大阪電気通信大学 教員情報データベース >田中 孝徳

環境科学科 所属教員一覧

田中 孝徳  TANAKA Takanori
TANAKA Takanori

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 専門分野
    化学工学、分離工学、有機合成化学
  • 研究テーマ
    資源回収・資源利用を指向した固液分離工学
  • 経歴
    • 学歴
      2003年 国立鈴鹿工業高等専門学校 生物応用科学科 卒業
      2005年 神戸大学 理学部化学科 卒業
      2007年 神戸大学大学院 自然科学研究科化学専攻 博士前期課程 修了
      2010年 神戸大学大学院 理学研究科化学専攻 博士後期課程 修了 (博士(理学))
    • 職歴
      2007年~2010年 日本学術振興会 特別研究員 DC1コース(神戸大学)
      2010年~2011年 神戸大学連携創造本部先端研究推進部門 研究機関研究員
      2011年~2016年 大阪府立大学大学院工学研究科物質・化学系専攻 化学工学分野 助教
      2014年~ 国立鈴鹿工業高等専門学校 生物応用科学科 非常勤講師(兼任)
      2016年~ 大阪電気通信大学 工学部 環境科学科 講師
           同 大学院 工学研究科 先端理工学専攻担当教員
  • 取得学位
    博士(理学)
  • 所属学会
    •化学工学会
    •分離技術会
    •食品工学会
    •日本化学会
    •有機合成化学協会

田中 孝徳  TANAKA Takanori

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
  1. 第9回 テクノフェアinねやがわ,泥水をキレイな水にしよう-環境科学入門-,2016,11,6


  • その他

田中 孝徳 Takanori TANAKA

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 学部教育(講義)
    工学基礎製図
    化学実験
    有機化学3
    熱力学2
    伝熱工学
    バイオ化学実験1


  • 大学院教育(講義)
    資源工学特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 4名(2017年度:11名指導中)
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

田中 孝徳 Takanori TANAKA

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 著書
  1. ゲルテクノロジーハンドブック~機能設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで~,第3章4節コロイド包括ゲル化処理法を用いた懸濁液の清澄化,田中孝徳,岩田政司,エヌティーエス,2014.
  2. 濾過スケールアップの正しい進め方と成功事例集,第3章9節,濾過の前処理・後処理,田中孝徳,岩田政司,技術情報協会,2014.
  3. 社会との垣根を越える大学の挑戦,第15章4.11包括ゲル化処理を中核技術とする新規廃液処理プロセスの構築,岩田政司,田中孝徳,エヌティーエス,2011.

  • 学術論文・作品など
  1. Mechanism of Clarification of Colloidal Suspension Using Composite Dry Powdered Flocculant, H. Kadooka, M. S. Jami, T. Tanaka, and M. Iwata, J. Water Process Eng., 11 (2016), 32―38.
  2. Effect of Flow Path Structure on Solid/Liquid Separation under Electric Field, T. Tanaka, H. Kato, K. Fujihara, M. S. Jami, and M. Iwata, Sep. Purif. Technol., 156 (2015), 84―91.
  3. Improving Slurry Dewatering Performance of Basket Centrifuge: Discharge of Supernatant Using Bypass Filter Medium, A. Ginting, R. Fukuyama, M. S. Jami, T. Tanaka, and M. Iwata, J. Chem. Eng. Jpn. 48 (2015), , 966―969.
  4. Consolidation Behaviour of Thick Suspension in Centrifugal Dewatering With and Without Supernatant, R. Fukuyama, M. S. Jami, T. Tanaka, and M. Iwata, Sep. Purif. Technol., 150 (2015), 223―228.
  5. 清酒・醤油などの食品分野における高圧縮性固液混合物の圧搾技術, 田中孝徳, 化学工学, Vol. 79 (2015), No 2, 173.
  6. Constant-current Electroosmotic Dewatering of Superabsorbent Hydrogel, T. Tanaka, K. Fujihara, M. S. Jami, and M. Iwata, Colloids Surf. A, 440 (2014), 116―121.
  7. Application of Electroosmosis for Sludge Dewatering–A Review, M. Iwata, T. Tanaka, and M. S. Jami, Drying Technol., 31 (2013), 170―184.
  8. Simple preparation of β-amino alcohols possessing a tert-butyl group at the α-carbon, J. T. Zacharia, T. Tanaka, Y. Uesaka, and M. Hayashi, Synthesis, 44 (2012), 1625―1627.
  9. Formal Total Synthesis of (-)-Oseltamivir Phosphate, T. Tanaka, Q. Tan, H. Kawakubo, and M. Hayashi, J. Org. Chem., 76 (2011), 5477―5479.
  10. A Facile Synthesis of (1S,5R,6S)-5-Azido-6-benzyloxycyclohex-2-en-1-ol, T. Tanaka, Q. Tan, K. Iwanaga, and M. Hayashi, Carbohydr. Res., 346 (2011), 340―342.
  11. Titanium Tetraisopropoxide Promoted Reactions for the Synthesis of Substituted Coumarins, T. Tanaka, K. Yamashita, and M. Hayashi, Heterocycles, 80 (special issue for Prof. Akira Suzuki's 80th birthday) (2010), 631—636.
  12. A Facile and Highly Enantioselective Synthesis of (+) and (-)-Fluvastatin and their Analogues, J. T. Zacharia, T. Tanaka, and M. Hayashi, J. Org. Chem., 75 (2010), 7514―7518.
  13. Dehydrogenation of 1,2,3,4-Tetrahydroquinoline and Its Related Compounds: Comparison of Pd/C―Ethylene System and Activated Carbon―O2 System, T. Tanaka, K. Okunaga, and M. Hayashi, Tetrahedron Lett., 51 (2010), 4633―4635.
  14. 単一の不斉源から両方の異性体をつくり分ける—不斉触媒反応を自在に操る新手法, 田中 孝徳, 林 昌彦, 「化学」, vol. 64 (2009), No. 6, 66—67.
  15. Catalytic Enantioselective Reformatsky Reaction of Alkyl Iodoacetate with Aldehydes Catalyzed by Chiral Schiff Base, T. Tanaka, and M. Hayashi, Chem. Lett., 37 (2008), 1298―1299.
  16. Chiral Schiff Bases as Highly Active and Enantioselective Catalysts in Catalytic Addition of Dialkylzincs to Aldehydes, T. Tanaka, Y. Sano, and M. Hayashi, Chem. Asian J., 3 (special issue of Prof. Ryoji Noyori's 70th birthday) (2008), 1465—1471.
  17. New Approach for Complete Reversal of Enantioselectivity Using a Single Chiral Source, T. Tanaka and M. Hayashi, Synthesis (2008), 3361—3376.
  18. Oxidation of Secondary Benzylic Alcohols to Ketones by Activated Carbon—Molecular Oxygen System, Y. Sano, T. Tanaka, and M. Hayashi, Chem. Lett., 36 (2007), 1414―1415.
  19. 同一の不斉源から両鏡像体を高光学純度で得る手法:触媒的不斉炭素—炭素結合形成反応を中心に,田中 孝徳,林 昌彦,有機合成化学協会誌, 65 (2007), 969—976.
  20. New Chiral Schiff Base as Tridentate Ligand for Catalytic Enantioselective Addition of Diethylzinc to Aldehydes, T. Tanaka, Y. Yasuda, and M. Hayashi, J. Org. Chem., 71 (2006), 7091―7093.
  21. Complete Reversal of Enantioselection Using Oxazoline-containing Schiff Base Ligands Derived from L-Serine in Enantioselective Addition of Diketene to Aldehydes, C. H. Chu, K. Morishita, T. Tanaka, and M. Hayashi, Tetrahedron : Asymmetry, 17 (2006), 2672―2677.
  22. Use of Isopropyl Alcohol as a Solvent in Ti(O-i-Pr)4-catalyzed Knöevenagel Reactions, K. Yamashita, T. Tanaka, and M. Hayashi, Tetrahedron, 61 (2005), 7981―7985.
  23. Nitrobenzene as Hydrogen Acceptor in Pd/C-catalyzed Hydrogen Transfer Reaction, T. Tanaka, H. Kawabata, and M. Hayashi, Tetrahedron Lett., 46 (2005), 4989―4991.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 粉末添加型の複合凝集剤によるコロイド懸濁液の清澄化機構,田中孝徳,廉岡裕人,藤原怜子,宮島匠,岩田 政司,分離技術会 第80 年会,千葉,2016,5,27-28.
  2. UPWARD DEAD-END FILTRATION OF SOLID/LIQUID MIXTURE CONTAINING FINE-BUBBLES,T.Tanaka, H. Ubukata, A. Yoshimoto,M.S. Jami and M. Iwata,12th World Filtration Congress, Taipei, Taiwan, April 11-15, 2016.
  3. バイパス濾布の利用によるバスケット型遠心脱水機の脱液性能の向上,田中孝徳,ギンティン アルビン,福山亮,岩田 政司,化学工学会 第80 年会,東京 ,2015,3,19-21.
  4. 電場下の沈降過程-スラッジ層内の特性変化に基づく考察,田中孝徳,加藤弘樹,藤原健司,岩田 政司,化学工学会 第79 年会,岐阜 ,2014,3,18-20.
  5. Clarification of Colloidal Suspension by Adding Composite Flocculants in Powder Form,T.Tanaka, H. Kadooka, and M. Iwata,11th World Filtration Congress, Graz, Austria, April 16-20, 2012.
  6. タミフル合成中間体の高エナンチオ選択的合成,田中孝徳,林 昌彦,日本化学会 第91春季年会,横浜,2011,3,26-29.
  7. Catalytic Asymmetric Carbon—Carbon Bond Forming Reactions Catalyzed Chiral Schiff Based—Metal Complexes, T. Tanaka, and M. Hayashi, 17th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XVII) & IUPAC 3rd International Symposium on Novel Materials and Synthesis (NMS-III), Shanghai, China, October 17-21, 2007.
  8. 光学活性シッフ塩基触媒を用いた不斉アルキル化反応,田中孝徳,安田順信, 林 昌彦,日本化学会 第86春季年会,船橋,2006,3,27-30.
  9. ニトロベンゼンを水素受容体とする水素移動反応を利用したアルコールの酸化反応,田中孝徳,林 昌彦, 第38回酸化反応討論会, 札幌,2005,11,17-18.
    ほか

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. ジグ選別装置、及びジグ選別方法, 岩田政司, 田中孝徳, 伊地智亮太, 特願2014-4103,特許公開2015-131273

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
    2015年~ 化学工学会 分離プロセス部会 幹事

田中 孝徳 Takanori TANAKA

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
    日本液体清澄化技術工業会 協力会員(技術委員、青年部会員)


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS