊博:コンロッド軸受の弾性流体潤滑における表面粗さと潤滑油粘度の圧力依存性,日本機械学会講演論文集, No.084-1(関西支部第83期定期総会講演会), 617,pp.6-17 (2008-3)
  33. 小笹 俊博,梶木悠一朗,櫻井真一,山田晃弘,石井徳章,矢部寛:減速に基づくジャーナル軸受の摩擦測定,トライボロジー会議 2008 春 東京,日本トライボロジー会議予稿集,pp.55-56.
  34. 小笹 俊博:弾性流体潤滑モデルによるエンジン軸受の表面性状の影響計算,自動車技術会2008年春季大会学術講演会前刷集 206-20085211
  35. 小笹 俊博,頼實 浩一,大槻亘,石井徳章,矢部寛,ジャーナル軸受実験装置による回転体の振動と軸受摩擦の測定,日本機械学会 2008年度年次大会講演会講演論文集(4),3159 (2008-8),pp.115-116.
  36. 頼實 浩一,河原 良成,小笹 俊博,石井 徳章,矢部 寛:ロータダイナミクスにおける摩擦測定,トライボロジー会議 2008 秋 名古屋,日本トライボロジー会議予稿集,pp.87,88.
  37. 頼實 浩一,小笹 俊博:すべり軸受試験機を用いたロータの運動特性実験,(社)日本設計工学会 2008年度関西支部研究発表講演会 講演論文集 107,pp.19, 20.
  38. Toshihiro Ozasa; Mass Conserving Elastohydrodynamic Lubrication Model of Engine Bearings with an Oil Passage: Effects of Surface Textures and Pressure-Viscosity Relation on Friction, World Tribology Congress 2009, Kyoto, Japan, September 6 - 11, 2009, C1-321, p.548.
  39. 小笹 俊博, 河原 良成: エンジン組立時の主軸受-ジャーナル間の摩擦測定,日本機械学会 2009年度年次大会講演会講演論文集(3),G0701-3-2 (2009-9),pp.129-130.
  40. 小笹 俊博, 頼實 浩一 : ジャーナル軸受で支えられた回転体の振動,日本機械学会 2010年度年次大会講演会講演論文集(4),S1105-1-2 (2010-9),pp. 181-182.
  41. 小笹 俊博,頼實 浩一:ジャーナル軸受で支えられた回転体の振動:潤滑油粘度の影響,トライボロジー会議 2010 秋 福井,日本トライボロジー会議予稿集 D39,pp.329,330.
  42. 小笹 俊博,新関 雅俊: ガソリンエンジンのサイクルシミュレーションモデルを用いたコンロッド軸受の潤滑解析,第21回 内燃機関シンポジュウム講演論文集(日本機械学会,自動車技術会共催)(2010),pp.437-442.
  43. 小笹 俊博,梶木 悠一朗,頼實 浩一,山田 晃弘,石井 徳章,矢部 寛:減速法によるジャーナル軸受の摩擦測定と潤滑計算,S115034,[No.11-1]日本機械学会2011年度年次大会DVD-ROM論文集 〔2011.9.11-14,東京〕
  44. 木ノ下暁,小笹 俊博,新関 雅俊:CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析の検討,公益社団法人 日本設計工学会,平成23年度秋季研究発表講演会 講演論文集(2011-10) A214,pp.99-102.
  45. T. Ozasa, Y. Kajiki, K, Yorizane, A. Yamada, N. Ishii, H Yabe: Friction Measurement of Journal Bearings Using Deceleration Method: Comparison with Hydrodynamic Lubrication, International Tribology Conference, Hiroshima 2011, October 30 – November 3, 2011, Hiroshima, Japan, P09-03, (2011)
  46. 小笹 俊博:エンジン軸受の高面圧化と摩擦:潤滑計算による評価,第22回内燃機関シンポジウム,20117031,36,(2011)
  47. 木ノ下暁,小笹 俊博,新関 雅俊:CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析 第1報計算手法と計算例,日本機械学会[No.0127-1]北陸信越支部 第49期総会・講演会
    講演論文集 [2012.3.10 石川県野々市市],1304.
  48. 木ノ下暁,小笹 俊博,新関 雅俊:CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析 第2報,日本機械学会講演論文集No.124-1[’12-3 関西支部第87期定時総会講演会],p.12-6.
  49. 木ノ下 暁, 小笹 俊博, 新関 雅俊, 廣瀨 悠二,“CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析 第3報 エンジン用コンロッドの応力解析”,日本機械学会2012年度次大会,日本機械学会講演論文集 S114012.
  50. 木ノ下暁,小笹俊博,新関雅俊,廣瀨悠二,“3次元CADを用いたジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析 第1報 解析手法”,日本設計工学会2012年度関西支部研究発表講演会講演論文集 (2012年11月17日)
  51. 廣瀨悠二,木ノ下暁,小笹俊博,新関雅俊, “3次元CADを用いたジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析第2報 計算例”,日本設計工学会2012年度関西支部研究発表講演会講演論文集 (2012年11月17日)
  52. 山田聡,亀山昌明,吉野光尊,小笹俊博, “ジャーナル軸受に支えられた回転体の振動:実験装置での振動の測定”, 第70回 ターボ機械協会(信州)講演会,信州大学工学部,2-10(2013年9月13日) .
  53. 山田聡,亀山昌明,吉野光尊,小笹俊博, “ジャーナル軸受に支えられた回転体の振動:実験装置での振動の測定”, 日本設計工学会2013年度秋季研究発表講演会,p.167-170 (2013年10月5日) .
  54. 山田聡,亀山昌明,吉野光尊,小笹俊博, “ジャーナル軸受に支えられた回転体の振動:実験装置での振動の測定”, 日本設計工学会2013年度秋季研究発表講演会,p.167-170 (2013年10月5日) .
  55. 山田聡,亀山昌明,吉野光尊,小笹俊博,“ジャーナル軸受で支えられた回転体の振動 第1報,オイルウィップの測定“,日本設計工学会関西支部,ヒューマンサポートサイエンス学会,日本材料学会 強度設計・安全性評価部門 平成25年度合同研究発表講演会 講演論文集,104, pp.7-10,(2013年11月9日).
  56. 山田聡,亀山昌明,吉野光尊,小笹俊博,“ジャーナル軸受で支えられた回転体の振動 第2報,オイルウィップの考察“,日本設計工学会関西支部,ヒューマンサポートサイエンス学会,日本材料学会 強度設計・安全性評価部門 平成25年度合同研究発表講演会 講演論文集,105, pp.11-12,(2013年11月9日).
  57. 山田聡,廣瀨悠二,新関雅俊,小笹俊博, “弾性流体潤滑計算による軸受油膜圧力を利用したコンロッドの応力解析“,第24回内燃機関シンポジウム,講演番号65,20137009,(2013年11月27日).
  58. 魚井 成晃,廣瀨悠二,新関雅俊,小笹俊博,CADを利用したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析(計算手法の改良),日本設計工学会2014年度秋季研究発表講演会, pp.41-44, (2014年11月22日).
  59. 小笹 俊博,米谷 和幸,藤本 雄也,頼實 浩一,エンジン軸受摩擦の簡易推定法,第25回内燃機関シンポジウム,33 (2014).
  60. 魚井 成晃,小笹 俊博,廣瀬 悠二,新関 雅俊,クランク変形を考慮したコンロッド軸受のEHL,トライボロジー会議 2015 春 姫路,日本トライボロジー会議予稿集,F33, pp.485,486.
  61. 米谷和幸,小笹 俊博,軸受摩擦の測定と流体潤滑に基づくデータ処理,トライボロジー会議 2015 春 姫路,日本トライボロジー会議予稿集,PA6, pp.535,536.
  62. 新関雅俊,神田俊明,森浜秀斗,平川コウジ,魚井成晃,小笹俊博,3次元CADを用いたコンロッドの設計手法に関する研究,日本設計工学会関西支部・ヒューマンサポートサイエンス学会 平成27年度研究発表講演会 講演論文集, pp. 49-53,平成27年11月14日.
  63. 黒河 愛,魚井成晃,廣瀬悠二,新関雅俊,小笹俊博,クランクシャフトとコンロッド軸受の変形を考慮した弾性流体潤滑解析,日本設計工学会関西支部・ヒューマンサポートサイエンス学会 平成27年度研究発表講演会 講演論文集, pp. 33-34,平成27年11月14日.
  64. 東浦亮太,阿南景子,石井徳章,小笹俊博,テンターゲート式水門の振動時に生じる動水圧に関する研究,日本設計工学会関西支部・ヒューマンサポートサイエンス学会 平成27年度研究発表講演会 講演論文集, pp. 117-118,平成27年11月14日.
  65. 野々口瑛士,石井徳章,奥達也,辻琢磨,阿南景子,小笹俊博,スクロール圧縮機スラスト・スライド軸受部における潤滑特性に関する実験的研究,日本設計工学会関西支部・ヒューマンサポートサイエンス学会 平成27年度研究発表講演会 講演論文集, pp. 121-122,平成27年11月14日.
  66. 寺田祐也,野々口瑛士,石井徳章,小笹俊博,スクロール圧縮機スラスト・スライド軸受部における潤滑特性に関する実験的研究,日本機械学会関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会前刷集(’16-3)15P11, p. 15-12.
  67. 東浦亮太,阿南景子,石井徳章,小笹俊博,大形テンターゲート式水門の固有振動特性に関する振動実地調査研究,日本機械学会関西支部第91期定時総会講演会講演論文集No.164-1,M709, p.319 (2016-3).
  68. 野々口瑛士,阿南景子,石井徳章,奥達也,辻琢磨,小笹俊博,スクロール圧縮機のバイパス漏れ流れの評価法に関する実験的研究,日本機械学会関西支部第91期定時総会講演会講演論文集No.164-1,M711, p.321 (2016-3).
  69. 本田耕也,正名秀行,小笹俊博,直噴ディーゼルエンジンのシリンダ内圧力測定と解析,日本設計工学会関西支部・ヒューマンサポートサイエンス学会 平成28年度研究発表講演会 講演論文集, A1-1,pp. 1-4,平成28年11月12日.
  70. 垣本浩志,米谷和幸,山奥優希,小笹俊博,減速法によるジャーナル軸受の摩擦測定,日本設計工学会関西支部・ヒューマンサポートサイエンス学会 平成28年度研究発表講演会 講演論文集,A4-1,pp. 29-30,平成28年11月12日.
  71. 魚井成晃,黒河愛,廣瀨悠二,小笹俊博,クランクピンとコンロッド大端部の変形を考慮したジャーナル軸受の弾性流体潤滑解析,第27回内燃機関シンポジウム,38 (2016).
  72. 山口翔平,辻極祐基,垣本浩志,小笹 俊博,軸受試験機によるコンロッド軸受の摩擦測定,(公社)自動車技術会関西支部学生自動車研究会,卒業研究発表講演会概要集2016. Pp. 64-65 (2017-2)


  • 特許など
    特許
  1. S. Suzuki and T.Ozasa:SPARK-IGNITION ENGINE, United States Patent, Patent Number 4742804 (May. 10, 1988). (1988年5月)
  2. K. Kozuka, T. Ozasa, H. Takahashi and H. Kondo:GAS SAMPLING VALVE, United States Patent, Patent Number 4869094 (Sep. 26, 1989). (1989年9月)
  3. T. Ozasa, S. Suzuki, K. Saji, H. Kondo and H. Takahashi : OPERATION CONTROL SYSTEM FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE, United States Patent, Patent Number 4993386 (Feb. 19, 1991). (1991年2月)
  4. 鈴木繁雄,小笹俊博:高圧縮比火花点火式希薄内燃機関,日本国 特許公報(B2) (1995年7月 26日) pp. 151-159特許出願広告番号特公平7-68904.(1995年7月)
  5. 小笹俊博,鈴木繁雄:直接噴射式内燃機関,日本国 実用新案登録公報(Y2) (1997年2月5日) pp. 77-83,実用新案登録番号第2524920号.(1997年2月)
  6. 小笹俊博,鈴木繁雄,佐治啓一,近藤春義,高橋英昭:内燃機関の運転制御装置,日本国 特許公報(B2) (1997年5月21日) pp. 1-25特許番号第2612924号.(1997年5月)
  7. 小笹俊博,梶木悠一朗,頼實 浩一:軸受摩擦測定方法, 日本国 特許公報(B2) (2015年9月4日) pp. 1-39特許番号第5802794号.(2015年9月)

公開特許

  1. 小笹俊博,鈴木繁雄:成層燃焼機関,特開昭62-51727.(1987年3月)
  2. 小笹俊博,鈴木繁雄:直接噴射式内燃機関,特開昭62-58013.(1987年3月)
  3. 小笹俊博,鈴木繁雄:成層燃焼エンジン,特開昭62-182422.(1987年3月)
  4. 鈴木繁雄,小笹俊博:火花点火式内燃機関,特開昭62-182423.(1987年3月)
  5. 小笹俊博,小塚一宏,高橋英昭,佐治啓一:可燃成分分析用ガスクロマトグラフィー,
    特開昭63286762.(1988年11月)
  6. 小塚一宏,小笹俊博,高橋英昭,近藤春義:ガス採取弁,特開平1-10144.(1989年1月)
  7. 小笹俊博,鈴木繁雄,佐治啓一,近藤春義,高橋英昭:内燃機関の運転制御装置,
    特開平2-181047.(1990年7月)
  8. 小笹俊博,鈴木繁雄,佐治啓一,近藤春義,高橋英昭:内燃機関の冷却用液体供給量制御装置,特開平2-181060.(1990年7月)
  9. 加藤善一郎,中村己喜男,田中正,岡本裕,小笹俊博:内燃機関の軸受け構造,
    特開平7-27129.(1995年1月)
  10. 小笹俊博,鈴木繁雄:軸受メタル,特開平10-159850.(1998年6月)
  11. 鈴木繁雄,小笹俊博:すべり軸受ヘの潤滑油供給機構,特開平10-159852.(1998年6月)
  12. 小笹俊博,野田卓,鈴木繁雄,阿部倉貴憲 :不等ジャーナル径クランクシャフトを有する内燃機関,特開2001-20937.(2001年1月)
  13. 野田卓,阿部倉貴憲,鈴木繁雄,小笹俊博,増田義彦 :クランクシャフトの支持構造を改良した内燃機関,特開2001-82444.(2001年3月)
  14. (1)出願国:日本(2)出願人:大豊工業(株)(3)発明者:小笹俊博,芦原克宏,渡邊賢治(4)発明の名称:すべり軸受(5)出願番号:特願2005-340244(優先権2005-320959)(6)公開番号:特開2007-146919(7)公開年月日:H19-6-14
  15. (1)出願国:日本(2)出願人:小笹俊博(3)発明者:小笹俊博,梶木悠一朗,頼實 浩一(4)発明の名称:摩擦測定法及び軸受試験装置(5)出願番号:特願2007-009799特願2007-232461(修正)特願2008-009161(修正)(6)公開番号:特開2009-80092
  16. (1)出願国:日本(2)出願人:小笹俊博(3)発明者:梶木悠一朗,頼實 浩一(4)発明の名称:軸受摩擦測定方法(5)公開番号:特開2014-157159
  17. (1)出願国:日本(2)出願人:小笹 俊博 、大同メタル工業株式会社(3)発明者:小笹 俊博 、幸島 元彦(4)発明の名称:軸受試験装置(5)公開番号:特開2014-167471


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

小笹 俊博(おざさ としひろ)OZASA Toshihiro

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など



日本機械学会 RC267 環境対策推進のためのパワートレイントライボロジー研究分科会委員

  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営

2015~2016年度 日本設計工学会 関西支部長 理事
関西潤滑懇談会 副理事長 

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS