大阪電気通信大学 教員情報データベース >海老原 聡

電気電子工学科 所属教員一覧

海老原 聡(えびはら さとし)EBIHARA, Satoshi EBIHARA Satoshi

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 専門分野
    地下電磁波計測工学
  • 研究テーマ
    電波で地面の中を覗く電波計測工学の研究
  • 経歴
    • 学歴
      東北大学 工学部 資源工学科 卒業(1993年)
      東北大学 大学院 工学研究科 資源工学専攻 前期2年の課程 修了(1995年)
      東北大学 大学院 工学研究科 資源工学専攻 後期3年の課程 修了(1997年)
    • 職歴
      日本学術振興会特別研究員(DC1)(1995年)
      東北大学 助手 (東北アジア研究センター)(1997年)
      大阪電気通信大学 講師(2003年)
      大阪電気通信大学大学院 担当教員(2003年)
      大阪電気通信大学 助教授(2006年)
      大阪電気通信大学 准教授(2007年)
      大阪電気通信大学 教授(2013年)
      大阪電気通信大学大学院博士後期課程指導教員(2013年)
  • 取得学位
    博士(工学)(東北大学、1997年)
  • 受賞、顕彰など
  1. IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing 2016 Best Reviewer
  2. (財)みやぎ産業科学振興基金 第2回研究奨励賞(2001年3月)、受賞対象課題:「ボアホールレーダにおける電磁波到来方向の高精度推定法に関する研究」
  3. The Second Well Logging Symposium of Japan(Sept. 26-27, 1996), Symposium Best Paper Award, 対象論文: "Estimation of Three-dimensional Reflector Locations by a Directional Borehole Radar Using a Cylindrical Conformal Array Antenna"
  • 所属学会
    IEEE、電子情報通信学会、物理探査学会、資源素材学会

海老原 聡(えびはら さとし)EBIHARA Satoshi

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    2016年度 電気電子工学科 ポートフォリオ 学修効果算出担当
    2015年度 電気電子工学科 ポートフォリオ 学修効果算出担当
    2014年度 電気電子工学科 新入生学外教育研修プログラム世話人
    2014年度 電気電子工学科 ポートフォリオ 学修効果算出担当
    2013年度 電気電子工学科 卒業祝賀会世話人
  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    • 2016年度
      2016年度 資格審査委員会委員 2件
      2016年度 専門科目WGメンバー
      2016年度 大学国際交流委員会委員
      2016年度 エレクトロニクス基礎研究所運営委員会委員
      2016年度 メカトロニクス基礎研究所運営専門委員会委員
      2016年度 寝屋川キャンパス教務委員会委員
      2016年度 教育開発推進センター推進部会委員
      2016年度 AO入試実施責任者(電気電子工学科)
    • 2015年度
      2015年度 リメディアル数学担当
      2015年度 学長選考委員会委員投票管理委員
      2015年度 寝屋川キャンパス教務委員会委員
      2015年度 教育開発推進センター委員
      2015年度 AO入試実施責任者(電気電子工学科)
    • 2014年度
      2014年度 寝屋川キャンパス教務委員会委員(2009年度~)
      2014年度 教育開発推進センター委員(2012年度~)
      2014年度 AO入試実施責任者(電気電子工学科)
      2014年度 OECU-E ノート2015共著者(2012年度~)
      2014年度 第1回評議員選挙管理委員会委員長
  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    2016年11月17日 模擬講義「電波による地中探査」、芦屋高等学校
    2016年11月 6日 テクノフェア「地中レーダで探そう」、地中レーダの展示・体験、金属探知機の体験
    2016年 8月27日 オープンキャンパスにて研究室公開、地中レーダの展示・体験
    2016年 7月24日 オープンキャンパスにて研究室公開、地中レーダの展示・体験
    2015年11月 1日 テクノフェア「地中レーダで探そう」、地中レーダの展示・体験
    2015年10月27日 模擬講義「電波による地中探査」、伊丹北高等学校
    2015年 8月22日 オープンキャンパスにて研究室公開、地中レーダの展示・体験
    2015年 7月26日 オープンキャンパスにて研究室公開、地中レーダの展示・体験
    2014年11月 2日 テクノフェア「地中レーダで探そう」、地中レーダの展示・体験
  • その他

海老原 聡(えびはら さとし)EBIHARA Satoshi

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    電気電子工学入門(1年生 前期)
    キャリア入門(1年生 前期)
    電気回路演習(2年生 前期、3年生 後期)
    電磁気学1(2年生 前期前半)
    電磁波工学(3年生 後期)
    電気電子工学実験4(世話人、3年生 後期、週4コマ)
    デジタル信号処理(3年生 後期)
    電磁気学2(2年生 前期後半)
    プレゼミナール(3年生 後期)
  • 大学院教育(講義)
    電磁計測特論(隔年 前期)
  • 論文等指導
    • 2016年度
      卒業論文等の指導:11名
    • 2015年度
      卒業論文等の指導:9名
      客員研究員:2名

海老原 聡(えびはら さとし)EBIHARA Satoshi

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 著書
  1. 松浦秀治、海老原聡、前川泰之、「2段階方式で学ぶ わかる電磁気学」、ムイスリ出版、2015年3月.(ISBN-13: 978-4896412338)
    ( 正誤表 http://www.osakac.ac.jp/labs/ebihara/Text_book/index.htm )
  2. S. Ebihara and K. Wada, pp 38-39, 9. Borehole applications, Chapter 3 PARTICULAR KINDS OF PROSPECTING in R. Persico et al., Recommendations for the Safety of People and Instruments in Ground-Penetrating Radar and Near-Surface Geophysical Prospecting, EAGE Publications, 2015.(ISBN: 9789462821620)


  • 学術論文・作品など
  1. S. Ebihara, K. Wada, S. Karasawa, and K. Kawata, "Probe rotation effects on direction of arrival estimation in array-type directional borehole radar," Near Surface Geophysics, vol. 15, no. 3, pp. 286-297, 2017.
    DOI: 10.3997/1873-0604.2017012(フルペーパー).
  2. S. Ebihara, T. Kuroda, Y. Koresawa, K. Inada, A. Uemura, and K. Kawata, "Improved Discrimination of Subsurface Targets Using Polarization-sensitive Directional Borehole Radar," IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing, vol. 54, no. 11, pp. 6429 – 6443, 2016.
    DOI: 10.1109/TGRS.2016.2585178(フルペーパー)
  3. S. Ebihara, Y. Kimura, T. Shimomura, R. Uchimura, and H. Choshi, "Coaxial-fed Circular Dipole Array Antenna with Ferrite Loading for Thin Directional Borehole Radar Sonde," IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing, vol. 53, no. 4, pp. 1842 – 1854, 2015.
    DOI:10.1109/TGRS.2014.2349921(フルペーパー)
  4. 海老原 聡, 田中 正一, 「指向性ボアホールレーダ用ダイポールアレーアンテナにおける 素子間干渉を考慮した設計法の検討 」, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-B,No.5,pp. 539-550, May. 2013.(フルペーパー)
  5. S. Ebihara, H. Kawai, and K. Wada, “Estimating the 3D Position and Inclination of a Planar Interface with a Directional Borehole Radar,” Near Surface Geophysics, vol. 11, pp. 185-195, 2013.
    DOI:10.3997/1873-0604.2012039 (フルペーパー)
  6. S. Ebihara, H. Hanaoka, T. Okumura, and Y. Wada, “Interference Criterion for Coaxial-Fed Circular Dipole Array Antenna in a Borehole,”IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing, vol. 50, no. 9, pp. 3510 – 3526, Sep. 2012. DOI:10.1109/TGRS.2011.2182517 (フルペーパー)
  7. S. Ebihara, A. Sasakura, and T. Takemoto, “HE11 Mode Effect on Direct Wave in Singlehole Borehole Radar,” IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing, vol. 49, no. 2, pp. 854-867, Feb. 2011. (フルペーパー)
  8. S. Ebihara and Y. Inoue, “Analysis of Eccentered Dipole Antenna for Borehole Radar,” IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing., vol. 47, no. 4, pp. 1073-1088, April 2009. (フルペーパー)
  9. S. Ebihara and Y. Hashimoto, “MoM Analysis of Dipole Antennas in Crosshole Borehole Radar, and Field Experiments,” IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing, vol. 45, no. 8, pp. 2435 - 2450, Aug. 2007. (フルペーパー)
  10. S. Ebihara and T. Yamamoto, “Resonance Analysis of Circular Dipole Array Antenna in Cylindrically Layered Media,” IEEE Transaction on Geoscience and Remote Sensing, vol. 44, no. 1, pp. 22-31, January 2006. (フルペーパー)
  11. S. Ebihara, K. Nagoya, N. Abe, and M. Toida, “Experimental Studies for Monitoring Water-level by Dipole-antenna Array Radar Fixed in Subsurface,” Near Surface Geophysics, vol. 4, pp. 89-96, 2006.
    DOI: 10.3997/1873-0604.2005035 (フルペーパー)
  12. S. Ebihara, “Directional borehole radar with dipole antenna array using optical modulators,” IEEE Trans. Geoscience and Remote Sensing, vol. 42, no. 1, pp. 45-58, January 2004. (フルペーパー)
  13. S. Ebihara, “Blind Separation for Estimation of Near-surface Interface by GPR with Time-Frequency Distribution,” IEICE Transactions on Communications., Vol.E86-B,No.10, pp. 3071-3081, Oct. 2003. (フルペーパー)
  14. S. Ebihara and W. C. Chew, “Calculation of Sommerfeld Integrals for Modeling Vertical Dipole Array Antenna for Borehole Radar,” IEICE Transactions on Electronics., Vol.E86-C, No.10, pp. 2085-2096, Oct. 2003. (フルペーパー)
  15. S. Ebihara, M. Sato, and H. Niitsuma, “Super-resolution of Coherent Targets by a Directional Borehole Radar,” IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing, Vol. 38, No. 4, pp.1725-1732, July 2000. (フルペーパー)
  16. S. Ebihara, M. Sato, and H. Niitsuma, “Analysis of a guided wave along a conducting structure in a borehole,” Geophysical Prospecting, 46, pp. 489-505, 1998. (フルペーパー)
  17. 海老原 聡, 佐藤 源之, 新妻 弘明, 「円形アレー型ボアホールレーダによるMUSICアルゴリズムを用いた波源の位置推定」, 電子情報通信学会論文誌, vol. J79B-Ⅱ, no. 9, pp. 574-582, September 1996. (フルペーパー)


  • 国際会議プロシーディング
  1. S. Ebihara, K. Kobayashi, K. Okuhira and H. Maeda, "3-D Estimation of a Foundation Pile Using Polarization-Sensitive Directional Borehole Radar," Proceedings of the 9th International Workshop on Advanced Ground-Penetrating Radar (IWAGPR2017), 6 pages, Edinburgh, Scotland, June 28-30 2017.(レフェリーあり)
  2. S. Ebihara, S. Yamamoto, K. Inada, K. Ishida, and A. Kawasaki, "Experiments in Skarn with a Polarization-sensitive Directional Borehole Radar," Proceedings of the 16th International Conference of Ground Penetrating Radar (GPR 2016), 6 pages, Hong Kong, 13-16 June 2016.(レフェリーあり)
  3. S. Ebihara, Y. Shimomura, K. Hotta, K. Hosokawa, and G. Hoshii, "Experiments with a dipole array and loop antenna in a cylindrical water layer," Proceedings of the 16th International Conference of Ground Penetrating Radar (GPR 2016), 6 pages, Hong Kong, 13-16 June 2016.(レフェリーあり)
  4. K. Wada, S. Karasawa, K. Kawata, T. Ueki, and S. Ebihara, "Foundation pile and cavity detection by the 3D directional borehole radar system, ReflexTracker," Proceedings of the 16th International Conference of Ground Penetrating Radar (GPR 2016), 5 pages, Hong Kong, 13-16 June 2016.(レフェリーあり)
  5. S. Ebihara, Y. Koresawa, and K. Kawata, "Borehole Radar Measurement with a Dipole Array and a Loop Antenna," Proceedings of the 8th International Workshop on Advanced Ground-Penetrating Radar (IWAGPR2015), 4 pages, Florence, Italy, July 7-10 2015.(レフェリーあり)
  6. S. Ebihara, Y. Nakamoto, and K. Kawata, "Cylindrical Air Layer to Reduce the Influence of the Direct Wave in Singlehole Borehole Radar," Proceedings of the 8th International Workshop on Advanced Ground-Penetrating Radar (IWAGPR2015), 4 pages, Florence, Italy, July 7-10 2015.(レフェリーあり)
  7. S. Ebihara, K. Wada, S. Karasawa, and K. Kawata, "Super-resolution of Overlapped Waves
    in Time and Frequency Domain in a Directional Borehole Radar Measurement," Proceedings of the 8th International Workshop on Advanced Ground-Penetrating Radar (IWAGPR2015), 4 pages, Florence, Italy, July 7-10 2015.(レフェリーあり)
  8. K. Wada, S. Karasawa, K. Kawata, and S. Ebihara, "Fractures and rock properties estimated by 3D directional borehole radar," Proceedings of the 8th International Workshop on Advanced Ground-Penetrating Radar (IWAGPR2015), 4 pages, Florence, Italy, July 7-10 2015.(レフェリーあり)
  9. K. Wada, S. Karasawa, K. Kawata, and S. Ebihara "Small-diameter directional borehole radar system with 3D sensing capability," Proceedings of the Int. Conf. on GPR, pp. 823-827, Brussels, Belgium, June, 2014.(レフェリーあり)
  10. S. Ebihara, A. Uemura, T. Kuroda, and H. Soda "Dipole Array Antenna and Loop Antenna for Estimation of DOA and Polarization in Borehole Radar," Proceedings of the Int. Conf. on GPR, pp. 751-755, Brussels, Belgium, June, 2014.(レフェリーあり)
  11. S. Ebihara, Y. Kimura, T. Shimomura, and R. Uchimura, "Estimating 3-D Position of a Fault in Kamioka Mine with Directional Borehole Radar," Proceedings of the 11th SEGJ International Symposium, 4 pages on CD, Yokohama, Japan, November 18-21, 2013.(レフェリーあり)
  12. S. Ebihara, Y. Kimura, T. Shimomura, and R. Uchimura, "Singlehole Borehole Radar Measurement with a Thin Directional Borehole Radar Sonde," Proceedings of the 7th International Workshop on Advanced Ground-Penetrating Radar (IWAGPR2013), pp. 1-5, Nantes, France, July 2-5 2013.(レフェリーあり)
  13. S. Ebihara and K. Toma, “Effect of ferrite beads on reduction of resonance of thin conducting cylinder in a water-filled borehole,” Proceedings of the Int. Conf. on GPR, pp. 901-905, Shanghai, China, June, 2012. Digital Object
    Identifier:10.1109/ICGPR.2012.6254990.(レフェリーあり)
  14. S. Ebihara and K. Onoda, “Analysis of a direct wave in directional borehole radar with a circular dipole array antenna,” Proceedings of the Int. Conf. on GPR, pp. 887-891, Shanghai, China, June, 2012. Digital Object Identifier:10.1109/ICGPR.2012.6254987.(レフェリーあり)
  15. S. Ebihara, H. Kawai, and K. Wada, “3-D Imaging of Faults with Directional Borehole Radar,” The proceedings of the 6th International Workshop on Advanced Ground Penetrating Radar 2011, 7 pages, Aachen, Germany, June 22-24, 2011.(レフェリーあり)
  16. S. Ebihara and Y. Wada, “Investigation of Wideband Coaxial-Fed Circular Dipole Array Antenna in a Borehole,” The proceedings of the 6th International Workshop on Advanced Ground Penetrating Radar 2011, 6 pages, Aachen, Germany, June 22-24, 2011.(レフェリーあり)
  17. S. Ebihara, H. Hanaoka, and T. Okumura, “Influence of Feed Line on DOA Estimation with Dipole Array Antenna for Directional Borehole Radar,” The proceedings of the 13th International Conference on Ground Penetrating Radar, 7 pages, Lecce, Italy, June 21-25, 2010. (レフェリーあり)
  18. S. Ebihara and H. Kawai, “Singlehole Borehole Rader Measurement Using Dipole Array Antenna Fed by Coaxial Cable,”The proceedings of the 13th International Conference on Ground Penetrating Radar, 6 pages, Lecce, Italy, June 21-25, 2010.(レフェリーあり)
  19. S. Ebihara, A. Sasakura, and T. Takemoto, "Influence of HE11 mode on Direct Wave in Singlehole Borehole Radar," The proceedings of the 13th International Conference on Ground Penetrating Radar, 6 pages, Lecce, Italy, June 21-25, 2010.(レフェリーあり)
  20. S. Ebihara and H. Hanaoka, "Designing Dipole Array Antenna Fed by Coaxial Cables for Directional Borehole Radar," Proceedings of the 5th International Workshop on Advanced Ground Penetrating Radar, pp. 2-6, Granada, Spain, May 27-29, 2009.(レフェリーあり)
  21. S. Ebihara, A. Sasakura, and T. Takemoto, "Influence of Eccentricity of Sonde on Direct Wave in Singlehole Borehole Radar," Proceedings of the 5th International Workshop on Advanced Ground Penetrating Radar, pp. 93-97, Granada, Spain, May 27-29, 2009.(レフェリーあり)


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 植村 明紘, 海老原 聡, 「坑井内ダイポールアレーへの偏波の入射実験」, 平成25年 電気関係学会関西連合大会 講演論文集, pp. 255-256, 2013年11月16日, 大阪電気通信大学.
  2. 植村 明紘, 海老原 聡, 「坑井内におかれた直交ダイポールアレーアンテナへの偏波入射実験」, 電子情報通信学会 2013年 ソサイエティ大会講演論文集, p. 268, 2013年9月19日, 福岡工業大学.
  3. 植村 明紘, 海老原 聡, 「直交ダイポールアンテナを用いた偏波状態の推定に関する検討」, 電子情報通信学会 2012年 総合大会講演論文集,p. 268, 2012年3月22日,岡山大学.
  4. 海老原聡、河合秀昭、和田一成、「同軸給電したダイポールアレーアンテナ型指向性ボアホールレーダによる断層のイメージング」第124回物理探査学会学術講演会(平成23年度春季)、早稲田大学、2011年5月12日.
  5. 河合秀昭、海老原聡、和田一成、「同軸給電したダイポールアレーアンテナ型指向性ボアホールレーダによる物体位置の三次元計測」第122回物理探査学会学術講演会(平成22年度春季)、早稲田大学、2010年6月2日.


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  • 科学研究費(研究代表者)
  1. 基盤研究C,「 単一坑井で断層等の3次元位置形状計測が可能なフルポラリメトリックボアホールレーダ 」 2015-2017, 総額507万円.
  2. 基盤研究B,「アレー型ボアホールレーダによる断層、き裂や鉱脈の3次元位置形状計測と分類法の確立」2012-2014年,総額1,547万円.
  3. 基盤研究C,「高感度指向性ボアホールレーダによるき裂や断層の3次元位置形状計測法の開発」2009-2011年,総額360万円.
  4. 基盤研究C,「地中物体の広域な3次元イメージングのための同軸給電アレー型ボアホールレーダの開発」2007-2008年,総額360万円.
  5. 若手研究A,「光電界センサアレー型ボアホールレーダによる3次元イメージングのフィールド実験」,2003-2005年,総額2,160万円.
  6. 奨励研究A,「光電磁界センサアレー型超解像ボアホールレーダへの偏波計測の導入」,2001-2003年,総額250万円.
  7. 奨励研究A,「マイクロアレー型ボアホールレーダによる地下き裂の3次元位置・形状と粗さの計測」,1999-2001年,総額220万円.
  8. 特別研究員奨励費,「マイクロアレイアンテナを用いた広帯域指向性ボアホールレーダに関する研究」,1995-97年,総額270万円.


  • 寄付金等(研究代表者)
  1. (公財)中部電気利用基礎研究振興財団、研究助成、「断層の3次元イメージングのための細径・高分解能指向性ボアホールレーダの開発とフィールド実験」2012年、総額 170 万円
  2. (財)高柳記念電子科学技術振興財団、「き裂や断層の3次元イメージングのための指向性ボアホールレーダの広帯域化に関する開発」2010年、総額 200 万円
  3. (財)新井科学技術振典財団、「地中3次元構造計測のための新たなボアホールレーダ」2009年、総額100万円
  4. (財)関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団、「放射性廃棄物地層処分のための3次元ボアホールレーダのフィールド実験による実証」2008-2009年、総額270万円
  5. (財)関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団、第16回研究成果の出版助成、出版助成対象論文 ” MoM Analysis of Dipole Antennas in Crosshole Borehole Radar, and Field Experiments,” IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing, October 2007.、総額10万円
  6. (財)関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団、若手奨励研究、「放射廃棄物地層処分のための地中3次元イメージングボアホールレーダの開発」、2005-2006年、総額90万円
  7. (財)東電記念科学技術研究所研究助成,「光電界センサアレーによる超解像ボアホールレーダシステムの開発」,2000-2003年,総額1,000万円.
  8. (財)セコム科学技術振興財団研究助成(一般研究),「地中物体の3次元位置・形状計測のための光電界センサを用いたアレー型ボアホールレーダに関する研究」,1998-2000年,総額100万円.


  • 受託調査研究
  1. 石油公団石油開発技術センター,技術交流調査,「光電界センサアレー型超解像ボアホールレーダを用いた3次元イメージングに関するフィールド実験」、研究代表者:海老原聡、2001年,総額4,998,000円


  • 民間等との共同研究
  1. 地質調査コンサルタント会社からの受託調査研究, 2016年, 総額1,075,902円
  2. 地質調査コンサルタント会社からの受託調査研究, 2016年, 総額1,709,532円
  3. 地質調査コンサルタント会社からの受託調査研究, 2015年, 総額194万2千円
  4. 地質調査コンサルタント会社からの受託調査研究, 2014年, 総額640万9千円
  5. 地質調査コンサルタント会社からの受託調査研究, 2013年, 総額590万円
  6. 地質調査コンサルタント会社からの受託調査研究, 2012年, 総額442万円
  7. ガス関連会社との共同研究, 2005年, 総額50万円
  8. ガス関連会社との共同研究, 2004年, 総額50万円
  9. 建設関連会社からの委託研究,2002年,総額50万円
  10. 建設関連会社との共同研究のためのプレスタディ,2001年,総額50万円


  • その他の外部資金
  1. インテレクチュアルベンチャーズ、発明に関する対価、2011年7月 13,804円、2012年8月 707,130円


  • 出願した特許(査定前)


  • 特許査定済の特許
  1. 米国特許、United States Patent: 9244190, 発明者 : Satoshi EBIHARA and Kentaro KAWATA、Transmitting Electric Power Using Electromagnetic Waves、出願番号 13/548,226、出願日 July 13, 2012, Issued Patent登録日 Jan 26, 2016.
  2. 特許5568237号、出願人 : 海老原 聡、松永ジオサーベイ(株)、発明者 : 海老原 聡、三次元位置推定システム、及び、ダイポールアレイアンテナ、特許出願2009-4685、特許公開2010-164327、公開日 : 2010年7月29日、特許査定の起案日:2014年6月5日


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. Appeared in the list of authors of "GPR masterpieces" in the homepage of the European GPR Association in 2013. ( http://www.eurogpr.org/vn2/index.php/scientific-literature/gpr-anthology-for-authors/68-satoshi-ebihara )
  2. Appeared as the selector of the borehole radar papers in “GPR Anthology for Topics” in the homepage of the European GPR Association in 2013. ( http://www.eurogpr.org/vn2/index.php/scientific-literature/gpr-anthology-for-topics/88-borehole)


  • 学会誌論文査読員
  1. 2017年 9月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  2. 2017年 5月 Remote Sensing 査読員 1件
  3. 2017年 4月 IEICE ELECTRONICS EXPRES 査読員 1件
  4. 2016年10月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 2件
  5. 2016年 8月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  6. 2016年 7月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  7. 2016年 7月 IEICE Electronics Express 1件
  8. 2016年 6月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  9. 2016年 4月 Geophysical Research Letters 査読員 1件
  10. 2016年 4月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  11. 2016年 1月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  12. 2015年10月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  13. 2015年 8月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  14. 2015年 2月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  15. 2015年 1月 International Journal of Antennas and Propagation 査読員 1件
  16. 2014年12月 IEEE Geoscience and Remote Sensing Letters 査読員 1件
  17. 2014年12月 IEICE Electronics Express 査読員 1件
  18. 2014年11月 IEEE Trans. Geoscience and Remote sensing 査読員 1件
  19. 2014年 2月 計測自動制御学会論文集査読員 1件

海老原 聡(えびはら さとし)EBIHARA Satoshi

  • 所属部署
    工学部 電気電子工学科 教授
    大学院 工学研究科 電子通信工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
  1. 関西文化学術研究都市6大学連携、市民公開講座2011、演題「地中を電波計測する技術」、けいはんなプラザ、2011年9月16日


  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 2017年7月 東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士学位論文 審査委員会学外審査委員
  2. 2017年1月 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻 博士学位論文 予備審査委員会学外審査委員
  3. 2014年12月~2016年11月 科学研究費委員会 奨励研究部会理工系小委員会委員
  4. 2013年(平成25年)電気関係学会関西連合大会、開催校、庶務

  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 国際会議 The 9th International Workshop on Advanced Ground Penetrating Radar - IWAGPR2017, Session “Novel developments in GPR systems and antennas”, Co-session Chairperson, Edinburgh, Scotland, June 2017.
  2. 国際会議 The 11th SEGJ International Symposium, Session “GPR Imaging Technologies”, Co-session Chairperson, Yokohama, Japan, Nov. 2013.
  3. 国際会議IWAGPR2013, Session “Bore-hole antennas”, Session Chairperson, Nantes, France, July 2013.
  4. 国際会議GPR2012, Session “Borehole radar”, Session Chairperson, Shanghai, China, June 2012.
  5. 国際会議IWAGPR2011, Session “Novel GPR System and Antennas”, Session Chairperson, Aachen, Germany, June 2011.
  6. 国際会議GPR2010, Session “Demining and UXO”, Session Chairperson, Lecce, Italy, June 2010.
  7. 国際会議IWAGPR2009, Session “Antennas for GPR”, Session Chairperson, Granada, Spain, May 2009.
  8. 国際会議IWAGPR2007, Session “Borehole Radar”, Session Chairperson, Naples, Italy, June 2007.

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他
  1. JST、研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP))本格研究開発ステージ 実用化挑戦タイプ(中小・ベンチャー開発)」、平成24年度第1回公募採択課題、課題名「3次元指向性ボアホールレーダシステム」、シーズ特許の代表発明者:海老原聡、平成24~27年度.
    http://www.jst.go.jp/pr/info/info912/besshi1.html
    (以上の開発技術は 国土交通省NETISに登録済(NETIS番号 :KT-160079-A、新技術名称 :3次元指向性ボアホールレーダシステム、登録日:2016年9月21日
    http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=KT-160079&TabType=2&nt=nt ))

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS