大阪電気通信大学 教員情報データベース >門田 直之

数理科学研究センター 所属教員一覧

門田 直之(もんでん なおゆき)MONDEN Naoyuki 画像の説明

  • 所属部署
    数理科学研究センター 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 専門分野
  • 研究テーマ
    低次元位相幾何学, 4次元トポロジー
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      2006年3月 岡山大学理学部数学科卒業
      2008年3月 大阪大学大学院理学研究科数学専攻博士前期課程修了
      2011年3月 大阪大学大学院理学研究科数学専攻博士後期課程修了
    • 職歴
      2011年4月~2012年3月 大阪大学大学院理学研究科 特任研究員
      2012年4月~2013年3月 京都大学大学院理学研究科数学教室 GCOE特定助教
      2013年4月~2014年3月 東京理科大学理工学部数学科 嘱託助教
      2014年4月~2016年9月 大阪電気通信大学工学部基礎理工学科(数理科学研究センター) 講師
      2016年9月~現在 大阪電気通信大学数理科学研究センター 講師
  • 取得学位
    博士(理学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    日本数学会

門田 直之(もんでん なおゆき)MONDEN Naoyuki

  • 所属部署
    数理科学研究センター 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    2014年度-現在 教職課程委員会
    2015年度-現在 図書館委員会


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    0(ゼロ)の幾何学, +(プラス)の幾何学, -(マイナス)の幾何学, 電通校高大連携授業, 2015年5月30日, 大阪電気通信大学高等学校
    曲がった幾何学, 大阪電気通信大学オープンキャンパス 模擬授業, 2015年6月21日, 大阪電気通信大学


  • その他

門田 直之(もんでん なおゆき)MONDEN Naoyuki

  • 所属部署
    数理科学研究センター 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 学部教育(講義)
    • 2016年度
      線形代数1
      線形代数2
      基礎解析・演習
      基礎微積分2・演習
      基礎理工学ゼミ1
      キャリア入門
      幾何学1
      プレゼミナール
      卒業研究
    • 2015年度
      線形代数2
      基礎解析・演習
      基礎微積分2・演習
      基礎理工学入門
      基礎理工学ゼミ1
      キャリア入門
      幾何学1
      プレゼミナール
      卒業研究
    • 2014年度
      線形代数1
      線形代数2
      基礎解析・演習
      基礎微積分2・演習
      基礎理工学ゼミ2
      基礎理工学ゼミ3
      幾何学1
      プレゼミナール


  • 大学院教育(講義)
    • 2015年度
      多様体特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 12名
    • 修士論文等の指導: 名
    • 博士論文等の指導: 名

門田 直之(もんでん なおゆき)MONDEN Naoyuki

  • 所属部署
    数理科学研究センター 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 著書


  • 学術論文・作品など
  • 査読あり
  1. N. Monden and K. Yoshihara, On stable commutator lengths of Dehn twists along separating curves,
    Journal of Knot Theory and Its Ramifications, to appear.
  2. R. Inanc Baykur, Naoyuki Monden, and Jeremy Van Horn-Morris, Positive factorizations of mapping classes, Algebraic and Geometric Topology, to appear.
  3. Ryoma Kobarashi and Naoyuki Monden, Lefschetz pencils and finitely presented groups, Pacific Journal of Mathematics, 282 (2016), no.2, 359--388.
  4. Anar Akhmedov and Naoyuki Monden, Constructing Lefschetz fibrations via daisy substitutions, Kyoto Journal of Mathematics, 56 (2016), no. 3, 501--529.
  5. Danny Calegari, Naoyuki Monden and Masatoshi Sato, On stable commutator length in hyperelliptic mapping class groups, Pacific Journal of Mathematics, 272 (2014), no. 2, 323--351.
  6. Naoyuki Monden, On roots of Dehn twists, Rocky Mountain Journal of Mathematics, 44, (2014), no. 3, 987--1001.
  7. Naoyuki Monden, Lefschetz fibrations with small slope, Pacific Journal of Mathematics, 267 (2014), no. 1, 243--256.
  8. R. Inanc Baykur, Mustafa Korkmaz and Naoyuki Monden, Sections of surface bundles and Lefschetz fibrations, Transactions of the American Mathematical Society, 365, (2013), no.11, 5999--6016.
  9. Naoyuki Monden, Generating the mapping class group by torsion elements of small order, Mathematical Proceedings of the Cambridge Philosophical Society, 154, (2013), Issue 1, 41--62.
  10. Susumu Hirose and Naoyuki Monden, Degree of roots of disk twists on 3-dimensional handlebodies, Geometria Dedicata, 164, Issue 1 (2013), 73--82.
  11. Naoyuki Monden, On upper bounds on stable commutator lengths in mapping class groups,
    Topology and its Applications, 159, Issue 4, March 2012, 1085--1091.
  12. Naoyuki Monden, On minimal number of singular fibers in a genus-2 Lefschetz fibration, Tokyo Journal of Mathematics, 35, (2012), no. 2, 483--490.
  13. Naoyuki Monden, Generating the mapping class group of a punctured surface by involutions, Tokyo Journal of Mathematics, 34 (2011), no. 2, 303--312.
  14. Naoyuki Monden, Generating the mapping class group of a punctured surface by three elements, Hiroshima Mathematical Journal, 41 (2011), no. 1, 1--9.
  • 査読なし
  1. Ryoma Kobayashi and Naoyuki Monden, Lefschetz pencils and finitely presented groups, 数理解析研究所講究録, 1922 (2014.10), 84-89.
  2. Noyuki Monden, Generating the full mapping class group by involutions}(Geometry of transformation groups and related topics), 数理解析研究所講究録 1612 (2008.9), 135-145.
  • 著書(分担執筆)
  • 査読あり
  1. Noyuki Monden, On the Geography of Lefschetz fibrations, Handbook of Group Actions (Vol. II), ALM32, 297--330; published jointly by Higher Education Press and International Press Beijing-Boston(editor: Athanase Papadopoulos, Lizhen Ji and S.-T. Yau).


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  • 国際研究集会
  1. Naoyuki Monden, Stable commutator length of Dehn twists and the signatures of surface bundles, Special Session on Low Dimensional and Symplectic Topology, 2016年4月16日, North Dakota State University, America
  2. Naoyuki Monden, Upper bounds on stable commutator lengths of Dehn twists, The 11-th East Asian School of Knots and Related Topics, 2016年1月26日, 大阪市立大学
  3. Naoyuki Monden, Twisted substitutions and fundamental groups of Lefschetz fibraitons, Workshop on Topology and Invariants of 4-Manifolds, 2014年8月26日, Stony Brook University(Simons Center for Geometry and Physics), America
  4. Naoyuki Monden, Lefschetz fibrations with small slope, The Conference on Group Actions and Applications in Geometry, Topology and Analysis, 2012年7月21日, Kunming University of Science and Technology, Yunnan, China
  5. Naoyuki Monden, On the minimal number of singular fibers in a genus-2 Lefschetz fibration, The Seventh East Asian School of Knots and Related Topics, 2011年1月12日, 広島大学
  6. Naoyuki Monden, On upper bounds of stable commutator length in mapping class groups, International Conference Japan-Mexico on Topology and its Applications, 2010年9月27日, Universidad de Colima
  7. Naoyuki Monden, On roots of Dehn twists, The Sixth East Asian School of Knots and Related Topics, 2010年12月6日, 南開大学陳省身(S.S.Chern) 数学研究所(中国・天津)
  • 国際研究集会以外
  1. 門田直之, 4次元シンプレクティック多様体の地誌学について, 琉球結び目セミナー, 2016年12月17日, 那覇市ぶんかテンブス館2階 那覇市伝統工芸館会議室
  2. 門田直之, 曲面上の曲面束の符号数について, 研究集会「拡大KOOKセミナー2016」, 2016年8月24日, 大阪電気通信大学
  3. 門田直之, Positive factorizations of mapping classes, 微分トポロジー16, 2016年3月20日, 筑波大学
  4. 門田直之, Genus-2 Lefschetz fibrations with b^+_2=1 and c^2_1=1,2, Hurwitz action, 2016年1月10日, 大阪市立大学
  5. 門田直之, R. Inanc Baykur, 門田直之, Jeremy Van Horn-Morris, Positive factorizations of mapping classes, 日本数学会2015年度年会トポロジー分科会一般講演, 2015年3月23日, 明治大学
  6. 門田直之, Introduction to Hurwitz action and positive factorizations of mapping classes, Hurwitz action, 2014年1月10日, 大阪電気通信大学
  7. 門田直之, レフシェッツ・ペンシルと有限表示群, 研究集会「変換群の位相幾何と代数構造」, 2014年5月28日, 京都大学数理解析研究所
  8. 門田直之, 代表的なレフシェッツ束空間の有理ブローダウン, 研究集会「写像類群における関係とレフシェッツ束空間」, 2014年3月19日, 九州工業大学サテライト福岡天神
  9. 門田直之, 様々な非正則Lefschetz fibrationとそれらの構成について, 第60回トポロジーシンポジウム, 2013年8月6日, 大阪市立大
  10. 門田直之, Lefschetz fibrations with small slope, 日本数学会2013年度年会トポロジー分科会一般講演, 2013年3月21日, 京都大学
  11. 門田直之, Dehn twistの安定交換子長について, 結び目の数学V, 2012年12月25日, 早稲田大学
    など他20件
  • セミナー等
  1. 門田直之, (-1)-切断を持つ非正則Lefschetz fibration について, トポロジー金曜セミナー, 2016年10月7日, 九州大学
  2. 門田直之, 写像類群と低次元トポロジー, トポロジー新人セミナー, 2016年8月9日, 民宿「白鳥」
  3. Naoyuki Monden, On stable commutator lengths of Dehn twists, Differential Geometry and Symplectic Topology Seminar, 2016年4月19日, University of Minnesota
  4. 門田直之, 4次元トポロジーとLefschetz fibrationの地誌学, 東京理科大学談話会, 2015年12月18日, 東京理科大学野田キャンパス
  5. 門田直之, 写像類群における安定交換子長, 北海道大学幾何学コロキウム, 2015年12月11日, 北海道大学
  6. 門田直之, 写像類群における安定交換子長, N-KOOKセミナー, 2015年10月31日, 大阪駅前第2ビル6階 大阪市立大学文化交流センター
  7. 門田直之, 4次元トポロジーとLefschetz fibrationの地誌学, 談話会, 2015年8月8日, 岡山大学
  8. 門田直之, Positive factorizations of mapping classes, 東工大トポロジーセミナー, 2015年6月3日, 東京工業大学
  9. 門田直之, Lefschetz pencils and finitely presented groups, N-KOOKセミナー, 2014年5月17日, 大阪駅前第2ビル6階 大阪市立大学文化交流センター
  10. 門田直之, Non-holomorphic Lefschetz fibrations with (-1)-sections, Friday Seminar on Knot Theory, 2014年4月25日, 大阪市立大学
  11. 門田直之, The geography problem of Lefschetz fibrations, トポロジー火曜セミナー, 2013年10月1日, 東京大学
    など他15件

  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 平成25 年度科学研究費助成事業若手研究(B) 課題番号25800043
    研究題目:写像類群を用いた4次元多様体の構成とその応用
    交付年度:平成25年度~平成27年度
    配分額:2600千円
  2. 平成28年度科学研究費助成事業 若手研究(B) 課題番号16K17601
    写像類群による4次元トポロジーの地誌学と手術の研究
    交付年度:平成28年度~平成31年度
    配分額:2600千円


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  • 世話人を務めた研究集会
  1. 研究集会「Hurwitz action6」, 2016年10月1日~2日, 草津セミナーハウス
  2. 研究集会「Hurwitz action5」, 2016年1月10日~11日, 大阪市立大学
  3. 研究集会「Hurwitz action~HINERU~」, 2015年1月10日~11日, 大阪電気通信大学
  4. 研究集会「Hurwitz action~ひねる代数~」, 2014年1月24日~26日, 草津セミナーハウス
  5. 研究集会「Hurwitz action とその周辺」, 2013年1月5日~6日, 群馬大学
  6. 研究集会「Hurwitz action」, 2012年1月28日~29日, 大阪市立大学
  • 世話人を務めたセミナー等
  1. 関西低次元トポロジー若手セミナー 2009年~2012年
  • 所属部署
    数理科学研究センター 講師
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 講師
  • 地域社会における貢献


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他
    非ユークリッド幾何への誘い:歪んだ世界の幾何学入門, 岡山大学オープンキャンパス 模擬授業, 2015年8月8日, 岡山大学

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS