大阪電気通信大学 教員情報データベース >日坂 真樹

医療福祉工学科 所属教員一覧

日坂 真樹(ひさか まさき)HISAKA Masaki HISAKA Masaki

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 准教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 准教授
  • 専門分野
    医用光学,応用光学,光計測制御
  • 研究テーマ
    レーザー光・超音波による生体組織の高空間分解分光計測
    走査型位相差顕微鏡の開発
    血管内部の局所診断・治療内視鏡の開拓
    生体深部温度計測
    空間ソリトンを利用した材料深部の局所光計測制御
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1995年3月 大阪大学工学部応用物理学科卒業
      1997年3月 大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士前期課程修了
      2000年3月 大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士後期課程修了
    • 職歴
      2000年4月 大阪電気通信大学 非常勤講師
      2001年4月 大阪電気通信大学 工学部 光システム工学科 講師
      2010年4月 大阪電気通信大学 医療福祉工学部 医療福祉工学科 准教授(現在に至る)
  • 取得学位
    大阪大学 博士(工学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    応用物理学会,日本光学会, 生体医工学会,レーザー学会,応用光学懇談会,OSA,IEEE

日坂 真樹(ひさか まさき)HISAKA Masaki

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 准教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 准教授
  • 学科・学部の運営
    教務委員,教職委員


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    教育開発推進センター推進部委員


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    電通高校高大連携担当


  • その他

日坂 真樹(ひさか まさき)HISAKA Masaki

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 准教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 准教授
  • 学部教育(講義・実験・実習)
    基礎物理学
    医用物理学
    医用数学
    生体計測装置学
    公衆衛生学
    計測工学2
    キャリアデザイン
    電気電子工学実験
    生体計測装置学実習
    医療工学特別実習
    臨床実習
    プレゼミ

  • 大学院教育(講義)
    医用物理学特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 8名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

日坂 真樹(ひさか まさき)HISAKA Masaki

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 准教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 准教授
  • 著書


  • 学術論文
  1. M. Hisaka, "Noncontact localized internal infrared radiation measurement using an infrared point detector," Opt. Rev., 2017, https://doi.org/10.1007/s10043-017-0394-z (フルペーパー)
  2. M. Hisaka, "Coaxial random-access reading in multilayered optical data storage systems using a pair of counter-propagating pulse-shaped spatial solitons," Jpn. J. Appl. Phys., Vol. 56, 2017, pp. 070303-(1-4). (レター)
  3. 三宅 泰広, 日坂 真樹, 喜田 光洋, 松村 雅史. 前頭葉血中oxyHb測定のヘッドバンド型NIRSデバイスの開発, 電気学会論文誌C, 137巻, 5号, 2017, pp. 709-716. (フルペーパー) [Y. Miyake, M. Hisaka, M. Kita and M. Matsumura, "Headband-type Near-infrared Spectroscopy Device for Measuring Oxyhemoglobin in Frontal Cortex”, Electronics and Communications in Japan, Wiley, Vol. 101, No. 2, 2018, pp23-31 , https://doi.org/10.1002/ecj.12029 (フルペーパー) (Translated from Denki Gakkai Ronbunshi, Vol. 137-C, No. 5, May 2017, pp. 709-716)]
  4. 三宅 泰広, 日坂 真樹, 松村 雅史, 生田 孝. 動的ホローコーン照明を用いた生物試料の位相構造観察, 生体医工学, 54巻, 4号, 2016, pp. 169-176. (フルペーパー)
  5. 三宅 泰広, 日坂 真樹, 松村 雅史, 生田 孝. ホローコーン照明を用いた走査型位相差顕微鏡による生体組織観察, レーザー研究, 44巻, 7号, 2016, pp. 464-468. (フルペーパー)
  6. T. Matsutani, T. Kawasaki, T. Kodama, M. Hisaka, Y. Takai, T. Ikuta," Development of focused ion beam system attached to floating type low energy ion gun for surface finishing," Vacuum 110, pp. 228-231 (2014).2-(1-6). (フルペーパー)
  7. M. Hisaka and Y. Sasakura. "Light Scattering Characteristics of Biological Tissues in Coaxial Ultrasound-Modulated Optical Tomography," Jpn. J. Appl. Phys. Vol. 48, No. 6, 2009, pp. 067002-(1-6). (フルペーパー)
  8. M. Hisaka and K. Yoshida. "Multilayered optical data storage using a spatial soliton, " Appl. Phys. Lett. Vol. 93, 2008, pp. 241103-(1-3). (レター)
  9. M. Hisaka and Y. Sasakura. "Coaxial ultrasound-modulated optical spectroscopy in scattering medium," Appl. Phys. Lett. Vol. 92, 2008, pp. 163901-(1-3) . (レター)
  10. 藤原 誠,田中 武雄,志水 一平,松谷 貴臣,日坂 真樹,安江 常夫,生田 孝,田屋 昌樹,木村 吉秀,高井 義造,川崎 忠寛,市橋 幹雄. 集束イオンビームを用いた電子光学系輪帯瞳用アパーチャの作製,真空,50巻,10号,2007, pp.639-643. (フルペーパー)
  11. 笹倉 祐,日坂 真樹. 反射型超音波変調スペックル光計測法, 生体医工学, 45巻,4号, 2007, pp. 235-241. (フルペーパー)
  12. M. Hisaka. "Ultrasound-modulated optical parallel speckle measurement with stroboscopic illumination in a coaxial reflection system," Appl. Phys. Lett., Vol. 88, 2006, pp. 033901-(1-3). (レター)
  13. M. Hisaka. "Ultrasound-modulated optical speckle measurement for scattering medium in a coaxial transmission system," Appl. Phys. Lett., Vol. 87, 2005, pp. 063504 -(1-3). (レター)
  14. 日坂 真樹,松田詳平, “局所超音波変調による散乱体深部のスペックル光計測,” 光学, 34巻, 12号, pp. 660-668 (2005).
  15. M. Hisaka, T. Sugiura and S. Kawata. "Optical cross-sectional imaging with pulse ultrasound wave assistance," J. Opt. Soc. Am. A, Vol.18, No.7, 2001, pp.1531-1534. (フルペーパー)
  16. M. Hisaka, H. Ishitobi, and S. Kawata. "Optical Recording of Reversed Domains in Ce-doped SBN:75 Crystal for Bit-oriented Three-dimensional Optical Memory," J. Opt. Soc. Am. B. Vol. 17, No. 3, 2000, pp. 422-426. (フルペーパー)
  17. 日坂真樹,杉浦忠男,河田聡, "パルス超音波と光の相互作用を利用した散乱体深部の光断層像観察," 光学 29巻,10号, 2000, pp. 631-634. (フルペーパー)
  18. M. Hisaka, T. Sugiura, S. Kawata, "Ultrasound-Assisted Optical Reflectometry in Highly Scattering Media," Jpn. J. Appl. Phys., Vol. 38, No. 12A, 1999, pp. L1478-1481. (レター)


  • 国際会議プロシーディング
  1. M. Hisaka, “Non-contact Local Temperature Measurement inside an Object Using an Infrared Point Detector,” Structured Light, SPIE (Biomedical Imaging and Sensing Conference, 2017, Yokohama, Japan) ,10251-43, 2017/4/21.(プロシーディング)
  2. M. Hisaka, "Optical processing deep inside optical materials using counter- propagating pulse-shaped spatial solitons," Photonics Asia, SPIE (Optical Design and Testing VII, 2016, Beijing, China), 10021-13, 2016-5-20.(プロシーディング) (Invited Paper).
  3. Y. Miyake, M. Hisaka and T. Ikuta, "Unstained Biological Cell Imaging Using a Phase-Contrast Scanning Optical Microscope with Annular Illumination," Biomedical Imaging and Sensing Conference 2016 (BISC'16, 2016, Yokohama, Japan), BISCp6-1, 2016-5-20.
  4. Y. Miyake, M. Hisaka and T. Ikuta, "Phase-contrast optical microscopy for biological tissues using oblique laser illumination," 5th Asian and Pacific-Rim Symposium on Biophotonics (APBP'15, 2015, Yokohama, Japan), APBPp2-1, 2015-4-23.
  5. Y. Miyake, M. Hisaka and T. Ikuta, " Cross-sectional Biological Tissue Imaging by Using Phase-Contrast Scanning Microscope with Annular Illumination," 13th Polish-Japanese Seminar on Biomedical Engineering, Osaka, Japan, 2014-11-3.
  6. M. Hisaka, " Phase-contrast scanning optical microscopy for biological tissues," Photonics Asia, SPIE (Optical Design and Testing VI, 2014, Beijing, China), 9272-10, 2014-10-10. (プロシーディング)(Invited Paper).
  7. Y. Miyake, M. Hisaka and T. Ikuta, "Phase-Contrast Scanning Optical Microscopy of Biological Tissues Using Annular Illumination," Biomedical Imaging and Sensing Conference 2014 (BISC'14, 2014, Yokohama, Japan), BISCp3-1, 2014-5-23.
  8. M. Hisaka, T. Sugiura and S. Kawata. "Optical cross-sectional imaging of a scattering medium with the aid of a pulse ultrasound," Proc. of SPIE, Vol.4256, 2001, pp. 213-220. (プロシーディング)
  9. M. Hisaka, T. Sugiura, S. Kawata. "Ultrasound-assisted optical measurement for observation inside the scattering medium," in Optical Engineering for Sensing and Nanotechnology (ICOSN '99), Proceedings of SPIE Vol. 3740, 1999, pp.146-149. (プロシーディング)
  10. M. Hisaka, H. Ishitobi, S. Kawata. "Three-dimensional optical recording with the ferroelectric domain reversal in a Ce-doped SBN:75 crystal: experiment and calculation," in Optical Engineering for Sensing and Nanotechnology (ICOSN '99), Proceedings of SPIE Vol. 3740, 1999, pp. 537-540. (プロシーディング)
  11. M. Hisaka, Y. Kawata and S. Kawata. "Three-Dimensional Optical Recording by the Ferroelectric Domain Reversal Technique in a Ce-doped SBN:75 Crystal," Proceedings of 1997 Topical Meeting on Photorefractive Materials, Effects and Devices (PR'97), 1997, pp. 614-617. (プロシーディング)
  12. M. Hisaka, T. Sugiura, S. Kawata. "Ultrasound-assisted optical measurement for thick tissue samples," Focus on Microscopy 2000 (FOM2000), TpP15, 2000, p.73.
  13. T. Sugiura, M. Hisaka, S. Kawata. "Optical Measurement on Tissue Sample with Ultrasound Assistance," Optics Within Life Science, 2000, p.64.


  • 解説論文
  1. 日坂真樹,超音波変調による生体のスペックル光計測,光学, 第38巻,No. 6, 2009, pp. 310-315.
  2. 日坂真樹,ストロボ照射法による超音波変調光スペックル並列計測法,光アライアンス, Vol. 18, 2007, No. 3, pp. 23-26.
  3. 藤田克昌,日坂真樹,河田聡,生体組織下の3次元細胞内イメージング:超音波とマルチフォトンの活用,精密工学会誌,第67巻,No. 4, 2001, pp566-569.


  • 国内会議
  1. 三宅泰広,日坂真樹,生田孝,"走査型位相差顕微鏡による組織細胞の無染色観察,” 第32回センシングフォーラム計測部門大会,1C1-3, 2015-9-10.
  2. 三宅 泰広,徳永 朋佳,日坂 真樹,生田 孝,”輪帯照明を用いた走査型位相差顕微鏡の 3 次元空間分解能の検討,”日本光学会年次学術講演会(Optics & Photonics Japan 2014),7pD1,2014-11-7.
  3. 三宅泰広,日坂真樹,生田孝,"微小位相物体による走査型位相差顕微鏡の性能評価,”生体医工学シンポジウム2014,2A-15,2014-9-27
  4. 日坂真樹,"走査型位相差顕微鏡による生体組織観察",応用物理学会関西支部 第3回支部講演会,2014-2-28.(招待講演)
  5. 三宅泰広, 日坂真樹, 生田孝,"走査型位相差顕微鏡による生体組織の断面構造観察," ライフサポート学会,第23回 フロンティア講演会,1A4-2,2014-2-28.
  6. 三宅泰広, 日坂真樹, 生田孝,"走査型位相差顕微鏡による深さ分解の実験的検討," 平成25年度 電気関係学会関西連合大会 講演論文集, G13-10, pp.417-418, 2013-11-27.
  7. 三宅泰広, 日坂真樹, 生田孝,"能動的画像所為を用いた生体組織細胞の位相差光学顕微観察," MEとバイオサイバネティックス研究会,電子情報通学会技術研究報告, Vol. 113, No. 241, MBE2013-65
  8. 三宅泰広,日坂真樹,生田孝. 輪帯照射を用いた走査型位相差光学顕微鏡による生体組織細胞の観察,生体医工学シンポジウム2013,4-2-10.
  9. 後藤大清,日坂真樹. 新しい血管内視鏡法の開発に向けた3次元収束ビーム制御に関する基礎研究,電子情報通信学会(MEとバイオサイバネティックス研究会),2012-10-12, MBE2012-43
  10. 三宅泰広,日坂真樹,生田孝. 生体組織の光学顕微観察における多重散乱効果低減の検討,生体医工学シンポジウム2012,2012-9-8, 3-4-08.
  11. 佐野良太,日坂真樹. 反射型超音波変調分光計測システムを用いた散乱体内部観察,第51回生体医工学会大会,2012-5-10, P1-08-1
  12. 後藤大清,日坂真樹. 光ファイバーバンドルの局所波面制御を用いた光収束法の開発,日本光学会年次学術講演会(Optics & Photonics Japan 2011),2011-11-29, 29pD14.
  13. 後藤大清,日坂真樹. 光ファイバーバンドルの局所光学遅延を用いた局所集光技術の検討,第50回日本生体医工学会,2011-5-1, P3-6-3, p.283.
  14. 陶山慧一朗,鳥羽祐造,真柄優貴,日坂真樹. 局所分極反転におけるパルス状空間ソリトンの対向衝突作用解析. 日本光学会年次学術講演会(Optics & Photonics Japan 2010), 2010-11-10, 10aE3, pp.568-569.
  15. 新宅勇紀,佐野良太,日坂真樹. ヘモグロビン試料の反射型超音波変調分光計測. 第49回日本生体医工学会,2010-6-27, PS3-3-3, p.311.
  16. 真柄優貴,鳥羽祐造,吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録における記録ビット形成の最適化. レーザー学会学術講演会第30回年次大会, 2010-2-4, H24aVII003, p.203.
  17. 下河邊俊之,日坂真樹. 反射型超音波変調分光計測システムの構築と性能評価. レーザー学会学術講演会第30回年次大会, 2010-2-2, I32pVI007, p.222.
  18. 日坂真樹. 光散乱体内部の超音波変調分光システムの開発. 電子情報通信学会(MEとバイオサイバネティックス研究会),2009-9-9, MBE2009-57,pp.17-19.
  19. 吉田浩祐,陶山慧一朗,日坂真樹. 局所分極反転を利用した記録ビットに対する対向パルス衝突作用. 秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2009-9-9, 9p-T-6, p.1079
  20. 鳥羽祐造,真柄優貴,吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録法における同軸読み出し. 秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2009-9-9, 9p-T-5, p. 1078.
  21. 吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録の基礎研究. 輻射科学研究会, 2009-5-7, PS09-05, pp2009.
  22. 吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを利用した3次元多層光記録と同軸読み出しの検討. レーザー学会学術講演会第29回年次大会, 2009-1-10, H210pVIII06, p.201.
  23. 日坂真樹,笹倉 祐. 光散乱体の超音波変調スペックル分光計測. 生体医工学シンポジウム,2008-9-20, 2-07-01, pp. 22-23.
  24. 吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを用いた多層光記録法における記録・再生・消去. 秋季第69回応用物理学会学術講演会, 2008-9-3, 3p-ZD-4, p.1030.
  25. 真柄優貴,吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録のための空間ソリトン形成と対向パルス衝突. 秋季第69回応用物理学会学術講演会, 2008-9-3, 3p-ZD-3, p.1030.
  26. 日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録の原理と基礎実験. テラバイト光メモリ研究推進機構ワークショップ,2008-6-25.
  27. 笹倉 祐,日坂真樹. 生体組織の超音波変調スペックル光計測. 第47会生体医工学会大会,2008-5-9, PS2-2-34, p.258.
  28. 日坂真樹,笹倉 祐. 超音波変調光計測における光散乱特性の検討. 電子情報通信学会(電磁理論研究会), 2008-1-28, PN2007-37, pp.1-4.
  29. 笹倉 祐,日坂真樹. 光散乱性ヘモグロビン試料の超音波変調分光計測. レーザー学会学術講演会第28回年次大会, 2008-1-31, I3-31pV3, p.220.
  30. 吉田浩祐,日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録法の基礎検討. レーザー学会学術講演会第28回年次大会, 2008-1-31, H1-31aI1, p.193.
  31. 笹倉 祐,日坂真樹. 超音波変調スペックル分光計測システムの構築と性能評価. 日本光学会年次学術講演会(Optics & Photonics Japan 2007),2007-11-27, 27aE1, pp.444-445.
  32. 笹倉 祐,日坂真樹. 超音波変調スペックル光計測による生体組織観察. 日本光学会年次学術講演会(Optics & Photonics Japan 2006), 2006-11-8, 8aE5, pp.78-79.
  33. 笹倉 祐,日坂真樹. 反射型超音波変調スペックル光計測における吸収依存性. 秋季第67回応用物理学会学術講演会, 2006-8-29, 29a-S-10, p.931.
  34. 笹倉 祐,日坂真樹. パルス超音波変調並列スペックル光計測による定量観察の検討. 日本光学会年次学術講演会(Optics Japan 2005),2005-11-24, 24aF7, pp.376-377.
  35. 松田詳平,日坂真樹. 反射型超音波援用生体光スペックル計測. 第52回応用物理学関係連合講演会, 2005-3-30, 30p-YS-22, p.1159.
  36. 松田詳平,日坂真樹. パルス超音波変調による散乱体深部のスペックル光計測. 輻射科学研究会, 2004-12-17, RS04-14.
  37. 松田詳平,日坂真樹. 局所超音波変調による光散乱体内部の反射型スペックル光計測. 日本光学会年次学術講演会(Optics Japan 2004), 2004-11-5, 5pD1,pp.502-503.
  38. 松田詳平,日坂真樹. 局所超音波によるスペックル変調を利用した生体内部の光計測. 電子情報通信学会(MEとバイオサイバネティックス研究会), 2004-11-3, MBE2004-45, pp.1-4.
  39. 日坂真樹. 超音波支援による生体光計測. BiomecForum21, 第30回研究会, 2003-9-13.
  40. 日坂真樹. 空間ソリトンを利用した多層光記録. 輻射科学研究会, RS02-12, 2002-12-12.
  41. 日坂真樹, 杉浦忠男, 河田 聡. パルス超音波と光の相互作用を利用した散乱体深部の断層像観察. 第1回生体医用光学研究会, 2000-7-25, OSJ-BiOP 2000-25, pp.86-89.
  42. 日坂真樹, 杉浦忠男, 河田 聡. 超音波パルスをプローブに用いた光断層像形成. 第60回応用物理学会学術講演会. 1999-9, p. 863.
  43. 日坂真樹, 杉浦忠男, 河田 聡. 超音波プロービングによる散乱体内部の光計測. Optics Japan '98, 1998-9-19, 19p1C03, pp.267-268.
  44. 日坂真樹, 石飛秀和, 河田 聡. 分極反転を利用した3次元ビット型光メモリ:ビットの記録・再生. 第45回応用物理学関係連合講演会, 1998-3-30, 30a-PA-4, p.1021.
  45. 日坂真樹, 川田善正, 河田 聡. Ce:SBN:75のドメイン反転を利用した多重ホログラフィック記録. 第44回応用物理学関係連合講演会, 1997-3-30, 30a-ZH-9, p.919.
  46. 日坂真樹, 河田 聡. 光励起電場によるCe: SBN: 75結晶のドメイン反転. 第57回応用物理学会学術講演会, 1996-9-8, 8p-ZT-15, p.810.


  • 研究会講演
  1. 日坂真樹, 情報数理学セミナー(2016年11月10日)大阪大学
  2. 日坂真樹, OECU医療福祉の会(2016年6月5日)大阪電気通信大学


  • 外部資金の獲得
  1. 日坂真樹(研究代表),パルス状空間ソリトン光の対向衝突における物理機構解明 ,日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C),24560055, 2012-2014
  2. 日坂真樹(研究代表),光散乱体深部の超音波変調光計測における信号発生機構の解明,日本学術振興会 科学研究費 若手(B),21760045, 2009-2010
  3. 日坂真樹(研究代表),生体組織の超音波変調分光計測,日本学術振興会 科学研究費 若手(B),18760045, 2006-2007
  4. 日坂真樹(研究分担),研究代表:生田 孝,円環状対物瞳と近接補助電極を用いる電子光学系用球面収差補正技術の開発,日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(B),24360020, 2012-2014
  5. 日坂真樹(研究分担),研究代表:生田 孝,ナノ位相トモグラフィー走査型透過電子顕微鏡の開発,日本学術振興会 科学研究費 学術創成,18GS0211, 2006-2010


  • 学会等における活動
  1. BISC'17 Program Committee(2017)
  2. BISC'16 Steering Committee(2016)
  3. APBP'15 Program Committee(2015)
  4. BISC'14 Steering Committee(2014)
  5. ディジタルオプティクス研究グループ 幹事(2014-)
  6. 電気関係学会関西連合大会 実行委員(2013)
  7. 日本光学会 幹事(2010‐2011)
  8. OPJ2011実行委員(2011)
  9. レーザー学会学術講演会第29回年次大会 プログラム委員(2009)
  10. レーザー学会学術講演会第28回年次大会 プログラム委員(2008)
  11. 応用物理学会 関西支部 幹事(2008‐2009)
  12. 日本光学会 光調査委員会 委員(2003‐2006)

日坂 真樹(ひさか まさき)HISAKA Masaki

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 准教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 准教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS