大阪電気通信大学 教員情報データベース >高見 友幸

デジタルゲーム学科 所属教員一覧

高見 友幸(たかみ ともゆき)TAKAMI Tomoyuki TAKAMI Tomoyuki

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 専門分野
    デジタルゲーム学、遊戯史学、レーダー情報処理
  • 研究テーマ
    ゲーム開発手法、組込みシステム設計、将棋の歴史、摩訶大将棋の復刻
  • 経歴
    • 学歴
      京都大学理学部 卒業
      京都大学大学院工学研究科電子工学専攻 博士課程 修了
    • 職歴
      駿台予備学校 物理科 講師
      京都大学超高層電波研究センター 研修員
      大阪電気通信大学短期大学部 助教授
      大阪電気通信大学総合情報学部デジタルゲーム学科 准教授
  • 取得学位等
    工学博士(京都大学)
  • 受賞、顕彰など
  • 所属学会
    ゲーム学会、芸術科学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、日本バーチャルリアリティ学会

高見 友幸(たかみ ともゆき)TAKAMI Tomoyuki

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動
    オープンキャンパスにて、大画面アミューズメントを展示

  • その他

高見 友幸(たかみ ともゆき)TAKAMI Tomoyuki

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    スクリプトプログラミング演習2
    デジタル回路基礎
    コンピュータアーキテクチャ
    デジタルインタフェース
    基礎力学・物理学
    ハードウェアプログラミング
    ゲームの数学2

  • 大学院教育(講義)
    アニメーションプログラミング特論

  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 11名
    • 修士論文等の指導: 2名
    • 博士論文等の指導: 2名

ティーチング・ポートフォリオ

  • 授業に臨む姿勢
  • 教育活動自己評価
  • 授業改善のための研修活動等
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
  • 具体的な達成目標に対する達成度
  • 学生からの要望への対応

高見 友幸(たかみ ともゆき)TAKAMI Tomoyuki

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 著書


  • 学術論文・作品など
  1. 論文:S. Hirai and T. Takami, Effect of the length of inflation on angular TT and TE power spectra in power-law inflation, Classical and Quantum Gravity, Volume 23, 2541-2558, 2006.
  2. 論文:M.J. Hayashi, S. Hirai, T. Takam, Y. Okamei, K. Takagi, and T. Watanabe, Angular Power Spectrum in Modular Invariant Inflation Model, International Journal of Modern Physics A, vol.22, 2223-2237, 2007.
  3. 作品:緋田雅之, 山脇直樹, 高見友幸, 不思議な床, 2009アジアデジタルアート大賞展・カテゴリーA・インタラクティブアート部門・優秀賞受賞, 2010.
  4. 論文:近赤外線レーダーを用いたマルチタッチテーブルの設計および床・壁ディスプレイへの応用, 高見友幸, 松村匡浩, 籔貴晶, 山脇直樹, 永井裕樹, 西崎敦, 岡本誠, 緋田雅之, ゲーム学会誌, vol4, 26-31, 2010.
  5. 論文:S. Hirai and T. Takami, Length of inflation and Non Gaussianity, International Journal of Modern Physics D, vol.20, 361-370, 2011.
  6. 作品:藤本雄作・緋田雅之・大阪電気通信大学高見研究室, ゆかがみ, 神戸ビエンナーレ2011 アートインコンテナ国際コンペティション・入賞, 2011.
  7. 作品:大平剛&大阪電気通信大学高見研究室, 巨大∞プチプチ, おおさかカンヴァス推進事業・選考作品, 2011.
  8. 論文:大野峻, 田村一樹, 飯田聡, 甲斐誠也, 高見友幸, 摩訶大将棋の復刻, 映情学技報, Vol.37, No.17, AIT2013-86, 171-174, 2013.
  9. 論文:前川泰之、柴垣佳明、高見友幸、Ku帯衛星回線における前線の種類別に応じたサイトダイバーシティによる降雨減衰対策について、信学技報, vol.113, AP2013-53, 37-42, 2013.
  10. 作品:福井俊介 & 大阪電気通信大学 高見研究室, 巨大!LEDキューブパズル, 神戸ビエンナーレ2013 アートインコンテナ国際コンペティション・入賞, 2013.
  11. 作品:みると, 濱口健太, 樹紫苑, 高見友幸, To the Sound of the Earth, 神戸ビエンナーレ2013 ミュージック&アートステージ コンペティション・入賞, 2013.
  12. 作品:大阪電気通信大学 デジタルゲーム学科 高見研究室、アドバンスド摩訶大将棋、SENSE OF WONDER NIGHT 2016 最終ノミネート、幕張メッセ、2016.
  13. 論文:高見友幸,中根康之,原久子,大型将棋の成立順に関する考察,映情学技報,Vol.40,No.11,AIT2016-86,147-150,2016.
  14. 論文:高見友幸、中根康之、原久子、摩訶大将棋の復刻、大阪電気通信大学人間科学研究、Vol.19、63-80、2017.
  15. 論文:高見友幸、喜田隆司、象戯圖に基づく大将棋の復刻、国際ICT利用研究学会創立記念論文誌、117-122、2017.


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. 国際会議:M.J. Hayashi, S. Hirai, T. Takami, Y. Okame, K. Takagi, and T. Watanabe, Angular Power Spectrum in Modular Invariant Inflation Model, The 9th International Symposium "Frontiers of Fundamental and Computational Physics", Udine and Trieste, Italy 7-9 January 2008, Proceedings of Frontiers of Fundamental and Computational Physics, 74-79, 2008.
  2. 国際会議:A. Karino, T. Iwamoto, S. Nakata, M. Hida, and T. Takami, Development of Multi-touch TableGames with Real Objects, Singapore 18-19 June 2010, NICOGRAPH International 2010(CD-ROM), 2010.
  3. 国際会議:T. Iwamoto, A. Karino, M. Hida, A. Nishizaki, and T. Takami, Development of Wall Amusements Utilizing Gesture Input, Souel, Korea 8-11 September 2010, International Conference on Entertainment Computing 2010, Proceedings of ICEC 2010, 499-501, 2010.
  4. 作品発表:不思議な床(インタラクティブアート), 緋田雅之, 山脇直樹, 高見友幸, 2009アジアデジタルアート大賞展・インタラクティブアート部門優秀賞受賞作品(福岡アジア美術館)、2010年2月16日~28日.
  5. 作品発表:マルチタッチテーブルのアミューズメント(デジタルゲーム), 北川俊輔, 緋田雅之, 高見友幸, インタラクティブ東京2010(日本科学未来館), 2010年8月23日~25日.
  6. 作品発表:ゆかがみ(インタラクティブアート), 藤本雄作・緋田雅之・大阪電気通信大学高見研究室, 神戸ビエンナーレ2011 アートインコンテナ国際コンペティション・入賞作品(神戸ハーバーランド), 2011年10月1日~11月23日.
  7. コンペ :巻菱湖の泰将棋(デジタルゲーム), 飯田 聡, 吉良有加, 大依信貴, 高見友幸, にいがたデジコングランプリ2011 スマートフォンアプリケーション部門・入賞, 2011年.
  8. 作品発表:巨大∞プチプチ(インタラクティブアート), 大平剛&大阪電気通信大学高見研究室, おおさかカンヴァス推進事業・選考作品(大阪市立海洋博物館なにわの海の時空館), 2011年11月23日~2012年1月29日.
  9. 作品発表:床大画面エクサテインメントの開発(エクサテインメント), 大杉友哉, 大谷聡子, 高見友幸, CEDEC 2012(パシフィコ横浜), 2012年8月20日~2012年8月22日.
  10. 国際会議:A. Karino, T. Osugi, Y. Kimura, and T. Takami, Development of exertainment with interactive floor display, Proceedings of 1st IEEE Gloval Conference on Consumer Electronics 2012, 99-100, 2012.
  11. 国際会議:Y. Kimura, A. Karino, H. Ohta, and T. Takami, Development of exergames with wall surface and range scanners, Proceedings of 1st IEEE Gloval Conference on Consumer Electronics 2012, 108-109, 2012.
  12. 国際会議:Y. Kimura, H. Ohta, A. Karino, and T. Takami, Development of wall amusement with infrared radars, Proceedings of the 2012 ACM ITS2012, 367-370, 2012.
  13. 学会発表:高見友幸、摩訶大将棋の研究(第2報)、ゲーム学会第12回合同研究会、大阪電気通信大学、2014年8月2日.
  14. 学会発表:中村直樹、田村一樹、高見友幸、摩訶大将棋対局時における脳血流計測、ゲーム学会第12回合同研究会、大阪電気通信大学、2014年8月2日.
  15. 学会発表:辻郁佳,笠井智仁,小松薫平,細見智貴,新谷綾子,谷口文隆,豊田健多,高見友幸、立体駒を用いたアドバンスド摩訶大将棋の開発、JPCATS2014、慶應義塾大学、2014年12月6日.
  16. 学会発表:高見友幸、易占と摩訶大将棋、ゲーム学会第13回全国大会、大阪大学中之島センター、2015年3月1日.
  17. 学会発表:細見智貴,笠井智仁,新谷綾子、高見友幸、立体駒を用いたアドバンスド摩訶大将棋の試作、ゲーム学会第13回全国大会、大阪大学中之島センター、2015年3月1日.
  18. 学会発表:植野雅之,和田慎二郎,高見友幸、ゲームプレイ時における心拍変動の分析と評価、ゲーム学会第13回全国大会、大阪大学中之島センター、2015年3月1日.
  19. 学会発表:豊田健多,谷口文隆,田村一樹,高見友幸、デジタル摩訶大将棋の棋譜解析と吹き出し機能、ゲーム学会第13回全国大会、大阪大学中之島センター、2015年3月1日.
  20. 学会発表:新谷綾子,細見智貴,高見友幸、LPC1114FN28を用いたデジタルボードゲームの設計、ゲーム学会第13回全国大会、大阪大学中之島センター、2015年3月1日.
  21. 学会発表:豊田健多,谷口文隆,田村一樹,高見友幸、アドバンスド摩訶大将棋の対局、インタラクション2015、2015年3月6日.
  22. 学会発表:新谷綾子、細見智貴、高見友幸、デジタルボードゲームの設計と試作、映像表現・芸術科学フォーラム2015、早稲田大学、2015年3月14日.
  23. 国際会議:H. Hara, Y. Nakane, and T. Takami, Reproduction of Maka Dai Shogi, NICOGRAPH International 2015, Tokyo, Japan, June 2015.
  24. 国際会議:Y. Nakane, H. Hara, and T. Takami, Computer Maka Dai Shogi, 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2015), Osaka, Japan, October 2015.
  25. 国際会議:M. Ueno, S. Wada, and T. Takami, Development of Game Player Analysis with Physiological Indexes, 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2015), Osaka, Japan, October 2015.
  26. 学会発表:高見友幸、中根康之、原久子、大型将棋の成立順に関する考察、映像表現・芸術科学フォーラム2016、東京工芸大学、2016年3月9日.
  27. 学会発表:高見友幸、久保直子、山本博史、中根康之、原久子、大型将棋における仲人の動きについて-象戯圖と普通唱導集の解読から-、ゲーム学会第14回全国大会、香川大学、2016年3月18-19日.
  28. 国際会議:Zhixin Shen, Masanori Fukui, Hisako Hara, Yasuyuki Nakane, and Tomoyuki Takami, Ancient Japanese Big Chess Reproduction: Development of Network Play System for Maka Dai Shogi, NICOGRAPH International 2016, Hangzhou, China (6-8 July 2016).
  29. 学会発表:木子香、原久子、高見友幸、「譜雙」の解読:盤双六の伝来と歴史、ゲーム学会第14回合同研究会研究報告集、1-2、2016.
  30. 学会発表:木子香、原久子、高見友幸、『譜雙』の解読:日本と中国の盤双六史、ゲーム学会第15回全国大会論文集、9-12、2016.
  31. 学会発表:高見友幸、中根康之、原久子、象戯圖に基づく大将棋の復刻、ゲーム学会第15回全国大会論文集、13-16、2016.
  32. 学会発表:高見友幸、木子香、原久子、古代盤双六の復刻:序報、ゲーム学会「ゲームと数理」第1回研究会研究報告集、2017.
  33. 学会発表:高見友幸、摩訶大将棋と薬師如来、ゲーム学会「ゲームと数理」第1回研究会研究報告集、2017.
  34. 国際会議:Hisako Hara, Kaori Kishi, Masanori Fukui, and Tomoyuki Takami, Ancient Japanese Board Sugoroku Reproduction:Development of Network Play System for Board Sugoroku, NICOGRAPH International 2017, 2017.
  35. 学会発表:高見友幸、大型将棋の成立順:考古学からの検証、ゲーム学会第15回合同研究会研究報告集、2017.
  36. 国際会議:Masanori Fukui, Zhixin Shen, Zhejun Liu, and Tomoyuki Takami, Floor Exertainment with Knight Tour Creator, NICOGRAPH International 2017, Kyoto, Japan, June 2017.
  37. 国際会議:Zhixin Shen, Zhejun Liu, Reika Sato and Tomoyuki Takami, Super Large Screen Games with Interactive Floor Display, 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2017), Aich, Japan, October 2017.
  38. 国際会議:Masayuki Ueno, Shinjiro Wada, Tomoyuki Takami, The EEG Analysis for Interactive Tasks, 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2017), Aich, Japan, October 2017.
  39. 学会発表:高見友幸、越智将大、松本宅馬、喜田隆司、大将棋の復刻:出土駒からの検証、ゲーム学会第16回全国大会論文集、2017.
  40. 学会発表:髙橋大希、新見康平、高見友幸、遠足アプリケーションのシステム設計、ゲーム学会第16回全国大会論文集、2017.
  41. 学会発表:喜田隆司、高見友幸、詰め大将棋の制作、ゲーム学会第16回全国大会論文集、2017.
  42. 学会発表:申 治辛、閻 雪冬、岩田速人、梅田力輔、川上史弥、小山夏樹、田中義人、植野雅之、廣瀬俊彦、高見友幸、床超大画面を用いたエクサテインメントの試作(序報)、ゲーム学会第16回全国大会論文集、2017.
  43. 学会発表:高見友幸、越智将大、松本宅馬、喜田隆司、池上寿樹、中西涼悠、仲人は取ることのできない駒:摩訶大将棋と大将棋の復刻、IIARS2017全国大会、2017.
  44. 学会発表:閻 雪冬、劉 哲均、申 治辛、梅田力輔、植野雅之、廣瀬 俊彦、高見友幸、床超大画面アプリケーションのプロトタイピング ー Unity を用いたマルチタッチライブラリの開発 ー、IIARS2017全国大会、2017.
  45. 学会発表:高見友幸、天変地異と摩訶大将棋 ―明月記と象戯圖の解読から―、古典籍文理融合シンポジウム、国立極地研究所、2018.


  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  1. 平成27年度中山隼雄科学技術文化財団 助成研究B(2016年3月〜2017年2月)
    摩訶大将棋の復刻および大型将棋の歴史に関する研究(研究代表者)


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. ゲーム学会事務局長(平成20年度~平成26年度)
  2. ゲーム学会副会長(平成21年度~平成26年度)

高見 友幸(たかみ ともゆき)TAKAMI Tomoyuki

  • 所属部署
    総合情報学部 デジタルゲーム学科 教授
    大学院 総合情報学研究科 デジタルゲーム学専攻 教授
    大学院 総合情報学研究科 コンピュータサイエンス専攻 教授
  • 地域社会における貢献
  1. 西淀川ものづくりまつり2011(西淀川区民センター)に出展, 2011.
  2. 第7回なわてふれあい商工まつり(四條畷市民総合センター)に出展, 2011.
  3. サンポート高松ちょびっとアート(e-とぴあ・かがわ情報通信交流館)に出展, 2012.
  4. 西淀川ものづくりまつり2012(西淀川区民センター)に出展, 2012.

  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
  1. ゲーム学会事務局長(平成20年度~平成26年度)
  2. ゲーム学会副会長(平成21年度~平成26年度)

  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


  • その他

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS