大阪電気通信大学 教員情報データベース >萬代 武史

数理科学研究センター 所属教員一覧

萬代 武史(まんだい たけし)MANDAI Takeshi 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 数理科学研究センター(基礎理工学科) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 専門分野
    数学(解析学)
  • 研究テーマ
    ウェーブレット解析
    特性的初期値問題と零解
    退化した偏微分方程式の解の構造
  • 経歴
    • 学歴
      京都大学理学部 卒業(1978年)
      京都大学大学院理学研究科数理解析専攻博士後期課程 研究指導認定退学(1985年)
    • 職歴
      岐阜大学 教養部 講師(1985-1988)
      岐阜大学 教養部 助教授(1988-1996)
      岐阜大学 工学部応用情報学科 助教授(1996-1999)
      大阪電気通信大学 工学部数理科学研究センター 教授(1999-2007)
      大阪電気通信大学大学院工学研究科総合電子工学専攻指導教員(2000-2012)
      大阪電気通信大学 工学部基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授(2007-2016)
      大阪電気通信大学大学院工学研究科先端理工学専攻指導教員(2012-)
      大阪電気通信大学 工学部数理科学研究センター 教授(2016.10-)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本数学会,日本応用数理学会

萬代 武史(まんだい たけし)MANDAI Takeshi

  • 所属部署
    工学部 数理科学研究センター(基礎理工学科) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    基礎理工学科(数理科学研究センター)主任(2012年度)
    総合電子工学専攻 副主任(2008,2009年度)
    数理科学研究センター 主任(2003年度)

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    エレクトロニクス基礎研究所運営委員(2016年度~)
    先端理工学専攻入試委員(2016年度~)
    教職課程委員会委員(2014年度~)
    数学運営会議世話人(2014年度~)
    教育開発推進センター センター長(2010,2011年度)
    研究小委員会委員長(2007,2008年度)
    研究小委員会委員(2004~2008年度)
    教務委員(2000~2002年度)
    合気道部顧問(2001年度~)
  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    2016年度テクノフェア,三角関数の奥深さ:面白い曲線を探そう,展示,2017.11.06.
    2016年度オープンキャンパス,模擬講義:「三角関数の面白さ,奥深さ」, 2017.06.19; 三角関数の奥深さ:面白い曲線を探そう,展示,2016.07.24, 08.27.
    泉北高等学校,SSH高大連携講座,三角関数の世界,2016.06.04
    2015年度オープンキャンパス,三角関数の奥深さ:面白い曲線を探そう,展示,2015.07.26, 08.22.
    2014年度テクノフェア,面白い曲線を探そう:三角関数の奥深さ,展示,2014.11.02.
    2014年度オープンキャンパス,三角関数の奥深さ:面白い曲線を探そう,展示,2014.07,27, 08.29.
    泉北高等学校,SSH高大連携講座,振動・波・信号・情報と三角関数,2014.06.07
    2013年度テクノフェア,面白い曲線を探そう,展示,2013.11.03.
    2012年度オープンキャンパス,学科紹介, 2012.07.29, 08.25, 11.25.
    2011年度テクノフェア,カライドサイクル体験(工作),展示,2011.11.06.
    2011年度オープンキャンパス,カライドサイクル体験(工作),展示, 2011.07.24, 08.20.
    2011年度高大連携,大阪電気通信大学高等学校模擬(出張)授業「"振動・波・情報と三角関数-三角比の先にあるもの-"」,2011.05.28.
    上宮高校大学体験,「振動・波・情報と三角関数」,2010.09.16.


  • その他

萬代 武史(まんだい たけし)MANDAI Takeshi

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    • 2016年度
      応用フーリエ解析
      応用数学演習
      基礎理工学ゼミ2
      解析学1
      線形代数1
      線形代数2
      基礎理工学入門
      プレゼミナール
      卒業研究
    • 2015年度
      応用フーリエ解析
      応用数学演習
      基礎理工学ゼミ1,3
      解析学1
      基礎解析・演習
      基礎理工学特別講義2
      線形代数1
      微分方程式
      プレゼミナール
      卒業研究
    • 2014年度
      応用フーリエ解析
      応用数学演習
      基礎理工学ゼミ3
      キャリア入門
      解析学1
      基礎解析・演習
      基礎理工学入門
      基礎理工学特別講義2
      プレゼミナール
      卒業研究
    • 2013年度
      基礎解析・演習
      応用フーリエ解析
      応用数学演習
      基礎理工学ゼミ3
      基礎理工学特別講義2
      微分積分1・演習
      基礎微積分1・演習
      プレゼミナール
      卒業研究


  • 大学院教育(講義)
    微分方程式特論1,2(2015年度)
    応用解析特論(2013年度)

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 31名(2003~2016)
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 0名

萬代 武史(まんだい たけし)MANDAI Takeshi

  • 所属部署
    工学部 数理科学研究センター(基礎理工学科) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 著書・訳書
  1. 日本応用数理学会監修,山田道夫・萬代武史・芦野隆一 著. 応用のためのウェーブレット,シリーズ応用数理第5巻,共立出版,2016. ISBN978-4-320-01954-6.
  2. 坂田定久,中村拓司,萬代武史,山原英男. 新基礎コース 微分積分, 学術図書出版社, 2014. ISBN978-4-7806-0403-0.
  3. 日本応用数理学会監修,応用数理ハンドブック,朝倉書店,2013.「正規直交ウェーブレット」の項(p.496-499). ISBN 978-4-254-11141-5.
  4. 坂田定久,萬代武史,山原英男. 基礎コース 微分積分 第2版, 学術図書出版社, 2007, ISBN978-4-7806-0068-1.
  5. 坂田定久,萬代武史,山原英男. 基礎コース 微分積分, 学術図書出版社, 2003, ISBN4-87361-272-1.
  6. G.G.ウォルター (G.G.Walter) 著. 榊原進,萬代武史,芦野隆一訳. 数理科学 ウェーヴレットと直交関数系(Wavelets and Other Orthogonal Systems With Applications), 東京電機大学出版局, 2001, ISBN4-501-61870-1.
  7. ヘルナンデス, ワイス (Eugenio Hernandez / Guido Weiss) 著. 芦野隆一, 萬代武史, 浅川秀一訳. ウェーブレットの基礎(A First Course on Wavelets), Waveletとその応用シリーズ, 科学技術出版, 1999, ISBN4-87653-031-9.


  • 学術論文・作品など
  1. Ashino, R. - Mandai, T. - Morimoto A., Image Source Separation Based on N-tree Discrete Wavelet Transforms, DOI 10.1007/978-3-319-48812-7_75, in "New Trends in Analysis and Interdisciplinary Applications --- Selected Contributions of the 10th ISAAC Congress, Macau 2015", 2017, Editors: Dang, P., Ku, M., Qian, T., Rodino, L.G. (Eds.), Trends in Mathematics, Birkhauser, Springer.
  2. Ashino, R. - Mandai, T. - Morimoto A., Continuous Multiwavelet Transform for Blind Signal Separation, in "Pseudo-Differential Operators: Groups, Geometry and Applications", Ed. by M.W.Wong, Hongmei Zhu, Birkhauser, Springer International Publishing AG, 2016. pp.219-239.
  3. Takeshi MANDAI, An inequality on instantaneous amplitudes, INFORMATION - An International Interdisciplinary Journal,Vol.19, No.6(B), 2099--2106, June 2016.
  4. Takeshi MANDAI, Orthonormal scaling functions generating fractional Hilbert transforms of an orthonormal wavelet, RIMS Ko^kyu^roku Bessatsu, B56, 51-77, April 2016.
  5. Akira Morimoto, Ryuichi Ashino, Kazuma Ikebe, Motoi Tatsumi, Takeshi Mandai. Fractional Hilbert transforms of biorthogonal wavelets. The Proceedings of 12th International Conference on Information Technology : New Generations, ITNG 2015, April 13-15, 2015, Las Vegas, Nevada, USA, 347-352. DOI:10.1109/ITNG.2015.62.
  6. R. Ashino - T. Mandai - A. Morimoto, An estimation method of shift parameters in image separation problem, Current Trends in Analysis and its Applications: Proceedings of the 9th ISAAC Congress, Krakow 2013, Edited by Vladimir V. Mityushev and Michael V. Ruzhansky, 2015, 467--474. DOI: 10.1007/978-3-319-12577-0_52.
  7. A.Morimoto, R.Ashino, K.Ikebe, T.Mandai, M.Tatsumi. Filter coefficients of the fractional Hilbert transforms of biorthogonal wavelets. Proceedings of 2014 International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition (ICWAPR), 13-16 July 2014, 134 - 139. DOI:10.1109/ICWAPR.2014.6961304.
  8. Ryuichi Ashino, Takeshi Mandai, Akira Morimoto. Scaling functions generating fractional Hilbert transforms of a wavelet function. J. Math. Soc. Japan, 67:3(2015), 1275-1294. doi: 10.2969/jmsj/06731275.
  9. 守本 晃 - 芦野 隆一 - 池邊 和馬 - 辰巳 基 - 萬代 武史,N分木離散ウェーブレット変換について,数理解析研究所講究録1928,RIMS共同研究「ウェーブレット解析とサンプリング理論」,2014年12月,1-26.
  10. R. Ashino, T. Mandai, A. Morimoto. Multistage blind source separations by wavelet
    analysis. International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing, Vol.12, No.4 (2014), 1460004(25pages). Online Ready DOI: 10.1142/S0219691314600042.
  11. T.Mandai. A scaling function generating the Hilbert transform of a wavelet function. Seminar Notes of Mathematical Sciences 14, pp.15-27, April 2013, Mathematical Sciences Association.
  12. 萬代武史,フーリエ変換とエルミート関数, 数学セミナー 2012年12月号,特集1 固有ベクトルと解析学, 24-28.
  13. Ryuichi Ashino, Shusuke Kataoka, Takeshi Mandai, Akira Morimoto. Blind image source separation by wavelet analysis. Applicable Analysis: An International Journal, 91:4, 2012, 617-644.
  14. 守本晃・芦野隆一・萬代武史. 連続マルチウェーブレット変換とガウスの消去法を用いた画像分離. 第40回可視化情報シンポジウム講演論文集, vol.32, Suppl. No.1, 197-202 (2012).
  15. 萬代武史,連続ウェーブレット変換に関する不確定性原理について, 数理解析研究所講究録 1803, 2012年8月, pp.98-117.(2011 RIMS 共同研究「時間周波数解析の理論とその理工学的応用」)
  16. 守本 晃, 芦野 隆一, 片岡 秀輔, 萬代 武史. ウェーブレット解析に基づいた雑音が付加された混合画像の分離法. 自動制御連合講演会講演論文集,1299-1304, 2011.
  17. 片岡 秀輔, 芦野 隆一, 萬代 武史, 守本 晃. 画像分離におけるエッジ解析法の比較. 自動制御連合講演会講演論文集, 1294-1298, 2011.
  18. 守本晃・芦野隆一・片岡秀輔・萬代武史. フーリエ乗算作用素を用いた画像分離. 第39回可視化情報シンポジウム講演論文集, vol.31, Suppl. No.1, 449-454 (2011).
  19. A. Morimoto, R. Ashino, S. Kataoka, T. Mandai. Image separation using monogenic signal of stationary wavelet transform. Proceedings of the 2011 International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition (ICWAPR), Vol.1, 239-244.
  20. 芦野隆一 - 萬代武史 - 守本晃,連続ウェーブレット変換について. 国際数理科学協会会報,No.72, 2010.11, 2-15.
  21. Ryuichi Ashino, Takeshi Mandai, Akira Morimoto. Blind source separation of spatio-temporal mixed signals using phase information of analytic wavelet transform. International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing, 8:4, 2010, 575-594.
  22. 萬代武史,離散ウェーブレット変換に伴う射影作用素の平均の平行移動不変性,数理解析研究所講究録 1684,2010年4月,pp.36-48. (2009 RIMS 共同研究「時間周波数解析の手法と理工学的応用」)
  23. 萬代武史,直交ウェーブレット, 数学セミナー 2009年2月号,ウェーブレット特集, 22-28.
  24. 守本晃 - 芦野隆一 - 萬代武史,複素ウェーブレット変換を用いた画像分離 --- モノジェニックウェーブレット変換の応用 ---,可視化情報 (J. Visualization Soc. Japan), Vol.29(155), Suppl. No.2(2009), 91-94. 可視化情報全国講演会(米沢2009)講演論文集, B112.
  25. 守本 晃 - 芦野 隆一 - 萬代 武史, 複素ウェーブレット変換を用いたブラインド信号源分離, 可視化情報 (J. Visualization Soc. Japan), Vol.29, No.115(2009), 特集記事『「ウェーブレット高次応用」特集』, 30-36(256-262).
  26. 守本晃 - 神山浩之 - 井上大樹 - 大道淳史 - 西村一志 - 芦野隆一 - 萬代武史,ウェーブレット解析を用いた画像分離,日本応用数理学会論文誌 19:3(2009), 257-278.
  27. Ryuichi Ashino, Takeshi Mandai, Akira Morimoto, Fumio Sasaki. Blind source separation of spatio-temporal mixed signals using time frequency analysis. Applicable Analysis: An International Journal, 88:3, 2009, 425-456.
  28. Akira MORIMOTO, Ryuichi ASHINO, Takeshi MANDAI, Fumio SASAKI, BLIND SOURCE SEPARATION USING ANALYTIC WAVELET TRANSFORM, IEEE Proceedings of the 2008 International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition, Hong Kong, 30-31 Aug. 2008, 541-546.
  29. 芦野隆一 - 萬代武史 - 守本晃,特異値分解とウェーブレットを使った画像処理,数理解析研究所講究録,1529(2007.01), 26-41.(RIMS 研究集会「Harmonic Analysis and Nonlinear Partial Differential Equations, 調和解析と非線形偏微分方程式」)
  30. 萬代武史,ギブズ現象について,数学セミナー,2007年6月号, 37-43.
  31. R.Ashino, T.Mandai, A.Morimoto and F.Sasaki. Blind Source Separation using time-frequency analysis. Fields Institute Communications, 52, "Pseudo-Differential Operators: Partial Differential Equations and time-Frequency Analysis, Ed. by L. Rodino, B.-W. Schulze, M.W. Wong, 2007, 401-414.
  32. Ryuichi Ashino, Keiko Fujita, Takeshi Mandai, Akira Morimoto, Kiyoaki Nishihara. Blind source separation using time-frequency information matrix given by several wavelet transforms. Information: An International Journal, 10:5, 2007, 555-56.
  33. 芦野隆一, 萬代武史, 守本 晃. ウェーブレット解析のシステム同定への応用. 応用数理, 第17巻第1号, 2007, 2-13.
  34. Malika Belarbi, Takeshi Mandai, Mustapha Mechab. Global Fuchsian Goursat Problem in the Class of Holomorphic-Gevrey Functions. Osaka J. Math., 44:2, 2007, 255-283.
  35. Ryuichi Ashino, Takeshi Mandai, Akira Morimoto. System identification based on distribution theory and wavelet transform. Appl. Anal., 84:2, 2005, 165-195.
  36. Ashino, R. - Mandai, T. - Morimoto, A., Application of wavelet transform to system identification,
    Advances in pseudo-differential operators (Operator Theory: Advances and Applications, 155) (Proceedings of Fourth ISAAC Congress 2003 in Tronto), Birkh\"{a}user, Basel, 2004, 203--218.
  37. Malika Belarbi, Takeshi Mandai, Mustapha Mechab. Null-solutions for partial differential operators with several Fuchsian variables. Math. Nach., 273, 2004, 3-13.
  38. Ryuichi Ashino, Takeshi Mandai. Wavelet Bases for Microlocal Filtering and the Sampling Theorem in L_p(R^n). Applicable Analysis, 82:1, 2003, 1-24.
  39. Takeshi Mandai, Hidetoshi Tahara. Structure of Solutions to Fuchsian Systems of Partial Differential Equations. Nagoya Math. J., 169, 2003, 1-17.
  40. Takeshi Mandai. The Method of Frobenius to Fuchsian Partial Differential Equations. J. Math. Soc. Japan, 52:3, 2000, 645-672.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど(本人登壇分のみ, 2008年以降)
  1. MANDAI, Takeshi, On Inequalities about Instantaneous Amplitudes, Takeshi Mandai, 2016 RIMS Joint Research & CoopMath2016: Wavelet analysis and signal processing, Oct. 24, 2016 - Oct. 25, 2016, Research Institute for Mathematical Sciences, Room 111, Kyoto University, Kyoto 606-8502, Japan.
  2. 萬代武史,瞬間振幅に関する不等式について,応用数理学会2016年度年会,ウェーブレット(2),2016.09.14, 北九州国際会議場.
  3. MANDAI, Takeshi, An inequality on instataneous amplitudes, The Seventh International Conference on Information, 2015.11.25--28, GIS NTU Convention Center, National Taiwan University, Taipei, Taiwan, Hosted by International Information Institute.
  4. MANDAI, Takeshi, Orthonormal scaling functions generating fractional Hilbert transforms of an orthonormal wavelet, 2014-07-01, RIMS Symposium "Harmonic Analysis and Nonlinear Partial Differential Equations", Kyoto University.
  5. 萬代武史 - 芦野隆一 - 守本晃,ウェーブレット関数のヒルベルト変換を生み出すスケーリング関数に関するユニタリ作用素の局在性について,応用数理学会 2014年度研究部会連合発表会 OS ウェーブレット,2014年3月20日,京都大学吉田キャンパス 本部構内総合研究8号館, 工学部総合校舎.
  6. MANDAI, Takeshi, A scaling function generating the Hilbert transform of a wavelet function, Taiwan-Japan Joint Conference on PDE and Analysis, 2012.12.26, 10:40--11:00, National University of Taiwan, Taipei, Taiwan.
  7. 萬代武史. ウェーブレット変換に関する不確定性原理について, 応用数理学会 2012年度研究部会連合発表会, 2012-03-09, 九州大学 伊都キャンパス数理IMI棟.
  8. 萬代武史. 連続ウェーブレット変換に関する不確定性原理について, 2011 RIMS 共同研究「時間周波数解析の理論とその理工学的応用」, 2011-10-21, 京都大学数理解析研究所111号室.
  9. 萬代武史・芦野隆一・守本晃. 連続マルチウェーブレット変換について, 応用数理学会2011年度年会, 2011-09-14, 同志社大学今出川キャンパス.
  10. 萬代武史. フレーム理論入門, 2011年度ウェーブレット研究部会セミナー(第2回), 2011-09-07, 大阪教育大学柏原キャンパス B5-304教室.
  11. 萬代武史. 直交ウェーブレットにおける射影作用素の平均の平行移動不変性について, 第25回松山キャンプ, 2010-01-06, 愛媛県総合社会福祉会館.
  12. 萬代武史. 窓関数の中心と幅および不確定性原理(On a new center and width of signals, and the uncertainty principle), 大阪大学偏微分方程式セミナー, 2009-10-23.
  13. 萬代武史. 離散ウェーブレット変換に伴う射影作用素の平均の平行移動不変性, 2009-10-05, 時間周波数解析の手法と理工学的応用(RIMS共同研究),京都大学理学部3号館.
  14. 萬代武史,芦野隆一,守本晃. 離散ウェーブレット変換の平行移動不変性について, 2009-08-30, 応用数理学会会 2009 年度年会 OSウェーブレット,大阪大学豊中キャンパス.
  15. 萬代武史. 信号の中心,幅と新しい不確定性原理(On the center and width of signals, and a new uncertainty principle), 2008-09-19, 応用数理学会2008年年会ウェーブレット研究部会, 東京大学柏キャンパス.
  16. 萬代武史. 信号の中心,幅と新しい不確定性原理, 2008-09-05, 平成20年度上半期「数理科学セミナー」,大阪駅前第2ビル4階 キャンパスポート大阪.
  17. 萬代武史. 信号の幅と不確定性原理, 2008-01-18, ワークショップ「微分方程式とウェーブレット解析との接点」, 立命館大学, びわこ草津キャンパス.


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など(研究代表者分のみ)
  1. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「ウェーブレット解析の応用や信号処理における数学的諸問題」, 研究代表者,2016-2019, \3,400,000.
  2. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「ウェーブレット解析の応用における数学的基礎付けと関連する諸問題」, 研究代表者,2012-2015, \3,900,000.
  3. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「退化した偏微分方程式およびウェーブレット変換とその応用」, 研究代表者,2008-2010, \3,400,000.
  4. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「退化した偏微分方程式と積分変換」, 研究代表者,2005-2007, \3,200,000.
  5. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「いくつかの超曲面で退化する偏微分方程式の解の構造」, 研究代表者,2003-2004, \2,900,000.
  6. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「初期面で退化した偏微分方程式の解の構造とその応用」, 研究代表者,2000-2002, \3,500,000.
  7. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「初期面で退化した偏微分方程式の解の構造」, 研究代表者,1998-1999, \3,800,000.
  8. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「特性的初期値問題と零解」, 研究代表者,1996, \2,200,000.
  9. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「特性的初期値問題と零解」, 研究代表者,1995, \1,900,000.
  10. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「特性的初期値問題と零解」, 研究代表者,1994, \2,100,000.
  11. 科学研究費補助金,基盤研究(C),「特性的初期値問題と零解」, 研究代表者,1993, \2,000,000.


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 日本応用数理学会 JSIAMLetters 編集委員(2008--)
  2. 日本応用数理学会 ウェーブレット研究部会 幹事(2008--)
  3. 日本応用数理学会 ウェーブレット研究部会 セミナー会場世話人(多数)
  4. Mathematical Reviews, Reviewer (1985-2013,2016-)

萬代 武史(まんだい たけし)MANDAI Takeshi

  • 所属部署
    工学部 基礎理工学科(数理科学研究センター) 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 日本学術振興会, 科学研究費委員会専門委員(数学,2011.12--2013.11)


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 日本応用数理学会ウェーブレット研究部会幹事(2008--)
  2. 日本応用数理学会 JSIAMLetters 編集委員(2008--)


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS