大阪電気通信大学 教員情報データベース >岸岡 清

電子機械工学科 所属教員一覧

岸岡 清(きしおか きよし)KISHIOKA Kiyoshi 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 電子機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 専門分野
    導波路光学、集積回路光学、ホトニクス
  • 研究テーマ
    光を用いた情報伝達、情報処理、センシングに関する研究
  • 経歴
    • 学歴
      1973年 大阪府立大学 工学部電気工学科卒業
      1975年 同大学院 工学研究科電気工学専攻 修士課程修了
      1983年 工学博士
    • 職歴
      1975年 大阪府立大学 助手(工学部電気工学科)
      1978年 大阪電気通信大学 講師(工学部応用電子工学科)
      1988~89年 Canada McGill大学 客員研究員
  • 取得学位
    工学博士(1983年 大阪府立大学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    電子情報通信学会、電気学会、光学懇話会

岸岡 清(きしおか きよし)KISHIOKA Kiyoshi

  • 所属部署
    工学部 電子機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    工学部 電子機械工学科 主任(2013年度、2014年度)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    実験センター長(2015年4月~)
    ラーニングコモンズ活性化委員会委員 
    「オーディオアンプの製作会」の開催(ラーニングコモンズ)
    学生総合支援センター・委員」


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動
    (株)タイムドメインスピーカとの産学協同プロジェクト
    「モノづくり教育」(2015年~)


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    大阪中学生サマー・セミナー
    題目:「光と遊ぼう!」(2012年8月),(2013年8月),(2014年8月)


  • その他
    学生部長(2007年4月~2012年3月)

岸岡 清(きしおか きよし)KISHIOKA Kiyoshi

  • 所属部署
    工学部 電子機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    1年次:「電気回路演習」「キャリア入門」「電子機械工学基礎演習」
    2年次:「電子回路1」
    3年次:「電子回路2」「電子回路演習」「デジタル回路」「電子機械実験1」
    その他:リメディアル数学講座担当(2013年度)

  • 大学院教育(講義)
    「導波光学」
    「特別ゼミナール2,4」特別講義:”物理現象を式で表現すると・・・”


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導:10 名
    • 修士論文等の指導:3 名
       (電子通信工学専攻 2 名 制御機械工学専攻 0名)
    • 博士論文等の指導:1 名(審査委員:副査)

岸岡 清(きしおか きよし)KISHIOKA Kiyoshi

  • 所属部署
    工学部 電子機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 著書
  1. 「光工学概論」(共著)朝倉書店

  • 学術論文・作品など
  1. 池田、北村、岸岡;“MIM導波路型共振器を用いた帯域除去フィルタに関する検討”、電子情報通信学会誌、C分冊、Vol.J99-C,No.6,pp.321-325,Jun. 2016.(フルペーパー)
  2. 岩田、岸岡;“希釈硝酸銀によってソーダガラス内に作られた拡散光導波路のパラメーター推定法”、大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)、第51号、pp.37-51 (2016).(大学紀要) 
  3. 北村、可、岸岡;“凸部を有する金属開口を用いた近接場光ディスクの特性解析”、電子情報通信学会誌、C分冊、Vol.J97-C、No.4, pp.144-152, 2014.(フルペーパー)
  4. 北村、堀、可、岸岡;“金属ナノ開口から発生する表面プラズモンポラリトンについての検討”、電子情報通信学会誌、C分冊、Vol.J97-C, No.2、 pp.83-87 , 2014.(ショートノート)
  5. 岸岡、山本;“Ybを同時ドープした導波路形Er光増幅器の特性”、 電気学会論文誌C分冊、Vol.129、No.6、pp.1047-1055, 2009.(フルペーパー)
  6. 岸岡清、山本明人;“縦続接続された非線形ファブリー・ペロー光共振器の特性”、光学、第36巻、4号、pp.200-207(2007).(フルペーパー)
  7. 岸岡清、山本剛史;“Ybを同時ドープした導波路形Er光増幅器の特性”、 電気学会論文誌C分冊、Vol.129、No.6、pp.1047-1055, 2009.(フルペーパー)
  8. 岸岡清、真下尚也;“Ybの同時ドープによるEr導波路光増幅器の利得改善”、電気学会論文誌C分冊、Vol.129, No.11, pp.2042-2043、2009.(ショートノート)
  9. 福原敦子、岸岡清;“拡散光子密度波の散乱特性とそれを応用した散乱体の位置推定”、大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)、第43号、pp.1-12 (2008).(大学紀要)
  10. 森山久美子、岸岡清;“非線形方向性結合器の反復法による解析とその特性”、大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)、第43号、pp.13-26 (2008).(大学紀要)
  11. 福原敦子、岸岡清;“2波長のDPDWを用いた散乱体の位置推定法”、大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)、第43号、pp.39-48 (2008).(大学紀要)
  12. 真下尚也、岸岡清;“Ybを共添加によるEr光増幅器の利得の改善”、大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)、第44号、pp.1-12 (2009).(大学紀要)
  13. 森山久美子、岸岡清;“非線形グレーティング光導波路のモード結合特性”、大阪電気通信大学研究論集(自然科学編)、第44号、pp.21-33 (2009).(大学紀要)
  14. Kiyoshi KISHIOKA and Tomonari KISHIMOTO ;”Electrical compensation on fabrication errors in the directional coupler power-splitter”, Workshop on Fibers and Optical Passive Components (WFOPC2007), W3A-3, December 5-7, 2007 in Taiwan.(国際学会プロシーディング/レフリー有り)


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 竹内、岸岡;“液晶非線形ファブリ・ペロ光共振器の偏光状態に現れる双安定について”、平成28年電気関係関西支部大会、G8-10、2016年11月23日.(学会口頭発表)
  2. 大野、山口、岸岡;“非線形リッヂ導波路方向性結合器のパワー移行特性”、平成28年電気関係関西支部大会、G8-11、2016年11月23日.(学会口頭発表)
  3. 岡本、岸岡;“2次元周期場内での音波の伝搬特性と導波路への応用”、平成28年電気関係関西支部大会、G8-20、2016年11月23日.(学会口頭発表)
  4. 池田智孝、北村敏明、岸岡清;“FDTD法とモード結合理論を用いたMIM導波路型共振器のフィルタリング特性に関する検討”、輻射科学研資(6月 2015).
  5. T.Ikeda, T.Kitamura, K.Kishioka; "Coupled mode analysis of metal-insulator-metal waveguide coupled with a resonant cavity",Proceeding of Compumag 2015, June 28-July 2, Montreal Quebec, Canada(査読あり).
  6. 岡本,岸岡;”フォノニック結晶内を伝搬する弾性波の特性 ~導波路への応用を目指して~”、輻射科学研究会資料、RS14-15(2015年 3月).(輻射科学研究会)
  7. 西上*、岸岡;“液晶非線形ファブリペロ共振器の出射光の偏光に現れる双安定特性”、平成26年電気関係関西支部大会、G8-06、2014年11月23日.(学会口頭発表)
  8. 堀浩樹*、北村敏明、岸岡清;“リッジ付円形開口を用いた近接場光ディスクならびに金属開口から発生する平面プラズモンポラリトンについての検討”、輻射科学研資RS12-11(3月 2013).
  9. 北村慎哉*、岸岡清;“液晶非線形ファブリペロ共振器の実験 ~双安定に付随した偏波状態の変化~”、輻射科学研資RS12-13(3月 2013).(輻射科学研究会)
  10. 村田、岸岡*;“光増幅器の利得改善を目指したEr:TiO2膜リッヂ導波路の検討”、平成25年電気関係関西支部大会、G8-01、2013年11月16日.(学会口頭発表)
  11. 山口*、岸岡;“リッヂ導波路形非線形方向性結合器の基本特性”、平成25年電気関係関西支部大会、G8-02、2013年11月16日.(学会口頭発表)
  12. 岸岡清;"従続非線形ファ;ブリペロ共振器の双安定特性"、輻射科学研資RS12-06(7月2012).
  13. 龍見*、岸岡;"拡散光子密度波の特性を支配するパラメータの推定"、電子情報通信学会(総合大会)、C3-6、2012年3月20日.
  14. 横本靖幸*、岸岡清;"楕円断面ロッドからなる2次元フォトニック結晶内の光の伝搬特性"、平成22年電気関係関西支部大会、3A202-13(G8光エレクトロニクス・通信システム・ネットワーク)2010年11月13日.
  15. 辻本正人*、岸岡清;"反転Δβ方向性結合器を用いた波長分波器"、平成21年電気関係関西支部大会、G8-25、2008年11月8日.
  16. 真下尚也*、岸岡清;"クラッドを装荷したEr/Yb導波路形光増幅器におけるクラッド膜厚の検討"、平成21年電気関係関西支部大会、G8-24、2009年11月8日.
  17. 真下尚也*、岸岡清;"Ybを共添加したEr導波路光増幅器の増幅率の測定"、平成20年電気関係関西支部大会、G8-22、2008年11月9日.
  18. 森山久美子*、岸岡清;"非線形グレーティング光導波路のモード結合特性"、平成20年電気関係関西支部大会、G8-21、2008年11月9日.
  19. 岸本有生*、岸岡清;"実効屈折率法による近似を用いたフォトニクス結晶導波路の解析"、平成20年電気関係関西支部大会、G8-20、2008年11月9日.
  20. 福原敦子*、岸岡清;"異なる波長の2つのDPDW光源を用いた散乱体の位置推定法"、平成20年電気関係関西支部大会、G8-17、2008年11月9日.
  21. 森山久美子*、岸岡清;"非線形結合器の反復法による解析"、平成19年電気関係関西支部大会、G8-2、2007年11月18日.
  22. 福原敦子*、岸岡清;"光子密度波の散乱特性"、平成19年電気関係関西支部大会、G8-1、2007年11月18日.
  23. 山本剛史*、岸岡清;"Ybを同時ドープしたEr導波路光増幅器の特性"、平成19年電気関係関西支部大会、G8-3、2007年11月18日.


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

岸岡 清(きしおか きよし)KISHIOKA Kiyoshi

  • 所属部署
    工学部 電子機械工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
    地域寺・神社役員(ボランティア)

  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 公益財団法人 「輻射科学研究会」監事
    電気関係学会関西連合大会実委員会委員(2013年)
  2. 公益財団法人 「小野奨学金」評議員

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS