大阪電気通信大学 教員情報データベース >海本 浩一

医療福祉工学科 所属教員一覧

海本 浩一(うみもと こういち)UMIMOTO Koichi 画像の説明

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 専門分野
    Clinical Engineering
  • 研究テーマ
    在宅ケアに向けた機能水(電解水、オゾン水)生成装置の開発と利用に関する研究
    血液透析療法((モニタリングシステムとダイアライザの生体適合性、安全性に関する研究)
  • 経歴
    • 学歴
      1982年 大阪薬科大学・薬学部・薬学科卒
  • 職歴
    1982-1990年 公立忠岡病院
    1990-2001年 大阪労災病院
    1995-1996年 フランス・パリ大学医学部Necker病院 客員研究員
    2001年- 大阪電気通信大学 医療福祉工学科 教授
    2008年-2010年 大阪電気通信大学 医療福祉工学部長
    2009年-2010年 大阪電気通信大学 常任理事
    2010年4月-9月  フランス・パリ大学医学部Necker病院 客員研究員
    2015年3月- 大阪電気通信大学 評議員
  • 取得学位
    工学博士 (大阪府立大学、1998年)
  • 所属学会等
    American College of Clinical Engineering(ACCE)
    European Renal Asociation-European Dialysis and Transplant Asociation(ERA-EDTA)

海本 浩一(うみもと こういち)UMIMOTO Koichi

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 学科・学部の運営
    2016年度 学科主任
    2015年度 学科主任
    2014年度 学科主任
    2012年度 学科主任
    2011年度 学科主任
    2003年度 学科主任
     

  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動
    2012年~ 四條畷学舎・化学物質統括管理者
    2016年~ 生体を対象とする研究及び教育に関する倫理委員会・委員長




海本 浩一(うみもと こういち)UMIMOTO Koichi

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 学部教育(講義)
    生理学
    生化学
    薬理学
    医療関係法規
    公衆衛生と医療の法律
    生体機能代行装置学Ⅲ(血液浄化)
    医用機器安全管理学実習
    医用治療機器学実習
    生体機能代行装置学実習Ⅰ
    生体機能代行装置学実習Ⅱ
    医療工学特別実習
    臨床実習
    特別講義1,2


  • 大学院教育(講義)
    臨床工学特論


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導: 13名
    • 修士論文等の指導: 0名
    • 博士論文等の指導: 2名

海本 浩一(うみもと こういち)UMIMOTO Koichi

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 著書

著書:生体機能代行装置学 -血液浄化- 
編著:海本浩一
著者:北村 洋、岩谷博次、平井康裕
出版社:東京電機大学出版局
2010年3月10日発行
ISBN 978-4-501-32750-7 C3055

著書:くすりと薬理 
編著:海本浩一
著者:岩谷博次
出版社:東京電機大学出版局
2017年9月20日発行
ISBN 978-4-501-33240-2 C3055


  • 学術論文・作品など

Original articles
Masahiro Miyata, Syuji Konishi, Yoshimasa Shimamoto, Aki kamada, Koichi Umimoto:“Influences of sterilization and storage period on polyvinylprolydone elution from wet-type polysulfone membrane dialyzers.”ASAIO J. Vol.61, pp.468-473 (2015)

Proceedings
K. Umimoto, N. Morimoto, A. Kamada, S. Nagata and J. Yanagida:“A simple device producing electrolyzed water for home care. ”IFMBE Proceedings Vol.51, pp.1419-1422 (2015)

Koichi Umimoto, Aki Kamada, Masahiro Miyata, Syunji Nagata and Junichiro Yanagida:“Studies on the Use of Electrolyzed Water as a Disinfectant at Home Care.” GLOBAL HEALTH 2014 : The Third International Conference on Global Health Challenges. pp.5-7 (2014)

K. Umimoto, S. Nagata and J. Yanagida:“Development of device producing electrolyzed water for home care.” Journal of Physics, Conference Series Vol.450, 012035, pp.1-5 (2013)

K. Umimoto, K. Fujiwara, S. Nagata and J. Yanagida:“Apparatus producing a wide variety of electrolyzed water for home care.” IFMBE Proceedings Vol.39, pp.696–699 (2012)

K. Umimoto, H. Kawanishi, Y. Shimamoto, M. Miyata, S. Nagata, and J. Yanagida:
“Measurement of Available Chlorine in Electrolyzed Water Using Electrical Conductivity.” IFMBE Proceedings Vol.35, pp.324–327 (2011)

K. Umimoto, H. Kawanishi, Y. Tachibana, N. Kawai S. Nagata and J.Yanagida:“ Development of automatic controller for providing multi electrolyzed water.”
IFMBE Proceedings Vol 25, pp.306–309 (2009)

K. Umimoto, Y. Kanaya , H. Kawanishi, N. Kawai:“Measuring of uremic substances in
dialysate by visible ultraviolet spectroscopy.” IFMBE Proceedings Vol.25, pp.42–45 (2009)

K. Umimoto, H. Kawanishi, K. Kobayashi and J. Yanagida:“Development of a Device to Provide Electrolyzed Water for Home Care.” Biomed 2008, IFMBE Proceedings Vol.21,
pp.738–741 (2008)

K. Umimoto, Y. Tastumi, H. Kanaya, K.J okei,:“ Analysis of uremic substances in dialysate by visible ultraviolet spectroscopy. ” IFMBE Proceedings Vol.14, pp.3078-3080 (2006)

K. Umimoto, Y. Tastumi, Y. Kumayama, K. Jokei :“Control of chlorine gas during strong acidic electrolyzed water production.” IFMBE Proceedings Vol.14, pp. 3604-3607 (2006)

Y. Tatsumi, K. Umimoto, Y. Kumayama, K. Jokei:“ Effect of long-term storage on bactericidal activity of strong acidic electrolyzed water.” IFMBE Proceedings Vol.14, pp.3596-3599 (2006)


  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど

K. Umimoto, N. Morimoto, A. Kamada, S. Nagata and J. Yanagida:
A simple device producing electrolyzed water for home care.
IFMBE WC (Toronto) 2015

Koichi Umimoto, Miyuki Suyama, Yoshimasa Shimamoto, Masahiro Miyata, Aki Kamada:
DETECTION OF ALBUMIN FRAGMENTS ON DIALYZER MEMBRANES
51th ERA-EDTA (Amsterdam) 2014

Koichi Umimoto1, Yoshimasa Shimamoto, Kohei Mastushima, Masahiro Miyata:
SPECTRAL MEASUREMENT OF POLYVINYLPYROLIDONE ELUTED FROM POLYSULFONE MEMBRANES
51th ERA-EDTA (Amsterdam) 2014

Koichi Umimoto1, Aki Kamada, Masahiro Miyata, Syunji Nagata, Junichiro Yanagida:
Studies on the Use of Electrolyzed Water as a Disinfectant at Home Care. The Third International Conference on Global Health Challenges.GLOBAL HEALTH (Roma) 2014

Koichi Umimoto, Yoshimasa Shimamoto, Miyuki Suyama, Masahiro Miyata:
Real-time monitoring of polyvinylpyrrolidone eluted from polysulfone dialyzer.
50th ERA-EDTA (Istanbul) 2013

Koichi Umimoto
Development of Clinical Engineering in Japan
35th IEEE・EMBS (Osaka) 2013

Koichi Umimoto, Syunji Nagata, Junichiro Yanagida
Development of producing electrolyzed water for home care
17th Sensors and their Applications (Dubrovnik) 2013

Masahiro Miyata, Shuji Konishi, Miyuki Suyama, Koichi Umimoto:Effect of a vitamin E coated polysulfone membrane dialyzer on elution of polyvinylpyrrolidone.ISN・WCN (Hong kong) 2013

Koichi.Umimoto, Kazuhiro.Fujiwara, Syunji.Nagata, Junichiro.Yanagida:Apparatus producing a wide variety of electrolyzed water for home care. Medical Physics and Biomedical Engineering WC (Beijing) 2012

Masahiro Miyata, Syuji Konishi, Miyuki Suyama, Koichi Umimoto:The effect of vitamin E coating on the membranes surface on the polyvinylpyrrolidone elution from polysulfon dialyzer. 5th iSHD (Taipei) 2012

Koichi Umimoto, Hideaki Kawanishi, Yoshimasa Shimamoto, Masahiro Miyata, Shunji Nagata, Junichro,Yanagida::Measurement of available chlorine in electrolyzed water using electrical conductivity. BioMed2011 and APCMBE(Kualalumpul) 2011

Koichi Umimoto, Yoshimasa Shimamoto, Yuni Kobayashi, Masahiro Miyata:Measurement of polyvinylpyrolidone using ultraviolet spectroscopy 48th ERA-EDTA (Prague) 2011

Koichi Umimoto, Yuichiro Nata, Yoshimasa Shimamoto, Masahiro Miyata:Monitoring the removal of uremic substances by ultraviolet spectroscopy. 48th ERA-EDTA (Prague) 2011

Koichi Umimoto, Yusuke, Kanaya, Nobuaki Kawai, Hideaki Kawanishi:Attempt to detect uremic substances in spent dialysate by optical measurement. 46th ERA-EDTA (Milan) 2009

Koichi Umimoto, Yusuke, Kanaya, , Hideaki Kawanishi, Nobuaki Kawai:Measuring of uremic substances in dialysate by visible ultraviolet spectroscopy. IFMBE Medical Physics and Biomedical Engineering WC (Munich) 2009

Koichi Umimoto, Hideaki Kawanishi, Nobuaki Kawai, Shunji Nagata, Junichro,Yanagida: Development of automatic controller for providing electrolyzed water. IFMBE Medical Physics and Biomedical Engineering WC (Munich) 2009 

Koichi Umimoto, et al.:Development of a Device to Provide Electrolyzed Water for Home Care.BioMed2008 4th Kualakumpur Intrenational Conference on Biomedical Engineering(Kualakumpur) 2008

K.Umimoto, et al:ANALYSIS OF ADSORBED PLASMA PROTEIN TO HEMODIALYSIS MEMBRANE 44th ERA- EDTA (Balcelona) 2007

K.Umimoto, et al:Attempt to detect uremic substances in spent dialysate by optical measurement. 44th ERA- EDTA (Balcelona) 2007

K.Umimoto, et al : Analysis of uremic substances in dialysate by visible
ultraviolet spectroscopy. IFMBE World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (Seoul) 2006

K.Umimoto, et al :Control of chlorine gas during strong acidic electrolyzed water production. IFMBE World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (Seoul) 2006

Y.Tatsumi, K. Umimoto, et al :Effect of long-term storage on bactericidal activity
of strong acidic electrolyzed water. IFMBE World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (Seoul) 2006

Y.Tatsumi, K. Umimoto, et al : Protein adsorption to hemodialysis membranes:Effect of dialysate backfiltration? International Society of Blood Purification(NARA)2006

K.Umimoto, et al : Characteristics of strong acidic electrolyzed water.
IFMBE-APCMBE (Tsukuba) 2005

K.Umimoto, et al : Evaluation of strong acidic electrolyzed water for the disinfection. IEEE-EMBS APCMBE (NARA) 2003


-科学研究費
科学研究費(日本学術振興会)基盤研究(C)在宅ケアに向けた殺菌・消毒液自動生成装置の開発 
2012年-2014年(3年)

科学研究費(日本学術振興会)基盤研究(C)人と環境にやさしい在宅用消毒液生成装置の作製と利用に関する研究
2009年-2012年(3年)

-研究助成金
公益財団法人 大阪ガスグループ福祉財団 研究助成金
高齢者の健康維持に向けた在宅での電解水利用に関する研究
2013年-2014年(1年)

財団法人 医科学研究応用財団 研究助成金
QOL向上を目指した在宅用消毒剤作成装置の試作と利用に関する研究
2010年-2011年(1年)


-特許
(出願)
発明の名称:APPARATUSES AND METHODS TO PROVIDE ELECTROLYZED FLUID
発明者:Koichi Umimoto, Syunji Nagata, Aki Kamada
米国出願日:2016年6月22日
国際出願番号:JP-925458-01-US-REG

(出願)
発明の名称:DEVICE AND METHOD FOR PRODUCING ELECTROLYZED LIQUID
発明者:海本浩一、永田俊司
国際出願日:March 1, 2013
国際出願番号:PCT/JP2013/001271
米国移行日:2013年10月31日
米国出願番号:14/115,085

(出願)
発明の名称:DEVICE AND METHOD PRODUCING ELECTROLYZED LIQUID
発明者:海本浩一、永田俊司
国際出願日:2012年12月27日
国際出願番号:PCT/JP2012/008363
米国移行日:2013年10月9日
米国出願番号:14/110,743

(特許)
名称:電解水生成装置及び電解水生成方法
発明者:海本浩一、永田俊司
権利者:学校法人 大阪電気通信大学
種類:特許
番号:特許第4580039
取得年月日:平成22年9月3日
国内外の別:国内

(特許)
US Patent No.8, 173, 006B2(JP-800597-02-US-REG)
Invention title: Apparatus and Method for Producing Electrolyzed Water
Inventor : Syunji Nagata, Koichi Umimoto 


  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
    2015年 第1回世界クリニカルエンジニアリング学術大会・プログラム委員(Hangzhou China)
    2013年 IEEE-EMBS(Osaka) Session Organizer・Chair(Clinical Engineering) 
    2003年 IEEE-EMBS APCMBE(Nara)Session Chair(Clinical Engineering)

2010年~現在 関西ウオータ研究会 幹事
 

海本 浩一(うみもと こういち)UMIMOTO Koichi

  • 所属部署
    医療福祉工学部 医療福祉工学科 教授
    大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 教授
  • 地域社会における貢献
    関西サイエンスフォーラム「科学技術の新しい芽を考える異文野交流談話会」委員
    2003~現在





powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS