大阪電気通信大学 教員情報データベース >浅倉 史興

数理科学研究センター 所属教員一覧

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 数理科学研究センター 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 専門分野
    非線形解析
    流体の数学解析
  • 研究テーマ
    非線形双曲型保存則系の数学解析
    多相流体現象モデルの数学解析
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      大阪大学 理学部 数学科 卒業(1975)
      京都大学大学院 理学研究科 数学専攻 修士課程 修了(1977)
      京都大学大学院 理学研究科 数学専攻 博士後期課程 単位取得後退学(1980)
    • 職歴
      追手門学院大学 経済学部(専任)講師(1980)
      Universite de Paris-sud,Mathematiques(Orsay)客員研究員(1984-1985)
      追手門学院大学 経済学部 助教授(1985)
      追手門学院大学 経済学部 教授(1991)
      Ecole Polytechnique,Centre de Mathematiques(Palaiseau)客員研究員(Jul-Aug,1991)
      大阪電気通信大学 工学部 教授(1995)
      Newton Institute(Cambridge)客員研究員(Feb-Mar,2003)
      大阪電気通信大学 金融経済学部 教授(2009)
      大阪電気通信大学 工学部 教授(2013, 現在に至る)
  • 取得学位
    理学博士(京都大学論理博第864号,1984)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本数学会

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    金融経済学部長(2009-2010)
    大学院工学研究科先端理工学専攻主任(2014)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    教育研究センター長(2008-2009)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    O.E.C.U. 社会人アカデミー市民夜間講座
    「金融と数学 --投資で使う数学のおはなし--」(2012年1月26日)
    「統計でだまされない方法 --統計を利用する際の注意点--」(2012年11月15日)

  • その他

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    (工学部)
    微分方程式
    確率・統計
    確率・統計1
    確率・統計2
    ベクトル解析
    基礎理工学特別講義2(分担)
    プレゼミナール
    卒業研究

  • 大学院教育(講義)
    数理物理学特論
    確率モデル特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 15名
    • 修士論文等の指導: 2名
    • 博士論文等の指導: 0名
  • 教科書執筆
    「基礎課程 微分方程式」サイエンス社(森本芳則と共著)2014
    「応用解析 -微分方程式・ラプラス変換・フーリェ解析-」培風館 2014+「高校と大学における確率・統計の教育」, 研究論集 自然科学編, 第52号特別号, [4], 大阪電気通信大学学術リポジトリー http://id.nii.ac.jp/1148/00000190/
    「新基礎コース 確率・統計」学術図書出版社(竹居正登と共著)2014
    「新基礎コース 線形代数」学術図書出版社(高橋敏雄,吉松屋四郎と共著)2014
    「基礎コース 確率・統計」学術図書出版社(竹居正登と共著)2011
    「基礎コース 線形代数」学術図書出版社(高橋敏雄,吉松屋四郎と共著)2003
    「基礎解析」学術図書出版社(山原英男他4名と共著)2001

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 著書
  1. 「応用解析ハンドブック」(シュプリンガー・ジャパン),2010 [増田久弥編集:応用編第7章 (双曲型保存則系と衝撃波)を担当]
  2. 「数学辞典」(岩波書店),2007,[日本数学会編集:項目439 「保存則」,項目465「有界変動関数」を担当]
  3. "Hyperbolic Problems: Theory, Numerics and Applications ", Proceeding of the 10th International Conference on Hyperbolic Problems - Theory, Numerics and Applications - (Osaka) , Yokohama Publishers ,2006, [編集責任者]

  • 学術論文・作品など

学術論文

  1. "The Reflection of an Ionized Shock Wave", (with A. Corli), Continuum Mechanics and Thermodynamics, 30, 365-380, 2017
  2. "The Path Decomposition Technique for System of Hyperbolic Conservation Laws", (with A. Corli), Discrete and Continuous Dynamical Systems, Vol. 9, Issue 1, 15-32, 2016
  3. "Wave-Front Tracking for the Equations of Non-Isentropic Gas Dynamics", (with A. Corli), Annali di Matematica Pura ed Applicata, 196 (2015), 581--618 (2013, December 6, 1-38, Online)
  4. "Wave-Front Tracking for the Equations of Non-Isentropic Gas Dynamics -- Basic Lemmas --", Acta Mathematica Vietnamica, Vol. 38, Issue 4, pp 487-516, 2013
  5. "Global Existence of Solutions by Path Decomposition for a Model of Multiphase Flow", (with A. Corli), Quarterly of Applied Mathematics, 71 (2013) 135-182.
  6. "Viscous Shock Profiles for 2x2 Systems of Hyperbolic Conservation Laws with an Umbilic Point", (with M. Yamzaki), J. Hyperbolic Diferential Equations, 483-524, 2009
  7. " Geometry of Hugoniot Curves in 2x2 Systems of Hyperbolic Conservation Laws with Quadratic Flux", (with M. Yamzaki), IMA Journal of Applied Mathematics,Vol. 70,700-722, 2005
  8. "Wave-Front Tracking for the Equation of Isentropic Gas Dynamics", Quarterly of Applied Mathematics Vol. LXIII, 20-33, 2005

学内紀要等

  1. "高校と大学における確率・統計の教育", 研究論集 自然科学編, 第52号特別号, [4], 大阪電気通信大学学術リポジトリー http://id.nii.ac.jp/1148/00000190/
  2. "プラス作用素とルジャンドル陪関数 - 「数理物理学特論」における試み - ", 研究論集 自然科学編, 第52号特別号, [8], 大阪電気通信大学学術リポジトリー http://id.nii.ac.jp/1148/00000194/
  3. “衝撃波によるプラズマ生成の数学解析”、FERI ACTIVITY REPORT, (2016) Vol.27, 61-70


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    • 国際学会のプロシーディング
  1. "A Mathematical Model of Ionized Gases: Thermodynamic Properties", (with A. Corli), RIMS Kokyuroku Bessatsu, B67, to be published, April 2018
  2. "Existence of Viscous Profiles for Conservation Laws with an Umbilic Point", (with M. Yamazaki) Hyperbolic Problems: Theory, Numerics and Applications, Yokohama Publishers,Vol. 1, 2006, 279--286
  3. "Admissibility of Shock Waves and Uniqueness of the Riemann Problem", T. Hou-E. Tadmor (Ed.), Proceeding of the 9th International Conference on Hyperbolic Problems, Springer, 2003, 325--334
  4. "Riemann Problem for Conservation Laws with an Umbilic Point", (with M. Yamazaki) T. Hou-E. Tadmor (Ed.), Proceeding of the 9th International Conference on Hyperbolic Problems, Springer , 2003, 315--323
  5. "Maxwell states in thermo-elasticity", H. Freistuhler-G. Warnecke Ed. Proceedings of the 8th International Conference on Hyperbolic Problems: Theory,Numerics, Applications, Birkhauser Pub., 2001, 69--77
    • 国際学会の講演
  1. "Electromagnetic Shock Tube Problem", The 16th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, August 1-5, 2016 (Aachen)
  2. "Electromagnetic Shock Tube Problem - Ionization by a single shock wave -", Workshop on the Boltzmann Equation, Microlocal Analysis and Related Topics, May 27–29, 2016 (Kyoto)
  3. "Path Decomposition Method Applied to the Equations of Polytropic Gas Dynamics", Taiwwan-Japan Joint Conference on PDE and Analysis, December 26-28, 2012 (Taipei)
  4. "Stone-Marchesin Model Equation of Three -Phase Flow in Oil Reservoir Simulation", The 14th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, June 25-29, 2012 (Padova)
  5. "Wave-Front Tracking Method for the Equation of Non-Isentropic Gas Dynamics", The 11th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, July 17-21, 2006 (Lyon)
  6. "Admissibility of Shock Waves and Uniqueness of the Riemann Problem", The 9th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, March 25-29, 2002 (Pasadena)
  7. "Isothermal Phase Boundaries in Therno-Elasticity", The 8th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, February 28-March 3, 2000 (Magdeburg)

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
    • 科学研究費補助金 (代表者)
  1. 基盤研究 C(225420238, 2010--2014)「多孔性媒質中の流体現象をモデル化した保存則系の数学解析」(340万円 + 間接経 費)
  2. 基盤研究 C(17540207, 2005--2008)「多孔性媒質における多相流体現象モデルの数学解析」(330万円 + 間接経費)
  3. 基盤研究 C(15540221, 2003--2004)「双曲型保存則系の非古典的な弱解の存在と安定性」(300万円)
  4. 基盤研究 C(11640219, 1999--2000)「双曲型保存則系に対する初期値問題の研究」(340万円)
    • 科学研究費補助金 (分担者)
  1. 基盤研究 C(22540187, 2010--2012)「ボルツマン方程式と非線形超局所解析」(研究代表者:森本芳則、35万円 + 間接経費)
  2. 基盤研究 C(18540213, 2006--2008)「ボルツマン方程式に対する超局所解析」(研究代表者:森本芳則、45万円 +間接経費)

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 日本数学会編集「数学辞典」校正委員および索引委員(2005--2007)
  2. 国際会議:10th International Conference on Hyperbolic Problems - Theory, Numerics and Applications- (Osaka) の組織委員および論文集編集責任者(2003--2006)
  3. 日本数学会編集「数学辞典」執筆委員(2002--2007)

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
    • 教員免許状更新講習
  1. 「解析学の基礎から応用まで」(担当:「三角関数について----弧度法が開く世界」2010-2013年8月、於同志社大学今出川キャンパス)


  • 公的機関等における委員・役員など
    • 独立行政法人 日本学術振興会
  1. 国際事業委員会書面評価委員(2010年10月1日--2012年3月31日)
  2. 国際事業委員会書面評価委員(2010年8月1日--2011年7月31日)
  3. 特別研究員等審査会専門員(2010年8月1日--2011年7月31日)


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
    • 社団法人 日本数学会
  1. 函数方程式論分科会委員(2007-2008)

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS