大阪電気通信大学 教員情報データベース >森下 聖

理学療法学科 所属教員一覧

森下 聖 Satoshi MORISHITA 画像の説明

  • 所属部署
    医療健康科学部 理学療法学科 特任講師
  • 専門分野
    運動器認定理学療法士
  • 研究テーマ
    スポーツ損傷に対する装具の研究開発
  • URL
  • 経歴
    • 学歴
      • 2013年3月 大阪保健医療大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 卒業
      • 2016年3月 大阪保健医療大学大学院 保健医療学研究科 保健医療学専攻 修了
      • 2020年4月 大阪電気通信大学大学院 医療福祉工学研究科 医療福祉工学専攻 博士後期課程 入学
    • 職歴
      • 2013年4月 医療法人社団 武部整形外科リハビリテーション 入職
      • 2017年4月 医療法人社団 武部整形外科リハビリテーション 副主任
      • 2019年7月 医療法人社団 武部整形外科リハビリテーション 主任
      • 2022年4月 大阪電気通信大学 医療健康科学部 理学療法学科 特任講師
  • 取得学位等
  • 2013年4月 理学療法士免許 取得
  • 2016年3月 修士(保健医療学)
  • 2018年4月 日本理学療法士協会 認定理学療法士 取得(運動器)
  • 2019年6月 理学療法士作業療法士臨床実習指導者講習会 修了
  • 2019年12月 一般社団法人 日本スポーツ医学検定機構 スポーツ医学検定1級 取得
  • 2020年9月 大阪府立大学大学院 地域リハビリテーション学コース 修了
  • 2022年3月 第1回理学療法士作業療法士専任教員講習会 修了
  • 受賞、顕彰など
    2018年12月 一般社団法人尼崎市医師会より勤務成績優秀により表彰
  • 所属学会
    日本理学療法士協会、大阪府理学療法士協会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本臨床スポーツ医学会、日本アスレチックストレーニング学会、保健医療学学会、日本リハビリテーション医学会、日本スポーツ理学療法学会

森下 聖 Satoshi MORISHITA

  • 所属部署
    医療健康科学部 理学療法学科 特任講師
  • 学科・学部の運営


  • 委員会、センター、研究所等の学内組織における活動


  • 本学と外部の産官学機関等との連携活動


  • 高大連携、オープンキャンパス、公開講座などの対外的活動

高大連携(2022〜)
オープンキャンパス(2022〜)

  • その他

森下 聖 Satoshi MORISHITA

  • 所属部署
    医療健康科学部 理学療法学科 特任講師
  • 学部教育(講義)
    障害学演習
    実践理学療法学演習A
    実践理学療法学演習B
    地域健康支援実習
    ベーシックキャリアデザイン
    バイオメカニクス
    臨床理学療法学演習A
    医学英語2
    キャリアデザイン
    総合理学療法技術演習
    臨床実習1~6
    卒業研究
  • 大学院教育(講義)


  • 論文等指導
    • 卒業論文等の指導:1名
    • 修士論文等の指導:0名
    • 博士論文等の指導:0名
  • ティーチング・ポートフォリオ
  • 授業に臨む姿勢
    わかりやすい図を示して解説し、実技を多く取り入れています。
  • 教育活動自己評価
    自ら実演し、学生に示します。
  • 授業改善のための研修活動等
    学内のFD+SD研修会に参加して、自己研鑽に努めます。
  • 能動的学修(アクティブ・ラーニング)の取組
    グループ学習やプレゼンテーション課題を多く取り入れ、フィードバックを行います。
  • 主要担当授業科目の概要と具体的な達成目標
    臨床実習に向けて、①情意領域(態度)②認知領域(知識)③精神運動領域(技術)を「知っている」とともに、「できる」ことを目標にしています。
  • 具体的な達成目標に対する達成度
    臨床実習のイメージができたとの評価を受けています
  • 学生からの要望への対応
    授業中にレポート作成の時間を設けています。

森下 聖 Satoshi MORISHITA

  • 所属部署
    医療健康科学部 理学療法学科 特任講師
  • 著書
  1. 「PT・OTのための運動学テキスト」,第1版補訂版(2021), 金原出版株式会社,(分担執筆)
  2. 「明解 スポーツ理学療法」,第1版(2021),三輪書店,(分担執筆)
  • 学術論文・作品など
  1. 有馬佑多, 小柳磨毅, 成俊弼, 森下聖, 向井公一, 池上慶篤, 平田海, 中野和彦:変形性膝関節症に向けて考案した弾性装具の力学的評価—内反膝モデルに対する制動性.臨床バイオメカニクスpp303-307,Vol. 43,2022
  2. 三浦 大祐,小柳 磨毅,向井 公一,成 俊弼,森下 聖,境 隆弘,越野 八重美,中野 和彦:ACL損傷の予防に向けて開発したElastomeric StrapのKnee-in抑制効果―二次元画像による着地動作の解析― .日本臨床スポーツ医学会誌pp611-617,Vol. 30 No.3, 2022
  3. 成 俊弼, 小柳 磨毅, 森下 聖, 向井 公一, 池上 慶篤, 平田 海, 中野 和彦:ACL不全膝に向けて開発したElastomeric Knee Braceの内旋制動効果- 膝モデルによる螺旋ストラップを加えた力学的評価 -.臨床バイオメカニクス pp275-280,第42巻,2021
  4. 三浦 大祐,小柳 磨毅,向井 公一,成 俊弼,森下 聖,中野 和彦:ACL損傷の予防に向けて開発したElastomeric StrapのKnee-in抑制効果― S.E.R.F. Strapとの比較 ― .スポーツ傷害(J. sports Injury)pp7-10,Vol. 25, 2020
  • 総説等
  1. 小柳 磨毅,成 俊弼,森下 聖,向井 公一,今高 康詞,松尾 高行:理学療法におけるポケットエコー(miruco)の活用.映像メディカル増刊号,pp90-94,産業開発株式会社(2021.5)
  • 国際会議、国内会議、発表会、コンクールなど
  1. S.Morishita,M.Koyanagi,K. Mukai,J. Song,D.Miura:Reproducibility of trunk lateral bending angle and medial knee displacement during a drop-landing motion on two-dimensional images. Asia Conference on Kinesiology(August,2021)
  • 紀要や研究会報告等の収録論文
  1. 森下 聖,境 隆弘:水平面画像を用いた投球動作における“膝割れ”の定評的評価. 保健医療大学紀要. pp18-26,Vol.2,2019
  2. 田中 宏一,武部 恭一,福原 良太,坂本 達也,森下 聖,他:院内新聞の有効性. 神戸国際大学リハビリテーション研究.pp35-38.第7号.2016
  3. 田中 宏一,武部 恭一,斉藤 洋輔,福原 良太,森 万希子,井上 裕太,坂本 達哉,森下 聖,他:運動器障害を持つ高齢者に対するサッカーボールを用いた理学療法の紹介. 神戸国際大学リハビリテーション研究.pp47-51.第7号.2014
  • 外部資金の獲得、特許・著作権等の知財権の取得など
  • 学会等における活動(学術集会の組織、雑誌編集など)
  1. 成 俊弼,小柳 磨毅,森下 聖,向井 公一,有馬 佑多,境 隆弘,羽崎 完,池上 慶篤,平田 海,中野 和彦:ACL不全膝に向けて開発した弾性装具の制動力と漸減率- 膝モデルによる軟性装具との比較 –.第49回日本臨床バイオメカニクス学会(2022.11)
  2. 森下 聖,小柳 磨毅,向井 公一,成 俊弼,有馬 佑多,境 隆弘,中野 和彦:前十字靭帯損傷の予防に向けて考案した2種類のElastomeric strapによる着地動作のKnee-in抑制効果-大殿筋縫工筋型と腸脛靭帯型の比較-.第11回日本アスレティックトレーニング学会学術大会(2022.7.17~8.7)
  3. 森下 聖,小柳 磨毅,向井 公一,成 俊弼,有馬 佑多: 股関節の回旋運動に対する新たな3次元解析方法の提案.保健医療学学会第11回学術集会(2021.12)
  4. 成 俊弼,小柳 磨毅,森下 聖,向井 公一,池上 慶篤,平田 海,中野 和彦: ACL不全膝に向けて開発した弾性装具の制動効果- 膝モデルによる軟性装具との比較 -.保健医療学学会第11回学術集会(2021.12)
  5. 森下 聖,小柳 磨毅,向井 公一,成 俊弼,境 隆弘,中野 和彦:ACL 損傷の予防に向けて開発した両脚 Elastomeric Strapウエアのknee-in 抑制と体幹安定効果-片脚 elastomeric strapとの比較-.第32回日本臨床スポーツ医学会学術集会(2021.11)
  6. 荻野 友理,武部 健,森下 聖,武政 誠一,福原 良太,河島 立毅,尾崎 聖弥,開道 正直,竹中 颯,江藤 幸希,納 正之,武部 恭一:短時間通所リハビリテーションにおける介入効果の検証. 第5回日本リハビリテーション医学会秋季集会(2021.11)
  7. 有馬 佑多,小柳 磨毅,成 俊弼,森下 聖,向井 公一,池上 慶篤,平田 海,中野 和彦: 変形性膝関節症に向けて開発した弾性素材装具の力学的評価―膝モデルの内反運動に対する制動性―.第48回日本臨床バイオメカニクス学会(2021.11)
  8. 成 俊弼,小柳 磨毅,森下 聖,向井 公一,池上 慶篤,平田 海,中野 和彦: ACL不全膝に向けて開発したElastomeric Knee Braceの力学的評価- モデル膝の下腿内旋に対する制動性 -.第47回日本臨床バイオメカニクス学会(2020.11)
  9. 森下 聖,境 隆弘,来田 晃幸,今高 康詞,小柳 磨毅:2次元画像を用いた投球動作における“膝割れ”の定量的評価.第52回日本理学療法学術大会(2017.5)
  10. 山本 啓太,福田 明雄,今高 康詞,鳴尾 龍一郎,森下 聖,他: 超音波画像を用いた肩3rd内旋時における上腕骨頭位置の定量的評価. 保健医療学学会第7回学術集会(2016.12)
  11. 森下 聖,境 隆弘,元脇 周也,福田 明雄,来田 晃幸,今高 康詞,小柳 磨毅:前額面と水平面画像を用いた投球動作時の“膝割れ”に対する定量的評価の検討. 保健医療学学会第5回学術集会(2014.11)

森下 聖 Satoshi MORISHITA

  • 所属部署
    医療健康科学部 理学療法学科 特任講師
  • 地域社会における貢献
    2013年~    全国高等学校野球選手権大会 健康支援活動
    2013年~    一般社団法人 アスリートケア会員
    2014年~    選抜高等学校野球大会 健康支援活動
    2014年~    一般社団法人 アスリートケア 研修会講習会運営部会計
    2014年8月   U18アジア選手権 国内合宿健康支援活動
    2015年8月   第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ大会支援活動
    2016年~    公益財団法人 運動器の健康・日本協会 少年野球選手検診活動
    2016年6月   一般社団法人 アスリートケア講習会 研修生報告
    2017年4月   第1回長居パークマラソン支援活動
    2017年7月   全国高等学校野球選手権大会大阪府予選健康支援活動
    2017年9月   ほっかほっか亭カップ近畿少年軟式野球大会健康支援活動
    2017年11月  高校野球秋季近畿大会健康支援活動
    2019年5月   第54回日本理学療法学術研修大会 補助講師  
    2020年11月  公益財団法人 日本スポーツ指導者講習会養成講習会 補助講師
    2020年~   大阪府高等学校健康支援活動
    2022年3月   第94回選抜高等学校野球大会健康支援統括責任者
    2022年4月   一般社団法人 アスリートケア講習会講師


  • 公的機関等における委員・役員など


  • 学会等の財団法人・社団法人における組織運営
    2014年~    一般社団法人 アスリートケア 研修会講習会運営部会計


  • 国内外における災害救助活動、NPO 活動など


powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS