大阪電気通信大学 教員情報データベース >浅倉 史興

数理科学研究センター 所属教員一覧

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 数理科学研究センター 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 専門分野
    非線形解析
    流体の数学解析
  • 研究テーマ
    非線形双曲型保存則系の数学解析
    多相流体現象モデルの数学解析
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      大阪大学 理学部 数学科 卒業(1975)
      京都大学大学院 理学研究科 数学専攻 修士課程 修了(1977)
      京都大学大学院 理学研究科 数学専攻 博士後期課程 単位取得後退学(1980)
    • 職歴
      追手門学院大学 経済学部(専任)講師(1980)
      Universite de Paris-sud,Mathematiques(Orsay)客員研究員(1984-1985)
      追手門学院大学 経済学部 助教授(1985)
      追手門学院大学 経済学部 教授(1991)
      Ecole Polytechnique,Centre de Mathematiques(Palaiseau)客員研究員(Jul-Aug,1991)
      大阪電気通信大学 工学部 教授(1995)
      Newton Institute(Cambridge)客員研究員(Feb-Mar,2003)
      大阪電気通信大学 金融経済学部 教授(2009)
      大阪電気通信大学 工学部 教授(2013, 現在に至る)
  • 取得学位
    理学博士(京都大学論理博第864号,1984)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本数学会

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    金融経済学部長(2009-2010)
    大学院工学研究科先端理工学専攻主任(2014)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    教育研究センター長(2008-2009)

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    O.E.C.U. 社会人アカデミー市民夜間講座
    「金融と数学 --投資で使う数学のおはなし--」(2012年1月26日)
    「統計でだまされない方法 --統計を利用する際の注意点--」(2012年11月15日)

  • その他

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    (工学部)
    線形代数1
    線形代数2
    基礎解析・演習
    微分方程式
    確率・統計
    確率モデル
    基礎理工学特別講義2(分担)
    プレゼミナール
    卒業研究

  • 大学院教育(講義)
    数理物理学特論
    確率モデル特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 13名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名
  • 教科書執筆
    「基礎課程 微分方程式」サイエンス社(森本芳則と共著)2014
    「応用解析 -微分方程式・ラプラス変換・フーリェ解析-」培風館 2014
    「新基礎コース 確率・統計」学術図書出版社(竹居正登と共著)2014
    「新基礎コース 線形代数」学術図書出版社(高橋敏雄,吉松屋四郎と共著)2014
    「基礎コース 確率・統計」学術図書出版社(竹居正登と共著)2011
    「基礎コース 線形代数」学術図書出版社(高橋敏雄,吉松屋四郎と共著)2003
    「基礎解析」学術図書出版社(山原英男他4名と共著)2001

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 著書
  1. 「応用解析ハンドブック」(シュプリンガー・ジャパン),2010 [増田久弥編集:応用編第7章 (双曲型保存則系と衝撃波)を担当]
  2. 「数学辞典」(岩波書店),2007,[日本数学会編集:項目439 「保存則」,項目465「有界変動関数」を担当]
  3. "Hyperbolic Problems: Theory, Numerics and Applications ", Proceeding of the 10th International Conference on Hyperbolic Problems - Theory, Numerics and Applications - (Osaka) , Yokohama Publishers ,2006, [編集責任者]

  • 学術論文・作品など

学術論文

  1. "The Path Decomposition Technique for System of Hyperbolic Conservation Laws", (with A. Corli), Discrete and Continuous Dynamical Systems, Vol. 9, Issue 1, 15-32, 2016
  2. "Wave-Front Tracking for the Equations of Non-Isentropic Gas Dynamics", (with A. Corli), Annali di Matematica Pura ed Applicata, 196 (2015), 581--618 (2013, December 6, 1-38, Online)
  3. "Wave-Front Tracking for the Equations of Non-Isentropic Gas Dynamics -- Basic Lemmas --", Acta Mathematica Vietnamica, Vol. 38, Issue 4, pp 487-516, 2013
  4. "Global Existence of Solutions by Path Decomposition for a Model of Multiphase Flow", (with A. Corli), Quarterly of Applied Mathematics, 71 (2013) 135-182.
  5. "Viscous Shock Profiles for 2x2 Systems of Hyperbolic Conservation Laws with an Umbilic Point", (with M. Yamzaki), J. Hyperbolic Diferential Equations, 483-524, 2009
  6. " Geometry of Hugoniot Curves in 2x2 Systems of Hyperbolic Conservation Laws with Quadratic Flux", (with M. Yamzaki), IMA Journal of Applied Mathematics,Vol. 70,700-722, 2005
  7. "Wave-Front Tracking for the Equation of Isentropic Gas Dynamics", Quarterly of Applied Mathematics Vol. LXIII, 20-33, 2005


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    • 国際学会のプロシーディング
  1. "Existence of Viscous Profiles for Conservation Laws with an Umbilic Point", (with M. Yamazaki) Hyperbolic Problems: Theory, Numerics and Applications, Yokohama Publishers,Vol. 1, 2006, 279--286
  2. "Admissibility of Shock Waves and Uniqueness of the Riemann Problem", T. Hou-E. Tadmor (Ed.), Proceeding of the 9th International Conference on Hyperbolic Problems, Springer, 2003, 325--334
  3. "Riemann Problem for Conservation Laws with an Umbilic Point", (with M. Yamazaki) T. Hou-E. Tadmor (Ed.), Proceeding of the 9th International Conference on Hyperbolic Problems, Springer , 2003, 315--323
  4. "Maxwell states in thermo-elasticity", H. Freistuhler-G. Warnecke Ed. Proceedings of the 8th International Conference on Hyperbolic Problems: Theory,Numerics, Applications, Birkhauser Pub., 2001, 69--77
    • 国際学会の講演
  1. "Electromagnetic Shock Tube Problem", The 16th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, August 1-5, 2016 (Aachen)
  2. "Electromagnetic Shock Tube Problem - Ionization by a single shock wave -", Workshop on the Boltzmann Equation, Microlocal Analysis and Related Topics, May 27–29, 2016 (Kyoto)
  3. "Path Decomposition Method Applied to the Equations of Polytropic Gas Dynamics", Taiwwan-Japan Joint Conference on PDE and Analysis, December 26-28, 2012 (Taipei)
  4. "Stone-Marchesin Model Equation of Three -Phase Flow in Oil Reservoir Simulation", The 14th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, June 25-29, 2012 (Padova)
  5. "Wave-Front Tracking Method for the Equation of Non-Isentropic Gas Dynamics", The 11th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, July 17-21, 2006 (Lyon)
  6. "Admissibility of Shock Waves and Uniqueness of the Riemann Problem", The 9th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, March 25-29, 2002 (Pasadena)
  7. "Isothermal Phase Boundaries in Therno-Elasticity", The 8th International Conference on Hyperbolic problems: Theory, Numerics and Applications, February 28-March 3, 2000 (Magdeburg)

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
    • 科学研究費補助金 (代表者)
  1. 基盤研究 C(225420238, 2010--2014)「多孔性媒質中の流体現象をモデル化した保存則系の数学解析」(340万円 + 間接経 費)
  2. 基盤研究 C(17540207, 2005--2008)「多孔性媒質における多相流体現象モデルの数学解析」(330万円 + 間接経費)
  3. 基盤研究 C(15540221, 2003--2004)「双曲型保存則系の非古典的な弱解の存在と安定性」(300万円)
  4. 基盤研究 C(11640219, 1999--2000)「双曲型保存則系に対する初期値問題の研究」(340万円)
    • 科学研究費補助金 (分担者)
  1. 基盤研究 C(22540187, 2010--2012)「ボルツマン方程式と非線形超局所解析」(研究代表者:森本芳則、35万円 + 間接経費)
  2. 基盤研究 C(18540213, 2006--2008)「ボルツマン方程式に対する超局所解析」(研究代表者:森本芳則、45万円 +間接経費)

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 日本数学会編集「数学辞典」校正委員および索引委員(2005--2007)
  2. 国際会議:10th International Conference on Hyperbolic Problems - Theory, Numerics and Applications- (Osaka) の組織委員および論文集編集責任者(2003--2006)
  3. 日本数学会編集「数学辞典」執筆委員(2002--2007)

浅倉 史興(あさくら ふみおき)ASAKURA Fumioki

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
    • 教員免許状更新講習
  1. 「解析学の基礎から応用まで」(担当:「三角関数について----弧度法が開く世界」2010-2013年8月、於同志社大学今出川キャンパス)


  • 公的機関等における委員・役員など
    • 独立行政法人 日本学術振興会
  1. 国際事業委員会書面評価委員(2010年10月1日--2012年3月31日)
  2. 国際事業委員会書面評価委員(2010年8月1日--2011年7月31日)
  3. 特別研究員等審査会専門員(2010年8月1日--2011年7月31日)


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
    • 社団法人 日本数学会
  1. 函数方程式論分科会委員(2007-2008)

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS