大阪電気通信大学 教員情報データベース >門林 理恵子

デジタルゲーム学科 所属教員一覧

門林 理恵子(かどばやし りえこ)KADOBAYASHI Rieko KADOBAYASHI Rieko

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 専門分野
  • 研究テーマ
    デジタル文化遺産、インタラクティブシステム、情報デザイン
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      大阪大学文学部史学科卒業(1985年3月)
      大阪大学大学院工学研究科博士後期課程情報システム工学専攻修了(1997年9月)
    • 職歴
      シャープビジネスコンピュータソフトウェア株式会社(1986年2月〜1990年7月)
      シャープ株式会社(1990年8月〜1997年7月)
      株式会社エイ・ティ・アール通信システム研究所出向(1994年9月〜1995年3月)
      株式会社エイ・ティ・アール知能映像通信研究所出向(1995年4月〜1997年3月)
      株式会社エイ・ティ・アール知能映像通信研究所(1997年8月〜2000年7月)
      郵政省通信総合研究所(2000年8月〜2009年8月)
      独立行政法人情報通信研究機構(2009年9月〜2010年3月)
      大阪電気通信大学総合情報学部デジタルゲーム学科教授(2010年4月〜現在)
  • 取得学位等
    博士(工学)(大阪大学)(1997年)
  • 受賞、顕彰など
    情報処理学会 平成11年度山下記念研究賞
    情報処理学会 分散処理とマルチメディアワークショップ Best Presentation Award(1996年10月)
  • 所属学会
    情報処理学会、電子情報通信学会、アート・ドキュメンテーション学会

門林 理恵子(かどばやし りえこ)KADOBAYASHI Rieko

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    デジタルゲーム学専攻主任(2016年度)


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    情報学研究施設研究員


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
  1. VisTAシステム, 大阪府泉大津市立織編館特別展「弥生の環濠都市と巨大神殿」, 1996年11月〜12月.
  2. VisTA-walkシステム, 第41回建築士会全国大会奈良大会情報ネットワーク分科会, 1998年11月.
  3. ゲミレル島遺跡の3次元モデルとデータベースシステム, ビザンティン都市遺跡の発掘調査のパネル展示, 大阪歴史博物館, 2003年12月.
  4. Advanced Camera Phone System, 第6回ケータイ国際フォーラム, 北京, 2007年3月.
  5. Geo Photo Loggingシステム, Interop Tokyo 2007, 幕張メッセ, 2007年6月.
  6. 勝福寺古墳石室の3次元モデルの展示, 大阪府近つ飛鳥博物館平成19年度秋季特別展「横穴式石室誕生−黄泉国(よみのくに)の成立−」, 2007年10月〜12月.
  7. Geo Photo Loggingシステム,第7回ケータイ国際フォーラム,京都けいはんなプラザ, 2008年3月.
  8. 3D Blogシステム, IFA2008 Science and Technology Forum, メッセ・ベルリン, 2008年8月.
  9. 3D BLOG, CEATEC JAPAN 2008, 幕張メッセ, 2008年9月.
  10. 非言語対話情報ディスプレイシステム, Pervasive09,奈良, 2009年5月.
  11. ルネッサンスを科学する, ナレッジキャピタルトライアル2009, 堂島リバーフォーラム, 2009年3月.
  12. 国宝高松塚古墳 未来への継承, ナレッジキャピタルトライアル2010, 堂島リバーフォーラム, 2010年6月.
  13. 国宝高松塚古墳 未来への継承, 平城遷都1300年祭, 平城京なりきり体験館, 2010年8月.
  14. 平城京朱雀門の3次元CG復元, 平城遷都1300年祭, 平城京なりきり体験館, 2010年8月.
  15. 三次元計測データを用いた岩屋山古墳の3DCGによる復元, ナレッジキャピタルトライアル2011, 堂島リバーフォーラム, 2011年8月.
  16. マルチタッチテーブルと応用コンテンツ, 可視化イノベーション展示会, 大阪科学技術センター, 2012年2月.
  17. マルチタッチテーブルと応用コンテンツ, JP2012印刷・情報産業展, インテックス大阪, 2012年6月.
  18. 松井横穴遺跡3次元CGアニメーション展示,第29回小さな展覧会 平成25年京都府内遺跡発掘調査成果速報,向日市文化資料館,2014年8月-9月
  19. 松井横穴遺跡3次元CGアニメーション展示,京都発掘だより2014,ふるさとミュージアム山城,2014年9月-10月
  20. 石垣島の海底遺跡の秘密—石垣島からの中継イベントinグランフロント大阪,グランフロント大阪,2016年10月30日

  • その他

門林 理恵子(かどばやし りえこ)KADOBAYASHI Rieko

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    インタラクティブメディア概論
    人間工学
    認知科学
    プロジェクト実習2
    ゲームセンサー論
    プレゼミ
    ゼミナール

  • 大学院教育(講義)
    デジタルメディアデザイン特論
    デジタルゲーム学研究

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 7名(2015年度)
    • 修士論文等の指導: 1名(2015年度)
    • 博士論文等の指導: 0名(2015年度)

門林 理恵子(かどばやし りえこ)KADOBAYASHI Rieko

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
  • 著書
  1. Tsukamoto, M., Kadobayashi, R., and Nishio, S.: Strategies for Query Processing in Mobile Computing Environments, Imielinski, T. and Korth, H. F. (Eds), Mobile Computing, Kluwer Academic Publishers, pp. 595-620 (January 1996).
  2. Kadobayashi, R., Iwakiri, Y., and Mase, K.: Personalizing the Museum Exhibitions: Arrangement Issues, Chin, W., Patricelli, F. and Milutinovic, V. (Eds.), Electronic Business and Education: Recent Advances in Internet Infrastructure, Kluwer Academic Publishers, pp. 211-230 (August 2001).
  3. Kadobayashi, R., Nishimoto, K., and Mase, K.: Immersive Walk-through Experience of Japanese Ancient Villages with the VisTA-walk System, Barcelo, J.A., Forte, M., and Sanders, D.H. (Eds.), Virtual Reality in Archaeology, Archaeopress (BAR International Series S 843), pp. 135-142 (May 2000).
  4. Kadobayashi, R: Finding Virtual Neighbors in 3D Blog with 3D Viewpoint Similarity,
    Filipe, J. and Cordeiro, J. (Eds), Web Information Systems and Technologies: Third International Conference, WEBIST 2007, Barcelona, Spain, March 2007, Revised Selected Papers, Springer, LNBIP No. 8, pp. 157-168 (March 2008).
  5. Kadobayashi, R.: Digital Documentation of Church II and Church III, Asano, K. (Ed), The Island of St. Nicholas Excavation and Survey of the Gemiler Island Area, Lycia, Turkey, Osaka University Press, pp. 198-213 (February 2010)
  6. 門林理恵子: バーチャルリアリティの有効性,一瀬和夫,福永伸哉,北條芳隆編,古墳時代の考古学 8 隣接科学と古墳時代研究,株式会社同成社,pp. 202-213 (March 2012)
  7. 門林理恵子: 歴史GISアーキテクチャの発展に向けて—情報学の立場から—,HGIS研究協議会編,歴史GISの地平 景観・環境・地域構造の復原に向けて,勉誠出版株式会社,pp. 53-54 (March 2012)


  • 学術論文・作品など
  1. 田中 理恵子, 塚本 昌彦: OSIエリア内での移動体通信のためのデフォルトフォワーディングプロトコル, 情報処理学会論文誌, Vol. 35, No. 11, pp. 2509-2520 (November 1994).
  2. 塚本 昌彦, 門林 理恵子: CLNPネットワークにおける広域移動体通信プロトコル, 情報処理学会論文誌, Vol. 36. No. 8, pp. 2007--2018 (August 1995).
  3. 門林 理恵子, 塚本 昌彦: 移動体サポート方式のトラヒック量比較, 情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 1, pp. 123-132 (January 1996).
  4. Kadobayashi, R. and Tsukamoto, M.: Traffic-based Performance Comparison of Mobile Support Strategies, Mobile Networks and Applications (MONET), Vol. 1, No. 1, pp. 57-65 (August 1996).
  5. 門林 理恵子, 塚本 昌彦: 移動体通信のための適応的ルーティング方式, 情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 5, pp. 770-778 (May 1996).
  6. 塚本 昌彦, 岩室 元典, 門林 理恵子, 西尾 章治郎: 推論機構によるグループの動的構成手法を用いたメール分配システム, 人工知能学会論文誌, Vol. 11, No. 5, pp. 735-743 (September 1996).
  7. 門林 理恵子, エドゥアルド ネーテル, 間瀬 健二, 中津 良平: 集落変遷シミュレーションシステムVisTA, 情報考古学, Vol. 2, No. 1,pp. 48--55 (March 1997).
  8. 上田 宏高, 門林 理恵子, 萩野 浩明, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎: 知識ベースシステムを用いた分散型メール配送システムMILD, 情報処理学会論文誌, Vol. 39, No. 2, pp. 414-423 (February 1998).
  9. 門林 理恵子, 西本 一志, 間瀬 健二, 中津 良平: 対話的集落変遷シミュレーションシステムの作成と博物館展示のためのユーザインタフェースの提案, 電子情報通信学会和文論文誌D-II, Vol. J81-D-II, No. 5, pp. 1039-1043 (May 1998).
  10. 西本 一志, 角 康之, 門林 理恵子, 間瀬 健二, 中津 良平: マルチエージェントによるグループ思考支援, 電子情報通信学会和文論文誌D-I, Vol. J81-D-I, No. 5, pp. 478-487 (May 1998).
  11. Nishimoto, K., Sumi, Y., Kadobayashi, R., Mase, K., and Nakatsu R.: Group Thinking Support with Multiple Agents, Systems and Computers in Japan, Vol. 29, No. 14, pp. 21-31 (December 1998).
  12. 門林 理恵子, 西本 一志, 角 康之, 間瀬 健二: 学芸員と見学者を仲介して博物館展示の意味構造を個人化する手法の提案, 情報処理学会論文誌, Vol. 40, No. 3, pp. 980-989 (March 1999).


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  • 国際会議(査読あり)
  1. Tanaka, R. and Tsukamoto, M.: A CLNP-based Protocol for Mobile End Systems within an Area, Proceedings of the First International Conference on Network Protocols (ICNP'93), pp. 64-71 (October 1993).
  2. Tsukamoto, M., Tanaka R., and Nishio, S.: On Query Processing Strategies for Mobile Computing, Proceedings of MOBIDATA Workshop, pp. 9/1-9/15 (November 1994).
  3. Kadobayashi, R. and Tsukamoto M.: Performance Comparison of Mobile Support Strategies, Proceedings of the First Annual International Conference on Mobile Computing and Networking (MobiCom'95), pp. 218-225 (November 1995).
  4. Mase, K., Kadobayashi, R., and Nakatsu, R.: Meta-Museum: A Supportive Augmented-Reality Environment for Knowledge Sharing, Proceedings of International Conference on Virtual Systems and MultimediaVSMM'96 in Gifu, pp. 107-110 (September 1996).
  5. Mase, K. and Kadobayashi, R.: Gesture Interface for a Virtual Walk-through, Workshop on Perceptual User Interfaces, pp. 20-21(October 1997).
  6. Mase, K., Fels S., Bruderlin A., Sumi, Y., and Kadobayashi, R.: Asynchronous Hierarchical Architecture for Controlling and Animating Interface Agents, Proceedings of Imagina 98, pp. 121-128 (March 1998).
  7. Kadobayashi, R. and Mase, K.: Seamless Guidance by Personal Agent in Virtual Space Based on User Interaction in Real World, The Third International Conference and Exhibition on The Practical Application of Intelligent Agents andMulti-Agent Technology (PAAM98), pp. 191-120 (March 1998).
  8. Nishimoto, K., Sumi, Y., Kadobayashi, R., and Mase, K.: Group Thinking Support with a Multi-Agent Architecture, The Third International Conference and Exhibition on The Practical Application of Intelligent Agents and Multi-Agent Technology (PAAM98), pp. 137-154 (March 1998).
  9. Kadobayashi, R. and Mase, K.: The VisTA-walk System, 26th. Computer Applications in Archaeology (CAA98), pp. 57-58 (March 1998).
  10. Kadobayashi, R., Nishimoto, K., and Mase, K.: Design and Evaluation of Gesture Interface for an Immersive Virtual Walk-through Application for Exploring Cyberspace, Proceedings of the Second International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG98), pp. 534-539 (April 1998).
  11. Kadobayashi, R., Nishimoto, K., Sumi, Y., and Mase, K.: Personalizing Museum Exhibition by Mediating Agents, in Angel Pasqual del Pobli, Jose Mira and Moonis Ali (Eds): Tasks and Methods in Applied Artificial Intelligence, Proceedings of the 11th International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Systems (IEA/AIE-98), Lecture Notes in Artificial Intelligence, Vol. 1416, pp. 648-657, Springer-Verlag (June 1998).
  12. Kadobayashi, R., Nishimoto, K., Sumi, Y., and Mase, K.:Evaluation of Mediating Agents that Personalize Museum Exhibitions, Proceedings of Ninth International Workshop on Database and Expert Systems Applications (DEXA98), pp. 502-507 (August 1998).
  13. Igarashi, T., Kadobayashi, R., Mase, K., and Tanaka H.: Path Drawing for 3D Walkthrough, Proceedings of 11th annual symposium on User Interface Software and Technology (UIST'98), pp. 173-174 (November 1998).
  14. Kadobayashi, R., Neeter, E., Mase, K. and Nakatsu, R.: VisTA: AnInteractive Visualization Tool for Archaeological Data, Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology: Proceedings of the 25th Anniversary Conference Computer Applications & Quantitative Methods in Archaeology 1997 (CAA 97), p 266 (1999).
  15. Mase, K., Sumi, Y., and Kadobayashi, R.: The Weaved Reality: What Context-aware Interface Agents Bring About, Proceedings of the Fourth Asian Conference on Computer Vision (ACCV2000), pp. 1120-1124 (January 2000).
  16. Kadobayashi, R., Iwakiri, Y., and Mase, K.: Enriching the Museum Experience by Personalizing the Arrangement of Exhibitions, Proceedings of the International Conference on Advances in Infrastructure for Electronic Business, Science, and Education on the Internet (SSGRR2000), (July-August 2000).
  17. Kanaya, I., Kadobayashi, R., and Chihara, K.: Three-dimensional modelling of Shofukuji burial chamber, Proceedings of the Seventh International Conference onVirtual Systems and Multimedia (VSMM2001), pp. 113-120 (October 2001).
  18. Kadobayashi, R.: 3D digitizing and modeling of Japanese Stone Burial Chamber Using Two Types of 3D Laser Scanners, First International Conference on Information Technology & Applications (ICITA 2002) (November 2002).
  19. Furukawa, R., Kiuchi, Y., and Kadobayashi R.: Removal of Shadows and Shadings from Texture Images for Archiving Historical Ruins, Proceedings of the ISPRS Workshop on Vision Techniques for Digital Archtectural and Archaeological Archives (ISPRS XXXIV-5/W12), pp.157-162 (July 2003).
  20. Kadobayashi R., Furukawa, R., Kawai Y., Kanjo D., and Yoshimoto N. J.: Integrated Presentation System for 3D Models and Image Database for Byzantine Ruins, Proceedings of the ISPRS Workshop on Vision Techniques for Digital Architectural and Archaeological Archives (ISPRS XXXIV-5/W12), pp. 187-192 (July 2003).
  21. Kawai Y., Furukawa, R., and Kadobayashi R.: Real-Time Search System for Streaming Live Video on the Internet, Proceedings of the 7th IASTED International Conference on Internet and Multimedia Systems and Applications (IMSA 2003), pp.223-228 (August 2003).
  22. Kawai Y. and Kadobayashi R.: Evaluation of Image Routing Algorithm on P2P Overlay Networks, Proceedings of the 15th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2003), pp. 410-415 (November 2003).
  23. Kadobayashi R.: Three-dimensional Measuring, Recording, Reconstructing of Byzantine Ruins in Turkey, Proceedings of the Nara Symposium for Digital Silk Roads, pp. 279-285 (December 2003).
  24. Kadobayashi R.: Creating 3D Digital Archive of Byzantine Ruins in Turkey, Proceedings of the Electronic Imaging and the Visual Arts (EVA 2004 Florence), pp. 238-243 (April 2004).
  25. Kadobayashi R., Kochi N., Otani H., and Furukawa R.: Comparison and Evaluation of Laser Scanning and Photogrammetry and Their Combined Use for Digital Recording of Cultural Heritage, International Archives of Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Vol. XXXX-B5. XXth ISPRS Congress, pp. 401-406 (July 2004).
  26. Kadobayashi R., and Furukawa R.: Combined Use of 2D Images and 3D Models for Retrieving and Browsing Digital Archive Contents, Videometrics VIII, Proceedings of SPIE-IS &T Electronic Imaging, SPIE Vol. 5665, pp. 134-143 (January 2005).
  27. Oh S., Kadobayashi R., Sasada T., and Tanaka K.: Collaborative Project to Conserve and Personalize the 3D Digital Archives of Historical Architecture, Proceedings of CAADRIA 2005 (10th International Conference of the Association for Computer Aided Architectural Design Research In Asia), pp. 179-187 (April 2005).
  28. Kadobayashi R. and Tanaka K.: 3D Viewpoint-based Photo Search and Information Browsing, Proceedings of the 28th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2005), pp. 621-622, poster (August 2005).
  29. Kadobayashi R.: 3D Viewpoint-based Content Exploration of 3D Digital Archive, Proceedings of ICHIM05 (September 2005).
  30. Kadobayashi R.: Viewpoint-based search and browse of digital archive content, International Archives of Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Proceedings of XX International Symposium CIPA 2005, pp.876-881 (September 2005).
  31. Kadobayashi R., Lombardi J. McCahill M., Stearns H., Tanaka K., and Alan Kay: Annotation Authoring in Collaborative 3D Virtual Environments, Proceedings of the 15th International Conference on Artificial Reality andTelexistence (ICAT 2005) (December 2005).
  32. Kadobayashi R.: Automatic 3D Blogging to Support the Collaborative Experience of 3D Digital Archives, Digital Libraries: Implementing Stragegies and Sharing Experiences, Proceedings of the 8th International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL 2005), LNCS No. 3815, pp. 109-118 (December 2005).
  33. Kadobayashi R., Lombardi J., McCahill M. P., Stearns H., Tanaka K., and Kay A.: Annotation Authoring in Collaborative 3D Virtual Environments, Proceedings of the Fourth International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing (C5 2006), pp.10-15 (January 2006).
  34. Kadobayashi R.: 3D BLOG -A New Way of Supporting Communication about Cultural Heritage-, From Space to Place: 2nd International Conference on Remote Sensing in Archaeology. Proceedings of the 2nd International Workshop, BAR International Series, Vol. 1568, pp. 547-551 (December 2006).
  35. Kadobayashi R.: Automatic Playback of 3D Blog Entries based on 3D Viewpoint Similarity, Proceedings of the Third International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST 2007), Vol. WIA, pp. 18-25 (March 2007).
  36. Drap P., Durand A., Nedir M., Seinturier J., Papini O., Gabrielli R., Peloso D., Kadobayashi R., Gaillard G., Chapman P., Viant W., Vannini G., Michele Nucciotti M.: Photogrammetry and Archaeological Knowledge: Toward a 3D Information System Dedicated to Medieval Archaeology: A Case Study of Shawbak Castle in Jordan, Proceedings of the 2nd ISPRS International Workshop 3D-ARCH 2007 (July 2007).
  37. Kadobayashi R.: A Gaze-based Guidance System based on a Real-world 3D Photo Logging System, Proceedings of the MIRW/MGuides 2007 Workshop, pp.37-40 (September 2007).
  38. Kadobayashi R. and Seike A.: A 3D Photo-Logging System for Easy and Effective Recording and Understanding of Archaeological Sites, Proceedings of the XXI International Symposium CIPA 2007, pp. 400-404 (October 2007).
  39. Kadobayashi R. and Lim A. O.: Collaborative Guidance System Using Multi-Gaze History and Shared Photograph Collection, Proceedings of the Sixth International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing (C5 2008), pp. 39-46 (January 2008).
  40. Lim A. O. and Kadobayashi R.: The Group Mapping for Developing Collaborative 3D Blog System, Proceedings of the Sixth International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing (C5 2008),pp.147-154 (January 2008).
  41. Kadobayashi R.: Public Involvement in Multiple Interpretation of Cultural Heritage through 3D Blog and Photo-logging, CAA 2009 Program and Abstracts, pp. 39-40 (March 2009).
  42. Carillo E., Kadobayashi R., Kaminski J., Rodriguez-Echavarria K. and Arnold D.: ICT in Japanese Museums: a Strategic and Contextual Survey, VAST 2010 - 11th International Symposium on Virtual Reality, Archaeology and Cultural Heritage, pp. 21-24 (September 2010).
  43. Carillo E., Kadobayashi R., Chikama M., Shimojo S., Rodriguez-Echavarria K. and Arnold D.: Making History Alive and Interactive. Designing an iPhone App to Present the Summer War of Osaka Byōbu, VSMM 2010 - 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp. 20-23 (October 2010).
  44. Carillo E., Kadobayashi R., Chikama M., Shimojo S., Pemberton L., Rodriguez-Echavarria K. and Arnold D.: Usability Evaluation of a Prototype iPhone App for Osaka Castle Museum: Outcomes and Reflections, VAST 2011, The 12th International Symposium on Virtual Reality, Archaeology, and Cultural Heritage, pp. 65-68 (October 2011).
  45. Shimojo S., Chikama M., Fukunaga K., Kadobayashi R.: Networked Museum: Our Vision and Experience, Proceedings of the Electronic Imaging and the Visual Arts (EVA 2012 Florence), pp. 107-110 (May 2013).
  46. Shimojo S., Chikama M., Fukunaga K., Kadobayashi R., Jozen T.: VisLab OSAKA and Knowledge Capital Project, Proceedings of the Electronic Imaging and the Visual Arts (EVA 2013 Florence), pp. 28-31 (May 2013).
  47. Kadobayashi R., Shimojo S., Chikama M., Fukunaga K., Jozen T.: Public Presentation of Japanese Historic Sites Using 3D Tiled Display Wall, Proceedings of the 2013 Digital Heritage International Congress (DigitalHeritage), pp. 375-378 (October-November 2013).
  48. Al Jilani Y., Kadobayashi R., Jozen T.: Do Adults Want to Learn by Playing Digital Games?, IEEE GCCE2014 (October 7-10).
  49. Al Jilani Y., Kadobayashi R.: "Games and Their Overlooked Potential (Facilitating Learning Using Entertainment Games)", Proceedings of the Fourth IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2015), pp. 291-296, 2015.
  50. Kadobayashi R.: Why it’s not easy to create a 3D database of tumuli?, The Eighth World Archaeological Congress Book of Abstracts, p. 285 (August – September 2016).
  • 国内会議(査読あり)
  1. 田中 理恵子, 塚本 昌彦: エリア内エンドシステム移動のためのOSIベースのルーティングプロトコル, 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pp. 177-184 (March 1993).
  2. 岩室 元典, 田中 理恵子, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎: 配送先に関する知識ベースを用いたメッセージ配送システム, 電子情報通信学会第6回データ工学ワークショップ(DEWS'95)論文集, pp. 135-142 (March 1995).
  3. 門林 理恵子, 間瀬 健二: 新しいコミュニケーション環境としてのMetaMuseum, 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pp. 71-78 (October 1995).
  4. 萩野 浩明, 門林 理恵子, 清 一隆, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎: 推論機構を用いたメール分配システムMILDにおけるメール検索機構, 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pp. 283-290 (October 1995).
  5. 門林 理恵子, エドゥアルド ネーテル, 間瀬 健二: VisTA: 可視化技術を用いた考古学データの対話的シミュレーションシステム, 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, pp. 463-470 (October 1996).
  6. 上田 宏高, 門林 理恵子, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎: 推論機構を用いたメール配送システムの分散化, 電子情報通信学会第8回データ工学ワークショップ(DEWS'97)論文集, pp. 185-190 (March 1997).
  7. 門林 理恵子, 西本 一志, 角 康之, 間瀬 健二: 学芸員と見学者を仲介するエージェントによる博物館展示の個人化, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモーバイルワークショップ(DiCoMo'97)論文集, pp. 413-418 (July 1997).
  8. 西本 一志, 角 康之, 門林 理恵子, 間瀬 健二, 中津 良平: マルチエージェントによるグループ思考支援, ソフトウェアエージェントとその応用シンポジウム講演論文集, pp. 155-163 (September 1997).
  9. 門林 理恵子, 西本 一志, 間瀬 健二: 仮想空間のウォークスルーのためのユーザインタフェースの評価, 第3回知能情報メディアシンポジウム論文集, pp. 331-338 (December 1997).
  10. 間瀬 健二, 角 康之, 江谷 為之, 小林 薫, シドニー・フェルス, ニコラ・シモネ, 門林 理恵子: モーバイルでパーソナルなインタフェースエージェントによる展示ガイド, 第3回知能情報メディアシンポジウム論文集, pp. 219-224 (December 1997).
  11. 門林 理恵子, 間瀬 健二: 実空間でのコンテキストを利用して仮想空間内をガイドするマルチモーダルなパーソナルエージェント, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモーバイルシンポジウム(DICOMO'98)論文集, pp. 653-660 (July 1998).
  12. 門林 理恵子 間瀬 健二: 豊かな博物館体験の実現への試み: 仲介システムによる展示の個人化, インタラクション'99論文集, pp. 69-70 (March 1999).
  13. 岩切 裕哉, 門林 理恵子, 金子 豊久, 間瀬 健二: パーソナルギャラリーを構築可能な仮想博物館, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2000)シンポジウム論文集, pp. 697-702 (June 2000).
  14. 河合 由起子, 門林 理恵子: インターネットにおけるイベント映像のための中継システムの構築と検証,情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb2002), pp. 161-166 (December 2002).
  15. 官上 大輔, 門林 理恵子: ユーザオントロジーに基く個人適応のためのフレームワークの提案, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2003)シンポジウム, pp. 429-432 (June 2003).
  16. 河合 由起子, 門林 理恵子: 中継映像の内容理解を支援するリアルタイム検索システム, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2003)シンポジウム, pp. 829-832 (June 2003).
  17. 門林 理恵子, 河合 由起子, 林 正憲, 福永 伸哉: 発掘調査のインターネット発信と連動したデジタルアーカイブの利用の試み, 情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム論文集 (じんもんこん2003), pp. 147-154 (December 2003).
  18. 門林 理恵子, 中丸 幸治, 重野 寛: レーザースキャナを用いた3次元計測によるデジタルアーカイブ作成における諸問題—遺跡などの大規模対象物を中心として—, 情報処理学会 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集 (じんもんこん2003), pp. 155-162 (December 2003).
  19. 高地 伸夫,伊藤 忠之,渡邊 広登,大谷 仁志,門林 理恵子,太記 祐一,伊藤 重剛: デジタルカメラを用いたPCベースの3次元画像計測、モデリングシステムとその実応用例について,第10回画像センシングシンポジウム, pp. 323-328 (June 2004).
  20. 門林 理恵子: P2P環境における3次元コンテンツへの注釈づけ環境の提案,情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2004)シンポジウム, pp. 611-614 (July 2004).
  21. 宮崎 龍二,門林 理恵子,古川 亮: 大域的形状特徴にもとづく三角形メッシュからの特徴辺抽出,画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2004), pp. II-145-150 (July 2004).
  22. 水口 隆介,古川 亮,門林 理恵子,中村 泰明: 3次元形状データの考古学スケッチ風レンダリング,画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2004), pp. II-317-322 (July 2004).
  23. 門林 理恵子, 中島 伸介, 是津 耕司, 呉 受妍, 田中 克己: デジタルアーカイブ活用のための利用体験の共有手法の提案—体験のコンテンツ化と自動Weblog作成—, 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集pp. 275-280 (December 2004).
  24. 門林 理恵子,古川 亮: 遺跡の3次元モデルをガイドにした写真検索・閲覧手法の提案,情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム論文集(じんもんこん2004), pp. 221-228 (December 2004).
  25. 河口 将弘, 呂 煜鉉, 加賀 有津子, 福田 知弘, 呉 受妍, 門林 理恵子: VRにおける景観評価手法のための視点検討機能の拡張, 日本建築学会・情報システム技術委員会第28回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集, pp. 61-66 (December 2005).
  26. 呉 受妍, 呂 煜鉉, 河口 将弘, 門林 理恵子, 田中 克己, 加賀 有津子: 比較手法を用いた3次元デジタルアーカイブの利用体験システムの提案,日本建築学会・情報システム技術委員会第28回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集, pp. 1-6 (December 2005).
  27. 門林 理恵子: オープンなデジタル文化遺産情報の整備に関する諸問題,情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム論文集(じんもんこん2006), pp. 55-62 (December 2006).
  • 翻訳書
  1. デビッド・M. ピッツェロ, A.ライマン チャピン著, 門林 理恵子, 塚本 昌彦訳: オープンシステムネットワーキング (ソフトバンク) (1995).


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  • 特許
  1. 見学者案内支援装置および方法,特許第2874865号,1999年1月14日登録
  2. 情報中継装置,特許第3098669号,2000年8月11日登録
  3. 情報処理装置,特許第3234633号,2001年9月21日登録
  4. ディスプレイ装置,特許第3236380号,2001年9月28日登録
  5. 写真マッピング方法及びシステム、並びにプログラム及び記憶媒体,特許第5229791号,2013年3月29日登録
  6. 撮影位置及び撮影姿勢を記録する画像撮影装置とその処理方法,特許第5267991号,2013年5月17日登録
  7. 写真マッピング方法及びシステム、並びにプログラム及び記憶媒体,特許第5288445号,2013年6月14日登録
  8. 電子地図上での写真表示方法及びシステム、並びにその電子地図,特許第5334159号,2013年8月9日登録
  9. 撮影画像表示装置、撮影画像表示方法、及び撮影画像によって出力される電子地図,特許第5458411号,2014年1月24日登録
  10. ナビゲーションシステム、ナビゲーション方法、およびナビゲーションプログラム,特許第5093667号,2014年9月28日登録
  11. オンライン投稿の信頼性の判定,特許第5968535号,2016年7月15日登録
  12. Determining reliability of online post,USP9361378,June 7, 2016
  • 外部資金
  1. 公募名:平成21年度「デジタル・ミュージアム実現のための研究開発に向けた要素技術及びシステムに関する調査検討」,提案名:複合現実型デジタル・ミュージアム,総額5000万円,研究分担者,2009年
  2. 財団法人テレコム先端技術研究支援センター 平成20年度国際会議助成,第22回CIPA国際シンポジウム,50万円,副運営委員長,2008年
  3. 公募名:科研費 基盤研究(A)「日本古墳研究リソースを活かした墳丘墓築造と社会関係の国際研究展開」平成27年度〜平成30年度,研究分担者


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 情報処理学会論文誌編集委員(平成11-14年度)
  2. 情報処理学会論文誌「マルチメディアネットワークシステム」特集号編集委員会委員(平成11-12年度)
  3. 第6回情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS’98)プログラム委員
  4. 情報処理学会人文学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん:-)1999)実行委員
  5. 第7回情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS’99) プログラム委員
  6. 13th International Conference on Information Networking (ICOIN13), Program committee member (1999)
  7. International Workshop on Network-Based Information Systems, (NBIS'99), Program committee member
  8. International Workshop on Multimedia Network Systems (MMNS'99), Program committee member
  9. The Eighth International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS2000), Vice program chair
  10. 2001 IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME2001), Program committee member
  11. The International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2003), Program Committee Member
  12. The Second International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2004), Finance Co-Chairs
  13. The Third International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2005), Program committee member
  14. The Fourth International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2006), Program Co-Chairs
  15. The Fifth International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2007), Program Co-Chairs
  16. 第1回 文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ 実行委員(2007)
  17. The Sixth International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2008), Program Co-Chairs
  18. 第2回 文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ 実行委員(2008)
  19. 第3回 文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ 実行委員(2008)
  20. The Seventh International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2009), Program Co-Chairs
  21. 第4回 文化遺産のデジタルドキュメンテーションと利活用に関するワークショップ 実行委員(2009)
  22. The XXIIth International CIPA Symposium, Symposium Co-Director, (2009)
  23. The Eighth International Conference on Creating, Connecting, Collaborating through Computing (C5 2010), Program Co-Chairs

門林 理恵子(かどばやし りえこ)KADOBAYASHI Rieko

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 財団法人情報処理相互運用技術協会 OSI実用化委員会委員(平成3年度)
  2. 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会連絡委員(平成9-12年度)
  3. 情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会連絡委員(平成10-11年度)
  4. 情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会幹事(平成11-12年度)
  5. 情報処理学会データベースシステム研究運営委員会運営委員(平成13-14年度)
  6. 情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会運営委員(平成21-平成22年度)


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS