大阪電気通信大学 教員情報データベース >矢ヶ崎 善太郎

建築学科 所属教員一覧

矢ヶ崎 善太郎 Zentaro YAGASAKI 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 建築学科 教授
  • 専門分野
    日本建築史
    庭園史
    伝統建築技術
    文化財保存技術
  • 研究テーマ
    茶室の研究
    数寄空間の史的研究
    伝統木工技術の地域性と継承に関する研究
    数寄屋大工の系譜と技術に関する研究
    文化財保存技術の実践的研究
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      京都工芸繊維大学工芸学部建築学科卒業(1977年)
      京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修士課程建築学専攻修了(1985年)
  • 職歴
    京都工芸繊維大学工芸学部建築学科助手(1985年~1991年)
    学校法人二本松学院京都国際建築技術専門学校教員(1991年~1999年)
    京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科助教授(1999年~)
    京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科准教授(組織・名称変更~2019年)
    大阪電気通信大学工学部建築学科教授(2019年~)
  • 取得学位
    博士(学術)京都工芸繊維大学 1998年
  • 受賞、顕彰など
    平成24年度 愛媛出版文化賞(対象 矢ヶ崎善太郎監修『水郷の数寄屋 臥龍山荘』)2012年
    平成27年度 工学教育賞 (対象 「建築リソースマネジメントの人材育成プログラム」)共同受賞 2015年
  • 所属学会
    日本建築学会
    建築史学会
    日本庭園学会
    茶の湯文化学会

矢ヶ崎 善太郎 Zentaro YAGASAKI

  • 所属部署
    工学部 建築学科 教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
  • その他

矢ヶ崎 善太郎 Zentaro YAGASAKI

  • 所属部署
    工学部 建築学科 教授
  • 学部教育(講義)
  • 大学院教育(講義)


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 名
    • 修士論文等の指導: 名
    • 博士論文等の指導: 名
  • ティーチング・ポートフォリオ
  • 授業に臨む姿勢
    調査・研究および社会活動における経験を活かし、実践的な教育を行う。学生の自主性が発揮できるような教育を行う。学生の創造力を育む教育を行う。
  • 教育活動自己評価
    設定した目標はおおむね実現できている。学生の気質や興味、要求に応じた教育方法を常に探求している。
  • 授業改善のための研修活動等
    FD+SD研修会への積極的に参加している。他大学を含めた教員相互の情報交換を行っている。
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
    1、建築設計実習では、建築を総合的に理解する手段としての設計製図であることに徹し、情報手段として必要な基本事項の習熟をはかる。また、建築イメージの創出させるに際して、先ずは学生の自由な発想を尊重し、学生の考えを誠実に把握する努力をする。建築イメージの解は多様であることを理解してもらうことに心がける。
    2、建築学入門では、建築への興味も高めたもらうことを主眼とし、建築学が対象とする学問分野の多様性を理解してもらうように心がける。
  • 具体的な達成目標に対する達成度
    徐々に成果は見え始めている
  • 学生からの要望への対応
    学生にははっきりとした論理的な質問を要求し、それに対して論理的に対応する。
    漠然とした要望には、その本意が奈辺にあるのかを探り、互いに理解したうえで真摯に対応する。

矢ヶ崎 善太郎 Zentaro YAGASAKI

  • 所属部署
    工学部 建築学科 教授
  • 著書
  • 学術論文・作品など
  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)

矢ヶ崎 善太郎 Zentaro YAGASAKI

  • 所属部署
    工学部 建築学科 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS