大阪電気通信大学 教員情報データベース >山本 剛宏

機械工学科 所属教員一覧

山本 剛宏 Takehiro YAMAMOTO 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 専門分野
    非ニュートン流体力学、レオロジー
  • 研究テーマ
    複雑流体の流動解析、生物系粒子分散系の流動解析
  • URL
    http://www.osakac.ac.jp/labs/tyamamot/
  • 経歴
    • 学歴
      大阪大学工学部 産業機械工学科 卒業(1991年)
      大阪大学大学院 工学研究科 産業機械工学専攻博士前期課程 修了(1993年)
    • 職歴
      大阪大学助手(1993年)
      大阪大学学内講師(2001年)
      大阪大学助教授(2003年)
      大阪大学准教授(2007年)
      大阪電気通信大学教授(2016年)
  • 取得学位
    博士(工学)
  • 受賞、顕彰など
    繊維機械学会賞 学術奨励賞(1999年)
    繊維機械学会賞 論文賞(2002年)
    繊維機械学会賞 学術賞(2004年)
    日本レオロジー学会 奨励賞(2006年)
    日本レオロジー学会 論文賞(2014年)
    大阪大学総長奨励賞(研究部門)(2014年)
  • 所属学会
    日本機械学会、日本繊維機械学会、日本レオロジー学会、日本計算工学会、プラスチック成形加工学会、日本バイオレオロジー学会、The Society of Rheology

山本 剛宏 Takehiro YAMAMOTO

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    図書館委員(2016年〜)
    総合学生支援センター支援部会委員(2016年〜2017年)
    専門科目WG委員(2016年〜2017年)
    メカトロ基礎研究所 機械工学基礎部門 研究員(2016年〜)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動
    大阪大学招へい教授(2016年 5月〜2017年 3月)
    神戸大学大学院工学研究科 複雑熱流動工学研究センター 学外協力教員(2016年度〜)

  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    模擬授業(比叡山高等学校,2016年)
    学部・学科説明(阪南大学高等学校,2017年)


  • その他

山本 剛宏 Takehiro YAMAMOTO

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    力学1・演習、力学2、流体力学1、流体力学2、流体力学演習、機械工学実験2(2017年度)
    流体力学1、流体力学2、流体力学演習、キャリア設計、機械工学実験2(2016年度)


  • 大学院教育(講義)
    流体工学特論(2016年度)

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 10名(2017年度)、11名(2016年度)
    • 修士論文等の指導: 名
    • 博士論文等の指導: 名

山本 剛宏 Takehiro YAMAMOTO

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 著書
  1. Rheology of Non-Spherical Particle Suspensions(分担), Edited by F. Chinesta and G. Ausias, Chapter 9, Brownian Dynamics Simulation for Spheroid Particle Suspensions in Polymer Solution, pp.281-312, ISTE-Elsevier, 2015
  2. ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発,技術情報協会 編(分担),第3章 ゲルの測定・評価・解析 10節 流体中のゲル状物質の数値流動シミュレーション,技術情報協会,2013
  3. 薄膜塗布技術と乾燥トラブル対策,技術情報協会 編(分担),第7章 塗布トラブルの対策事例 第8節 微粒子濃厚分散系のコーティング流れメカニズムの数値解析,技術情報協会,2013
  4. 機械実用便覧 改訂第7版,(社)日本機械学会 編,第1章 数学(分担),日本機械学会,2011

  • 学術論文
  1. T. Yamamoto, I. Moriwaki, R. Yamasaki, Apparent Dynamic Surface Tension of Polymer Solutions,
    Nihon Reoroji Gakkaishi, Vol.45, No.4, pp.181-183, 2017
  2. T. Koshiba, T. Yamamoto, Change in Micellar Structure in Surfactant Solution Induced by Periodical Shear Flow, Advanced Experimental Mechanics, Vol.2, pp.29-34, 2017
  3. T. Yamamoto, C. Emura, M. Oya, Cellular Automaton Simulation of the Diffusive Motion of Bacteria and Their Adhesion to Nanostructures on a Solid Surface, Computers in Biology and Medicine, Vol.79, December 1, pp.173-181, 2016
  4. T. Yamamoto, S. Hirota, T. Fujiwara, A Stochastic Rotation Dynamics Model for Dilute Spheroidal Colloid Suspensions, Nihon Reoroji Gakkaishi, Vol.44, No.3, pp.131-134, 2016
  5. T. Yamamoto, Numerical Simulation of the Flows of Phototactic Microalgae Suspensions in an Illuminated Circular Channel, Nihon Reoroji Gakkaishi, Vol.43, Nos.3-4, pp.53-62, 2015
  6. 山本剛宏,清水智大,確率的シミュレーションを用いたディスク状粒子濃厚分散系のコーティング流れの数値解析,日本機械学会論文集, Vol.81, No.823, 14-00539, 2015
  7. 山本剛宏,高御堂直樹,西口隼人,界面活性剤溶液への対イオン添加によるゲル化を伴う円管内貫入流れ,日本機械学会論文集, Vol.81, No.823, 14-00172, 2015
  8. T. Yamamoto, N. Masaoka, Numerical Simulation of Star Polymers under Shear Flow using a Coupling Method of Multi-Particle Collision Dynamics and Molecular Dynamics, Rheologica Acta, Vol.54(2), pp.139-147, 2015
  9. T. Yamamoto, Modeling of a Floc-Forming Fluid Using a Reversible Network Model, Journal of Textile Engineering, Vol.60(4), pp.61-67, 2014
  10. 小柴 孝,山本剛宏,有機物質を添加した界面活性剤水溶液のせん断粘度特性と構造転移に対する添加物の影響,日本レオロジー学会誌, Vol.41(5), pp.337-340, 2013
  11. T. Yamamoto, S. Ueda, Numerical Simulation of Biofilm Growth in Flow Channels using a Cellular Automaton Approach Coupled with a Macro Flow Computation, Biorheology, Vol.50(3-4), pp.203-216, 2013
  12. 山本剛宏,神田信広,可逆ネットワークモデルを用いた絡み合い高分子系のせん断流れのブラウン動力学シミュレーション,日本機械学会論文集 B編, Vol.79(802), pp.1072-1080, 2013
  13. T. Yamamoto, N. Kanda, Computational Model for Brownian Dynamics Simulation of Polymer/Clay Nanocomposites under Flow, Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics, Vols.181-182, pp.1-10, 2012
  14. T. Yamamoto, K. Taniguchi, Emergence of White Turbid Region in Startup Flow of CTAB/NaSal Aqueous Solutions between Parallel Plates, Journal of Rheology, Vol.56(2), pp.245-258, 2012

  • その他(解説、紀要等)
  1. 複雑流体の研究と繊維産業(繊維機械学会誌「創立70周年記念特集号」特別寄稿),山本剛宏,繊維機械学会誌,Vol.70, No.12, pp.816-817, 2017
  2. 書評「非線形有限要素法のための連続体力学 第2版」(Javier Bonet, Richard D. Wood著,非線形CAE協会 監訳,吉田純司,寺嶋隆史,生出佳 共訳,森北出版株式会社),山本剛宏,日本レオロジー学会誌,Vol.45, No.5, p.295, 2017
  3. 複雑流体としての生物系粒子分散系,山本剛宏,日本機械学会流体工学部門 ニューズレター,2016年 11月号(特集テーマ:2016年度年次大会)
    http://www.jsme-fed.org/newsletters/2016_11/no5.html
  4. ワークショップ「複雑流体の新展開」について,山本剛宏,鳴海敬倫,蝶野 成臣,日本機械学会流体工学部門 ニューズレター,2016年 11月号(特集テーマ:2016年度年次大会)
    http://www.jsme-fed.org/newsletters/2016_11/no4.html
  5. 複雑流体の流動および流動誘起構造の解析,山本剛宏,京都大学数理解析研究所 講究録 No.1957,「新時代の科学技術を牽引する数値解析学」,pp.169-176, 2015
  6. 複雑流体の流動解析のための基礎知識,山本剛宏,塗装工学,Vol.50, No.8, pp.275-284, 2015(技術資料)
  7. 複雑流体としての生物粒子分散系の数値解析,山本剛宏,京都大学数理解析研究所 講究録 No.1940,「生物流体力学における計測問題」,pp.61-67, 2015
  8. 「複雑流体の流動現象」特集号発刊にあたって(巻頭言),蝶野成臣,鳴海敬倫,山本剛宏,日本機械学会論文集,Vol.81, No.823, 15-pre01, 2015

  • 国際会議
  1. Adhesive Effect of Polymer Solutions in Filament Stretching Flow, T. Koshiba, T. Yamamoto, TSME International Conference on Mechanical Engineering 2017 (TSME-ICoME 2017), December, 2017, Bangkok, Thailand
  2. Flow Resistance in Axial Annular Flow of Concentrated Particle Suspensions, T. Koshiba, T. Yamamoto, The 9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC9), November, 2017, Okinawa, Japan
  3. Computational Model for Microorganism Suspensions Based on Multi-Particle Collision Dynamics, T. Yamamoto, K. Isami, The 9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC9), November, 2017, Okinawa, Japan
  4. Structural Change in Surfactant Solutions in Large Amplitude Oscillation Shear Flow, T. Koshiba, T. Yamamoto, The 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering, December, 2016, Chiang Mai, Thailand
  5. Numerical Simulation of Slot-Coating Flows of Concentrated Dispersion Systems of Disc-Like Particles Using Stochastic Computation for Particle Motion, T.Yamamoto, T. Shimizu, Asian Workshop of Polymer Processing 2016, November, 2016, Melbourne, Australia
  6. Change in Micellar Structure in Surfactant Solution Induced by Periodical Shear Flow, T. Koshiba, T. Yamamoto, The 11st International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics, November, Ho Chi Minh, Vietnam, 2016
  7. Development of Particle Method Based Model for Phototactic Microalgae Suspension, T. Yamamoto, K. Nakai, H. Nishiguchi, The XVIIth International Congress on Rheology (ICR2016), Kyoto, Japan, 2016
  8. Configuration of Liquid Filament in Stretched Deformation of Mixtures of Particles and Water, T. Koshiba, T. Yamamoto, The XVIIth International Congress on Rheology (ICR2016), Kyoto, Japan, 2016
  9. Development of Multi-Layered Cellular Automata Model to Predict Nerve Axonal Extension Process, A. Nakayama, T. Yamamoto, Y. Morita, Eiji Nakamachi, The 6th International Conference on Computational Bioengineering, September, Barcelona, Spain, 2015
  10. Computational Model for Phototactic Microorganism Suspensions using Multi Particle Collision Dynamics, 10th Annual European Rheology Conference, T. Yamamoto, H. Nishiguchi, April, 2015, Nantes, France
  11. Multi-Particle Collision Dynamics Simulation of Flow-Induced Structures of Star Polymers in Shear Flow, T. Yamamoto, N. Masaoka, 6th Pacific Rim Conference on Rheology, July, 2014, Melbourne, Australia
  12. Numerical Simulation for Polymer Solutions Based on a Hybrid Computation of Multi-Particle Collision Dynamics and Coarse-Grained Molecular Dynamics, T. Yamamoto, N. Masaoka, The 29th International Conference of the Polymer Processing Society, July, 2013, Nuremberg, Germany
  13. Numerical Simulation of Biofilm Growth in Flow Channels using a Cellular Automaton Approach Coupling with a Macro Flow Computation, T. Yamamoto, S. Ueda, The XVIth International Congress on Rheology, 5-10 August, 2012, Lisbon, Portugal

  • 国内会議
  1. 生物系粒子分散流体の数値流動解析,山本剛宏,日本実験力学会 流れの分科会,身体運動再建工学分科会 特別講演会,2018年3月14日(大阪電気通信大学 駅前キャンパス)
  2. 濃厚粒子懸濁液の軸環状流れにおける流動抵抗,小川椋太郎,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 関西学生会 平成29年度 学生員卒業研究発表講演会 講演前刷集,p.1-7, 2018
  3. フィラメントストレッチ法による高分子溶液の伸長流れにおける固体接触効果,小柴 孝,山本剛宏,第65回 レオロジー討論会演要旨集, 2D03, 2017
  4. ポピュレーションバランス方程式に基づくナノファイバー分散流体の数値解析モデルの検討と管内流れへの適用,山本剛宏,第65回 レオロジー討論会演要旨集, 2D02, 2017
  5. 曲がり部を有する矩形管内流れ中のバイオフィルム成長現象の数値シミュレーション,山本剛宏,藤原拓也,日本機械学会 2017年度年次大会 DVD論文集,S0510301, 2017
  6. 濃厚粒子懸濁液の振動流れにおける流動抵抗の時間応答,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 2017年度年次大会 DVD論文集,S0510202, 2017
  7. 生物系粒子分散流体の数値流動解析,山本剛宏,関西レオロジー研究会 第72回例会(講演会),2017年 6月19日(大阪市立大学文化交流センター)
  8. MPCD法を用いた能動粒子分散系の数値シミュレーション,伊佐見薫平,山本剛宏,第64回 レオロジー討論会演要旨集, pp.292-293, 2016
  9. 界面活性剤水溶液の拡大・縮小流れにおけるミセル構造変化,小柴 孝,山本剛宏,第64回 レオロジー討論会演要旨集, pp.290-291, 2016
  10. 複雑流体としての生物系粒子分散系,山本 剛宏,日本機械学会 2016年度年次大会 DVD論文集,W053002, 2016
  11. 濃厚粒子懸濁液の伸長変形における液体フィラメントの破断,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 2016年度年次大会 DVD論文集,S0510105, 2016
  12. セルオートマトン法を用いた流動下におけるバイオフィルム形成過程の数値解析,藤原拓也,南 貴之,山本剛宏,第29回 数値流体力学シンポジウム講演予稿集DVD, E03-2, 2015
  13. Stochastic Rotation Dynamicsを用いた走光性微細藻類分散流体の数値解析モデル,山本剛宏,西口隼人,第29回 数値流体力学シンポジウム講演予稿集DVD, E03-1, 2015
  14. 波状スリット流路における界面活性剤水溶液の流動挙動,小柴 孝,山本剛宏,日本流体力学会年会 2015講演論文集,213.pdf, 2015
  15. 流動下におけるバイオフィルムの成長挙動の数値シミュレーション,藤原拓也,南 貴之,山本剛宏,第63回 レオロジー討論会演要旨集, pp.416-417, 2015
  16. 走光性微細藻類分散系の流動挙動の数値シミュレーション,中井光一,山本剛宏,第63回 レオロジー討論会演要旨集, pp.414-415, 2015
  17. 濃厚粒子懸濁液の水平同心二重円筒内における流動挙動,小柴 孝,山本剛宏,第63回 レオロジー討論会演要旨集, pp.108-109, 2015
  18. 濃厚粒子サスペンションの一軸伸長流れにおける液面形状の観察,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 2015年度年次大会 DVD論文集,S0520205, 2015
  19. ディスク状粒子濃厚分散系のコーティング流れの数値解析,山本剛宏,清水智大,第28回 数値流体力学シンポジウム講演予稿集DVD, D09-3, 2014
  20. 走光性微細藻類分散系流体の円管内流れの数値解析,山本剛宏,西口隼人,第92期 日本機械学会流体工学部門講演会 講演概要集, 0108, 2014
  21. MPCDを用いた磁性流体の数値流動シミュレーション,坂井敏明,山本剛宏,第62回 レオロジー討論会講演要旨集, pp.54-55, 2014
  22. 流動下における複雑な流路内でのバイオフィルム挙動の数値シミュレーション,南 貴之,山本剛宏,第62回 レオロジー討論会講演要旨集, pp.52-53, 2014
  23. 複雑流体の流動および流動誘起構造の解析,山本剛宏,京都大学数理科学研究所 RIMS研究集会 新時代の科学技術を牽引する数値解析学 講演予稿集,pp.37-39, 2014
  24. Stochastic Rotation Dynamics法を用いた走光性微細藻類分散系の流路内流れの数値解析,山本剛宏,西口隼人,日本流体力学会年会 2014講演論文集,073.pdf, 2014
  25. 粘弾性濃厚サスペンションの伸長変形挙動,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 2014年度年次大会 DVD論文集,S0520101, 2014
  26. MPCD法を用いた磁性流体の流動挙動の数値シミュレーション,坂井敏明,山本剛宏,第91期 日本機械学会流体工学部門講演会 講演概要集, 0103, 2013
  27. 界面活性剤水溶液への塩注入によるゲル生成現象,南 貴之,山本剛宏,第91期 日本機械学会流体工学部門講演会 講演概要集, 0105, 2013
  28. Stochastic Rotation Dynamics法による藻類分散系の数値解析,西口隼人,山本剛宏,第27回 数値流体力学シンポジウム講演予稿集, C11-4, 2013
  29. 走光性微細藻類分散系の管内流れの数値解析,山本剛宏,西口隼人,第61回 レオロジー討論会講演要旨集, pp.296-297, 2013
  30. 界面活性剤水溶液のキャビティー流れにおける流動誘起構造変化の観察,小柴 孝,山本剛宏,第61回 レオロジー討論会講演要旨集, pp.272-273, 2013
  31. Stochastic Rotation Dynamics法による微細藻類分散系の流れの数値解析,西口隼人,山本剛宏,日本流体力学会年会 2013 講演論文集,84.pdf, pp.1-3, 2013
  32. 界面活性剤水溶液の振動流における白濁現象の観察,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 2013年度年次大会 DVD論文集,S051023, 2013
  33. 対イオン水溶液によるカチオン系界面活性剤水溶液の円管内置換流れ,山本剛宏,高御堂直樹,日本機械学会 2013年度年次大会 DVD論文集,S051022, 2013
  34. MPCDを用いた星形高分子溶液の数値シミュレーション,政岡範親,山本剛宏,第26回 数値流体力学シンポジウム予稿集 A04-4, 2012
  35. 可逆ネットワークモデルを用いた絡み合い高分子系のせん断流れのブラウン動力学シミュレーション,山本剛宏,神田信広,第90期 日本機械学会流体工学部門講演会 CD-ROM版 講演概要集, #1112, 2012
  36. 可逆ネットワークモデルを用いた絡み合い高分子系のせん断流れのブラウン動力学シミュレーション,山本剛宏,神田信広,第90期 日本機械学会流体工学部門講演会 講演概要集, pp.431-432, 2012
  37. 高負圧下で発生した気相を含む高分子溶液のレオロジー特性,小柴 孝,廣 和樹,山本剛宏,第60回 レオロジー討論会講演要旨集, pp.211-212, 2012
  38. 流れ中のバイオフィルム成長現象の数値シミュレーション,山本剛宏,上田修也,第60回 レオロジー討論会講演要旨集, pp.33-34, 2012
  39. Hele-Shawセル内の界面活性剤水溶液への塩添加による界面形状の変化,西口隼人,山本剛宏,日本流体力学会年会 2012 講演論文集,2012
  40. ダイラタント流体のせん断流動時に生じるスクイズ効果,小柴 孝,山本剛宏,日本機械学会 2012年度年次大会 DVD論文集, S054044, 2012
  41. MPCDを用いた複雑流体の数値シミュレーション,政岡範親,山本剛宏,日本機械学会 2012年度年次大会 DVD論文集, S054011, 2012

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 複雑流体としての生物系粒子分散系の数値流動解析手法の開発,平成25-27年度・基盤研究 (B), 課題番号 25289032(科学研究費補助金・学術研究助成基金助成金)・研究代表者
  2. 対イオン添加による流動下のミセルネットワークゲルの生成・成長挙動に関する研究,平成23-24年度・挑戦的萌芽研究, 課題番号 23656137(学術研究助成基金助成金)・研究代表者
  3. 複雑流体の流動誘起構造とマクロ流動の統合的数値解析手法に関する研究,平成20-22年度・基盤研究 (B), 課題番号 20360084・研究代表者

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 日本機械学会流体工学部門 複雑流体研究会 主査
  2. 日本繊維機械学会 ジャーナル編集委員会 委員
  3. 日本レオロジー学会 学会誌編集委員会 副委員長

山本 剛宏 Takehiro YAMAMOTO

  • 所属部署
    工学部 機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 制御機械工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
    日本繊維機械学会 諮問委員
    日本繊維機械学会 ジャーナル編集委員会委員
    日本繊維機械学会賞「論文賞」推薦委員
    日本レオロジー学会 学会誌編集委員会(副委員長)
    日本レオロジー学会 学会賞等受賞候補者推薦委員会(委員)

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS