大阪電気通信大学 教員情報データベース >神崎 和男

デジタルゲーム学科 所属教員一覧

神崎 和男(かんざき かずお)KANZAKI Kazuo KANZAKI Kazuo

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 専門分野
    英語音声学,応用言語学
  • 研究テーマ
    日本人英語学習者の発音と知覚
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1974年3月 関西学院大学 経済学部 卒業
      1974年9月-1975年3月 Stockholms Universitet, International Graduate School留学
      1975年4月-1976年3月 神戸商科大学商経学部 聴講生
      1976年4月 関西外国語大学大学院 外国語学研究科(英語学専攻)入学
      1978年3月 関西外国語大学大学院 外国語学研究科(英語学専攻)修了
    • 職歴
      1978年4月-1979年3月 神戸女子大学 文学部 非常勤講師
      1978年10月 名古屋短期大学 英語科 助手
      1979年4月 名古屋短期大学 英語科 講師
      1982年4月 名古屋短期大学 英語科 助教授
      1989年4月 大阪電気通信大学 工学部 助教授
      1996年4月 大阪電気通信大学 工学部 教授
      2000年4月 大阪電気通信大学 総合情報学部 教授
  • 取得学位等
    1974年3月 経済学士(関西学院大学 経済学部)
    1978年3月 文学修士(関西外国語大学大学院 外国語学研究科(英語学専攻))
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    外国語教育メディア学会,大学英語教育学会,日本音声学会, 全国英語教育学会

神崎 和男(かんざき かずお)KANZAKI Kazuo

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    図書館委員会委員


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    2012年度「なわてんグランプリ」審査委員長
    2016年度「なわてんグランプリ」審査委員長


  • その他

神崎 和男(かんざき かずお)KANZAKI Kazuo

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    メディアリテラシー
    プロジェクト実習2
    社会プロジェクト実習
    メディア英語表現演習
    プレゼミ
    卒業研究・制作

  • 大学院教育(講義)
    メディアコミュニケーション特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 8名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

神崎 和男(かんざき かずお)KANZAKI Kazuo

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 著書
  1. 2007 河野守夫(編集主幹)『ことばと認知のしくみ』(分担執筆)三省堂
  2. 1995 Suenobu, M., Yamane, S. & Kanzaki, K. COMMUNICABILITY WITHIN ERRORS, The Institute of Economic Research, Kobe University of Commerce
  3. 1990 『ことばの響宴:うたげ 筧寿雄教授還暦記念論集』(分担執筆)くろしお出版
  4. 1989 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, S. FROM ERRO TO INTELLIGIBILITY: A STUDY OF THE JAPANESE LEARNER'S PERCEPTION AND PRODUCTION OF ENGLISH, The Institute of Economic Research, Kobe University of Commerce

  • 学術論文・作品など
    • 国際誌
  1. 2016 Sugai, K., Yamane, S. & Kanzaki, K. The Time Domain Factors Affecting EFL Learners' Listening Comprehension: a Study on Japanese EFL Learners, Annual Review of English Language Education in Japan, Vol. 27, The Japan Society of English Language Education.
  2. 2014 Kanzaki, Kazuo. Segmental and Prosodic Features of English Spoken by EFL Learners with Different Proficiency Levels, BAAL 2014 Conference Proceedings
  3. 1997 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, S. Information Transmission of English by Japanese Learners of English, International Review of Applied Linguistics in Language Teaching, 35(3)
  4. 1995 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, S. The Relationship between Psychological Pressure and Learner's Utterances, International Journal of Psycholinguistics, Vol. 11, No. 3.
  5. 1992 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, S. An Experimental Study of Intelligibility of Japanese English, International Review of Applied Linguistics in Language Teaching, 30(2)
  6. 1986 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, S. Listening Comprehension and the Process of Information Acquisition by Non-native Speakers of English, International Review of Applied Linguistics in Language Teaching, 24(3)
  • 国内学会誌
  1. 2007 Sugai, K., Kanzaki, K & Yamane, S. The Effects of Pauses on the Listening Process of Japanese EFL Learners, Language Education and Technology, No. 44, 外国語教育メディア学会
  2. 1987 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, An Experimental Study of Intelligibility of English Spoken by Non-Natives, 大学英語教育学会紀要18号
  3. 1985 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, An Experimental Study on the Reproduction of English by Japanese Students, 大学英語教育学会紀要16号
  4. 1982 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, An Analysis of Perceptual Error: Effect of Learning and Mechanism of Hearing, 大学英語教育学会紀要13号
  5. 1981 Kakehi, H., Suenobu, M., Young, R., Kanzaki, K. & Yamane, S. An Analysis of Perceptual Error: Learning Process, 大学英語教育学会紀要12号
  6. 1979 筧寿雄,末延岑生,野間司郎,神崎和男,山根繁 誤聴分析,大学英語教育学会紀要10号
  • 大学紀要等
  1. 2013 Kanzaki, Kazuo. Assessing Pronunciation: English Consonants Hard to Articulate for Japanese Learners, 『人間科学研究』第15号,大阪電気通信大学
  2. 2008 神崎和男 学習者にとって発音制御の困難な英語音声,『大坪精治先生古希記念論文集』,大阪電気通信大学英語教育センター
  3. 2005 Kanzaki, Kazuo. Prosodic Factors for the Assessment of EFL Learners' Reading Proficiency, 『人間科学研究』第7号,大阪電気通信大学
  4. 1999 神崎和男 第二言語の音声習得過程:英語教育の視点から, 『人間科学研究』第2号,大阪電気通信大学
  5. 1996 中路信子・神崎和男 持続時間からみた日本人学習者の英語音声,『研究論集(人文・社会科学編)』第31号,大阪電気通信大学
  6. 1993 Kanzaki, K. & Schaepe, H. R. Vowel Pronunciation Strategy Transfer: Japanese English and English Japanese, 『研究論集(人文・社会科学編)』第28号,大阪電気通信大学
  7. 1992 神崎和男 外国人による日本語特殊拍の発音と知覚:長音の場合,『研究論集(人文・社会科学編)』第27号,大阪電気通信大学
  8. 1991 神崎和男 日本人学習者によるに英語長母音・短母音の発音:音声分析機を用いた持続時間の測定,『研究論集(人文・社会科学編)』第26号,大阪電気通信大学
  9. 1990 神崎和男 外国語学習におけるLISTENINGのプロセス,『研究論集(人文・社会科学編)』第25号,大阪電気通信大学
  10. 1989 神崎和男 日本人学習者による英語発音の分析,『名古屋短期大学研究紀要』27号
  11. 1988 神崎和男 中間言語の音韻構造について,『名古屋短期大学研究紀要』26号
  12. 1985 神崎和男 誤答分析にもとづくListeningとSpeakingの研究について,『名古屋学院大学外国語教育紀要』No. 13
  13. 1985 神崎和男 音節構造に基づいた中間言語の音韻論的分析,『名古屋短期大学研究紀要』23号
  14. 1984 神崎和男 機器を利用した英語教育,『名古屋短期大学研究紀要』22号
  15. 1982 神崎和男 時代性をふまえた英語の音声指導,『名古屋学院大学外国語教育紀要』No. 7
  16. 1982 神崎和男 音韻発達における音節の概念について,『名古屋短期大学研究紀要』20号
  17. 1981 神崎和男・山根繁 誤聴分析:ポーズをめぐっての諸問題,『名古屋短期大学研究紀要』19号
  18. 1981 神崎和男 Larry Smithー国際語としての英語ーをめぐっての諸問題,『名古屋学院大学外国語教育紀要』No. 3
  19. 1980 伊藤聡・神崎和男 英米文化の理解度に関する研究:名古屋短期大学英語科学生の場合,『名古屋短期大学研究紀要』18号
  20. 1980 神崎和男 二重母音の音声学的解釈について,『名古屋短期大学研究紀要』18号
  21. 1979 Kanzaki, Kazuo Phonetic Nature and Distribution of Flapped / t / in American English, 『名古屋短期大学研究紀要』17号


  • 国際会議、国内会議
    • 国際会議
  1. 2017 Sugai, K, Kanzaki, K. & Yamane, S. An Analysis of Pause-Proficiency Interaction on EFL Learners’ Listening Comprehension, BAAL2017, University of Leeds, UK.
  2. 2016 Sugai, K, Yamane, S. & Kanzaki, K. Effects of Pause Duration on EFL Learners' Listening Comprehension, BAAL2016 (British Association for Applied Linguistics), Cambridge, UK.
  3. 2015 Kanzaki, Kazuo. The Process of Prosody Acquisition: a Case Study of a Japanese EFL Learner, FLEAT VI @Harvard (Foreign Language Education and Technology), Cambridge, USA.
  4. 2014 Kanzaki, Kazuo. Segmental and Prosodic Features of English Spoken by EFL Learners with Different Proficiency Levels, AILA World Congress 2014 (International Association of Applied Linguistics), Brisbane, Australia.
  5. 2014 Sugai, K, Yamane, S. & Kanzaki, K. Can Listening Comprehension Test Predict Lexical Stress Perception Ability?: A Study on Japanese EFL Learners, AILA World Congress 2014 (International Association of Applied Linguistics), Brisbane, Australia.
  6. 2013 Kanzaki, Kazuo. A Contrastive and Acoustic Analysis of Japanese EFL Learners’ Pronunciation of English Consonants, BAAL2013 (British Association for Applied Linguistics), Edinburgh, UK.
  7. 2013 Sugai, K, Kanzaki, K. & Yamane, S. Predictability of consonant perception ability through a listening comprehension test: an experimental study on Japanese EFL learners, BAAL2013 (British Association for Applied Linguistics), Edinburgh, UK.
  8. 2002 Kanzaki, Kazuo. Prosodic Factors for the Assessment of EFL Learners' Reading Proficiency, 13th World Congress of Applied Linguistics, AILA World Congress 2002 (International Association of Applied Linguistics), Singapore.
  9. 2000 Kanzaki, Kazuo. Some Characteristics of Prosody in Japanese Speakers' Reading of Japanese and English Passages, FLEAT IV, Kobe, Japan.
  10. 1997 Kanzaki, Kazuo. Pronunciation of English by Japanese Learners of English: from Segments to Prosody, FLEAT III, Victoria, Canad.
  11. 1996 Kanzaki, Kazuo. Some Prosodic Features Observed in the Passage Read by Japanese Learners of English, The First Seoul International Conference on Phonetic Sciences, Seoul, Korea.
  12. 1994 Suenobu, M., Yamane, S. & Kanzaki, K. The Relationship between Psychological Pressure and Learner's Utterances, 4th International Society of Applied Psycholinguistics, Rome, Italy.
  13. 1992 Kanzaki, K. & Schaepe, R. H. Vowel Pronunciation Strategy Transfer: Japanese English and English Japanese, TESOL(Teachers of English to Speakers of Other Languages), Vancouver, Canada.
  14. 1991 Suenobu, M., Kanzaki, K. & Yamane, S. Information Transmission by Japanese EFL Students, 17th JALT(The Japan Association of College English Teachers) , Kobe, Japan.
  • 国内会議
    2007 菅井康祐・山根繁・神崎和男 「英語リスニングにおけるポーズと発話速度の影響」外国語教育メディア学会(LET)第47回全国研究大会
    2006 菅井康祐・山根繁・神崎和男・横山宏 「日本人EFL学習者のリスニングプロセス:大脳レベルでのポーズへの反応」外国語教育メディア学会(LET)第46回全国研究大会
    2000 神崎和男 「英語学習者の英文および和文朗読におけるプロソディーの制御」大学英語教育学会(JACET)全国大会 他

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 2010-2013 文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 2015- 関西英語教育学会(KELES) 論文査読委員
  2. 2013- 外国語教育メディア学会(LET) 関西支部 名誉支部長
  3. 2012- Reviewer, TESOL Quarterly (TESOL International Association)
  4. 2010-2011 外国語教育メディア学会(LET)関西支部長,同学会副会長
  5. 2000-2011 外国語教育メディア学会理事
  6. その他,FEAT IV国際会議実行委員,LET全国大会実行委員,LET査読委員,LET機関誌編集委員等歴任

神崎 和男(かんざき かずお)KANZAKI Kazuo

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
  1. 1983年5月-7月,1984年5月-7月,1987年10月-12月 豊明市教育委員会主催「公民館講座」講師(「英会話」担当)
  2. 1987年10月 名古屋短期大学主催「公開講座」講師(「ジャパニーズ・イングリッシュ」について)
  3. 2000-2002 関西地区TOEFLセミナー講師(国際教育交換協議会 主催)

  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 1981-1989 日本英語検定協会 面接担当試験委員
  2. 2008-2009 大学入試センター 試験 作題委員(英語)

  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 2000-2011 外国語教育メディア学会理事
  2. 2010-2011 外国語教育メディア学会(LET)関西支部長,同学会副会長
  3. 2013- 外国語教育メディア学会(LET)関西支部 名誉支部長


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS