大阪電気通信大学 教員情報データベース >小関 啓子

メディアコミュニケーションセンター 所属教員一覧

小関 啓子 Keiko KOSEKI 画像の説明

  • 所属部署
    メディアコミュニケーションセンター 特任講師
  • 専門分野
    情報教育
  • 研究テーマ
    高等学校教科「情報」/プログラミング
  • 経歴
    • 学歴
      • 2005年3月岩手県立大学ソフトウェア情報学部ソフトウェア情報学科 卒業
      • 2018年3月放送大学大学院文化科学研究科(情報学プログラム) 修了
    • 職歴
      • 高等学校非常勤講師(情報/数学)等
      • 2020年4月~大阪電気通信大学メディアコミュニケーションセンター特任講師
  • 取得学位
    • 修士(学術) 放送大学大学院 2018年3月
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    • 情報処理学会
    • 日本教育工学会

小関 啓子 Keiko KOSEKI

  • 所属部署
    メディアコミュニケーションセンター 特任講師
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
  • その他

小関 啓子 Keiko KOSEKI

  • 所属部署
    メディアコミュニケーションセンター 特任講師
  • 学部教育(講義)
    • 2020年度前期コンピュータリテラシー1
    • 2020年度前期コンピュータリテラシー実習1
    • 2020年度後期コンピュータリテラシー2
    • 2021年度前期コンピュータリテラシー1
    • 2021年度前期コンピュータリテラシー実習1
    • 2021年度後期コンピュータリテラシー2
  • 大学院教育(講義)


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 名
    • 修士論文等の指導: 名
    • 博士論文等の指導: 名
  • ティーチング・ポートフォリオ
  • 授業に臨む姿勢
  • 教育活動自己評価
  • 授業改善のための研修活動等
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
  • 具体的な達成目標に対する達成度
  • 学生からの要望への対応

小関 啓子 Keiko KOSEKI

  • 所属部署
    メディアコミュニケーションセンター 特任講師
  • 著書
  1. まずはここからプログラミング事例集. 東京書籍, pp.4-7, pp.14-17, 2018.(2章,3章,7章,8章を分担執筆。計8ページ)
  • 学術論文等
  1. 長瀧 寛之, 島袋 舞子, 小関 啓子, 宝官 孝明, 兼宗 進. 情報リテラシー科目のオンライン実践と学習活動への影響の評価. 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE) Vol.8, No.1, pp.70-87, 2022.
  • 研究会発表・口頭発表等
  1. 長瀧 寛之, 島袋 舞子, 小関 啓子, 宝官 孝明, 兼宗 進.オンライン形態による情報リテラシー科目の授業実践と学習活動への影響の評価. 情報処理学会, 研究報告コンピュータと教育(CE), 2021-CE-159(4), pp.1-7, 2021.
  2. 小関啓子, 辰己丈夫. 高等学校夜間定時制での情報科授業実践報告. 情報処理学会, 情報教育シンポジウム論文集, 2018(33), pp.221-226, 2018.
  3. 小関啓子. 情報科における外国につながる生徒への対応や授業実践. 第11回 全国高等学校情報教育研究会全国大会(秋田大会), 2018.(ポスター発表)
  4. 小関啓子, 中谷多哉子, 村上祐子, 辰己丈夫. 高校生の実態に合わせた情報機器の学校での活用法の検討. 情報処理学会, 研究報告コンピュータと教育(CE), 2017-CE-142(29), pp.1-4, 2017.
  5. 尾崎拓郎, 小関啓子, 小野淳, 白井美弥子, 田中美穂, 仁木智晶, 西端律子. BYOD環境における初学者向けプログラミング教材の検討. 第14回 情報コミュニケーション学会 全国大会, pp.1-2, 2017.(優秀発表賞)
  6. 小関啓子, 中谷多哉子, 村上祐子, 辰己丈夫. 発達障害を持つ学習者をICTで支援する具体的な方法の検討と提案. コンピュータ利用教育学会(CIEC), 2017PCカンファレンス, pp.223-224, 2017.
  7. 小関啓子. みんなでたのしむゆるゆるプログラミング. 第110回プログラミング・情報教育研究会, 2017.
  8. 小関啓子, 中谷多哉子, 村上祐子, 辰己丈夫. 発達障害を持つ学習者を情報機器で支援する具体的な方法の検討と提案. 情報処理学会, 研究報告コンピュータと教育(CE), 2016-CE-136(1), pp.1-4, 2016.
  9. 小関啓子. 35才からはじめるゆるゆるプログラミング. 第103回プログラミング・情報教育研究会, 2016.
  • 記事・解説等
  1. 小関啓子. GIFアニメーションの作成~イメージをかたちに~. 東京書籍. ニューサポート高校「情報」, 特集:新学習指導要領の船出, Vol.10, pp.6-7, 2013.
  2. 小関啓子, 尾崎拓郎, 西端律子. “ポッキー”でLOOPやIF関数を学ぶ、「GLICODE」の授業展開. CNET Japan, 2017.
  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 運営委員 (2019~)

小関 啓子 Keiko KOSEKI

  • 所属部署
    メディアコミュニケーションセンター 特任講師
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS