大阪電気通信大学 教員情報データベース >尾花 由紀

基礎理工学科 所属教員一覧

尾花 由紀(おばな ゆき)OBANA Yuki Yuki Obana

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 准教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 准教授
  • 専門分野
    地球物理学
  • 研究テーマ
    磁気圏物理学
    宇宙天気
  • 経歴
    • 学歴
      1995年 学士(理学) 九州大学理学部地球惑星科学科
      2001年 修士(理学) 九州大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻
      2004年 博士(理学) 九州大学大学院理学府地球惑星科学専攻
    • 職歴
      2004-2006年 九州大学ベンチャービジネスラボラトリー, 中核的研究機関研究員
      2006-2008年 School of Mathematical and Physical Sciences, The University of Newcastle, Research Associate
      2008-2010年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻, 特任研究員
      2010-2017年 大阪電気通信大学工学部基礎理工学科, 講師
      2017年~   大阪電気通信大学工学部基礎理工学科, 准教授
  • 取得学位
    博士(理学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    地球電磁気•地球惑星圏学会
    日本地球惑星科学連合
    American Geophysical Union

尾花 由紀(おばな ゆき)OBANA Yuki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 准教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 准教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    2016年度-現在 エレクトロニクス基礎研究所 基盤科学ユニット 研究員
    2015年度-現在 工学部・情報通信工学部予算委員
    2015年度-現在 教育開発推進センター「社会人基礎力科目ワーキンググループ」委員
    2010年度-現在 教職課程委員会
    2015年 エレクトロニクス基礎研究所 運営専門委員
    2011年度-2014年度 図書委員会

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
  1. 地球電磁気・地球惑星圏学会2016年一般公開イベント「宇宙の天気は今日も気まぐれ!」サイエンスカフェ担当, 2016年11月19日, JR博多シティアミュプラザ, 福岡.
  2. 公開講座「親子孫(夫婦)でたのしい仮説実験講座2016夏「温度と分子運動」」2016年9月17日--18日, 大阪電気通信大学, 大阪.
  3. 高大連携模擬授業「太陽と宇宙天気のはなし」, 2016年7月15日, 兵庫県立西宮甲山高等学校, 兵庫.
  4. オープンキャンパス模擬授業, 「物の落ちる速さは何によって決まるの? ―物体の落下について調べてみよう―」, 2016年6月19日, 大阪電気通信大学, 大阪.
  5. 子供天文教室におけるトークイベント 'A Study of Space Weather', Y. Obana, 28/Feb/2015, The Beverly-Begg Observatory, Dunedin, New Zealand.
  6. 公開講座「親子(孫)夫婦でたのしい仮説実験講座2014『ミクロの世界を旅しよう!』」2014年9月14日-15日, 大阪電気通信大学, 大阪.
  7. 地球電磁気・地球惑星圏学会2012年公開イベント「聞こえてくるよ。地球の鼓動 ~ 電流と磁場でさぐる地震・火山 ~」実行副委員長, 2012年10月20日, 札幌市青少年科学館, 北海道.
  8. 講演 '小規模研究室の挑戦:ニュージーランド・タスマニア地域における地磁気観測プロジェクト~地磁気データを用いた磁気圏プラズマ密度のリモートセンシング~ ', 2012年8月2日, 気象庁柿岡地磁気観測所, 茨城.
  9. 高大連携大阪電気通信大学体験授業, 地球環境と太陽の科学, 2012年6月2日, 大阪電気通信大学, 大阪.
  10. 講演 'Contribution to Study of Space Weather from Dunedin II', Y. Obana, 9/Mar/2012, The Beverly-Begg Observatory, Dunedin, New Zealand.
  11. 地球電磁気・地球惑星圏学会2011年公開イベント「スーパーコンピュータで大冒険!- 宇宙と地球の不思議を発見しよう -」実行委員長, 2011年11月6日(日), 神戸大学百年記念館
  12. 高大連携大阪電気通信大学体験授業, 地球環境と太陽の科学, 2011年6月4日, 大阪電気通信大学, 大阪.
  13. 講演 'Contribution to Study of Space Weather from Dunedin', Y. Obana, 15/Mar/2011, The Beverly-Begg Observatory, Dunedin, New Zealand.
  • その他

尾花 由紀(おばな ゆき)OBANA Yuki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 准教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 准教授
  • 学部教育(講義)
    • 2017年 (H29)
      電磁気学
      基礎理工学ゼミナール2
      サイエンス実験
      プレゼミナール
      物理学2
      地球科学
      地学実験
      環境の科学
      基礎理工学入門
  • 大学院教育(講義)
    • 2017年 (H29)
      地球物理学特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 年度と論文タイトル名のみ記載。学生氏名は省略。いずれも学士(工学)
    • 2016年度 (6名)
  1. 「剛体の力学の実験指導案作成」
  2. 「SDO-HMI撮像データを用いたウィルソン効果に基づく太陽黒点の深度計測」
  3. 「太陽風動圧の急増に伴う磁気急始(SC)現象の解析」
  4. 「宇宙天気情報のリアルタイム配信ウェプページの作成」
  5. 「磁力線共鳴周波数解析に基づく磁気圏プラズマ密度の推定」
  6. 「オーロラサブストーム発生に伴う磁気圏擾乱現象の解析」
  • 2015年度 (5名)
  1. 「剛体の力学の実験指導案作り」 
  2. 「地磁気発電装置の製作」 
  3. 「地磁気データを用いた磁気圏プラズマ密度のリモートセンシング」 
  4. 「太陽風動圧の急増がもたらす磁気急始(SC)の地上磁場変動の研究」 
  • 2014年度 (1名)
  1. 「SuperDARNレーダーと地上磁場同時観測データを用いた ULF波動の解析」
  • 2013年度 (5名)
  1. 「THEMIS衛星と地上磁場同時観測データを用いたULF波動の解析」
  2. 「Cross-phase 法によるプラズマ圏質量密度の季節変動の研究」
  3. 「理科教材開発 ばね振り子」
  4. 「理科教材の開発 ~色素増感太陽電池~」
  5. 「教材研究『星の運動と太陽の日射量の測定』」
  • 2012年度 (3名)
  1. 「地磁気データを用いた磁気圏プラズマ密度のリモートセンシング: 磁気嵐中のプラズマ密度変化I」
  2. 「地磁気データを用いた磁気圏プラズマ密度のリモートセンシング: 磁気嵐中のプラズマ密度変化II」
  3. 「地磁気データを用いた磁気圏プラズマ密度のリモートセンシング: 静穏期のプラズマ密度の四季変化」
  • 2011年度 (2名)
  1. 「地磁気データを用いた磁気圏プラズマ密度のリモートセンシング」
  2. 「太陽模型を用いた高校地学教材の開発研究」
  • 修士論文等の指導: 0名
  • 博士論文等の指導: 0名

尾花 由紀(おばな ゆき)OBANA Yuki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 准教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 准教授
  • 著書


  • 学術論文・作品など
  1. 尾花由紀, '双方向コミュニケーションツール「クリッカー」を用いたアクティブラーニングの実践:2015年度「地球科学」における事例報告 A Case Study of Active Learning Using Interactive Communication System ‘Clicker’: A Report on the Earth Science Class in 2015', 大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)第51号, 2016.
  2. Obana, Y., C. L. Waters, M. D. Sciffer, F. W. Menk, R. L. Lysak, K. Shiokawa, A. W. Hurst, T. Petersen, Resonance Structure and Mode Transition of Quarter-Wave ULF Pulsations Around the Dawn Terminator, J. Geophys. Res. Space Physics, 120, doi:10.1002/2015JA021096.
  3. Hori, T., Y. Miyashita, Y. Miyoshi, K. Seki, T. Segawa, Y.-M. Tanaka, K. Keika, M. Shoji, I. Shinohara, K. Shiokawa, Y. Otsuka, S. Abe, A. Yoshikawa, K. Yumoto, Y. Obana, N. Nishitani, A. S. Yukimatu, T. Nagatsuma, M. Kunitake, K. Hosokawa, Y. Ogawa, K. T. Murata, M. Nose, H. Kawano, and T. Sakanoi, CDF data archive and integrated data analysis platform for ERG-related ground data developed by ERG Science Center (ERG-SC), J. Space Sci. Info. Jpn., vol. 4, JAXA-RR-14-009 (ISSN 1349-1113), 75-89, 2015.
  4. 尾花由紀 and 井田恭平, 'ニュージーランド地磁気観測網データを用いたプラズマ圏質量密度季節変動の研究 A study of annual variation in plasmaspheric mass density using data from the New Zealand magnetometer array', 大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)第48号, 2013.
  5. Y.-M. Tanaka, Y. Ebihara, S. Saita, A. Yoshikawa, Y. Obana, A. T. Weatherwax (2012), Poleward moving auroral arcs observed at the South Pole Station and the interpretation by field line resonances, J. Geophys. Res., VOL. 117, A09305, doi:10.1029/2012JA017899.
  6. 尾花由紀 and 松緒翔伍, '磁気圏対流の発達に伴う内部磁気圏プラズマ密度の異常増加 Steep increase in plasma mass density associated with growth of magnetospheric convection', 大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)第47号, 2012.
  7. G. Murakami, I. Yoshikawa, Y. Obana, K. Yoshioka, G. Ogawa, A. Yamazaki, M. Kagitani, M. Taguchi, M. Kikuchi, S. Kameda, and M. Nakamura (2010), 'First sequential images of the plasmasphere from the meridian perspective observed by KAGUYA', Earth, Planets, and Space, 62, E9-E12.
  8. I. Yoshikawa, G. Murakami, G. Ogawa, K. Yoshioka, Y. Obana, M. Taguchi, A. Yamazaki, S. Kameda, M. Nakamura, M. Kikuchi, M. Kagitani, S. Okano, and W. Miyake (2010), 'Plasmaspheric EUV image seen from the lunar orbit: Initial Result of Extreme Ultraviolet Telescope onboard KAGUYA spacecraft', J. Geophys. Res., doi:10.1029/2009JA014978.
  9. Y. Obana, G. Murakami, I. Yoshikawa, I. R. Mann, P. J. Chi, and M. B. Moldwin (2010), 'Conjunction Study of Plasmapause Location Using Ground-based Magnetometers, IMAGE-EUV, and KAGUYA-TEX Data', J. Geophys. Res., doi:10.1029/2009JA014704.
  10. Y. Obana, F. W. Menk, and I. Yoshikawa (2010), 'Plasma refilling rates for L = 2.3-3.8 flux tubes', J. Geophys. Res., doi:10.1029/2009JA014191.
  11. Y. Obana, F. W. Menk, M. D. Sciffer, and C. L. Waters, (2008), ‘Quarter-Wave Modes of Standing Alfvén Waves Detected by Cross-phase Analysis’, J. Geophys. Res., 110, A08203, doi: 10.1029/2007JA012917.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    • 国際学会発表
  1. B. L. Lysak, Y. Song, C. L. Waters, M. D. Sciffer, and Y. Obana, 'Inter-Hemispheric Differences Due to Ionospheric Asymmetries'(Oral, Invited), American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, 12-16 Dec, 2016, San Francisco, USA.
  2. N. Maruyama, P.G. Richards, M. Denton, M. G. Henderson, Y. Obana, J. Raeder, M. R. Hairston, M. Fedrizzi, T. J. FUller-Rowell, T.-W. Fang, M. Codrescu, 'Investigation of the distribution of cold plasmas across geospace during storms using the IPE model (Poster)', American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, 12-16 Dec, 2016, San Francisco, USA.
  3. Y. Obana, F. W. Menk, C. L. Waters, M. D. Sciffer, R. L. Lysak, M. B. Moldwin, I. R. Mann, D. Boteler, V. Angelopoulos, and C. T. Russell, 'Latitudinal distribution of quarter-wave length standing Alfvén modes (Oral)', 26th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG), 22 Jun - 2 July, 2015, Prague, Czech Republic.
  4. Yuki Obana, Colin L. Waters, Murray D. Sciffer, Gareth Sciffer, Frederick W. Menk, Robert L. Lysak, 'Characteristics of quarter wave standing Alfven waves observed by the New Zealand magnetometer array (Oral)', Chapman Conference on Low-Frequency Waves in Space Plasmas, 31 Aug-05 Sep 2014, Jeju Isl, Korea.
  5. Yuki Obana, Nozomu Nishitani, Tomoaki Hori, Mariko Teramoto, Masahito Nose, Akimasa Yoshikawa, 'A Study of Ionospheric Pc 4 Plasma Oscillation Observed by the Hokkaido HF Radar and its Comparison with Geomagnetic Pulsation on the Ground (Poster)', Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting, Sapporo, 28 Jul-01 Aug, 2014, Sapporo, Japan.
  6. Y. Obana, C. L. Waters, M. D. Sciffer, G. Sciffer, F. W. Menk, and R. L. Lysak, 'Mode Transfer from Quarter-Wave to Half-Wave Modes of Standing Alfvén Waves Around the Dawn Terminator (Poster)', Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting, Sapporo, 28 Jul-01 Aug, 2014, Sapporo, Japan.
  7. G. D. Sciffer, C. L. Waters, M. D. Sciffer, Y. Obana, 'Modelling ULF Quarter-wave modes', the 13th Australian Space Science Conference (ASSC), 30 Sep - 2 Oct 2013, Sydney, Australia.
  8. Y. Obana, F. W. Menk, C. L. Waters, M. D. Sciffer, A. Yoshikawa, F. Honary, M. B. Moldwin, I. R. Mann, D. Boteler, V. Angelopoulos, and C. T. Russell, 'Characteristics of Quarter-Wave ULF Pulsations around the dawn terminator (Oral)' Asia Oceania Geoscience Society (AOGS) 10th Annual Meeting, 24 - 28 June 2013, Brisbane, Australia.
  9. Shiokawa K., Fujii, R., Hashimoto, K., Hosokawa, K., Kadokura A., Kawano H., Kikuchi T., Kitamura K., Miyoshi Y., Nagatsuma T., Nishitani N., Obana Y., Ogawa Y., Ohya H., Okada M., Otsuka Y., Ozaki M., Sato N., Shinohara M., Tadokoro H., Taguchi M., Tanaka Y., Tanimori T., Tsuchiya F., Yamagisi H., Yoshikawa A., Yukimatsu A., and Yumoto K. , 'Ground Network Observations for the ERG Project (Invited)', THEMIS workshop, Fairbanks, Alaska, March 25-28, 2013.
  10. Y. Obana, I. Yoshikawa, F. W. Menk, C. L. Waters, M. D. Sciffer, A. Yoshikawa, M. B. Moldwin, I. R. Mann, and D. Boteler, V. Angelopoulos, and C. T. Russell, 'A Study of Latitudinal Distribution of Quarter-Wave ULF Pulsations (Oral)', International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) 2011, 28 June - 7 July 2011, Melbourne, Australia.

  • 国内学会発表
  1. Yuki Obana, Naomi Maruyama, 'Measurement and Modeling of the Plasmasphere during the St. Patrick's Day 2013 and 2015 Storms', 第140回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2016年11月19日~11月23日, 九州大学伊都キャンパスキャンパス, 福岡.
  2. 塩川 和夫, 大塚 雄一, 大山 伸一郎, 三好 由純, 西谷 望, 尾崎 光紀, 片岡 龍峰, 能勢 正仁, 関 華 奈子, 篠原 育, 長妻 努, 田中 良昌, 坂野井 健 , 土屋 史紀, 尾花 由紀, 鈴木 臣, '地上ネットワーク観測による内部磁気圏の粒子波動変動の研究:PWINGプロジェクト', 第140回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2016年11月19日~11月23日, 九州大学伊都キャンパスキャンパス, 福岡.
  3. 才田 聡子, 河野 英昭, 尾花 由紀, 'モンテカルロ法による磁力線固有振動数推定の並列計算手法についての研究', 第140回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2016年11月19日~11月23日, 九州大学伊都キャンパスキャンパス, 福岡.
  4. 尾花由紀, 中田真由美, 寺内和也, 'ニュージーランド経度における内部磁気圏プラズマ質量密度の季節変動について (Seasonal variation in equatorial plasma mass density in the New Zealand meridian) (Oral)', 日本地球惑星科学連合2016年大会, 22-26 May 2016, 幕張, 千葉.
  5. 尾花由紀, 塩川和夫, 寺本万里子, 柿並義宏, 才田聡子, 'CRUX地磁気観測網の展開と研究成果について (CRUX Magnetometer Array for Study of Magnetic Pulsations) (Oral)', 第138回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2015年10月31日~11月3日, 東京大学本郷キャンパス, 東京.
  6. Y. Obana, F. W. Menk, C. L. Waters, M. D. Sciffer, R. L. Lysak, M. B. Moldwin, I. R. Mann, D. Boteler, V. Angelopoulos, and C. T. Russell, 'プラズマ圏内に局在化したQuarter Wavesの分布について (Quarter Waves Localized in the Plasmasphere) (Oral)', 日本地球惑星科学連合2015年大会, 24-28 May 2015, 幕張, 千葉.
  7. Yuki Obana and Masahito Nosé, 'An automated procedure of sounding of the plasmasphere by the CRUX magnetometer array in New Zealand (Oral)', 第136回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会, 2014年10月31日(金)~11月3日(月), 松本, 長野.
  8. Y. Obana, N. Nishitani, T. Hori, M. Teramoto, M. Nose, and A. Yoshikawas, '北海道HFレーダーと地上磁場におけるPc 4脈動の同時観測研究 (A Simultaneous Observation of Pc 4 pulsation by Hokkaido HF Radar and Ground-Based Magnetometers) (Oral)' 日本地球惑星科学連合2014年大会, 28 Apr-02 May 2014, 横浜, 神奈川.
  9. 尾花由紀, C. L. Waters, M. D. Sciffer, F. W. Menk, R. L. Lysak, '昼夜境界線の通過に伴うQuarter WaveからHalf Waveへの磁力線共鳴振動モード遷移 Mode transition from quarter wave to half wave observed by the New Zealand magnetometer array (Oral)', 地球電磁気・地球惑星圏学会 第134回総会及び講演会, 2013年11月2日(土)~11月5日(火), 高知大学朝倉キャンパス, 高知.
  10. Teramoto, Mariko, John M. Ruohoniemi, Nathaniel A Frissel, Evan Thomas, Yuki Obana, 'Characteristics in frequencies of Pi2 pulsations with the mid-latitude Northern American SuperDARN radar (Poster)', 地球電磁気・地球惑星圏学会 第134回総会及び講演会, 2013年11月2日(土)~11月5日(火), 高知大学朝倉キャンパス, 高知.
  11. 尾花 由紀, 塩川和夫, 寺本万里子, 柿並義宏, 才田聡子, 吉川顕正, 田中良昌, Frederick W. Menk, Colin L. Waters, Craig J. Rodger, 'タスマニア-ニュージーランド地磁気観測網による磁力線共鳴振動の詳細観測 A Study of Field Line Resonances using data from the Magnetometer Array in the Tasmania and New Zealand Region (Poster)', 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年5月19日(日)~24日(金), 幕張, 千葉.
  12. 畠山唯達, 長妻努, 坂野井和代, 尾花由紀, SGEPSS将来構想WG, '地球電磁気学・地球惑星圏科学の現状と将来 学会と社会の関わり・研究者の働き方の多様性', 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年5月19日(日)~24日(金), 幕張, 千葉.
  13. 尾花由紀, 松緒翔伍, '2001年4月に発生した磁気嵐主相における内部磁気圏プラズマ質量密度の急増について (Rapid increase in plasma mass density in the main phase of the geomagnetic storm in April 2001)', 第132回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2012年10月20日~23日, 札幌コンベンションセンター , 北海道.
  14. 畠山唯達, 長妻努, 尾花由紀, 坂野井和代, 'SGEPSSにおけるアウトリーチ・教育普及活動と男女共同参画活動について', 第132回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2012年10月20日~23日, 札幌コンベンションセンター , 北海道.
  15. 尾花由紀, 塩川和夫, 柿並義宏, 才田聡子, 吉川顕正, 田中良昌, Frederick. W. Menk, Colin. L. Waters, Craig. J. Rodger, 'A Study of ULF pulsations observed at a New Magnetometer Array in the Tasmania and New Zealand Region', 日本地球惑星科学連合2012年大会, 2012年5月20日~25日, 幕張, 千葉.
  16. 尾花由紀, Frederick W. Menk, Colin L. Waters, Murray D. Sciffer, 吉川顕正, 吉川一朗, Mark B. Moldwin, Ian R. Mann, David Boteler, V. Angelopoulos, and C. T. Russell, '4分の1波長モード磁力線共鳴振動の 空間分布と共鳴特性について (A Study of Quarter-Wave ULF Pulsations: Latitudinal Distribution and Resonance Characteristics)', 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会, 2011年11月3日~6日, 神戸大学, 兵庫.
  17. 尾花由紀, 塩川和夫, 吉川顕正, 田中良昌, 才田聡子, Frederick. W. Menk, Colin. L. Waters, Brian. J. Fraser, Craig. J. Rodger, 'タスマニア-ニュージーランド地域における新しい地磁気観測計画:初期解析結果に
    ついて (A New Project for Constructing a Magnetometer Array in Tasmania and New Zealand: A Preliminary Result)', 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年5月22日~27日, 幕張, 千葉.

  • 研究集会等
  1. 尾花由紀, 丸山奈緒美, 熊本篤志, 'プラズマ圏のerosionとrefillingにおける局所構造について', 名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会「プラズマ圏の観測とモデリング」, 2017年3月6日-7日, 大阪電気通信大学駅前キャンパス, 大阪.
  2. 丸山奈緒美, 尾花由紀, P. Richards, M. Fedrizzi, T. Fuller-Rowell, A. Coster, M. Denton, M. Henderson, M. Hairston, J. Raeder, 'Plasmasphere Modeling: from the Aspect of Ionosphere-Plasmasphere Coupling', 名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会「プラズマ圏の観測とモデリング」, 2017年3月6日-7日, 大阪電気通信大学駅前キャンパス, 大阪.
  3. 塩川和夫, 阿部修司, 藤井良一, 橋本久美子, 細川敬祐, 石井守, 門倉昭, 河野英昭, 菊池崇, 北村健太郎, 宮下幸長, 三好由純, 長妻努, 西谷望, 尾花由紀, 小川泰信, 大矢浩代, 岡田雅樹, 大塚雄一, 大山伸一郎, 尾崎光紀, 才田聡子, 佐藤夏雄, 篠原学, 田所裕康, 田口真, 田中良昌, 谷森達, 土屋史紀, 山岸久雄, 吉川顕正, 行松彰, 湯元清文, 'ERG衛星-地上連携観測の科学戦略', 宇宙科学シンポジウム, 2017年1月5日-6日, 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所, 神奈川.
  4. 丸山奈緒美, 尾花由紀, 'Measurement and Modeling of the Plasmasphere during the St. Patrick's Day 2013 and 2015 Storms', 11 Dec 2016, Mini GEM (The Geospace Environment Modeling) workshop, San Francisco, USA.
  5. 尾花由紀, Colin L. Waters, Murray D. Sciffer, Frederick W. Menk, Robert L. Lysak, 塩川和夫, Anthony W. Hurst, and Tanja Petersen, 'ニュージーランド地磁気観測データを用いた1/4波長モード磁力線共鳴振動の共鳴構造の解析', 19 Oct 2016, 平成28年度IUGONET中間報告会, 国立極地研究所, 立川.
  6. 尾花由紀, 'CRUX地磁気観測網データを用いたプラズマ圏質量密度の長期観測計画', 大阪電気通信大学エレクトロニクス基礎研究所ワークショップ「プラズマ圏の観測と予測モデルの構築」, 2015年12月22日, 大阪電気通信大学, 大阪.
  7. 尾花由紀, サイエンスターゲットについてのコメント:地上磁場ネットワークによるプラズマ圏密度変動観測の観点から, 2015年3月24日, 南北極域ネットワーク観測によるジオスペース現象の共役性に関する研究集会, 国立極地研究所, 東京.
  8. 才田聡子, 尾花由紀, 北村健太郎, 阿部修司, 河野英昭, '地上磁場-衛星観測によるプラズマ圏診断', 第6回 ERG サイエンス会議, 2015年3月13日, 名古屋大学 太陽地球環境研究所, 愛知.
  9. 尾花由紀, 能勢正仁, 'ULF波動を用いたプラズマ圏密度診断:自動化プログラムによる初期解析結果 (Oral)', 統計数理研究所共同研究集会「電離圏・磁気圏モデリングとデータ同化」, 2015年1月9日, 統計数理研究所, 立川, 東京.
  10. 塩川和夫, 藤井良一, 橋本久美子, 細川敬祐, 石井守, 門倉昭, 河野英昭, 菊池崇, 北村健太郎, 三好由純, 長妻努, 西谷望, 尾花由紀, 小川泰信, 大矢浩代, 岡田雅樹, 大塚雄一, 尾崎光紀, 佐藤夏雄, 篠原学, 田所裕康, 田口真, 田中良昌, 谷森達, 土屋史紀, 山岸久雄, 吉川顕正, 行松彰, 湯元清文, 'ERGプロジェクトにおける連携地上観測ネットワーク', 宇宙科学シンポジウム, 2015年1月6日-7日, 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所, 神奈川.
  11. 尾花由紀, 西谷望, 堀智昭, 寺本万里子, 能勢正仁, 吉川顕正, '北海道HFレーダーとニュージーランド地磁気観測データによるULF波動の同時観測 (Oral)', 平成26年度中緯度短波レーダー研究会, 2014年11月17日, 名古屋大学, 名古屋, 愛知.
  12. 尾花由紀, '大阪電気通信大学におけるIUGONETツールを用いた教育・研究事例報告 (Oral)', 平成26年度IUGONET中間報告会, 2014年8月18-19日, 国立極地研究所, 東京.
  13. 尾花由紀, 西谷望, 堀智昭, 寺本万里子, 能勢正仁, '中緯度短波レーダーと地磁気で観測されたPc 4脈動の伝搬過程について (Oral)', 平成25年度・第2回太陽地球環境現象報告会, 2014年3月17日, 九州大学西新プラザ, 福岡.
  14. Yuki Obana, F. W. Menk, C. L. Waters, M. D. Sciffer, R. L. Lysak, 'Quarter-wave mode oscillation of mid latitude field line resonance (Oral)', 名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会 第9回 磁気圏-電離圏複合系における対流に関する研究会, 2013年8月28日 (水)~29日(木), 名古屋大学, 愛知.
  15. 塩川和夫, 藤井良一, 橋本久美子, 細川敬祐, 門倉昭, 河野英昭, 菊池崇, 北村健太郎, 三好由純, 長妻努, 西谷望, 尾花由紀, 小川泰信, 大矢浩代, 岡田雅樹, 大塚雄一, 尾崎光紀, 佐藤夏雄, 篠原学, 田所裕康, 田口真, 田中良昌, 谷森達, 土屋史紀, 山岸久雄, 吉川顕正, 行松彰, 湯元清文, 'ERG衛星連携地上観測について (Oral)', 電磁圏物理学シンポジウム, 九州大学, 2013年3月4-5日.
  16. 塩川和夫, 藤井良一, 橋本久美子, 細川敬祐, 門倉昭, 河野英昭, 菊池崇, 北村健太郎, 三好由純, 長妻努, 西谷望, 尾花由紀, 小川泰信, 大矢浩代, 岡田雅樹, 大塚雄一, 尾崎光紀, 佐藤夏雄, 篠原学, 田所裕康, 田口真, 田中良昌, 谷森達, 土屋史紀, 山岸久雄, 吉川顕正, 行松彰, 湯元清文, 'ERG衛星連携地上観測について (Oral)', 中緯度短波レーダー研究会, 名古屋大学, 2013年1月28日.
  17. 尾花由紀, 'ニュージーランド地磁気観測と中緯度短波レーダーによるULF観測 (Oral)', 中緯度短波レーダー研究会, 2013年1月28日, 名古屋大学, 名古屋.
  18. 尾花由紀, 松緒翔伍, 'ULF波動によるプラズマ圏密度のモニタリング:磁気嵐主相の密度急増について (Poster)', 中間圏・熱圏・電離圏研究会, 2012年8月23-24日, 情報通信研究機構, 東京.
  19. 尾花由紀, '電気通信大学における地磁気観測と宇宙天気教育の取り組み (Oral)', 地域ネットワークによる宇宙天気の観測・教育活動に関する研究集会, 2012年3月13-14日, 九州大学, 福岡.
  20. 塩川和夫、西谷望、菊池崇、大塚雄一、三好由純、藤井良一、湯元清文, 河野英昭、吉川顕正、篠原学、北村健太郎、佐藤夏雄、行松彰、山岸久雄、門倉昭、小川泰信、岡田雅樹、田中良昌、長妻努、田口真、細川敬祐、橋本久美子、尾崎光紀、大矢浩代、土屋史紀、田所裕康、尾花由紀、ERG連携地上観測グループ, 'ERG計画における連携地上ネットワーク観測 (Ground Network Observations for the ERG Project)', 第12回宇宙科学シンポジウム, 2012年1月5-6日, 宇宙科学研究所, 神奈川.

  • Session Convenor
  1. 家田 章正, 北村 健太郎, 尾花 由紀, 銭谷 誠司, 'R-006 磁気圏セッション', 第140回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会, 2016年11月19日~11月23日, 九州大学伊都キャンパス, 福岡.
  2. 北村 健太郎, 尾花 由紀, 家田 章正, 'R-006 磁気圏セッション', 第138回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会, 2015年10月31日~11月3日, 東京大学本郷キャンパス, 東京.
  3. 尾花 由紀, 堀 智昭, 北村 健太郎, 'R-006 磁気圏セッション', 第136回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会, 2014年2014年10月31日~11月3日, 長野, 日本.
  4. 堀 智昭, 尾花 由紀, 高田 拓, 'R-006 磁気圏セッション', 第134回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会, 2013年11月2日~5日, 高知, 日本
  5. Frederick Menk, Yuki Obana, Yonghua Liu, Geeta Vichare, Ashwini Kumar Sinha, Yuto Katoh, Dong-Hun Lee, 'ST23-03 ULF, ELF and VLF Wave Probes of the Magnetosphere and Ionosphere', Asia Oceania Geoscience Society (AOGS) 10th Annual Meeting, 24 - 28 June 2013, Brisbane, Australia.
  6. Yuki Obana, Khan-Hyuk Kim, Peter J. Chi, 'SPA05 Ringing and Shaking of the Magnetosphere: Physical Processes and Applications in Magnetospheric Diagnosis', 2010 Western Pacific Geophysics Meeting, 22–25/Jun/2010, Taipei, Taiwan.

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
    • 科学研究費補助金
  1. 平成28-30年度科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究分担者
    研究課題名(和文):「衛星多点観測と計算機シミュレーションによる内部磁気圏のイオン組成変化要因の探究」
    期間:2016年4月-2018年3月
  2. 平成25-27年度科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究分担者
    研究課題名(和文):「深内部磁気圏における高エネルギーイオン生成・輸送機構とそのイオン種依存性の解明」
    期間:2013年4月-2015年3月
    配分額:500,000円 (H25)
    配分額:300,000円 (H26)
    配分額:100,000円 (H27)
  3. 平成24-26年度科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究代表
    研究課題名(和文):「新しい地上観測ネットワークによる1/4波長モード定在アルフヴェン波の観測」
    期間:2012年4月-2014年3月
    配分額:160,0000円 (H24)
    配分額: 90,0000円 (H25)
    配分額: 90,0000円 (H26)


  • 共同利用機関 共同研究
  1. 平成28年度名古屋大学宇宙地球環境研究所「国際共同研究」
    研究代表
    研究課題名(和文):「プラズマ圏質量密度の長期モニタリングと経度比較研究」
    研究課題名(英文):'Long-term monitoring and study of meridional structure of plasma mass density in the plasmasphere'
    配分額:584,628円
  2. 平成28年度名古屋大学宇宙地球環境研究所「研究集会」
    研究代表
    研究課題名(和文):「プラズマ圏の観測とモデリング」研究集会
    研究課題名(英文):'Workshop on Observation and Modeling of the Plasmasphere'
    配分額:300,000円
  3. 平成26-27年度 名古屋大学太陽地球環境研究所「共同研究」
    研究代表
    研究課題名(和文):地磁気と北海道-陸別HFレーダーを含むSuperDARNデータを用いた1/4 波長モード波の観測
    研究課題名(英文):Study of Quarter-Wave Mode of the Field Line Resonances Using Data From Magnetometers and the SuperDARN Hokkaido Radar
    配分額:実績に沿う(各年10万円程度)
  4. 平成25-26年度 名古屋大学太陽地球環境研究所「地上ネットワーク観測大型共同研究」
    研究代表
    研究課題名(和文):衛星-地上同時観測による昼夜境界領域のULF脈動構造の研究
    研究課題名(英文):Coordinated Ground-Satellite Observations of ULF Waves Around the Terminator
    配分額:378,000円 (H25)
    配分額:330,000円 (H26)
  5. 平成25-26年度 名古屋大学太陽地球環境研究所所内データベース作成共同研究
    研究分担者
    研究課題名(和文):STEL地磁気データベースのアーカイブ
    研究課題名(英文):Archives of the STEL Geomagnetic Field Data
    配分額:200,000円 (H25)
    配分額:200,000円 (H26)
  6. 平成23-25年度 名古屋大学太陽地球環境研究所「共同研究」
    研究代表
    研究課題名(和文):地磁気と北海道-陸別 HF レーダーデータを用いた 磁力線共鳴振動モード遷移の観測
    研究課題名(英文):Study of Mode Transition of the Field Line Resonances Using Data From Magnetometers and the Super DARN Hokkaido Radar
    配分額:実績に沿う(各年10万円程度)
  7. 平成24年度 名古屋大学太陽地球環境研究所「地上ネットワーク観測大型共同研究(重点研究)」
    研究代表
    研究課題名(和文):ニュージーランド地磁気観測網における地磁気ベクトルデータを用いた1/4波長モード磁力線共鳴振動の研究
    研究課題名(英文):Observation of Quarter-Wavelength Mode of the Fields Line Resonances Using Magnetometer Vector Data from the New Zealand Array
    配分額:5,000,000円
  8. 平成23年度 名古屋大学太陽地球環境研究所「地上ネットワーク観測大型共同研究」
    研究代表
    研究課題名(和文):新しい中緯度共役点地磁気観測網の構築による磁力線共鳴振動高調波と1/4波長モード波の詳細観測研究
    研究課題名(英文):Observation of Quarter-Wavelength and Multiharmonic Modes of the Fields Line Resonances Using New Magnetometer Array
    配分額:690,000円
  9. 平成23-25年度国立極地研究所共同研究
    研究代表
    研究課題名(和文):地磁気とSuperDARNデータによる磁力線共鳴振動同時観測手法の開発研究
    配分額: 60,000円 (H23)
    配分額:115,000円 (H24)
    配分額: 97,000円 (H25)
  10. 平成22年度名古屋大学太陽地球環境研究所「地上ネットワーク観測大型共同研究」
    研究代表
    研究課題名(和文):磁力線共鳴振動高調波と1/4波長モード波観測のための新しい地磁気観測網の構築に向けた予備観測研究
    研究課題名(英文):Preliminary o Observation of Quarter-Wavelength and Multiharmonic Modes of the Fields Line Resonances Using New Magnetometer Array
    配分額:730,000円

尾花 由紀(おばな ゆき)OBANA Yuki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 准教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 准教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 2011年4月-2013年3月 地球電磁気・地球惑星圏学会 第26期運営委員
  2. 2013年4月-2015年3月 地球電磁気・地球惑星圏学会 第27期運営委員
  3. 2011年4月-2013年3月 地球電磁気・地球惑星圏学会 アウトリーチ部会
  4. 2011年4月-現在 地球電磁気・地球惑星圏学会 男女共同参画提言ワーキンググループ

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS