大阪電気通信大学 教員情報データベース >西 省吾

情報工学科 所属教員一覧

西 省吾(にし しょうご)NISHI Shogo 画像の説明

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 准教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 准教授
  • 専門分野
  • 研究テーマ
    色彩画像処理・光情報処理
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      1998年3月 鹿児島大学 工学部 情報工学科 卒業
      2000年3月 鹿児島大学大学院 理工学研究科 博士前期課程 情報工学専攻 修了
      2003年3月 鹿児島大学大学院 理工学研究科 博士後期課程 システム情報工学専攻 修了
    • 職歴
      2005年4月 大阪電気通信大学 情報通信工学部 情報工学科 講師
      2010年4月 大阪電気通信大学 情報通信工学部 情報工学科 准教授
  • 取得学位
    博士(工学) 鹿児島大学(2003年)
  • 受賞、顕彰など
    Journal Award: Charles E. Ives Award, Society for Imaging Science and Technology(2015年)
  • 所属学会
    日本色彩学会,日本光学会,電子情報通信学会,情報処理学会,映像情報メディア学会,OSA,IS&T

西 省吾(にし しょうご)NISHI Shogo

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 准教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 准教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    研究小委員会 委員
    研究施設小委員会 委員
    情報学研究所 視覚情報学系 研究員

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動


  • その他

西 省吾(にし しょうご)NISHI Shogo

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 准教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 准教授
  • 学部教育(講義)
    情報キャリア入門
    Cプログラミング入門2
    Cプログラミング入門演習2
    電子基礎実験1
    コンピュータ応用演習
    カラービジョン
    プレゼミナール
    光情報処理

  • 大学院教育(講義)
    光情報処理特論

  • 論文等指導(2019年度)
    • 卒業論文等の指導: 12名
    • 修士論文等の指導: 1名
    • 博士論文等の指導: 0名

ティーチング・ポートフォリオ

  • 授業に臨む姿勢
    学生の理解度に合わせて,柔軟な授業展開を心掛けている。
  • 教育活動自己評価
    本学の「教育活動自己評価」のシステムに則して自己評価を行っている。
  • 授業改善のための研修活動等
    本学が開催するFD+SD活動に積極的に参加している。
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
    プレゼミでは色彩科学に関して自由にテーマを設定し,現状と問題点について報告させている。
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
    科目の概要と具体的な達成目標は本学のWEBシラバスに記載している。
  • 具体的な達成目標に対する達成度
    本学の「授業改善プラン」に記載するようにする。
  • 学生からの要望への対応
    授業直後の要望や「授業アンケート」等に基づいて「授業改善プラン」を作成し,公表している。

西 省吾(にし しょうご)NISHI Shogo

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 准教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 准教授
  • 著書

  • 学術論文・作品など
  1. S. Nishi, A. Kimachi, M. Doi, and S.Tominaga: "Image Registration for a Multispectral Imaging System Using Interference Filters and Application to Digital Archiving of Art Paintings", Color Culture and Science Journal, No. 7, pp. 59-68, 2017.
  2. M. Doi, A. Kimachi, S. Nishi, and S. Tominaga: “Estimation of Local Skin Properties from Spectral Images and its Application to Appearance Reproduction”, J. Image Sci. Technol., Vol. 60, No. 5, pp. 050404-1–11, 2016.
  3. R. Ohtera, S. Nishi and S. Tominaga: "Color Signal Estimation of Surrounding Scenes from Human Corneal Surface Image", J. Image Sci. Technol., Vol. 58, No. 2, pp. 020501-1–12, 2014. (IS&T 2015 Charles E. Ives Journal Award)
    など

  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど(2016年〜2020年の5年間)
  1. I. Katayama, K. Yamaji, S. Nishi and M. Doi:"Effect of texture on whiteness perception", Proc. Interim Meeting of the International Colour Association (AIC 2020), Avignon, France, Nov., 2020.(発表予定)
  2. M. Doi, A. Kimachi and S. Nishi:"Appearance Reproduction of Skin with Pigment Concentration Pattern Generated by Deep Convolutional Generative Adversarial Networks", Proc. of ACA2019, pp.250-255, Nagoya, Japan, Dec., 2019.
  3. S. Nishi and T. Katanozaka:"Improving the Appearance of HDR Images Based on Visual Characteristics", Proc. Interim Meeting of the International Colour Association (AIC 2019), Buenos Aries, Argentina, Oct., 2019.
  4. A. Kimachi, M. Doi and S. Nishi:"An imaging system for Fourier coefficients of spectral reflectance", Proc. of The 7th Computational Color Imaging Workshop (S. Tominaga et al. (eds.), Computational Color Imaging, LNCS 11418), pp.41-52, Chiba, Japan, Mar., 2019.
  5. M. Doi, N. Nishida, A. Kimachi and S. Nishi:"Acquisition of 3D Data and Spectral Color by Using RGBD Camera and Programmable Light Source", Proc. of The 7th Computational Color Imaging Workshop (S. Tominaga et al. (eds.), Computational Color Imaging, LNCS 11418), pp.79-88, Chiba, Japan, Mar., 2019.
  6. S. Nishi and K. Domoto: "Multispectral Measurement System of Oil Paintings for Digital Archiving", Proc. Interim Meeting of the International Colour Association (AIC 2018), pp. 823-827, Lisbon, Portugal, Sep. 2018.
  7. A. Kimachi, M. Doi and S. Nishi: "A normal vector and BTF profile measurement system using a correlation camera and scanning dome illumination”, Proc. of IS&T Int. Symp. Electronic Imaging, pp. 13-18, CA, U.S.A., Jan., 2017.
  8. 山路金之介,片山一郎,西省吾,土居元紀:“テクスチャが白色知覚に与える影響”,第51回日本色彩学会全国大会,pp. 58-59, 2020.
  9. 土居元紀,太田諄,西省吾,来海暁:“緑視率調査のためのMask R-CNNを用いた草木領域抽出の検討”,第51回日本色彩学会全国大会,pp. 87-88, 2020.
  10. 土居元紀,辻本晃宏,来海暁,西省吾,生駒哲一:“パーティクルフィルタを用いた照明色変動にロバストな人物追跡”,第63回システム制御情報学会研究発表講演会,pp.1287-1288,2019.
  11. 土居元紀,伊藤紘輝,来海暁,西省吾:“DCGANを用いた色素斑形状自動生成と皮膚画像への合成”,平成30年度日本色彩学会関西支部大会,pp.3-4,大阪電気通信大学駅前キャンパス,2019.
  12. 片野坂拓人, 西省吾:“視覚特性に基づいた景観画像の階調制御”,平成30年度日本色彩学会関西支部大会, pp. 1-2, 大阪電気通信大学駅前キャンパス, 2019.
  13. 片野坂拓人, 西省吾:“視覚特性に基づいた夜間シーンの見えの改善”,第35回センシングフォーラム, p184, 山口大学常盤キャンパス, 2018.
  14. 来海暁,土居元紀,西省吾:“走査型ドーム照明と時間相関カメラを用いた法線・BTF 計測システムの高精度化”,第34回センシングフォーラム,pp.89-94, 2017.
  15. 西省吾,大寺亮,富永昌治:“角膜反射像を利用したシーン色信号解析とその比較”, 日本色彩学会第31 回視覚情報基礎研究会, pp. 27-28, 工学院大学, 2017.
  16. 西省吾,大寺亮,富永昌治:“虹彩色の違いに伴う角膜反射像の色信号推定の比較”, 2016年度測色研究会, タワーホール船堀, pp. 8–11, 2017.
  17. 大寺亮,西省吾,富永昌治:“角膜反射像からのシーンの色信号推定〜欧米人の眼〜”, 日本色彩学会第1回研究会大会, 大阪電気通信大学駅前キャンパス, pp. 23–26, 2016.
  18. 土居元紀,来海暁,西省吾,富永 昌治:“分光画像解析に基づく皮膚色素斑画像の合成”, 日本色彩学会第28回視覚情報基礎研究会, pp. 29–32, 2016.
  19. 来海暁,土居元紀,西省吾:“ドーム型走査照明と時間相関カメラに基づく法線分布および反射特性の推定”, 第33回センシングフォーラム, pp. 166–170, 近畿大学和歌山キャンパス, 2016.
  20. 西田法史,土居元紀,来海暁,西省吾:“RGBDカメラと波長可変照明を用いた物体表面の形状と分光情報の取得”, 第33回センシングフォーラム, p.205, 2016.
  21. 来海暁,土居元紀,西 省吾:“ドーム型走査照明と荷重積分法に基づくBTFプロファイル計測システム”, 第22回画像センシングシンポジウム, IS3-29, パシフィコ横浜アネックスホール, 2016.
  22. 西省吾,来海暁,土居元紀,富永昌治:“波長可変照明システムによる分光反射率推定手法の検討”, 平成27 年度日本色彩学会関西支部大会, pp. 2–3, 大阪電気通信大学, 2016.
    など

  • 解説
  1. 西省吾:“分光技術の基礎”,日本色彩学会誌,Vol. 41, No. 5, pp. 202-205, 2017.

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 科学研究費補助金 (基盤研究(C)),“スマートフォンによるマルチバンドイメージングとアピアランス編集への応用”,2020年度〜現在,研究分担者.
  2. 科学研究費補助金 (基盤研究(B)),“分光BRDFを高い時空間分解能で計測する手法の開発",2019年度~現在,研究分担者.
  3. 科学研究費補助金 (基盤研究(C)),“視覚特性に基づく夜間景観画像の高忠実度再現",2017年度~現在,研究代表者.
  4. 科学研究費補助金 (若手研究(B)),“高速波長可変光源を利用した実時間分光計測と分光画像表示システムの構築”,2014年度~2015年度,研究代表者.

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)(2015年〜2019年の5年間)
  1. 日本色彩学会第51回全国大会実行委員(2019年度~現在)
  2. 日本色彩学会第49回全国大会実行委員(2017~2018年度)
  3. 日本色彩学会誌特集号「肌と顔の測定・評価」編集委員(2017年度)
  4. 日本色彩学会編集委員会委員(2013 ~ 2017年度)
  5. 日本色彩学会第1回研究会大会実行委員(2015 ~ 2016年度)
  6. 計測自動制御学会第32回センシングフォーラム計測部門大会実行委員(2015年度)
  7. AIC2015TOKYO 記念シンポジウム実行委員(2015年度)
  8. センシングフォーラム運営委員(2014年度~現在)

西 省吾(にし しょうご)NISHI Shogo

  • 所属部署
    情報通信工学部 情報工学科 准教授
    大学院 工学研究科 情報工学専攻 准教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 日本色彩学会理事(2018年度6月 〜 現在)
  2. 日本色彩学会測色研究会幹事(2015年4月 〜 現在)
  3. 日本色彩学会関西支部役員(2009年5月 ~ 現在) 
  4. 光学五学会関西支部連合講演会幹事(2012年4月 ~ 2014年4月)
  5. 情報処理学会関西支部幹事(2009年5月 ~ 2011年5月)
  6. 日本光学会光科学及び光技術調査委員会委員(2007年4月 ~ 2013年5月)

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS