大阪電気通信大学 教員情報データベース >阿久津 典子

環境科学科 所属教員一覧

阿久津 典子(あくつ のりこ)AKUTSU Noriko 画像の説明

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 専門分野
    表面・界面科学,統計力学, 結晶成長理論
  • 研究テーマ
    表面張力計算、結晶表面・界面の統計力学、集合系の科学、人の避難や車渋滞・氷形成などのシミュレーション
  • 経歴
    • 学歴
      お茶の水女子大学理学部物理学科卒業(1978年)
      お茶の水女子大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了(1980年)
      学習院大学大学院自然科学研究科物理学専攻博士後期課程単位取得退学(1984年)
    • 職歴
      相模工業大学(現湘南工科大学)工学部非常勤講師(1986年~1987年)
      明治大学文学部非常勤講師(1987年)
      横浜国立大学工学部教務職員(1988年~1990年)
      大阪電気通信大学工学部電子物性工学科講師(1991年~1992年)
      大阪電気通信大学大学院総合電子工学専攻博士課程(前期)指導教員(1992年~1993年)
      大阪電気通信大学大学院総合電子工学専攻博士課程(後期)指導教員(1992年~1993年)
      大阪電気通信大学工学部電子物性工学科助教授(1993年~1996年)
      大阪電気通信大学大学院総合電子工学専攻博士課程(前期・後期)指導助教授(1993年~1999年)
      大阪電気通信大学工学部電子材料工学科助教授(1997年~1999年)
      大阪電気通信大学工学部電子材料工学科教授(2000年~2006年)
      大阪電気通信大学大学院総合電子工学専攻博士課程(前期・後期)指導教授(2000年~2011年)
      大阪電気通信大学工学部応用化学科教授(2007年~2010年)
      大阪電気通信大学工学部環境科学科教授(2011年~現在に至る)
      大阪電気通信大学大学院先端理工学専攻博士課程(前期・後期)指導教授(2012年~現在に至る)
  • 取得学位
    理学博士(学習院大学,1985年)
  • 受賞、顕彰など
    第10回日本結晶成長学会論文賞受賞.
    題目「結晶平衡形の統計力学」
    受賞者 阿久津泰弘,阿久津典子,山本隆夫
  • 所属学会
    日本物理学会,米国物理学会,日本結晶成長学会,応用物理学会, 薄膜・表面物理分科会 (応用物理学会),日本表面科学会,数理生物学会,生物物理学会

阿久津 典子(あくつ のりこ)AKUTSU Noriko

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    2015年度 環境科学科主任
    2009年度、2011年度、2013年度、2014年度 応用化学科学科主任
    2002年度 電子材料工学科主任

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    2012年度~2014年度 応用化学科/環境科学科、工学研究科総合電子工学専攻/先端理工学専攻
              就職対策委員
    2010年度 予算委員
    2010年度~2011年度 工学研究科総合電子工学専攻広報委員 
    2006年度~2007年度 工学研究科総合電子工学専攻副主任

  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動
    NTT 物性科学基礎研究所との半導体表面に関する共同研究
    2008年~2015年

  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    • 高大連携
      2016年6月 「災害シミュレーション」
      2013年6月 「災害シミュレーションー集合系の不思議ー」
      2009年6月 「凍っても“生き返る魚”~相転移の不思議~」
  • オープンキャンパス
    2016年~体験学習「津波・避難・都市火災シミュレーションを体験しよう」
    2011年~2015年 体験学習「人工アリのコロニー」
  • その他

阿久津 典子(あくつ のりこ)AKUTSU Noriko

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    • 現在担当している科目
      キャリア設計(2017年度~)、キャリア入門(2015~)、環境の数学(2015年度~)、
      数理生物学(2014年度~)、物理化学2(2013年度~)、環境・化学シミュレーション(2012年度~)、
      プログラミング演習(2012年度~)、環境・化学コンピュータ演習(2012年度~)、熱力学1(2012年度~)、
      熱力学演習(2012年度~)、シミュレーション化学(N学科, 2011年度~)、プログラミング基礎演習(1997年度~)、
      プレゼミナール、卒業研究(1991年度~)
  • 2011年度~2016年度
    プレインターンシップゼミナール(~2016年度)、基礎ゼミナール(~2014年度)、
    基礎化学(W学科,T学科)(~2014年度)、化学1(~2012年度)、化学プログラミング演習(~2012年度)、
    化学コンピュータ演習(~2012年度)、物理化学1(~2012年度)、量子化学(~2011年度)、
    エレクトロニクス材料(~2012年度)、シミュレーション化学演習(~2012年度)
  • 2011年度以前担当科目
    シミュレーション物理学、磁性体工学、固体電子工学1、
    電子基礎実験、電気回路、量子力学、
    コンピュータ演習1,2、コンピュータ基礎演習(再)
  • 大学院教育(講義)
    シミュレーション統計力学特論1,2(2015年度~現在)
    シミュレーション統計力学(2013年度~2014年度)
    固体物理学特論(~2011年度)
    ナノ工学特論(~2012年度)
  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導:
      10名(2016年度)、9名(2015年度)、8名(2014年度)、12名(2013年度)、6名(2012年度)、8名(2011年度)、7名(2010年度)、9名(2009年度)、9名(2008年度)、7名(2007年度)、10名(2006年度)、8名(2005年度)、6名(2004年度)、11名(2003年度)、12名(2002年度)、11名(2001年度)、14名(2000年度)、12名(1999年度)、11名(1998年度)、14名(1997年度)、14名(1996年度)、10名(1995年度)、12名(1994年度)、10名(1993年度)、11名(1992年度)、5名(1991年度)、
    • 修士論文等の指導:
      1名(2017年度)、1名(2011年度)、1名(2009年度)、1名(2005年度)、1名(2000年度)、1名(1998年度)、1名(1997年度)、1名(1996年度)、1名(1994年度)
    • 博士論文等の指導: 0名

阿久津 典子(あくつ のりこ)AKUTSU Noriko

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 著書
  1. Noriko Akutsu and Takao Yamamoto.
    Rough-smooth transition of step and surface, ed. Tatau Nishinaga, in Handbook of Crystal Growth, Vol. 1 (Elsevier Science, Amsterdam, New York, 2015), 265-313.
  2. T. Yamamoto, N. Aktusu, Y. Akutsu.
    The terrace-step-kink approach and the capillary-wave approach to fluctuation properties of vicinal surfaces, PP 19-30, in Advances in the Understanding of Crystal Growth Mechanisms, Eds. T. Nishinaga, K. Nishioka, J. Harada, A. Sasaki and H. Takei, PART I. Crystal Growth Theory and Simulations,(Elsevier Science, Amsterdam, New York, 1997).
  3. 「結晶成長ハンドブック」共立出版 1996年.第4章4.2節「表面の原子的描像」 (112-115) および4.5節「異方的表面張力とコンピュータシミュレーション」 (120-123) (分担執筆).
  • 学術論文・作品など
    • 論文(レフェリー有り)
  1. Noriko Akutsu.
    Disassembly of Faceted Macrosteps in the Step Droplet Zone in Non-Equilibrium Steady State, Crystals, 7, (2017), Article ID cryst7020042, (17 pages) doi:10.3390/cryst7020042.(フルペーパー)
  2. Noriko Akutsu.
    Profile of a Faceted Macrostep Caused by Anomalous Surface Tension, (Invited) Advances in Condensed Matter Physics, 2017 (2017), Article ID 2021510 (pp. 10).(フルペーパー)
  3. Noriko Akutsu.
    Effect of the roughening transition on the vicinal surface in the step droplet zone, Journal of Crystal Growth (2016), dx.doi.org/10.1016/j.jcrysgro.2016.10.014 (pp. 6).(フルペーパー)
  4. Noriko Akutsu.
    Faceting diagram for sticky steps, AIP Advances 6 (2016), Article ID 035301 (pp. 17).(フルペーパー)
  5. Noriko Akutsu.
    Measurement of microscopic coupling constants between atoms on a surface: combination ofLEEM observation with lattice model analysis, Surf. Sci. 630 (2014), 109-115.(フルペーパー)
  6. Kazue Kudo, Masahiko Suzuki, Kazuki Kojima, Tsuneo Yasue, Noriko Akutsu, Hideaki Kasai, Wilson Agerico Dino, Ernst Bauer and Takanori Koshikawa.
    Simulations of magnetic domain patterns on the surface of Co/Ni multilayers, Surf. Interface Anal. 46 (2014), 1174-1477.(フルペーパー)
  7. Noriko Akutsu.
    Pinning of steps near equilibrium without impurities, adsorbates, or dislocations, J. Cryst. Growth, 401 (2014), 72-77.(フルペーパー)
  8. Masahiko Suzuki, Kazue Kudo, Kazuki Kojima, Tsuneo Yasue, Noriko Akutsu, Wilson Agerico Dino, Hideaki Kasai, Ernst Bauerand Takanori Koshikawa.
    Magnetic domain patterns on strong perpendicular magnetization of Co/Ni multilayers as spintronics materials: I. Dynamic observations, J. Phys.: Condens. Matter 25 (2013) 406001.(フルペーパー)
  9. Kazue Kudo, Masahiko Suzuki, Kazuki Kojima, Tsuneo Yasue, Noriko Akutsu, Wilson Agerico Dino, Hideaki Kasai, Ernst Bauer and Takanori Koshikawa.
    Magnetic domain patterns on strong perpendicular magnetization of Co/Ni multilayers as spintronics materials: II. Numerical simulations, J. Phys.: Condens. Matter 25 (2013) 395005.(フルペーパー)
  10. 小島一希, Wilson Agerico Dino, 鈴木雅彦, 安江常夫, 工藤和恵, 阿久津典子, Ernst Bauer, 越川孝範, 笠井秀明.
    「W(110)上のCo/Ni多重層における磁気異方性の理論的研究」, Journal of the Vacuum Society of Japan,Vol.56 (2013), 139.
  11. Noriko Akutsu.
    Sticky steps inhibit step motions near equilibrium,PHYSICAL REVIEW E 86, 061604 (2012).(フルペーパー)
    論文中の図の一つが米国物理学会Phys. Rev. E onlineのPRE Kaleidoscope Images: December 2012に掲載されました。
  12. Noriko Akutsu.
    Non-universal equilibrium crystal shape results from sticky steps, J. Phys.: Condens. Matter 23 (2011), 485004.(フルペーパー)
  13. Noriko Akutsu.
    Zipping Process on the Step Bunching in the Vicinal Surface of the Restricted Solid-on-Solid Model with the Step Attraction of the Point Contact Type, J. Cryst. Growth 318, (2011), 10-13. (フルペーパー)
  14. Noriko Akutsu.
    Thermal Step Bunching on the Restricted Solid-on-Solid Model with Point Contact Inter-Step Attractions, Applied Surf. Sci. 256, (2009), 1205-1209. (フルペーパー)
  15. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino and Takao Yamamoto.
    A Lattice Model for Thermal Decoration and Step Bunching in Vicinal Surface with Sub-monolayer Adsorbates, e-J. Surf. Sci. Nanotech. 7, (2009), 39-44. (フルペーパー)
  16. Noriko Akutsu and Yoshinari Kakii.
    The Adsorption-Induced Thermal Step-Bunching on the Hexagonal Lattice System, Applied Surf. Sci. 254, (2008), 7535-7538. (フルペーパー)
  17. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    The Equilibrium Facet Shape of the Staggered Body-Centered-Cubic Solid-on-Solid Model-A Density Matrix Renormalization Group Study-, Prog. Theor. Phys. 116 (2006), 983-1003.(フルペーパー)
  18. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Thermal Step Bunching and Inter-Step Attraction on the Vicinal Surface with Adsorption, Phys. Rev. B67 (2003) 125407-1--125407-15.(フルペーパー)
  19. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Statistical Mechanics of the Vicinal Surfaces with Adsorption,
    J. Cryst. Growth 237-239 (2002), 14-20.(フルペーパー)
  20. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu, and Noriko Akutsu.
    Equilibrium point defect concentration in a growing silicon crystal, Microelectronic Engineering 56 (2001), 133-137.(フルペーパー)
  21. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Statistical Mechanics of the Vicinal Surfaces with Adsorption, Surf. Sci. 493 (2001), 475-479.(フルペーパー)
  22. K. Okunishi, Y. Akutsu, N. Akutsu, and T. Yamamoto.
    Universal relation between the dispersion curve and the ground-state correlation length in one-dimensional antiferromagnetic quantum spin systems, Phys. Rev. B 64 (2001), 104432-1--104432-5.(フルペーパー)
  23. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Vicinal Surface with Langmuir Adsorption: A Decorated Restricted Solid-on-solid Model, Phys. Rev. B 64 (2001), 085415-1--085415-9.(フルペーパー)
  24. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Statistical mechanical calculation of anisotropic step stiffness of a two-dimensional hexagonal lattice-gas model with next-nearest-neighbour interactions: application to Si(111) surface, J. Phys.: Condens. Matter 11(1999), 6635-6652.(フルペーパー)
  25. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Thermal Evolution of Step Stiffness on Si(001) Surface: Temperature-Rescaled Ising-Model Approach, Phys. Rev. B57 No.8 (1998), R4233-R4236.(Rapid communications)
  26. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Step stiffness and equilibrium island shape of Si(100) surface: statistical-mechanical calculation by the imaginary path weight random-walk method, Surf. Sci. 376, No.1-3 (1997), 92-98.
  27. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.(フルペーパー)
    Quasi-Reentrant Interface Behavior of Two-Dimensional Frustrated Ising Models, J. Phys. Soc. Jpn. 65 No.5 (1996), 1233-1242.(フルペーパー)
  28. Kouichi Sudoh, Tatsuo Yoshinobu, Hiroshi Iwasaki, Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu, and Takao Yamamoto.
    Fluctuations of a Single Step and Surface Height on Vicinal Surfaces, J. Phys. Soc. Jpn. 65 No.4 (1996), 988-991.(フルペーパー)
  29. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Ambiguity of Anisotropic Interface Tension for Complex Crystals, J. Phys. Soc. Jpn. 64 No.3 (1995), 736-756.(フルペーパー)
  30. Yasuhiro Akutsu, Noriko Akutsu, and Takao Yamamoto.
    Logarithmic Step Fluctuations in Vicinal Surface: a Monte Carlo Study, J. Phys. Soc. Jpn. 63 No.6 (1994), 2032-2036.(フルペーパー)
  31. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu, and Noriko Akutsu.
    Fluctuation of a Single Step on the Vicinal Surface-Universal and Non-Universal Behaviors, J. Phys. Soc. Jpn. 63 No.3 (1994), 915-925.(フルペーパー)
  32. M. Niwa, H. Iwasaki, Y. Watanabe, I. Sumita, N. Akutsu and Y. Akutsu.
    Statistical properties of atomic-scale Si/SiO_2 interface roughness studied by STM, Appl. Surf. Sci. 60/61 (1992), 39-44.(フルペーパー)
  33. Noriko Akutsu
    Equilibrium Crystal Shape of Planar Ising Antiferromagnets in External Field, J. Phys. Soc. Jpn. 61 No.2 (1992), 477-498.(フルペーパー)
  34. Takao Yamamoto, Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Relaxation of Crystal Shape Profile near the Facet Edge, J. Phys. Soc. Jpn. 60 No.11 (1991), 3600-3603.(フルペーパー)
  35. Takao Yamamoto, Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Facet Shape and Crystal Profile of Complex Crystals, J. Phys. Soc. Jpn. 59 No.11 (1990), 3831-3834.(フルペーパー)
  36. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    An Imaginary Path-Weight Random-Walk Method for Calculation of One-Dimensional Interface Tension, J. Phys. Soc. Jpn. 59 No.9 (1990), 3041-3044.(フルペーパー)
  37. Y. Akutsu and N. Akutsu.
    Interface Tension, Equilibrium Crystal Shape, and Imaginary Zeros of Partition Function: Planar Ising Systems, Phys. Rev. Lett. 64 No.11 (1990), 1189-1192. (レター)
  38. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Analysis of the Equilibrium Crystal Shape by the Diagonal Terrace-Step-Kink Models with Non-SOS Type Steps, J. Phys. Soc. Jpn. 58 No.10 (1989), 3531-3540.(フルペーパー)
  39. Y. Akutsu, N. Akutsu and T. Yamamoto.
    Universal Jump of Gaussian Curvature at the Facet Edge of a Crystal, Phys. Rev. Lett. 61 No.4 (1988), 424-427.(レター)
  40. Y. Akutsu, N. Akutsu and T. Yamamoto.
    Akutsu, Akutsu and Yamamoto Reply, Phys. Rev. Lett. 62 No.22 (1989), 2637-2637.(レター)
  41. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Universal Behavior of the Equilibrium Crystal Shape Near the Facet Edge I. A Generalized Terrace-Step-Kink Model, J. Phys. Soc. Jpn. 57 No.2 (1988), 453-460.(フルペーパー)
  42. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Equilibrium Crystal Shape: Two Dimensions and Three Dimensions, J. Phys. Soc. Jpn. 56 No.7 (1987), 2248-2251.(フルペーパー)
  43. Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Intrinsic structure of the phase-separation line in the two-dimensional Ising model, J. Phys. A20 (1987), 5981-5990.(フルペーパー)
  44. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Roughening, Faceting and Equilibrium Shape of Two-Dimensional Anisotropic Interface. I. Thermodynamics of Interface Fluctuations and Geometry of Equilibrium Crystal Shape, J. Phys. Soc. Jpn. 56 No.4 (1987), 1443-1453.(フルペーパー)
  45. Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Novel Numerical Method for Studying the Equilibrium Crystal Shape, J. Phys. Soc. Jpn. 56 No.1 (1987), 9-12.(フルペーパー)
  46. Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Relationship between the anisotropic interface tension, the scaled interface width and the equilibrium shape in two dimensions, J. Phys. A19 (1986), 2813-2820.(フルペーパー)
  47. 阿久津典子, 大川章哉.
    「二元系非対称結合結晶での二次元核形成」, 日本結晶成長学会誌 12 No. 1 & 2 (1985), 134-140.(フルペーパー)
  48. Noriko Akutsu and Hironobu Ikeda.
    Specific Heat Capacities of CoF_2, MnF_2 and KMnF_3 near the N'eel Temperatures, J. Phys. Soc. Jpn. 50 No. 9 (1981), 2865-2871.(フルペーパー)
  49. Hironobu Ikeda, Noriko Okamura (Akutsu), Kyoko Kato and Akira Ikushima.
    Experimental observation of crossover phenomena in the specific heat of MnF_2, J. Phys. C11 (1978), L231-L235.(レター)
  • 解説等(レフェリー有り)
  1. 阿久津典子.
    解説「平衡状態に近い微斜面におけるステップ・ジッピング現象―異方的結晶表面張力の特異性が果たす役割―」 日本結晶成長学会誌 Vol. 38 (2011) 109-113.
  2. 阿久津典子,山本隆夫,阿久津泰弘.
    解説「吸着子によるサーマル・ステップ・バンチングと表面荒さ制御」,日本結晶成長学会誌 Vol.33 (2006) 24-31.
  3. 阿久津典子.
    最近の研究から「吸着子のある微斜面におけるサーマル・ステップ・バンチングとステップ間引力-密度行列繰り込み群アルゴリズムを用いた統計力学研究-」, 日本物理学会誌 Vol.59 No. 4 (2004) 232-236.
  4. 阿久津典子,阿久津泰弘,山本隆夫.
    「吸着子のある微斜面での非普遍的ふるまい:RSOS-Ising結合模型における密度行列繰り込み群解析」, 物性研究 Vol.79 (2003) 753-756.
  5. 阿久津典子,阿久津泰弘.
    解説「ステップ,吸着子と共にある表面の微視的構造:統計熱力学解析から」真空 Vol.45 (2002) 564-571(日本真空協会).
  6. 阿久津典子,阿久津泰弘,山本隆夫.
    解説「吸着子のある微斜面の統計力学」,日本結晶成長学会誌 Vol.29 (2002) 50-56.
  7. 阿久津典子,阿久津泰弘,山本隆夫.
    研究紹介「実効キンクエネルギーとステップ・スティフネス」, 表面科学 20 (1999), 837-844.
  8. 阿久津泰弘,阿久津典子,山本隆夫.
    解説「表面ステップ系の統計力学:平衡および非平衡」, 日本結晶成長学会誌 26 (1999), 40-47.
  9. 阿久津典子,阿久津泰弘,山本隆夫.
    解説「Vicinal Surface における単一ステップのゆらぎ」, 表面科学 15 (1994), 240-246.
  10. 阿久津典子,山本隆夫,阿久津泰弘.
    「ステップ系の統計力学と結晶形のダイナミクス」, 日本結晶成長学会誌 21 No. 5 (1994), s41-s46.
  11. 阿久津典子, 山本隆夫,阿久津泰弘.
    解説「ステップと結晶の形」, 表面科学 13 (1992), 587-594.
  12. 山本隆夫,阿久津典子, 阿久津泰弘.
    解説「ファセット端近傍の結晶形の緩和」, 日本結晶成長学会誌 19 (1992), 169-178.
  13. 阿久津典子, 阿久津泰弘,山本隆夫.
    解説「六方晶ZnSの異方的ステップ張力と結晶平衡形」, 日本結晶成長学会誌 19 (1992), 161-168.
  14. 阿久津典子, 黒田登志雄, 大鉢忠, 佐藤清隆, 塚本勝男.
    結晶成長学アブストラクト「ラフニング転移と表面融解」, 日本結晶成長学会誌 18 (1991), 231-246.
  15. 阿久津泰弘, 阿久津典子
    2次元結晶平衡形と異方的界面張力:ランダムウォーク描像の普遍性」,物性研究 54(1990), 296-299.
  16. 山本隆夫, 阿久津泰弘, 阿久津典子.
    「Rough Surface の二つのモデル(Terrace-Step-Kink Model 及び Capillary Wave Model)と結晶の熱平衡形」, 統計数理 38 No. 2 (1990) 185-199.
  17. 山本隆夫, 阿久津泰弘, 阿久津典子
    「結晶形の統計力学」, 統計数理 37 No. 1 (1989), 71-80.
  18. 阿久津典子, 阿久津泰弘.
    解説「ステップのゆらぎの統計力学」, 日本結晶成長学会誌 15 (1988), 280-287.
  19. 山本隆夫, 阿久津泰弘, 阿久津典子.
    「結晶表面の Facet 端における Universal なガウス曲率のとびと結晶表面自由エネルギーの一般形
    」, 物性研究 50 (1988), 302-305.
  • 解説等(レフェリー無し)
  1. 阿久津典子.
    「氷の不凍現象:界面張力計算からの理論的アプローチ」,大阪電気通信大学エレクトロニクス基礎研究所紀要(FERI Activity Report 2014)第25巻, pp. 39-45, 2014.
  2. 阿久津典子.
    「集合系の科学としての災害関連シミュレーション」,日本数理生物学会,JSMB Newsletter No. 68, pp. 9-12, 2012.(ニュースレター)
  • 国際会議プロシーディングス等(レフェリー無し)
  1. Anna Krasteva, Hristina Popova, Noriko Akutsu, and Vesselin Tonchev.
    Time scaling relations for step bunches from models with step-step attractions (B1-type models),
    AIP Conf. Proc. (USA) No. 1722 (2016), 220015 (4 pages).
  2. Noriko Akutsu.
    Phasediagram for step faceting caused by discontinuous surface tension in p-RSOSmodel,
    Proc. of the 10th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'15 (2015), 26-P-A-7-1--26P-A-7-5.
  3. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino, and Takao Yamamoto.
    Determination of ledge energies and domain wall energy based on a lattice model for Si(111): step bunching near (1x1)-(7x7) phase transition,Proc. of the 10th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'15 (2015), 28-p-P-53-1--28-p-P-53-5.
  4. Noriko Akutsu.
    Discontinuous Surface Tension, Proc. 9th Int. Symp. on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ALC'13 (2013), pp.454-458.
  5. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino, and Takao Yamamoto.
    Discontinuous Surface Tension Induced by (1 x 1)-(7 x 7) Transition on Si(111), Proc. 9th Int. Symp. on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ALC'13 (2013), pp.592-596.
  6. M.Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, W. A. Dino, H. Kasai, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Strong Perpendicular Magnetic Anisotropy in Co/Ni Multilayers with High Brighteness and Hoghly Spin-Polarized LEEM, Proc. 9th Int. Symp. on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ALC'13 (2013), pp.268-273.
  7. K. Kojima, W. A. Dino, M. Suzuki, T. Yasue, K. Kudo, N. Akutsu, Y. Kawahito, E. Bauer, T. Koshikawa and H. Kasai.
    First Principles Study of Electronic and Magnetic Properties of Co/Ni Ultra-Thin Multi-Layers, Proc. 9th Int. Symp. on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ALC'13 (2013), pp.368-370.
  8. K. Kudo, M. Suzuki, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, H. Kasai, W. A. Dino, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Simulations of Magnetic Domain Patterns on the Surface of Co/Ni Multilayers, Proc. 9th Int. Symp. on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ALC'13 (2013), pp.473-477.
  9. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Statistical Mechanics of Vicinal Surface with Adsorption, AIP Conf. Proc. (USA) No. 519 (2000), 347-349.
  10. Yoshihide Kimishima, Nahonori Miyata, \underline{Noriko Akutsu}, Yuuko Ichiyanagi and M. Hagiwara.
    Magnetic study on the precipitate from the aqueous solutions of NiCl_2 6H_2O and Na_2SiO_3 nH_2O, J. Magn. Magn. Mat. 104-107 (1992), 781-782.
  11. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Relaxation of Crystal Shape Profile near the Facet Edge, AIP Conf. Proc. (USA) No. 256 (1992), 507-508.
  12. Nahonori Miyata, Yoshihide Kimishima, Noriko Akutsu and Isamu Oguro.
    Magnetic properties of some amorphous silicates, J. Magn. Magn. Mat. 90&91 (1990), 337-339.
  13. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Critical curve of two-dimensional Ising antiferromagnet in a magnetic field, J. Magn. Magn. Mat. 90&91 (1990), 296-298.
  14. Akiya Ookawa, Noriko Akutsu and Yoshie Asakura.
    The Growth Characteristics of the III-V Compound-Like Crystals Affected by the Relative Activity, Morphology and Growth Unit of Crystals,(TERRA PUB, Tokyo 1989) p.49-50.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
    • 招待講演
  1. 国際会議招待講演 Noriko Akutsu.
    Faceting Diagram: Anomaly in Surface Tension and Formation of the Macrostep caused by Step-Step Attraction,2016 Collaborative Conference on Crystal Growth, (September 2016, San Sebastian, Spain).
  2. 招待講演 Noriko Akutsu.
    Inhibition of Crystal Growth Caused by Anomalous Surface Tension, National Chen Kun University, (August 2016, Tainan, Taiwan).
  3. 招待講演 Kazue Kudo, Masahiko Suzuki, Kazuki Kojima, Tsuneo Yasue, Noriko Akutsu, Hideaki Kasai, Wilson Agerico Dino, Ernst Bauer and Takanori Koshikawa.
    Magnetic domain patterns on the surface of Co/Ni multilayers: Numerical simulations, National Chen Kun University, (August 2016, Tainan, Taiwan).
  4. 国際会議招待講演:Noriko Akutsu.
    Lattice Model Analysis Combined with LEEM Observations, 2015 Collaborative Conference on Crystal Growth, (December 2015, Hong Kong, China).
  5. 招待講演:阿久津典子.
    「ステップ・ファセティングによる成長抑制」,結晶成長の数理,(2015年12月 学習院大学).
  6. 国際会議招待講演:Noriko Akutsu.
    Inhibition of Crystal Growth Caused by Discontinuous Surface Tension: a Phase Diagram,
    5th International Workshop on Epitaxial Growth and Fundamental Properties of Semiconductor Nanostructures, (September 2015, Hsinchu, Taiwan).
  7. 国際会議招待講演:Noriko Akutsu.
    Inhibition of Crystal Growth Caused by Discontinuous Surface Tension, 2014 Collaborative Conference on Crystal Growth (3CG), (Decmber 2014, Phuket, Thailand).
  8. 国際会議招待講演:Noriko Akutsu.
    Discontinuous Surface Tension, 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'13 (ALC'13), (Decmber 2013, Sheraton Kona, The Big Island, Hawaii, USA).
  9. 国際会議招待講演: Noriko Akutsu.
    Shape exponents on the equilibrium crystal shape and vicinal surface free energy, A Lecture in the Rostislaw Kaischew Institute of Physical Chemistry, (October 2006, Bulgarian Academy of Science, Sofia, Bulgaria).
  10. 国際会議招待講演: Noriko Akutsu.
    Adsorption Induced Thermal Step Bunching: A Statistical Thermodynamical Study, First non-VIRTual Meeting "Instabilities at Surfaces" (satellite meeting of Nanophen International Workshop "Shedding Light on the Nanoworld: Ordered and Disordered Nanostructures"), (September 2006, Sunny Beach, Bourgas, Bulgaria).
  11. 国際会議招待講演: Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Thermal Step Bunching on Vicinal Surface with Adsorption, Japan-Netherlands Seminar on Crystal Growth: Theory and In-Situ Measurements, (January 2002, Akiu, Sendai, Japan).
  12. 国際会議招待講演: Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Statistical Mechanics of Vicinal Surface with Adsorption, The Thirteenth International Conference on Crystal Growth, (July 2001, Doshisha University, Kyoto).
  • 一般講演
  1. 阿久津典子
    「不連続な表面張力によりファセット化したマクロステップの高さプロファイル: DMRG計算とモンテカルロ計算
    」, 日本物理学会第72回年次大会 (2017年3月、大阪大学豊中キャンパス).
  2. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino, and Takao Yamamoto.
    Bunching and debunching of steps around Si(111) surface induced by (1x1)-(7x7) phase transition, The 10th LEEM/PEEM workshop(LEEM/PEEM-10), (September 2016, Monterey, California, USA).
  3. Noriko Akutsu.
    Effect of the Roughening Transition on the Vicinal Surface in the Step Droplet Zone, The 18th International Conference of Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-18), (August 2016, Nagoya, Aichi, Japan).
  4. Noriko Akutsu.
    Inhibition of Crystal Growth: Faceting Diagram for Sticky Steps, The 18th International Conference of Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-18), (August 2016, Nagoya, Aichi, Japan).
  5. Noriko Akutsu.
    Kink Energies of Si(111) (1x1) Surface: Lattice Model Analysis Combined with LEEM Observation, The 18th International Conference of Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-18), (August 2016, Nagoya, Aichi, Japan).
  6. 阿久津典子.
    「ファセット化したマクロステップの高さプロファイル:不連続な表面張力起源の場合
    」, 計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」,(2016年12月 学習院大学).
  7. 阿久津典子.
    「ステップ・ファセティングの相図II:(001)面のラフニング転移の効果」, 日本物理学会第71回年次大会 (2016年3月、東北学院大泉キャンパス).
  8. Noriko Akutsu.
    Phase diagram for step faceting caused by discontinuous surface tension in p-RSOS model,
    10th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'15, (ALC'15), (October 2015, Matsue, Japan).
  9. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino, and Takao Yamamoto.
    Determination of ledge energies and domain wall energy based on a lattice model for Si(111) step bunching near (1x1)-(7x7) phase transition, 10th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'15 (ALC'15), (October 2015, Matsue, Japan).
  10. Noriko Akutsu.
    Measurement of microscopic coupling constants between atoms on a surface: lattice model analysis,
    5th International Workshop on Epitaxial Growth and Fundamental Properties of Semiconductor Nanostructures, (September 2015, Hsinchu, Taiwan).
  11. Noriko Akutsu.
    One-dimensional Boson Features For Sticky Steps on a Crystal Surface, International Symposium on Fluctuation and Structure out of Equilibrium 2015 (sfs2015), (August 2015, Kyoto, Japan).
  12. 阿久津典子.
    「LEEMと格子模型解析によるキンクエネルギー評価:Si(111)面への適用例」,第45回日本結晶成長国内会議 (2015年10月、北海道大学交流会館).
  13. 阿久津典子.
    「ステップファセティングによる成長抑制と相図:点型ステップ間引力が有る微斜面」, 第45回日本結晶成長国内会議(2015年10月、北海道大学交流会館).
  14. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫.
    「Si(111)面(7x7)-(1x1)相転移とステップバンチング:定量的解析」, 第45回日本結晶成長国内会議 (2015年10月、北海道大学交流会館).
  15. 阿久津典子.
    「一次元スピンレス準非貫通型引力ボーズ粒子系の相図」, 日本物理学会秋季大会(2015年9月、関西大学).
  16. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫.
    「Si(111)面(7x7)-(1x1)相転移とステップ・バンチング:表面張力計算による定量的解析」,日本物理学会秋季大会(2015年9月、関西大学).
  17. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫.
    「Si(111)面(7x7)-(1x1)相転移とステップ・バンチング:表面ストレス変化を考慮したレッジエネルギーを用いた計算」,日本物理学会秋季大会(2015年9月、関西大学).
  18. 阿久津典子.
    「ステップ・ファセティングの相図:p-RSOS模型微斜面の表面張力」,日本物理学会第70回年次大会 (2015年3月、早稲田大学早稲田キャンパス).
  19. Noriko Akutsu.
    Measurement of microscopic coupling constants between atoms on a surface: lattice model analysis, 9th Int. Workshop on LEEM/PEEM (September 2014, Berlin, Germany).
  20. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino, and Takao Yamamoto.
    Quantitative analysis of step bunching on Si(111) surface induced by (1x 1)-(7 x 7) phase transition, 9th Int. Workshop on LEEM/PEEM (September 2014, Berlin, Germany).
  21. K. Kudo, M. Suzuki, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, H. Kasai, W.A. Dino, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Simulations of magnetic domain patterns on Co/Ni multilayers, 9th Int. Workshop on LEEM/PEEM (September 2014, Berlin, Germany).
  22. M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, H. Kasai, W. A. Dino, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Magnetic domain structures of Co/Ni multilayers: A study with high brightness and highly spin-polarized LEEM, 9th Int. Workshop on LEEM/PEEM (September 2014, Berlin, Germany).
  23. Noriko Akutsu.
    Step Faceting Caused by Discontinuous Surface Tension on a Crystal Surface, YTTP workshop. Interface fluctuations and KPZ universality class (August 2014, Kyoto, Japan).
  24. T. Koshikawa, M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, A. Dino, H. Kasai and E. Bauer.
    Perpendicular magnetization of [CoNix]y multi-layers with high brightness and high spin-polarized LEEM and simulation based on LLG equation, Symp. on Surf. Sci. 3S’14 (St. Christoph am Arlberg, Austria, March 2014).
  25. T. Koshikawa, M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, A. Dino, H. Kasai and E. Bauer.
    Strong perpendicular magnetization of [CoNix]y multi-layers with high brightness and high spin-polarized LEEM and simulation based on LLG equation, 20th Int. Workshop on Inelastic ion-Surface Collisions (Adelaide, Austlaria, February 2014).
  26. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫
    「Si(111)面微斜面の(7x7)-(1x1)相転移:Cabrera-Coleman型マクロステップ形成の定量的研究」,学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」 (2014年12月、学習院大学)
  27. 阿久津典子
    「混合物による氷の表面張力変化と結晶成長抑止」, 大阪電気通信大学エレクトロニクス基礎研究所 ワークショップ 「氷の準液体相と不凍現象」(2014年11月 大阪電気通信大学駅前キャンパス).
  28. 阿久津典子
    「1次元非貫通型スピンレスボーズ粒子系の基底状態エネルギーと粒子間相互作用:結晶表面ステップによる粒子運動の視覚化」,日本物理学会2015年分科会 (2014年9月 中部大学春日キャンパス).
  29. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫
    「Si(111) 微斜面における不連続な表面張力III:ステップ・スティフネスとの整合性」日本物理学会2015年分科会 (2014年9月 中部大学春日キャンパス).
  30. 鈴木雅彦、工藤和恵、小島一希、安江常夫、阿久津典子、W. A. Dino、笠井秀明、E. Bauer、越川孝範
    「高輝度・高スピン偏極低エネルギー電子顕微鏡によるCoNi多層膜の垂直磁化特性の観察」、第75回応用物理学会秋季学術講演会(2014年9月、北大).
  31. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫
    「Si(111)微斜面における不連続な表面張力II」, 日本物理学会2014年年次大会 (2014年3月 東海大学湘南キャンパス).
  32. 工藤和恵, 鈴木雅彦, 小島一希, W. Dino, 笠井秀明, 安江常夫, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範
    「Co/Ni多層膜の積層過程における磁区パターン形成」、日本物理学会2014年年次大会(2014年3月 東海大学湘南キャンパス).
  33. 小島一希, W. Dino, 鈴木雅彦, 安江常夫, 工藤和恵, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範, 笠井秀明
    「Co/Ni多重層の磁気特性の構造依存性に関する理論的研究」、日本物理学会2014年年次大会(2014年3月 東海大学湘南キャンパス).
  34. T. Koshikawa, M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, A. Dino, H. Kasai and E. Bauer.
    Strong perpendicular magnetization of [CoNix]y multi-layers with high brightness and high spin-polarized LEEM and simulation based on LLG equation, 表面・ナノ科学シンポジウム2014(2014年1月、富良野プリンスホテル).
  35. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino, and Takao Yamamoto.
    Discontinuous Surface Tension Induced by (1 x 1)-(7 x 7) Transition on Si(111), 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'13 (ALC'13), (Decmber 2013, Sheraton Kona, The Big Island, Hawaii, USA).
  36. M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, W.A. Dino, H. Kasai, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Strong Perpendicular Magnetic Anisotropy in Co/Ni Multilayers with High Brightness and Highly Spin-Polarized LEEM, 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'13 (ALC'13), (Decmber 2013, Sheraton Kona, The Big Island, Hawaii, USA).
  37. K.Kojima, W.A. Dino, M. Suzuki, T. Yasue, K. Kudo, N. Akutsu, Y. Kawahito, E. Bauer, T. Koshikawa and H. Kasai.
    First Principles Study of Electronic and Magnetic Property in Co/Ni Ultra-Thin Multi-Layers, 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'13 (ALC'13), (Decmber 2013, Sheraton Kona, The Big Island, Hawaii, USA).
  38. K. Kudo, M. Suzuki, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, H. Kasai, W.A. Dino, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Simulations of Magnetic Domain Patterns on the Surface of Co/Ni Multilayers, 9th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices'13 (ALC'13), (Decmber 2013, Sheraton Kona, The Big Island, Hawaii, USA).
  39. K. Kudo, M. Suzuki, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, W. A. Dino, H. Kasai, E. Bauer and T. Koshikawa.
    LLG simulations of magnetic domain pattern on Co/Ni multilayers, 2013 NSFC-JSPS seminar on magnetic surface and films with novel characterization techniques, (Shanghai, China, October 2013).
  40. M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, W. A. Dino, H. Kasai, E. Bauer and T. Koshikawa.
    Dynamic Observation of Magnetic Domain Structure of Co/Ni Multilayer with Spin-polarized Low Energy Electron Microscopy, 2013 NSFC-JSPS seminar on magnetic surface and films with novel characterization techniques (Shanghai, China, October 2013).
  41. Noriko Akutsu.
    Pinning of Steps near Equilibrium without Impurities, Adsorbates, or Dislocations, 17th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-17), (University of Warsaw, August, 2013, Warsaw, Poland).
  42. Noriko Akutsu.
    Smoothing of a Macro-Step Induced by Discontinuous Surface Tension, 17th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-17), (University of Warsaw, August, 2013, Warsaw, Poland).
  43. Noriko Akutsu.
    Breakdown of the Fermi-like Features in 1D Impenetrable Bosons with Attractive Interaction, Mathematical Statistical Physics -- A satellite meeting of STATPHYS 25 (2013) and a YITP workshop --(YITP, Kyoto University, July, 2013, Kyoto, Japan).
  44. Noriko Akutsu.
    The non-universal free energy of 19-vertex model for the vicinal surface with sticky steps: Appearance of the quadratic term, Self-organization and Emergent Dynamics in Active Soft Matter (YITP, Kyoto University, February, 2013, Kyoto, Japan).
  45. K. Kudo, M. Suzuki, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, W. A. Dino, H. Kasai, E. Bauer and T. Koshikawa,
    LLG simulations of magnetic domain pattern on Co/Ni multilayers, 2013 NSFC-JSPS seminar on magnetic surface and films with novel characterization techniques (Shanghai), 2013.10.
  46. M. Suzuki, K. Kudo, K. Kojima, T. Yasue, N. Akutsu, W. A. Dino, H. Kasai, E. Bauer and T. Koshikawa,
    Dynamic Observation of Magnetic Domain Structure of Co/Ni Multilayer with Spin-polarized Low Energy Electron Microscopy, 2013 NSFC-JSPS seminar on magnetic surface and films with novel characterization techniques (Shanghai), 2013.10.
  47. 阿久津典子.
    「ラフニング温度近傍のステップエントロピー(RSOS模型)」,学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長と数理」(2013年12月 学習院大学).
  48. 鈴木雅彦、工藤和恵、小島一希、安江常夫、Ernst Bauer、阿久津典子、Wilson Dino、笠井秀明、越川孝範
    「[Co/Nix]y多層膜の垂直磁化過程-SPLEEMによる磁区観察とLLG方程式によるシミュレーション-」、2013年真空・表面科学合同講演会(つくば国際会議場,2013年11月).
  49. 小島一希、W.A. Dino、鈴木雅彦、安江常夫、工藤和恵、阿久津典子、E. Bauer、越川孝範、笠井秀明
    「Co/Ni多重層における磁化容易軸方向の変化に関する理論的研究」、2013年真空・表面科学合同講演会(つくば国際会議場,2013年11月).
  50. 阿久津典子.
    「反発力型19‐頂点模型微斜面における一次元貫通型ボーズ粒子様の振る舞い」,日本物理学会2013年秋季大会(2013年9月 徳島大学).
  51. 阿久津典子.
    「不連続な異方的表面張力を持つ微斜面:ステップ・ファセティングとステップ・スムージング」,日本物理学会2013年年次大会 (2013年3月 広島大学).
  52. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫.
    「Si(111)微斜面における不連続な表面張力:(7x7)‐(1x1)相転移とステップの相互作用」,日本物理学会2013年秋季大会(2013年9月 徳島大学).
  53. 阿久津典子、日比野浩樹、山本隆夫.
    「Si(111)微斜面における(7×7)‐(1×1)相転移温度の低下」,日本物理学会2013年秋季大会(2013年9月 徳島大学).
  54. 小島一希, W. Dino, 鈴木雅彦, 安江常夫, 工藤和恵, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範, 笠井秀明.
    「Co/Ni多重層の積層過程における磁気特性の変化に関する理論的研究」,日本物理学会2013年秋季大会(2013年9月 徳島大学).
  55. 工藤和恵, 鈴木雅彦, 小島一希, W. Dino, 笠井秀明, 安江常夫, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範.
    「Co/Ni多層膜における積層過程の磁区パターン形成シミュレーション」,日本物理学会2013年秋季大会(2013年9月 徳島大学).
  56. 鈴木雅彦、工藤和恵、小島一希、安江常夫、E.Bauer、阿久津典子、W.Dino、笠井秀明、越川孝範
    「SPLEEMによる[Co/Nix]y多層薄膜の垂直磁化特性観察とLLG方程式による磁区シミュレーション」、第60回応用物理学会春季学術講演会(神奈川工大,2013年3月).
  57. 鈴木雅彦, 工藤和恵, 小島一希, 安江常夫, E. Bauer, 阿久津典子, W. Dino, 笠井秀明, 越川孝範.
    「SPLEEMによる[Co/Nix]y多層薄膜の垂直磁化特性観察とLLG方程式による磁区シミュレーション」,日本物理学会2013年年次大会 (2013年3月 広島大学).
  58. 小島一希, W. Dino, 鈴木雅彦, 安江常夫, 工藤和恵, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範, 笠井秀明.
    「W(110)上におけるCo/Ni多重層の構造と磁気特性の関係に関する理論的研究」,日本物理学会2013年年次大会 (2013年3月 広島大学).
  59. 工藤和恵、鈴木雅彦、小島一希、W.Dino、笠井秀明、安江常夫、阿久津典子、E.Bauer、越川孝範
    「SPLEEMにより観察されたCo/Ni多層膜の磁区パターン形成シミュレーション」、日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会第151回研究会(京都大学東京オフィス,2013年2月).
  60. Kazuki Kojima, Wilson Agerico Dino, Masahiko Suzuki, Tsuneo Yasue, Kazue Kudo, Noriko Akutsu, Ernst Bauer, Takanori Koshikawa and Hideaki Kasai.
    Electronic and Magnetic properties in Co[1ML]/Ni[2ML] multi-layer on W(110), International Symposium on Computics: Quantum Simulation and Design (ISC-QSD) (Osaka University, October 2012)
  61. Kazuki Kojima, Wilson Agerico Dino, Masahiko Suzuki, Tsuneo Yasue, Kazue Kudo, Noriko Akutsu, Ernst Bauer, Takanori Koshikawa and Hideaki Kasai.
    A theoretical study of magnetic properties in Co/Ni2 multi-layer on W(110), 5th International Symposium on Atomically Controlled Fabrication Technology (Osaka University, Nakanoshima Center, October 2012).
  62. Noriko Akutsu
    SURFACE ROUGHNESS AND MOBILITY OF VICINAL SURFACE WITH STICKY STEPS NEAR EQUILIBRIUM
    The 7th International Workshop on Modeling in Crystal growth (IWMCG-7), (Oct. 2012, The Grand Hotel, Taipei, Taiwan)
  63. Noriko Akutsu
    STEP FACETING AND SELF-PINNING OF STEPS NEAR EQUILIBRIUM ON VICINAL SURFACE WITH STICKY STEPS
    The 7th International Workshop on Modeling in Crystal growth (IWMCG-7), (Oct. 2012, The Grand Hotel, Taipei, Taiwan)
  64. Noriko Akutsu
    Break down of one-dimensional free fermion picture on equilibrium crystal shape for sticky steps II: non-universal form of vicinal surface free energy,The 24th Conference of the EPS Condensed Matter Division (CMD-24), (Sep. 2012, Edinburgh International Conference Centre, Edinburgh, UK).
  65. Kauze Kudo, Masahiko Suzuki, Kazuki Kojima, Tsuneo Yasue, Noriko Akutsu, Hideaki Kasai, Ernst Bauer, and Takanori Koshikawa.
    Magnetic domain pattern formation on the surface of Co/Ni multilayers, International Conference on Solid Films and Surfaces (ICSFS16), (July 2012, Genoa, Italy).
  66. 工藤和恵, 鈴木雅彦, 小島一希, W. Dino, 笠井秀明, 安江常夫, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範.
    「Co/Ni多層膜における積層過程の磁区パターン形成」,第8回日本表面科学会放射光表面科学研究部会・SPring-8ユーザー協同体顕微ナノ材料科学研究会合同シンポジウム(2012年11月慶應義塾大学 矢上キャンパス)
  67. 阿久津典子.
    シンポジウム講演「微斜面ステップ・ファセティングとステップ・スムージング―ステップ間短距離引力によって生じた異方的表面張力特異性効果―」第42回日本結晶成長学会国内会議,(2012年11月 九州大学 筑紫キャンパス).
  68. K.Kudo, M.Suzuki, K.Kojima, W.Dino, H.Kasai, T.Yasue, N.Akutsu, E.Bauer and T.Koshikawa
    Simulations on SPLEEM Observation of Magnetic Domain Patterns in Co/Ni Multilayers、第11回顕微ナノ材料科学研究会(慶応大,2012年11月).
  69. 小島一希、W.A. Dino、鈴木雅彦、安江常夫、工藤和恵、阿久津典子、E. Bauer、越川孝範、笠井秀明
    「W(110)上のCo/Ni多重層における磁気異方性の理論的研究」、第53回真空に関する連合講演会(甲南大,2012年11月).
  70. 小島一希、Wilson Agerico Dino、鈴木雅彦、安江常夫、工藤和恵、阿久津典子、Ernst Bauer、越川孝範、笠井秀明.
    「W(110)基板上におけるCo/Niマルチレイヤーにおける磁気異方性の理論的研究」日本物理学会2012年年次大会(2012年9月 横浜国立大学).
  71. 工藤和恵, 鈴木雅彦, 小島一希, W. Dino, 笠井秀明, 安江常夫, 阿久津典子, E. Bauer, 越川孝範.
    「Co/Ni多層膜における積層過程の磁区パターン形成」日本物理学会2012年年次大会(2012年9月 横浜国立大学).
  72. 阿久津典子.
    「結晶微斜面における1次元自由フェルミオン描像のやぶれ I:頂点模型による非普遍的シェイプ・エクスポーネント」日本物理学会2012年年次大会(2012年9月 横浜国立大学).
  73. 阿久津典子.
    「結晶微斜面における1次元自由フェルミオン描像のやぶれ II:頂点模型による1次元短距離引力ボゾン多体系の自由エネルギー」日本物理学会2012年年次大会(2012年9月 横浜国立大学).
  74. 阿久津典子.
    「微斜面の表面荒さとステップ移動度:ステップ間に点接触型引力がある場合」日本物理学会2012年年次大会 (2012年9月 横浜国立大学).
  75. 阿久津典子.
    「ステップ間短距離引力がある結晶微斜面における1次元自由フェルミオン描像の破れ」, 基研研究会2012 非平衡系の物理 -その普遍的理解を目指して(2012年8月,京都大学 基礎物理学研究所)
  76. 阿久津典子.
    「平衡状態近傍におけるステップ移動の抑止:p-RSOS模型計算」,日本物理学会2012年年次大会(2012年3月 関西学院大学).
  77. 渡邊大樹、荻原悠佑、西村信一郎、西森拓、粟津暁紀、阿久津典子.
    「化学情報と視覚情報によるアリの採餌行動モデル―鈍感アリの存在と採餌効率―」,日本物理学会2012年年次大会(2012年3月 関西学院大学).
  78. 阿久津典子.
    「ステップ液滴描像に基づく非普遍的微斜面自由エネルギーの近似的導出」第41回日本結晶成長国内会議(2011年11月 つくば国際会議場).
  79. 阿久津典子.
    「結晶平衡形ファセット端近傍における非普遍的シェイプ・エクスポーネント:点接触型ステップ間引力のあるRSOS模型に関する密度行列繰り込み群計算」, 第41回日本結晶成長国内会議(2011年11月 つくば国際会議場).
  80. 阿久津典子.
    「平衡に近い結晶表面におけるステップ・ジッピング現象:ステップ間引力によって生じた表面張力特異性による現象」, 第41回日本結晶成長国内会議(2011年11月 つくば国際会議場).
  81. 阿久津典子.(招待講演)
    「短距離ステップ間引力がある微斜面の非ユニバーサルな表面自由エネルギー 」,結晶成長の数理,(2011年12月 学習院大学).
  82. Noriko Akutsu.
    Step Zipping near Equilibrium in the Vicinal Surface: The Restricted Solid-on-Solid Model with the Inter-Step Attraction of the Point-Contact Type, International Symposium on Surface Science --Towards Nano-, Bio-, and Green Innovation -- (ISSS-6), Abstracts p.p. 165-165 (December 2011, Tower Hall Funabori, Tokyo, Japan).
  83. Takafumi Sohara, Noriko Akutsu, and Masato Takei.
    A Monte Carlo study on the prevention of crystal growth: Effect of the large size adsorbates having crystal growth inhibition activity, International Symposium on Surface Science --Towards Nano-, Bio-, and Green Innovation -- (ISSS-6), Abstracts p.p. 158-158 (December 2011, Tower Hall Funabori, Tokyo, Japan).
  84. Noriko Akutsu.
    Non-Universal Form of the Anisotropic Vicinal Surface Free energy: The Restricted Solid-on-Solid Model with the Inter-Step Attraction of the Point-Contact Type, International Symposium on Surface Science --Towards Nano-, Bio-, and Green Innovation -- (ISSS-6), Abstracts p.p. 149-149 (December 2011, Tower Hall Funabori, Tokyo, Japan).
  85. Noriko Akutsu, Takao Yamamoto, and Hiroki Hibino.
    Interplay between Steps and 7x7-1x1 Transition on Vicinal Si(111) Surface, International Symposium on Surface Science --Towards Nano-, Bio-, and Green Innovation -- (ISSS-6), Abstracts p.p. 122-122 (December 2011, Tower Hall Funabori, Tokyo, Japan).
  86. Daiki Watanabe, Yusuke Ogihara, Hiraku Nishimori, Akinori Awazu, Noriko Akutsu.
    A model of group foraging by ants with a combined use of visual and chemical cues, 第49回日本生物物理学会年会(2011年9月 兵庫県立大学).
  87. 渡邊大樹、荻原悠佑、西森拓、粟津暁紀、阿久津典子.
    「化学情報と視覚情報を考慮したアリの採餌行動シミュレーション:鈍感アリの効果」.第21回日本数理生物学会年会(2011年9月 明治大学).
  88. 渡邊大樹、久保田貴、初川和也、阿久津典子、西森拓.
    「多層セルオートマトン法によるアリの採餌行動シミュレーション―アリの渋滞とフェロモンの途切れ―」.第21回日本数理生物学会年会 (2011年9月 明治大学).
  89. 阿久津典子.
    「結晶平衡形ファセット端近傍における非普遍的シェイプ・エクスポーネント:点接触型ステップ間引力のあるRSOS模型に関する密度行列繰り込み群計算」第41回日本結晶成長国内会議 (2011年11月 つくば国際会議場).
  90. 阿久津典子.
    「平衡に近い結晶表面におけるステップ・ジッピング現象:ステップ間引力によって生じた表面張力特異性による現象」第41回日本結晶成長国内会議 (2011年11月 つくば国際会議場).
  91. 阿久津典子.
    「ステップ液滴描像に基づく非普遍的微斜面自由エネルギーの近似的導出」第41回日本結晶成長国内会議 (2011年11月 つくば国際会議場).
  92. 阿久津典子.
    「平衡状態近傍の結晶微斜面におけるZipping現象―表面張力特異性によるステップ・バンチング―」, 非平衡系の物理 -ミクロとマクロの架け橋- (2011年8月 京都大学基礎物理学研究所).
  93. 阿久津典子.
    「非普遍的表面自由エネルギーを持つ微斜面の表面スティフネス・テンソルとガウス曲率」, 日本物理学会2011年秋季大会 (2011年9月 富山大学).
  94. 阿久津典子.
    「平衡状態近傍でのステップ・バンチングとステップ・スティフニング:点型ステップ間引力が引き起こす表面自由エネルギーの特異性による効果」, 日本物理学会2011年秋季大会 (2011年9月 富山大学).
  95. 阿久津典子.
    「微斜面の準非普遍的表面自由エネルギーとステップバンチング」, 日本物理学会2011年秋季大会 (2011年9月 富山大学).
  96. 渡邊大樹、荻原悠佑、西森拓、粟津暁紀、阿久津典子.
    「化学情報と視覚情報を組み合わせたアリの採餌行動モデル―鈍感アリの存在と採餌効率」, 日本物理学会2011年秋季大会 (2011年9月 富山大学).
  97. 渡邊大樹、久保田貴、初川和也、阿久津典子、西森拓.
    「アリの採餌行動におけるアリの渋滞とフェロモンの途切れ―無感アリを取り入れた多層セルオートマトン法シミュレーション―」, 日本物理学会2011年秋季大会 (2011年9月 富山大学).
  98. 渡邊大樹、荻原悠佑、桐谷祐司、西森拓、阿久津典子.
    「走化性と走光性を考慮した二個性からなる蟻集団の採餌シミュレーション」, 日本物理学会2011年年次大会 (2011年3月 新潟大学).
  99. 阿久津典子.
    「ステップ間引力による異方的表面張力の異常性が引き起こす非平衡現象―熱平衡状態への緩和途中における微斜面のステップ・ジッピング―」, 日本物理学会2011年年次大会 (2011年3月 新潟大学).
  100. 渡邊 大樹、堤 隆治、阿久津 典子.
    「セルオートマトン法によるアリの採餌行動シミュレーション:「鈍感アリ」の効果」, 日本物理学会2010年秋期大会 (2010年9月 大阪府立大学).
  101. 阿久津典子.
    「結晶平衡形の異常なシェイプエクスポーネントと微斜面におけるquasi-non-universal な振る舞い―p-RSOS模型の密度行列繰り込み群計算より―」日本物理学会2010年秋期大会 (2010年9月 大阪府立大学).
  102. 阿久津典子,山本隆夫,日比野浩樹.
    「Si(111)面(1×1)-(7×7)構造変化に関する微斜面効果V ―低温でのステップ・バンチング消失とmRSOS-I模型の相図―」日本物理学会2010年秋期大会 (2010年9月 大阪府立大学).
  103. 阿久津典子,山本隆夫,日比野浩樹.
    「Si(111)面(1×1)-(7×7)構造変化に関する微斜面効果IV ―<-1-12>方向に傾いた微斜面でステップ・バンチングが消失する温度近傍の密度行列くりこみ群計算―」日本物理学会2010年年次大会 (2010年3月 岡山大学).
  104. Noriko Akutsu.
    CALCULATION OF STEP TENSIONS AND ROUGHENING TRANSITION TEMPERATURES WITH OR WITHOUT ADSORBATES ON THE SURFACE OF ICE CRYSTAL, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice (PCI2010-12),(September 2010, Hokkaido University, Sapporo, Japan).
  105. Takafumi Sohara, Noriko Akutsu, Masato Takei.
    COMPETITION BETWEEN THE GROWTH OF A TWO DIMENSIONAL SMALL ICE CLUSTER AND THE LINKING OF ADSORBATES HAVING CRYSTAL GROWTH INHIBITION ACTIVITY: AN APPROACH TO THE PREVENTION OF FREEZE DUE TO ANTI-FREEZE (GLYCO-) PROTEIN, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice (PCI2010-12),(September 2010, Hokkaido University, Sapporo, Japan).
  106. Noriko Akutsu.
    Zipping Process on the Step Bunching in the Vicinal Surface of the Restricted Solid-on-Solid Model with the Step Attraction of the Point Contact Type, The 16th International Conference on Crystal Growth (ICCG-16),(August 2010, Continental Grand Hotel, Beijing, China).
  107. Takafumi Sohara, Noriko Akutsu, Masato Takei.
    Analysis of Percolation Behavior on the Growth of Two-Dimensional Aggregation with Adsorbates Having Crystal Growth Inhibition Activity: An Approach to the Prevention of Freeze due to Anti-Freeze (Glyco-) Protein, The 16th International Conference on Crystal Growth (ICCG-16),(August 2010, Continental Grand Hotel, Beijing, China).
  108. 阿久津典子,山本隆夫,日比野浩樹.
    「Si(111)面(1x1)-(7x7)構造変化に関する微斜面効果III―interplay factor の温度変化を取り入れたmodified RSOS-I模型による密度行列繰り込み群計算―」日本物理学会2009年秋期大会 (2009年9月 熊本大学).
  109. 曽原崇史,阿久津典子,竹居正登.
    「不凍糖タンパク質による排除体積効果を考慮した氷の2次元DLA成長II--不純物パーコレーションと氷成長の競合--」日本物理学会2009年秋期大会 (2009年9月 熊本大学).
  110. 阿久津典子,山本隆夫,日比野浩樹.
    「Si(111)面(1x1)-(7x7)構造変化に関する微斜面効果II--modified RSOS-I模型による密度行列繰り込み群計算--」日本物理学会2009年年次大会 (2009年3月 立教大学).
  111. 曽原崇史,阿久津典子.
    「S広告の視認性評価―セルオートマトン法による人の流れ―」日本物理学会2008年秋期大会 (2008年9月 岩手大学).
  112. 曽原崇史,阿久津典子.
    「不凍糖タンパク質による排除体積効果を考慮した2次元DLA成長」日本物理学会2008年秋期大会 (2008年9月 岩手大学).
  113. 阿久津典子,日比野浩樹,山本隆夫.
    「吸着子による熱的なステップ端上段/下段デコレーション:変形RSOS-Ising結合模型のモンテカルロ・シミュレーション」日本物理学会2008年秋期大会 (2008年9月 岩手大学).
  114. 阿久津典子.
    「点接触型ステップ間引力を持つRSOS模型のステップ・バンチング―異方的表面自由エネルギーのDMRG計算―」日本物理学会2008年秋期大会 (2008年9月 岩手大学).
  115. 阿久津典子.
    「分子間力に起因するステップ間引力によるステップバンチングの探索 --異方的表面自由エネルギーのDMRG計算(RSOS模型)--」日本物理学会2008年年次大会 (2008年3月 近畿大学).
  116. Noriko Akutsu, Hiroki Hibino and Takao Yamamoto.
    A Lattice Model for Thermal Decoration on the Step Edge and Step Bunching in Vicinal Surface with Sub-monolayer Adsorbates, The 5th International Symposium on Surface Science and Nanotechnology (ISSS-5), (November 2008, International Conference Center Waseda University, Tokyo, Japan).
  117. Noriko Akutsu.
    Thermal Step Bunching on the Restricted Solid-on-Solid Model with Point Contact Inter-Step Attractions, The 4th Vacuum and Surface Sciences Conference of Asia and Australia (VASSCAA-4), (October 2008, Kunibiki Messe, Matsue, Japan).
  118. Noriko Akutsu and Yoshinari Kakii.
    The Adsorption-Induced Thermal Step-Bunching on the Hexagonal Lattice System, The 9th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-9), (November 2007, Komaba Research Campus of The University of Tokyo, Tokyo, Japan).
  119. Noriko Akutsu and Takao Yamamoto.
    Si (111) (7x7) to (1x1) phase transition on the vicinal surface: A density matrix renormalization group study, The 9th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-9), (November 2007, Komaba Research Campus of The University of Tokyo, Tokyo, Japan).
  120. Noriko Akutsu and Takao Yamamoto.
    Order-Fluctuations Induced Inter-Step Attraction and the Thermal Step Bunching, The 15th International Conference on Crystal Growth(ICCG-15), (August, 2007, Salt Lake City, Utah, USA).
  121. 阿久津典子,山本隆夫.
    「Si(111)面(1x1)-(7x7)構造変化に関する微斜面効果--RSOS-I模型による密度行列繰り込み群計算--」,日本物理学会2007年年次大会(2007年9月 北海道大学).
  122. 阿久津典子,山本隆夫.
    「臨界線近傍における数値くりこみ群(PWFRG)の固定点:RSOS-I模型におけるサーマル・ステップ・バンチング」,日本物理学会2007年春季大会(2007年3月 鹿児島大学).
  123. 阿久津典子.
    「RSOS-I模型におけるサーマル・ステップ・バンチングの相図 (数値くりこみ群法)-吸着子の有る微斜面-」,日本物理学会2007年春季大会(2007年3月 鹿児島大学).
  124. 阿久津典子.
    「RSOS-I模型における結晶平衡形およびシェイプ・エクスポーネント (数値くりこみ群法)-吸着子の有る微斜面-」,日本物理学会2007年春季大会(2007年3月 鹿児島大学).
  125. 阿久津典子,阿久津泰弘.
    「スタガードBCSOS模型の結晶平衡形およびシェイプ・エクスポーネント(数値くりこみ群法)-極性結晶におけるラフニング転移と結晶の形-」,日本物理学会2007年春季大会(2007年3月 鹿児島大学).
  126. Noriko Akutsu.
    Quasi-Reentrant Behavior of the Step Stiffness in the Vicinal Surface with Adsorption: A statistical Mechanical Study, 4th International Symposium on Surface Science and Nanotechnology (ISSS-4), (November 2005, Omiya, Saitama, Japan).
  127. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    The Statistical Mechanics of the Adsorption Induced Thermal Step Bunching: The Case of Adsorbates with Repulsive Interaction, The 7th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-7),(November 2003, Nara, Japan).
  128. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Statistical Mechanics of Vicinal Surface with Adsorption, International Workshop on Atomic-Scale Surface Dynamics of Advanced Materials, (November 2001, Izu Nagaoka, Shizuoka).
  129. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Inter-Step Attraction on the Vicinal Surface with Adsorption, The Thirteenth International Conference on Crystal Growth, (July 2001, Doshisha University, Kyoto).
  130. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Naoyuki Kinoshita.
    A Lattice Gas Model for (111) Surface of Diamond Structure, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SURFACE AND INTERFACE --PROPERTIES OF DIFFERENT SYMMETRY CROSSING-- (ISSIPDSC-2000),(October 2000, Aichi-ken Sangyo Boueki-Kan, Nagoya).
  131. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Statistical Mechanics of the Vicinal Surface with Adsorption, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SURFACE AND INTERFACE --PROPERTIES OF DIFFERENT SYMMETRY CROSSING-- (ISSIPDSC-2000),(October 2000, Aichi-ken Sangyo Boueki-Kan, Nagoya).
  132. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Vicinal Surface with Adsorption: Step Smoothening Transition, International Symposium on Surface Science for Micro- and Nano- Device Fabrication (ISSS-3)(November 1999, Waseda University, Tokyo).
  133. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    STATISTICAL MECHANICS OF VICINAL SURFACE WITH ADSORPTION, THE 3RD TOHWA UNIV. INTERNATIONAL CONFERENCE ON STATISTICAL PHYSICS.(November 1999, Tohwa University, Fukuoka).
  134. Noriko Akutsu, Yasuhiro Akutsu and Takao Yamamoto.
    Step Smoothening Transition in the Adsorbed Surface, The Third International Symposium on Control of Semiconductor Interfaces (ISCSI-III) (October 1999, Karuizawa).
  135. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    STEP STIFFNESS, KINK ENERGY AND EQUILIBRIUM ISLAND SHAPE OF THE RECONSTRUCTED Si(111) SURFACE, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SURFACE AND INTERFACE PROPERTIES OF DIFFERENT SYMMETRY CROSSING (ISSIPDSC98). (November 1998, Tokyo Institute of Technology, Tokyo).
  136. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    KINK ENERGY, STEP TENSION AND STEP STIFFNESS OF RECONSTRUCTED SURFACES, The Fourth International Symposium on Atomically Controlled Surfaces and Interfaces (ACSI-4) (October 1997, Waseda University, Tokyo).
  137. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Equilibrium Crystal Shape of Complex Crystals: Ambiguity of the Wulff Point, IVC-13/ICSS-9 (13th International Vacuum Congress/ 9th International Conference on Solid Surfaces) (September 1995 Yokohama).
  138. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Universal Fluctuation-Width of a Step on Vicinal Surface, International Symposium on Intelligent Design and Synthesis of Electronic Material Systems (November 1992 Osaka).
  139. M. Niwa, H. Iwasaki, Y. Watanabe, I. Sumita, N. Akutsu and Y. Akutsu.
    Statistical properties of atomic-scale Si/SiO_2 interface roughness studied by STM,The First International Symposium on Atomically Controlled Surfaces and Interfaces (October 1991,University of Tokyo).
  140. Takao Yamamoto, Yasuhiro Akutsu and Noriko Akutsu.
    Relaxation of Crystal Shape Profile near the Facet Edge, THE 1ST TOHWA UNIV. INTERNATIONAL CONFERENCE ON STATISTICAL PHYSICS (November 1991, Tohwa University, Fukuoka).
  141. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Roughening and Faceting Transition of GaAs Type Crystals, Yamada Conference XXVI Surface as a New Material, (July 1990 Osaka).
  142. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    Critical Curve of Two-Dimensional Ising Antiferromagnet in Magnetic Field, Yamada Conference XXV on Magnetic Phase Transition, (April 1990 Osaka).
  143. Nahonori Miyata, Yoshihide Kimishima, Noriko Akutsu and Isamu Oguro.
    New Ferromagnetic Amorphous Silicates, Yamada Conference XXV on Magnetic Phase Transition, (April 1990 Osaka) .
  144. Yasuhiro Akutsu, Noriko Akutsu and Takao Yamamoto.
    Novel Universal Critical Behavior of Equilibrium Crystal Shape, The Ninth International Conference on Crystal Growth, (August 1989 Sendai) Abstracts p. 90.
  145. Noriko Akutsu and Yasuhiro Akutsu.
    A Random Walk Method for Anisotropic Interface Tension and Facet Shape, The Ninth International Conference on Crystal Growth, (August 1989 Sendai) Abstracts p. 90.
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C)(2)) 研究代表者,4,500千円 受領.
    研究課題「1次元相互作用ボーズ粒子系の自由エネルギー:結晶微斜面における不連続表面張力」(課題番号25400413)(2013年~2016年).
  2. 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C)(2)) 研究代表者,1,500千円 受領.
    研究課題「吸着子のある微斜面の統計力学:吸着子とステップの熱的相互作用機構の解明」(課題番号15540323)(2003年~2004年).
  3. 大阪電気通信大学 学術フロンティア事業 「界面領域新機能材料の研究」 推進委員.5,000千円 受領(1998年~2002年).
  4. 学振未来開拓学術研究推進事業「原子スケール表面・界面ダイナミクス」 研究プロジェクト「成長表面・界面の動的挙動と原子スケールシミュレーション」 (JSPS-RFTF97P00201)研究分担者,6,500千円 受領(1997年~2001年).
  5. 文部省科学研究費補助金・一般研究(C) 研究代表者,1,500千円 受領.
    研究課題「制限SOS模型およびBCSOS模型における相転移と単一ステップゆらぎ幅」(課題番号07640521)(1995年~1997年).
  6. 林女性自然科学者研究助成基金・研究助成 研究代表者,1,000千円 受領.
    研究課題「二成分定比化合物の結晶平衡形とステップ・ダイナミクス」(1993年~1994年).
  7. 文部省科学研究費補助金・重点領域研究 研究代表者,2,400千円 受領.
    研究課題「ステップ系の統計力学と結晶形のダイナミクス」(課題番号03243218,04227228,05211221)(1991年~1993年).
  8. 文部省科学研究費補助金・奨励研究A 研究代表者,900千円 受領.
    研究課題「1次元界面に対するランダムウォーク描像の普遍性」(1991年).
  9. (財) 材料科学技術振興財団より奨学寄附金,2,000千円 受領(1989年~1990年).

  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 第13回結晶成長国際会議(The Thirteenth International Conference on Crystal Growth,平成13年7月,同志社大学)関西現地委員およびプログラム委員(2000年~2001年).

阿久津 典子(あくつ のりこ)AKUTSU Noriko

  • 所属部署
    工学部 環境科学科 教授
    大学院 工学研究科 先端理工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
  1. 寝屋川市駅東地区ホール検討委員会委員(2004年9月~2005年3月).
  2. 寝屋川市男女共同参画審議会委員(2000年4月~2002年3月).
  3. 寝屋川市女性問題懇話会委員(1999年4月~1999年12年3月).

  • 公的機関等における委員・役員など
  1. 第23期日本学術会議連携会員(2014年~現在).
  2. 第22期日本学術会議連携会員(2011年~2014年).
  3. 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員(2012~2013年)
  4. 科学研究費補助金審査部会「各研究領域専門委員会」委員(2008年度)
  5. 科学研究費補助金審査委員第一段階(2006年度)

  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. 第18回結晶成長国際会議(ICCGE-18)実行委員会(広報担当:副委員長、2016年2月~2017年1月)
  2. 日本結晶成長学会理事(2013年~現在)
  3. 日本結晶成長学会評議委員(2001年~2003年)

  • その他
  1. 阿久津典子.
    表面界面と結晶成長I―結晶平衡形,平衡ラフニング転移,微斜面の普遍的性質―.第35回結晶成長討論会 結晶成長基礎講習会(2011年8月ホテルビアスパークしもつま、茨城).
  2. 阿久津典子.
    「結晶成長の物理」,応用物理学会 結晶工学スクール(2003年7月龍谷大学).

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS